think two things このページをアンテナに追加 RSSフィード

     Profile Archive
hrkntrの最近読んだ本 あわせて読みたいブログパーツ

| 作編曲 | Music | Classic | Jazz,Inst. | Pop,Rock | Soundtrack |
| | メモ | 呟き | テレビ・映画 | Hatena | 未分類 | 購入CD | 購入本 | 購入DVD |

0000 | 01 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 04 | 05 | 07 | 10 |
2016 | 03 | 04 | 08 | 12 |
2017 | 01 | 03 |

2016-04-04 Mon

[] 3月の本

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:6100ページ
ナイス数:147ナイス

俳優・亀岡拓次 (文春文庫)俳優・亀岡拓次 (文春文庫)感想
映画を観てからその原作を読むのは、意外に楽しい。映画にあって原作にないシーンもあるようで、映画をもう一度観たくなる。サンフランシスコ編とモロッコ編が面白い
読了日:3月31日 著者:戌井昭人
たんさんすいぶ(5)<完> (イブニングKC)たんさんすいぶ(5)<完> (イブニングKC)感想
コンパクトに完結。いい物語だった。仲が悪くても、話したことがなくても、謝ることがあっても、一緒に演奏できる。
読了日:3月30日 著者:上条明峰
のみじょし 1 (バンブーコミックス)のみじょし 1 (バンブーコミックス)感想
Kindle版が50円。驚きつつ購入して楽しむ。あー、友達と呑みたいな!
読了日:3月28日 著者:迂闊
あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)感想
再読のような気もする。
読了日:3月27日 著者:あずまきよひこ
北海に面した港町レベック 紀元前10世紀から現代までの変遷史 (図説都市の歴史)北海に面した港町レベック 紀元前10世紀から現代までの変遷史 (図説都市の歴史)感想
ササっと読了。うちの子がめくって面白がっている。
読了日:3月27日 著者:ハビエルエルナンデス,ジョルデイバロンガ,フランチェスココルニ
I.L(アイエル)(2) (手塚治虫漫画全集 (263))I.L(アイエル)(2) (手塚治虫漫画全集 (263))感想
幕切れまで、狂気。人間は寂しくて恐ろしい。
読了日:3月26日 著者:手塚治虫
I.L(アイエル)(1) (手塚治虫漫画全集)I.L(アイエル)(1) (手塚治虫漫画全集)感想
手塚治虫の狂気。現代日本世界では、このような作風の作品は排されていきそう。今のうちに味わっておきたい。
読了日:3月26日 著者:手塚治虫
とめはねっ!(6) 入りたくない入りたい: マイファーストBとめはねっ!(6) 入りたくない入りたい: マイファーストB感想
この漫画を読んでから、字を丁寧に書く習慣がついた。望月さんの喜びようが微笑ましい。
読了日:3月25日 著者:
飛ぶ教室 (岩波少年文庫)飛ぶ教室 (岩波少年文庫)感想
池内紀の訳本を先に読んでいて、池田香代子の訳で再読。どちらも甲乙つけがたいが、池田訳は文章リズムがとても印象的で、楽しさが強い。「あったりまえ!」をはじめとして、少年達の声が響いてくる感じが素敵なのだ。「ハリー・ポッターシリーズ原作者は、ケストナーのこの作品を深く読んでいる気がする。
読了日:3月20日 著者:エーリヒケストナー
NHK放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」SEASON1 完全ドラマガイド (エンターブレインムック)NHK放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」SEASON1 完全ドラマガイド (エンターブレインムック)感想
放送開始しました。録画してまだ見ていませんが、楽しむ準備に買っておいたムック本は読了。
読了日:3月20日 著者:
Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)感想
この作家の作品、面白い。読んだことのある他の作品よりも、この短編集は勢いがあって意外な印象。絵にも動きが多い。ロボットのやつ、ほんわかした。
読了日:3月19日 著者:石黒正数
ネムルバカ (リュウコミックス)ネムルバカ (リュウコミックス)感想
行き着くところまで見られて、ルカは良かったのではないか。考えさせられる物語。
読了日:3月19日 著者:石黒正数
カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
