Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
3011 | 04 |

3011-04-01 なし

[] なし 18:51  なしを含むブックマーク  なしのブックマークコメント

2017-05-16 核時代の米英文学者第3回:ハーシー『ヒロシマ』(邦訳1949年)冒頭

[][]核時代の米英文学者第3回:ハーシー『ヒロシマ』(邦訳1949年)冒頭部精読 09:36 核時代の米英文学者第3回:ハーシー『ヒロシマ』(邦訳1949年)冒頭部精読を含むブックマーク 核時代の米英文学者第3回:ハーシー『ヒロシマ』(邦訳1949年)冒頭部精読のブックマークコメント

今日16日は4回目で、『ヒロシマ』1章&2章を学生と読むのだが、予習が今終わったので、先週のメモ

先週は福原の原爆についての沈黙個人問題ではなく英文学研究制度の問題として考える方向性を示したあと、「Hiroshima英語教科書選定問題」(1951)につなぐため、『ヒロシマ』を1949年翻訳で読むことにした。

はいえたいしたことを話したわけでもない。冒頭部が、(1)爆心地(といっても具体的なことは何も言えず、そもそも誰もそんなことはできず、ただa noiseless flashとしか表象できないのだが)の周囲で生活していた6人を順番に(しかし決して分量的に同じではなく)、あたかも「映画的に」描写していること、(2)十数万人の死傷者に焦点を当てるのではなく、6人のサバイバーに焦点を当てていること、そして(3)ハーシーによるこの6人の選択意図があるだろう(クリスチャン2名、医者2名、女性2名)ーー少年少女のサバイーバに焦点が当てられていなかったのは、よくはわからないがアメリカの読者への配慮なのでは?という質問は興味深いものだったーーということなどを指摘した。ただ、1949年法政大学出版局邦訳カバーが、おそらくB29から撮影したのであろう広島市の空撮写真を使っていることの意味を、学生と一緒に考える時間がなかったのは残念。

(なお、現在手に入る1986年増補版のカバーは、原爆ドームから見上げた青空に虹がかかっているーーただしドームの周囲の建物は消してあるーーというもの。空からの地上の俯瞰と、地上からの空への視線への転換にはいろいろ意味づけはできるだろう。)

2017-04-25 核時代の米英文学者(1):いよいよ授業開始

[] 核時代の米英文学者(1):いよいよ授業開始 01:16  核時代の米英文学者(1):いよいよ授業開始を含むブックマーク  核時代の米英文学者(1):いよいよ授業開始のブックマークコメント

(昨日は寝ぼけていたのかな…書きなぐりにしてもひどすぎ…。ちょいと手を加えます。(4/25))

先週の火曜日2限の授業からこのテーマ講義プラス演習をやっている。以外にも16名の受講者が居て、これは驚きだった。3人くらいかなあと思ったのだけれど。

明日は、1945年以降の日本の米英文学者の(かつての)「鬼畜米英」文学文化に対する態度のパターンを、ざっくりでいいから分類してみるとろこからスタートしてみる。

かつて1994年大江健三郎柄谷行人が『群像』のムック掲載した対談で展開された、「両面価値性」と「曖昧さ」の議論と組み合わせると、まさにざっくりであれけれど、日本人の米英文学のに対する態度を整理できるのではないだろうかと思ったりもする。

これは雑駁な議論だったと思うけれど、こんな感じ。

(1)は、(これは柄谷の比喩なのだが)「東大なんか糞食らえ」と公言している人はむしろ東大に憧れているのである憎悪と愛憎が裏腹なのである。つまりこれが「両面価値性」ということになる。こういう人はだから正反対の攻撃的な態度を取ることがあるし、ころっと態度を変えることある(と思う)。これが国家間エスカレートすると戦争になる。

(2)は、「東大は糞食らえ。ダメだよ。腐敗しているよ。でもさすがにいいところもあるのだから、それを認めないと」というのが大江・柄谷が言う所の「曖昧な態度」ということにある。

(1)戦争とかスルーして「勉強一筋に頑張る」という、齋藤勇や市河三喜的な「研究」を死守す人たち。これは大江・柄谷的「曖昧さ」の、しかし悪例になるのだろうか。アメリカ文学者でこういう人たちはいただろうか。いただろうけど、きちんとした先行研究があればいいけど。

