Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

1999-10-29 畜コンと畜魂

[]畜コンと畜魂 15:44 畜コンと畜魂を含むブックマーク 畜コンと畜魂のブックマークコメント

今日も「畜コン」なのか「ゼミ終了後打ち上げコンパ(毎週末)」なのか分からないが、二階の廊下には焼き肉らしき匂いが漂い、学生の叫びが聞こえてくる。僕も10数年前、小樽商大のESAでは相当狼藉を働いた、というかゲロばかり吐いてのであり、今僕の研究室の下で騒いでいる学生と同類、あるいはそれ以下の「畜生」だったのだが、なぜか今晩は異様に彼/女らが憎い。

結局、彼/女らは(就職まではちょこっと勉強すれば)遊んで暮らせる身分であり、自分はもうそうではない、下手は下手なりに一生懸命授業の準備をしなきゃならん、ああ羨ましいなー、ということなんでしょう。

(注記: 「就職まではちょこっと勉強すれば遊んで暮らせる身分」云々というのは正確ではない。畜大生はかなり授業や実習が大変そうだ。遊びほうけていると卒業できそうにない大学であることが最近分かってきた。17/01/00)*1

*12006年3月4日、畜大の建物の中で会社説明会が行われた。いろいろな意味で、こういう状況である。[2006年3月14日]

1999-10-26 『佐藤君と柴田君』

[]『佐藤君と柴田君』 15:40 『佐藤君と柴田君』を含むブックマーク 『佐藤君と柴田君』のブックマークコメント

火曜日水曜日は授業がない。久しぶりにのんびりした朝だった。掃除洗濯してから学校に行くと、事務のKさんから「畜大だより」に掲載する自己紹介の文章の締め切り過ぎているよ、書類も書いてね等々仕事の嵐。やっと原稿を書き上げるともう外は暗い。しかしまだ5時前。しょうがないので、JR札幌駅の本屋で買った『佐藤君と柴田君』の文庫本を読む(佐藤良明と柴田元幸の両氏については今更紹介の必要はないだろう。『ラバーソウルの弾みかた』は必読)。

佐藤君と柴田君 (新潮文庫)

佐藤君と柴田君 (新潮文庫)

案外面白いのだが、しかしビートルズニール・ヤング世代の両氏が「ニルヴァーナ」を新しいものとして書いているくだりなどを読むと、この本すらもう過去の遺物だなと思ってしまう。1999年なのだな、90年代は終わるのだなと実感した次第。*1

*1学生連中が聴いているというGreendayを知らなかった私も過去の遺物である。[2006年3月14日]

1999-10-21 祝3000ヒット!

[]祝3000ヒット! 15:35 祝3000ヒット!を含むブックマーク 祝3000ヒット!のブックマークコメント

ふとホームページのカウンターを見ると、なんと三千を超えている!!!*1皆さん、本当にどうもありがとうございます。

土日は札幌で「表象文化論」の仕込みである。一杯飲みたいけれど、暇も気力もない。

*1:このころはまだ電話で接続していた人が多かったのではないか?だからそんなに人さまのところを訪問することなどできなかったのだ。隔世の感がある。[2006年3月14日]

1999-10-17 ネパールで化石発掘

[]ネパールで化石発掘 15:33 ネパールで化石発掘を含むブックマーク ネパールで化石発掘のブックマークコメント

仏事等いろいろあるので札幌/帯広を往復している。今朝札幌から帰ってきて、帯広駅前の長崎屋で買い物等を済ませたあと、いつもの十勝バスに乗った。乗客は三人。やがて、私一人になった。これじゃ赤字だろう。一時間一本のバス運命も危ない。仕事を済ませ、春休みは第一自動車学校に通うとするか。

昨日も畜大農場前から乗ったのは私一人。運転手さんに「ネパールから留学生来ているかい?」と聞かれ、???。聞けば化石マニアで、ネパールで発掘したいのだそうだ。他のお客さんが乗るまでそんな話をしていたのだが、そしたらバス代いらないよとか言われてしまい、無論きちんと払ったが、なんというか、「田舎」ってこうだったなあと思い出すことが多いのである。

1999-10-15 三浦綾子さん死去、他

[]三浦綾子さん死去、他 15:30 三浦綾子さん死去、他を含むブックマーク 三浦綾子さん死去、他のブックマークコメント

関東ではどうだかしらないが、今北海道では三浦綾子さん死去のニュースで一色である(というのは誇張かもしれないが、NHKはかなり気合いを入れて報道している)。僕は『塩狩峠』を高校生の時に読んだ記憶がある。当時は遠藤周作にはまっていたので、三浦さんの作品はものたりなかった。遠藤さんの神学・批評エッセイに惹かれていたんですね。

塩狩峠 (新潮文庫)

塩狩峠 (新潮文庫)

ところで、昨日の英語の授業で"less"のニュアンスを教えようと思って、朝日新聞社から出ていた『勉縮のすすめ』という本の英訳は"Let's Study Less"だよ、うまくニュアンスを生かしているだろう云々と言ってみた。これ、どうでしょうかね。

「勉縮」のすすめ (朝日文庫 ま 2-1)

「勉縮」のすすめ (朝日文庫 ま 2-1)

