Hatena::ブログ(Diary)

Onto JavaFX

2011-03-15 女川原子力発電所 モニタリングポスト

被災地の皆さんには心からお見舞い申し上げます。

今、福島原発が大変危険な状態になっております。

さんざんこの原子力発電の電気を使ってきましたが

この原子力について皆で考え直す時がきているとおもいます。

原子力はハイテクのようでいて実は原子力やかんとでもいうべき

ローテクなのかもしれません。

女川原子力発電所 モニタリングポスト

f:id:hshino:20110315144906p:image

東海村豊岡 放射線テレメータ

f:id:hshino:20110316001734p:image

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について

f:id:hshino:20110509110212p:image

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110315/JCast_90577.html?_p=1

今度は4号機。東京電力の福島第1原発(福島県)では極めて深刻かつ厳しい状況が拡大中だ。巨大地震発生時に稼働中だった1、2、3号機での燃料棒冷却問題に加え、定期検査のため停止中だった4号機で爆発が起き、火災も発生した。さらには、同じく検査停止中だった5号機と6号機も「温度上昇中」という。何が起きているのか。

経済産業省の原子力安全・保安院の発表などによると、2011年3月15日6時ごろ、福島第1原発の4号機周辺で大きな爆発音がした。原子炉格納容器などを覆う形の建屋の屋根に損傷が見つかった。さらに9時40分ごろには建屋4階付近で火災が発生、正午前後までには鎮火状態になったという。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819595E3E7E2E3868DE3E7E2E1E0E2E3E39790E0E2E2E2;bm=96958A9C93819481E3E7E2E3818DE3E7E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

火災が発生したのは、4号機の原子炉建屋の5階屋根付近。2号機で15日午前6時14分に爆発が起き、従業員を一時退避させたこともあり、火災の確認は9時38分だった。同日午前6時14分に発生した2号機の爆発との因果関係は不明という。

女川原子力発電所モニタリングポストと東海村豊岡放射線テレメータの急上昇の主な原因は3号機の爆発であるとおもう。

f:id:hshino:20110506173553p:image

http://www.meti.go.jp/press/20110314006/20110314006-1.pdf

福島第一原発3号機、冷却装置が停止 緊急事態報告

f:id:hshino:20120331211139p:image

3月13日 9:10 7.24MPa=>9:25 0.35MPaと急減圧しているのでこのとき大きな圧力容器損傷が起きているとおもわれる。

3月13日 9:20 福島第一原子力発電所3号機の耐圧ベント弁開放

地震被害情報(第22報)

*この水素爆発の直後小規模ながら核爆発も起きていると4月末頃から海外の専門家から言われている。

f:id:hshino:20110506173554p:image

http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110406007/20110406007-2.pdf

(平成23年3月 測定分)

日本分析センターが測定した空間放射線量率の結果は以下のとおりです。

1. 測定場所

千葉市稲毛区山王町295-3 日本分析センター千葉本部

2. 測定結果

3月11日(金)9時 ~ 3月31日(木)24時

空間放射線量率 (0.022 ~ 0.732 マイクログレイ/時

f:id:hshino:20120330041621p:image

日本分析センターにおける空間放射線量率の測定結果 (3月分)

都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果

Radioactive material level of fallout in Tokyo / day

採取及び測定場所:東京都健康安全研究センター(東京都新宿区百人町)

f:id:hshino:20130326211804p:image