(2)戦中戦後の「鬼畜米英」喧伝していた連中がからサクッと転向して英米文化に走った人たち。かつて宮崎芳三が大和資雄を厳しく批判していたが、もっと再検証必要だろうけれど、これは「両面価値的」かなあ。「自分戦犯だ。声をあげなかった英米文学者ダメだ、市河さん、あなたダメでしょ」と『英語青年』に書いて市河三喜と誌上で喧嘩した中野好夫。この人は「両面価値」的かも。

(3)「鬼畜米英」「一億玉砕」であった過去を認め、責任はあるだろうとも認め、しかし米英の文学文化にもみるべきところがあるという態度の人たちは、これはやはり大江・柄谷によれば「曖昧な態度」ということになるか。清水(軍国教育から態度を変えてアメリカ理解しようというした)も大原英語には複雑な気持ちがあったけれど、The Songs of Hiroshimaをずっと刊行し続けた)とか。

原爆と水爆でやられたの米英文学者の米英文学文化態度は、大雑把にこんな分類ができるだろうか。

さて、大江=柄谷は「曖昧さ」を練り上げること、さらいうならば、両面価値性によって病に陥っている状況から治癒と考えてもよいと。広島・長崎の米英文学研究者たちに「両面価値性」と「曖昧さ」のこういう議論が当てはまるかどうか。できれば基盤Cくらいはとって調べたいものです。

明日は広島県福山市出身福原麟太郎井伏鱒二高校の先輩後輩)について話す予定。井伏はせっせと作品を書いているのに、福原は広島の悲惨を見ているのに、反核運動は知らないという態度であった。まあ、授業なのスタートにはふさわしいだろうと思う。

2017-04-23 専門英語IIA-6のリスト

[] 専門英語IIA-6のリスト 11:21  専門英語IIA-6のリストを含むブックマーク  専門英語IIA-6のリストのブックマークコメント

manabaに慣れていない人のために、齋藤のブログにもスケジュールリストを貼っておきます。

動画のULRを貼っておきます。

5月2日:元祖J・ポップ回

(1)シュガーベイブ『ダウンタウン』(1975)

権利問題が厳しくてカバーばかりなのですが、1976年シュガーベイブ解散コンサートのバージョンはなぜかアップされたままです。山下達郎作曲伊藤銀次作詞の、名曲中の名曲

https://www.youtube.com/watch?v=a9fRcNeMMAo

数多くのカバーがありますが、比較最近だと、アニメ『それでも町は廻っている』のOP(坂本真綾)がありますね。

https://www.youtube.com/watch?v=K0IC0QwNnCs

(2)竹内まりや『元気を出して』(1987)

山下達郎パートナー竹内まりや超人気曲。松たか子(アナ雪の「ありの〜ままで〜」の人)とのコラボライブ動画を貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=VJITJuiAjZI

5月9日ちょっと前のヒット曲回(ロック

(3)スピッツスピカ』(1998)

いい曲ですね〜。これは日本語に訳すのに骨が折れます。独特の比喩をどう英訳するか、という。

https://www.youtube.com/watch?v=skTm1_kwR8w

(4)奥田民生「イージュー★ライダー」(2003)

奥田民生院生時代かなり聴きました。英訳簡単そうでなかなか…。

https://www.youtube.com/watch?v=Mg7rtAWKdok

5月16日ちょっと前のヒット曲回(バラード

(5)ポルノグラフティ『愛が呼ぶ方へ』(2003)

PVショート・バージョンしかうpされていない。Live版もあるので探してください。

https://www.youtube.com/watch?v=Gs-GHYKJA9w

(6) いきものがかりノスタルジア』(2010)

インディーズ版しかうpされていない。でもこれもいいね。

https://www.youtube.com/watch?v=5TEeF2V58ck

5月23日最近ヒット曲

(7)AAA『恋音と雨空』(2013)

これは全然知らんかった。結構ベテランなんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=A_1t2Dkd2Io

(8)襷坂46『サイレントマジョリティー』(2016)

初めて真面目に聴いた。英訳、なかなか手応えがありそう。

https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8

5月30日最近ヒット曲

(9)星野源『恋』(2016)

これは知ってた。

https://www.youtube.com/watch?v=jhOVibLEDhA

(10)RADWIMPS前前前世』(2016)

これも知ってた。映画も観た。

https://www.youtube.com/watch?v=PDSkFeMVNFs

6月6日洋楽名曲

(11)Roberta Flack, Killing Me Softly (1973)