1999-10-13 ソンタグ、他

[]ソンタグ、他 18:32 ソンタグ、他を含むブックマーク ソンタグ、他のブックマークコメント

お隣の渡邊先生のホームページを見ると、「朝は鳥の啼く声で目が覚める」とある。嘘だろうと思っていたら、本当である。各部屋に換気口があるが、そこにたぶん雀がやってきて、がさがさやっている。案外うるさい。まだ聖フランチェスコのようには悟りきれない。

Amazon.comのDHLが届き、ひとまず英語フーコーソンタグを読めるようになった。フーコーは別として、ソンタグのIllness as MetaphorとAIDS and its Metaphorは抜粋を使う予定である。

Illness As Metaphor And AIDS And Its Metaphors: And, AIDS And Its Metaphors

Illness As Metaphor And AIDS And Its Metaphors: And, AIDS And Its Metaphors

"salmagundi"。この奇妙な言葉は、僕は食したことのないごった煮風?欧風料理の名前なのだが、転じて「雑録」という意味になったらしい。ワシントン・アーヴィングの「リップ・ヴァン・ウィンクル」を授業で使おうと思い、アーヴィングについて調べたら、彼はこういうタイトル雑誌をSpectatorに対抗して出していたんですね。同名の雑誌は今もあり、これはサイードなんかも寄稿する結構有名な批評誌である。

何はともあれ、言葉の響きが大変気に入ったので、「雑録」の英訳として使うことにしたという次第。いかがでしょうか。

1999-10-07 Animal Liberation

[]Animal Liberation 18:18 Animal Liberationを含むブックマーク Animal Liberationのブックマークコメント

帯広畜産大学に赴任してようやく一週間。教育研究の両立、ではない。生活と教育が両立するかどうかで苦闘が続いている。

せっかく畜大に来たのだから「アニマル・ライト」を勉強しようと思い立ち、早速この分野の古典的名著、Peter Singer, Animal Liberation (1975)とIn Defence of Animals (1986)を読み始めている。

Animal Liberation

Animal Liberation

シンガーの主張の典拠はベンサムらしい。案外面白い。というか、マジで考え込んでしまう。(人種差別ダメならば、「種別」もダメだろうという論理。あなたは論理的に反駁できますか?

しかし、「畜大牛乳」が生協にあり、実験動物の霊を弔う「畜魂碑」の前で盛大に焼き肉を喰らう「畜コン」が行われる環境で、ピーターシンガーなんか読んでいいんだろうか。

1999-10-05 田舎は懐かしい

[]田舎は懐かしい 18:24 田舎は懐かしいを含むブックマーク 田舎は懐かしいのブックマークコメント

「畜大農場前」から市役所行きのバスにのる。オジサンが一人乗っていた。帰りにもバスを使った。すると、そのオジサンに再会した。ふと気がつくと、相当な高齢者ばかり。お年寄り同士の会話を聴いていると、なんとそのオジサンは88歳のお爺さんだった。話し相手のおばあさんも85,6歳。バスの乗客の平均年齢はおそらく70歳近いであろう。64歳で死ぬ人もいるというのに、*1どうしてあんなに元気なのだろうか。ともあれ、凄い世界だ。*2

一時間に一本のバスしかないが、慣れてしまえば何とかなる。市街から離れたキャンパス、交通機関はバスのみというのは、実はイングランドの我が母校?University of Essexもそうだった(もうちょっとバスの頻度は高かったけれど)。何だか懐かしい。

ただし、エセックスにはどうせ一年しかいないだろうという気持ちがあったから耐えられたということもあるかもしれず、他方帯広には結構長くいることになるだろうから、*3「懐かしい」なんて言っていられるのも今のうちだけかもしれない。

*1:父親の享年。[2006年3月13日]

*2:元気なのではなくて、このバスしか交通手段がないのである。真冬のある時、非常に高齢の方が自転車に乗っているのを目撃した。これも仕方ないから乗っているのである。「元気」なのではないのである。[2006年3月13日]

*3:結局5年半暮らした。[2006年3月13日]

1999-10-04 orz

[]orz 18:22 orzを含むブックマーク orzのブックマークコメント

表象文化論の授業開始。ある程度準備していたが、やはり大変。理系大学でこういう授業をやることの困難さを骨身に染みて分かっていなかった。半年間、学生さんに鍛えてもらいます。

空が異様なまでに広い。満点の★☆★である。ただし猛烈に寒い

1999-10-03 表象文化論

[]表象文化論 18:20 表象文化論を含むブックマーク 表象文化論のブックマークコメント

明日から「表象文化論」の授業。準備に苦労する。畜大図書館にはフーコー翻訳がない。前任者のTさんが購入した仏語の原書はあるが、これは授業で使えない。困るだろうなと思っていたが、実際困っている。

閑話休題。So-netのアクセスポイントは帯広にもある。案外すいていて、快適である。ところが、ダイヤルアップしてからの認証作業に時間がかかる。一分以上だろう。かなりストレスがたまる。

盗作事件で話題のソーテックのPCを使っている。これを立ち上げるとき、おそらく他のウインドウズマシンも同じだろうが、BIOSの画面が出る。そこにドライブの指定についての情報が表示されるのだが、'master'と'slave'とある。もうちょっとましな言葉を選べなかっただろうかと思う。皆さんのPCはどうですか?