歴史とか、人の気持ちとかは、瞬間瞬間だけではなくて、続いている物があるかどうかなのだと思う。カツカレーの日を毎年。それがあったから、美由紀も理解出来たのだろう。毎日毎日、毎年毎年が大切。
読了日:3月16日 著者:西炯子
カツカレーの日 1 (フラワーコミックスアルファ)カツカレーの日 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
近頃の流行りのマンガは長いマンガが多い。単行本を売ってペイしないといけないからなのだろうけど、これくらい(2巻)でも奥行きのある物語を描けるなあと思う。場所も取らないし、西炯子、とてもいいです。
読了日:3月16日 著者:西炯子
お父さん、チビがいなくなりました (フラワーコミックスアルファ)お父さん、チビがいなくなりました (フラワーコミックスアルファ)感想
西炯子のマンガを時々読む。字が多いけど、スピード感があって好きなのです。これは一巻読み切りで完成度高い。しかし、お父さん、その歳になるまで言ってないなんて、お母さん可哀想過ぎる!
読了日:3月16日 著者:西炯子
地名の楽しみ (ちくまプリマー新書)地名の楽しみ (ちくまプリマー新書)感想
河岸段丘の崖のことを、昔の人は「ハケ」「ママ」と呼んだらしい。そこで、地元地図を眺めていたら早速、川の沿岸に「畑毛」という地名を見つけた。これは「ハケ」?? 興奮している。「ソネ」は低地の中の「微高地」のことを指すらしい。これも地図で探したらすぐ見つかりそう。そしてその後に地形を調べてみよう。合成地名は残念な気がするが、津田沼のように既に当たり前になっているものもあるわけで、住んでいる人たちの選択を尊重するほうが良さそう。「利根村根利」の回文地名に笑いました。
読了日:3月15日 著者:今尾恵介
古地図で楽しむ三重 (爽BOOKS)古地図で楽しむ三重 (爽BOOKS)感想
住んでいる地域を知ることは楽しい。この本を読んで知ったことをメモしておいた。関にある地蔵院は行基と関わりのある寺であることや、尾鷲に九鬼という地名があること、志摩国府砂州の上に建てられたと思われること、などなど。古地図だけに限らず、興味深い写真と地図たくさん。「あすなろう鉄道」に乗ってみたい。
読了日:3月15日 著者:目崎茂和
百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)感想
最新巻に到達。なかなか独特のエピソードの多い巻だったかも。食べ物を大切に!
読了日:3月12日 著者:荒川弘
小林賢太郎戯曲集―home FLAT news (幻冬舎文庫)小林賢太郎戯曲集―home FLAT news (幻冬舎文庫)感想
この台本に収録されている三つの舞台は観たことがない。読み終える度にYouTube検索して再生して爆笑しています。DVDもいつか買おう。楽しみ方としては邪道かも知れないけど、そんなことすら些末に感じる小林賢太郎の作品世界の大きさ。すごい才能と同じ時代を生きている、僕はそう実感しています。あまりにもストイックに過ぎて、生き急いでいる感じがしないでもなくてちょっと心配。小林賢太郎、ゆるやかに活躍し続けて欲しい。
読了日:3月10日 著者:小林賢太郎
福島第一原発事故 7つの謎 (講談社現代新書)福島第一原発事故 7つの謎 (講談社現代新書)感想
購入したままずっと忘れていたのを、読み始めて一気に読み終わり。深く理解をしたい内容なので、第1章の内容をメモしながら読んだら、メモがノート6ページ分にまで。第2章以後の理解の助けになった。キャリア組がいる「免震棟」と、現場職人集団がいる「中央制御室」。この事故にはこれら2つの現場があるという。この2つに、本店官邸地方自治体まで絡んでくる。現場の社員の方々は立派に対応されたと思います。
読了日:3月8日 著者:NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)感想
マンガ家デビュー前のエピソードを読んで、この作家さんの体力に驚くなど。睡眠時間15分はヤバいわー。イモだんご、出てきた。食べたい。ロールベーラにまつわる話に笑う。著者の母がカボチャ生命力を見ての一言に肯く。この巻も楽しく読了。
読了日:3月7日 著者:荒川弘
百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)感想
牛の角切りのエピソードは、痛そうで、可哀想で、面白くて、笑ってしまいました。牛をペットとして飼うなら、の部分も笑えて笑えて。牛乳もお肉も大切にいただこう。小学生の時に北海道を旅したことを思い出して、少しノスタルジー。その時も牛乳おいしかった。
読了日:3月7日 著者:荒川弘
何がいいかなんて終わってみないとわかりません。何がいいかなんて終わってみないとわかりません。感想