歴史的名曲。これをかっこいい日本語に訳せる人はセンスがある!

https://www.youtube.com/watch?v=Dx1XtKbEtfE

(12)Red Hot Chili Peppers, Power of Equality (1991)

若い頃のレッチリ歌詞も尖っていてかっこいい。というか、歴史的名盤Blood Sugar Sex Magik (1991)は全部聴かないと人生の損。

https://www.youtube.com/watch?v=JT6UCvR7kgU

6月13日ちょっと前の洋楽

(13)Green Day, Minority (2000)

こういうバンドなんだ。Minority / majorityって、襷坂?

https://www.youtube.com/watch?v=cDBlqu6KF4k

(14)Anna Kendrick, Cups (Pitch Perfect’s “When I’m gone”) (2012)

歌詞シンプルだけに、どういう日本語にするかねえ…。

https://www.youtube.com/watch?v=cmSbXsFE3l8

6月20日:ミュージカル映画

(15)映画HairsprayよりWithout Love (2007)

politicsとentertainmentうまい融合。曲もかっこいい。

https://www.youtube.com/watch?v=4zZ1ZLWPJBQ

(16)映画La La LandよりAnother Day of Sun (2016)

ミュージカル映画全盛期へのノスタルジアあるいはオマージュ(観てきた)。よくできていると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=76DQOIWu06k

6月27日アメリカアイドル?曲

(17)Taylor Swift, You Belong With Me (2008)

これはわかりやすいと思います。しかし視聴回数ハンパないな…。

https://www.youtube.com/watch?v=VuNIsY6JdUw

(18)Justin Bieber, What Do You Mean? (2016)

PVちょっとアレなので、Live映像を貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=i4FyyWPCbwE

7月4日知里幸恵に挑戦!(宮澤賢治英訳多すぎで今回は避けました)

(19)『アイヌ神謡集』の英訳検討する機会とか、たぶんこの授業しかないと思います。以下のサイトが参考になります。

http://journal.jtf.jp/column16/id=206

7月11日俵万智サラダ記念日』(1987)

(20)『サラダ記念日』(1987)は英訳複数あるのです。例えば以下のサイトを参照してください。

http://kawausotei.cocolog-nifty.com/easy/2010/03/post-2332.html

7月18日超短編小説

(21)カフカの「雑種」や「父の気がかり」(これら自体不思議面白い)の日本語訳英語にしてみます。日本語訳比較した、以下のサイトを参照してください。

http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2009/11/eine-kreuzung-b.html

2017-03-28 3月は送別会の季節でした

[]3月送別会の季節でした 09:59 3月は送別会の季節でしたを含むブックマーク 3月は送別会の季節でしたのブックマークコメント

3月18日は、荒木正純先生筑波大学名誉教授、白百合女子教授)がご退職ということで、ご講演と「感謝の会」(パーティー)が白百合女子大学と仙川駅近くのレストランで開催されてまして、この企画は私も関わったこともあって、日本全国&海外から元教え子・同僚が集まり、旧交を暖め合う和やかな会となったことは本当にありがたいことでした。荒木先生はT. S. Eliot, The Waste Land (1922)論のご講義をされたのですが、「本番は次を待て!」とばかりの資料たっぷりのご講演でした。これはまだまだご著書が出るであろうことを確信した次第。(10年単著を書いていない私はひたすらに反省。)

3月27日は、今月末で筑波大学をご退職になる宮本陽一郎先生のご退職記念講演と記念祝賀会がありまして、これは筑波大学アメリカ文学会の主催ということで、私は参加するだけでございました。宮本先生のご講演は、荒木先生のそれとは対照的に、筑波大学での23年間の教育(&研究)に見事に区切りをつける1946年のアメリカ映画論で、「最終」講演らしいものでございました。1994年筑波大学にいらしてから読書会でお世話になった私としては、やはり私自身も何か区切りがついたなと、強く感じたのでした。

今週は一仕事あるわけですが、それが終われば「春季休暇」も終了。もう新学期でございます

2017-02-08

[]2017年02月07日のツイート 23:00 2017年02月07日のツイートを含むブックマーク 2017年02月07日のツイートのブックマークコメント

2017-02-07

[]2017年02月06日のツイート 23:00 2017年02月06日のツイートを含むブックマーク 2017年02月06日のツイートのブックマークコメント