think two things このページをアンテナに追加 RSSフィード

     Profile Archive
hrkntrの最近読んだ本 あわせて読みたいブログパーツ

| 作編曲 | Music | Classic | Jazz,Inst. | Pop,Rock | Soundtrack |
| | メモ | 呟き | テレビ・映画 | Hatena | 未分類 | 購入CD | 購入本 | 購入DVD |

0000 | 01 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 04 | 05 | 07 | 10 |
2016 | 03 | 04 | 08 | 12 |
2017 | 01 | 03 |

2009-08-30 Sun

[] 亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2006-01-25)
売り上げランキング: 10609

数年前に見て以来の2回目。1回目は手放しに楽しめた覚えがあり、2回目の今回は少しだれたかなと思いつつも最後まで見た。テレビドラマでやってるような“物語”をただ追う風な映画を見たいとは思えない最近だけど、こういう映画なら時間を無駄にしたとは思わずにすむ。映画は時間が限られているから、独自のペースで消化不良になることさえ回避出来れば、意外にいい時間になるのかも。あとは映像美とか、画面の切り取り方とか、そういう技術的なことも大切なのだろう。

この前に読了した武満徹と蓮實重彦の映画対談本を読んでから、映画レビューサイトとかが本当につまらなく見えてしまう。ストーリー、役者の演技についてのレビューばかりな気がしてきた。

[] 聴いている音楽

ファジル・サイの「春の祭典」を聴いている。

ストラヴィンスキー:春の祭典(ピアノ版)
サイ(ファジル)
ワーナーミュージック・ジャパン (2004-01-21)
売り上げランキング: 18474

2009-08-29 Sat

[] イベント

今日はちょっとしたイベントあり。天気悪いな。

2009-08-27 Thu

[][] 「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」

昨日、移動中などに読了飯森範親氏の行動力と、受け止めた山形交響楽団と山形の人々の懐の深さは読んでいて気持ちいい。常任指揮者から音楽監督へとポストが変化がしたことからも、いい関係が構築できているのだろうと思う。飯森氏を楽団員が囲むような形で撮影された写真があったが、全員の笑顔が本当に柔和で微笑ましい。一人くらい笑っていない人とか、居そうじゃないですか!*1

ただ飯森/山形交響楽団の逸話が特別なものとして語られるところに、クラシック音楽の危うさがあるのではないか。それにしてもこの内容にして、この価格は高いな・・・。 飯森氏の演奏会に一度足を運んだみたいとは思った。山形交響楽団のCDも欲しい!

ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(原典版)
山形交響楽団
山形交響楽団 (2009-05-20)
売り上げランキング: 24328

<YSOライヴ3>ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
山形交響楽団
クタヴィアレコード (2008-01-23)
売り上げランキング: 21476

ブラームス:ドイツ・レクイエム
飯森範親 松田奈緒美 久保和範 山響楽友合唱団 山形大学学生有志
オクタヴィアレコード (2008-05-21)
売り上げランキング: 404112

*1:単にカメラマンの力量だったりして・・・。

2009-08-26 Wed

[] 山響本

「マエストロ、それは、ムリですよ・・・」 -飯森範親と山形交響楽団の挑戦-

ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 7519

飯森範親と山形交響楽団の話。

[] 欲しかったものと、初めて聴くもの

クリュイタンス/ ベルリン・フィルのベートーヴェンを聴いてみたかった。と言うか、中学校の頃に友人が持っていたセラフィムのCDで聴いたことがあるかも知れない。あとは前々から気になっていた野田暉行。作品集が安く出ていたので。

Cluytens Directs Beethoven : SYMPHONIES 1 - 9 (Box Set)

Disky (2007-01-01)
売り上げランキング: 111526

ピアノ協奏曲
ピアノ協奏曲
posted with amazlet at 09.08.26
オムニバス(クラシック)
カメラータ・トウキョウ (2009-08-25)

2009-08-25 Tue

[] 人生時計

「人生の時計」をtwitter経由で知って、早速やってみました。

人生の時計 - あなたの人生、いま何時?

あなたの人生は今、10 時 19 分

ミスをしてもカバーできる程、時間に余裕があります。

まだ午前中の仕事が始まったばかり、ちょっとしたミスをしても、今から取り戻せば、人生にはそんなにひびかないでしょう。結果を出すためには、少し失敗した経験がないと難しいものです。今からががんばり時です。

いやー、励まされるなー。よし、取り戻すぞ! 単純です。

[] 「市民ケーン」を観た

適当に何も考えずに書く。4年前に500円で買った「市民ケーン」をやっと観た。

DVDを買ってから今日までの間には、転職をしたり引っ越しをしたりで、僕の周囲は目まぐるしく変化をしたのだけど、この映画は4年前にぼんやりと観ても駄目だったかも知れない。なんてことを思う。

ここ数年の追い詰められ具合を経て人生を考えずにはいられないわけだが、年齢相応の歳の取り方が出来ていないことを少し実感している。友人たちから見ると、僕は好き勝手に生きている風であるらしい。それは年末に再会した友人たちの言を根拠にしている。人にとっての幸せだったり不幸だったりは、その人の選び方次第だと思っている。自分としては、流れを止めてみたり、飛び出したり飛び込んだりしてきただけなのだけど、そういう環境を固定しない感じが好き勝手で、年齢不相応なところなのだろう。これからどうなっていくか。いや、どう選んでいくかを考えている。それは「市民ケーン」を見て、改めて突きつけられる問題だ。大袈裟