twitterフォローしているミゾイキクコさんの本。twitterでの呟きを集めて再構成した内容でしょうか。内容の受け取り方は、読み手によって様々だと思いますが、82年の生活の厚みは尊重せねば。第2章の「戦争」についての話が怖い。「戦争とは殺し合い」だ。殺されたくない。殺す側に回りたくない。
読了日:3月7日 著者:ミゾイキクコ
小林賢太郎戯曲集 STUDY ALICE TEXT (幻冬舎文庫)小林賢太郎戯曲集 STUDY ALICE TEXT (幻冬舎文庫)感想
ラーメンズライブDVDを何度も見ています。セリフのタイミングや小林と片桐の動きのすみずみまで覚えてしまっています。そんな状態でこれを読むと、台本は単なるスタートということを思い知らされます。ライブのあの躍動感に持っていくまでには、多くの情報が付け足されているのだな。音楽なら、台本にあたるのは楽譜自分楽器を演奏して楽しんでいますが、ラーメンズが台本に「間」「表情」「声の強さ」「照明」などで工夫を加えているように、僕は楽譜に向き合う時に何かを読み取り再創造しているだろうか? そんなことを考えた本でした。
読了日:3月6日 著者:小林賢太郎
とめはねっ! 変体がな―鈴里高校書道部 (My First Big SPECIAL)とめはねっ! 変体がな―鈴里高校書道部 (My First Big SPECIAL)感想
縁のおばあちゃんの「かな」の講義は、本当に分かりやすくて素で勉強になった。誰かに話したくなる。この漫画を読んでると、字を書きたくなる。
読了日:3月6日 著者:河合克敏
百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)感想
銀の匙」ロスが深刻なので、こちらに手を出しました。荒川弘エッセイ漫画。物語でない分、農家農業高校の実態が直截的に描かれていて手っ取り早くて嬉しい。北海道、行きたいなあ。前に行ったのは33年前です。
読了日:3月4日 著者:荒川弘
ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)感想
ツッキー、早く帰ってきて!
読了日:3月4日 著者:古舘春一
響子と父さん (リュウコミックス)響子と父さん (リュウコミックス)感想
別の本を買った時に、思わず同時買いして再読。父親って、面白いよね。
読了日:3月4日 著者:石黒正数
1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)感想
タイトルは軽いが、1998年を中心にその前後数十年の日本の音楽業界俯瞰する、とても重厚な本だった。オリコン順位やCDのリリース日、ふんだんに用意された過去インタビューなどなど。それら歴史的事実から、見事な読み取り方を提示してくれている。この本を読んだあとには、宇多田ヒカル椎名林檎aiko存在自体神話と思えてきた。aikoの「飛行機」への賛辞には僕も大賛成。そして浜崎あゆみ・宇多田ヒカルの貸しと借りを知って、この2人をもっと聴きたくなってしまった。
読了日:3月4日 著者:宇野維正
飛ぶ教室 (新潮文庫)飛ぶ教室 (新潮文庫)感想
子どもの頃に読んでおきたかった」と思う作品は少なくないが、ケストナーの「飛ぶ教室」を読み終えた今も、同じように思う。男友達とのあれこれで困っていた中学時代の僕に教えてあげたい。マルティンのようなしっかり者でさえ、あんなに幼いのだから心配するな、と。ケストナーはこの作品以後に、ナチスから出版禁止処分を受け、何と焚書処分にも遭っているらしい。この本には、ナチスとは絶対的に相容れない自由な気風が充ちている。学校も捨てたもんじゃない。
読了日:3月3日 著者:エーリヒケストナー
ナショナルジオグラフィック日本版 2016年 02 月号 [雑誌]ナショナルジオグラフィック日本版 2016年 02 月号 [雑誌]感想
今回も読み応えのある特集ばかりでした。「動物の目の進化」は写真が怖い。「地下に眠るロンドン」はイラストが秀逸でジッと見た。「サウジアラビア 変わりゆく女性たち」も興味深い。年間購読したくなるー
読了日:3月1日 著者:
あと少し、もう少し (新潮文庫)あと少し、もう少し (新潮文庫)感想
読んだことのある瀬尾まいこの作品は、爽やかだけど救いの少ないものが多かった記憶がある。「幸福な食卓」などはつらいくらいだったから。だから、今回読んだ「あと少し、もう少し」がとてもまぶしく見える。影はあるのに前のめりの物語に酔いました。中学生駅伝の話です。1区、2区ときて、物語の構成を理解して、それだけで感動してしまった。最後の6区まで止められない。この卒業シーズンに読んでおいて良かった。運動不足の僕は、少し走ってみたくなりました(嘘
読了日:3月1日 著者:瀬尾まいこ

読書メーター