think two things このページをアンテナに追加 RSSフィード

     Profile Archive
hrkntrの最近読んだ本 あわせて読みたいブログパーツ

| 作編曲 | Music | Classic | Jazz,Inst. | Pop,Rock | Soundtrack |
| | メモ | 呟き | テレビ・映画 | Hatena | 未分類 | 購入CD | 購入本 | 購入DVD |

0000 | 01 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 04 | 05 | 07 | 10 |
2016 | 03 | 04 | 08 | 12 |
2017 | 01 | 03 |

2010-10-11 Mon

[][] 作曲家内藤淳一は合唱指導者として活躍

今日NHKの全国学音楽コンクールを見ていたら、宮城県仙台三桜高等学校指揮者として内藤淳一という方が登場した。見たことある名前だとぼんやり考えていて、過去吹奏楽コンクールの課題曲を作曲した内藤淳一氏を思い出し、そのまま調べてみたところ同一人物だった。音楽という共通項で、吹奏楽・合唱どちらにも関わり、成果をあげている。尊敬すべきことだと思う。いやー、本当に素敵だ。

2010-10-02 Sat

[] 吉松隆

21世紀に入ってからの吉松隆には、あまり関心がない。

2010-09-30 Thu

[][] フィリップ・ゴーベールと、ローマ賞で審査される作品について

下記のエントリに対してと思われるコメントをもらった。

「ローマ大賞」の審査方法、そしてテキストと入賞者 - think two things

コメントの内容はこちら。

だいぶ前の投稿ですが、

2009-02-14 Sat

[Classic] 「ローマ大賞」の審査方法、そしてテキスト入賞

こちらに掲載されていたフィリップ・ゴーベール1905年受賞者の事でお伺いしたい事があります。

私は修士論文でゴーベールについて研究をしているのですが、この作曲家は資料が本国フランス以外ではほとんど手に入らず、こちらを拝見してやっと受賞作品名がわかった位です。論文にするにあたりお調べになられた書籍サイトを教えていただけませんでしょうか?

アメリカ博士論文にも載っていなかったのでお願いいたします。

コメントなど滅多にないので緊張しましたw

参考にしたのは上記のエントリにもある下記のサイトのみです。

Musica et Memoria - Prix de Rome

まず、ローマ賞はパリ音楽院から指定されたテクストに曲を付ける課題で判定されるということをWikipediaか何かで知りまして、「同じ年の入賞者は同じテクストである」という前提でサイトから情報を抜き出して一覧を作成しています。

指摘のあったゴーベールについては、上記のサイトを読んでおりましたところ、ゴーベールと同じ年のローマ賞の第一等(次席)となっているMarcel SAMUEL-ROUSSEAUの項目に『カンタータ「マイア(Maia)」で受賞』の記述がありまして、それに従っています。上記のサイトの左側のメニューに、作曲家のアルファベット順のリンクがありますので、そこからご覧になっていただければ。

2010-04-23 Fri

[][] 西村朗「オーケストラのための蘇莫者」を聴いた

昨年の12月に行われた大阪センチュリー交響楽団の第147回定期演奏会が「クラシック倶楽部」で放送されていたので録画して見ている。プログラムは西村朗の「オーケストラのための蘇莫者」と、フランク「交響曲」。

フランクは心半分で聴いたが、西村朗はしっかりと聴いた。これを聴いて感じたのは、西村朗の音世界を実現するために大阪センチュリー交響楽団は並々ならぬ意気込みで取り組んでいるということ。作曲委嘱、レコーディング、そして本公演の圧倒的な集中力。

来月には高橋悠治への委嘱作品が初演される。このオーケストラへの関心は振り払えない。

西村 朗:オーストラのための<蘇莫者>
沼尻竜典 大阪センチュリー交響楽団
(株)カメラータ・トウキョウ (2009-12-20)
売り上げランキング: 67947

2010-04-09 Fri

[][] 矢代秋雄の没後34年

今日4月9日は、矢代秋雄の命日にあたる。1976年に突如として世を去った時の衝撃を想像するだけで、私は強烈な悲しみに襲われてしまう。喪われてしまったものはどうしようもないことなのだけれども、1975年に矢代秋雄が書いた三重秋季国体のための音楽、特に「式典終曲」の前向きな響きを耳にする度に、ここで亡くなってしまう人物の書く音楽ではないと思ってしまうのだ。どうしようもないことなのだけれども。

遺された音楽をこれからも慈しみながら、より多くの人に矢代秋雄の存在を知ってもらえるようにしていきたい。

no title

矢代秋雄:ピアノ協奏曲/交響曲

Naxos (2002-03-01)
売り上げランキング: 30237