この映画は、映画技法的には様々な実験的なことが行われていたらしい。そういうことはよく分からないけど、モノクロの映画にも関わらず、色のうつろいの違いを感じられたのが愉快だった。

ところで、このケーンの人生は、いったいどこからが・・・。結局初めから宿命付けられていたという風な落とし所は本当に悲しいと思った。

[][] 観たい映画メモ

武満徹蓮實重彦の対談本を読んで、エリセの撮った映画を観たくて仕方がなくなっている。うわー、高いな、これ。

まだレンタル店でも見つけられるので買うことはないけど、これから見飽きない状態が続いたら買いたい映画「花とアリス」。

ノスタルジア [DVD]
ノスタルジア [DVD]
posted with amazlet at 09.08.26
ジェネオン エンタテインメント (2002-11-22)
売り上げランキング: 17415

これはもう売っていない様子。どうやったら観ることが出来るのか。

2009-08-23 Sun

[] 大阪シンフォニカー交響楽団FMで聴いた

車での移動中にFMをつけたら、ウォルトンの「戴冠式行進曲“王冠”」が鳴った。弦楽器フレーズ感がよく分かる。高貴さと確信に満ちた雰囲気があり素敵な演奏だと思った。金管楽器は少し非力な印象が強かったけれども、オーケストラ全体としては趣味のいい響きを保持していた。

演奏が終わって、演奏が児玉宏指揮の大阪シンフォニカー交響楽団と告げられて、失礼とは思いつつもびっくりしてしまった。とてもいいオーケストラに成長していると思った。

2009-08-22 Sat

[] のだめ最新刊

のだめの最新刊が出てるのを知らなかった。それくらい余裕のない日々。

2009-08-21 Fri

[] 心理を記録

恐怖の記憶は、ゆるやかに疑いの心を生む。それは少しずつ広がる。池に落ちた一滴の水が、池全体に波紋を広げるように。それが何度も繰り返されていく。僕は別に何も、そうなりたいわけではない。ただ、思考が止まっているだけ。何も考えられなくなっているだけ。

2009-08-12 Wed

[] クレメンティソナチネ」を弾いている

昨日、クレメンティの「ソナチネ」作品36の楽譜ダウンロードしてきて、寝る前に少し弾いてみた。指番号通りに弾けば本当に効率的に簡単にこなせることを、小学生の頃の僕自身に教えてあげたい。

小学生の頃の僕がピアノを弾く気になったのは、ピアノ教室の待ち合いの間に読めるマンガ*1に惹かれたのが第一だけど、その次としては妹が弾くクレメンティの「ソナチネ」の存在が大きかったと思う。特に作品36の3の、爽やかで、動きがあって、ドラマティックに迫ってくるところに魅了された。それを自分で出来るところにも魅力を感じた。比較的、簡単でもあるし。

今弾いて聴くと、野暮ったい感じも若干あるが、それにも親近感が沸く。レッスンで使われ続けているのは、何も慣習だけではないと思うのだ。

[] 万城目学鴨川ホルモー

昨日から読み始めて、今日読了。万城目学の作品は初めて。とんとんと話が進むのが心地良かったのと、京都地理感に明るい分、感情移入して読めたのが良かった。京大御所四条烏丸立命館京産北野天満宮、どれも馴染み深い。「鴨川デルタ」にも何度か行ったことある。

学生一所懸命にやっていることって、当事者以外から見ると全く理解不能なものだよな、と思う。どんな集まりでも、どんな研究でも、どんなサークルでも。そういうものを描く比喩的な存在として、この作品は愉快に成功していると思った。軽妙な文体。それも学生っぽいではないか、と。映画化もされていたらしい。見てみたかった。

*1あだち充「みゆき」「ラフ」はここで読んだ。

2009-08-11 Tue

[] 「仕事力」を買うのは弱さの証左だろうか

仕事力 青版 (朝日文庫)

朝日新聞出版
売り上げランキング: 71890

前から気になっていて、まとめて見つけて、まとめて買う。

最近自分のどんな行動も、ネガティブに捉えちゃう。面倒なことだ。

2009-08-10 Mon

[] 魔女の一撃

いま手にしていることだけでもしっかりと、と思った矢先の魔女の一撃。

今のうちに「仕組み」を作ってしまいたいのに・・・。

今の仕事場は好きだ。なのに、体がついていかない。どうしたらいいのだろう。

2009-08-09 Sun

[] クレメンティの「ソナチネ

iTunesに入っているライブラリの整理をしていたら、クレメンティの「ソナチネ」が入っていた。こんなの持ってたか。

聴いたら弾きたくなった。楽譜が手元にないなと思ったら、このサイト。嬉し過ぎる。

Category:Clementi, Muzio - IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music

弾きたいのは有名な作品36。

2009-08-06 Thu

[] ショックなことが・・・

フィッツジェラルドの「マイ・ロスト・シティー」(村上春樹訳)を持っていないと思って買ってしまう。こんなこと初めて、ショックだ。

あとは、気になるもの2つ。