Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2003-02-04 エッセイ復活

[]エッセイ復活 21:24 エッセイ復活を含むブックマーク エッセイ復活のブックマークコメント

一年一ヶ月ぶりのエッセイ。正直、まだ博論執筆後遺症(耳たぶのアトピー性皮膚炎〔口元は川湯温泉の強酸性明礬湯のおかげでほぼ完治〕&“難しい文章が読めない”病〔治癒の兆しなし〕)が続いているが、まあ、ボチボチ。

博士論文(予備論)を提出したあと、一番後悔しているのは、第五章「英文学者、中島敦」を書くときに、一九四〇年の時点ですでに「一人称」「三人称」という用語を使って、島木健作『或る作家の手記』という満州ルポ・小説の語りの政治性を論じた、フランス文学者の中島健蔵について、多少なりとも調べることが出来なかったことだ。中島敦『光と風と夢』(一九四二年)における一人称と三人称の交差という問題を、単にハックスレー『恋愛対位法』(一九二八年)の模倣として解決するのではなく、中島健蔵に代表されるような『文学界』周辺の「語りの政治性」についての意識を確認しておけば、もう少し説得力のある議論ができたと思う(提出した議論では、単なる“憶測”だ)。時間が足りなかったので、仕方亡いけれども。

少額ではあるけれども今年は科研費あたったので、加藤寿々子リサーチ旅行のとき、中島健蔵リサーチもやってみよう。今年の夏にどっかで発表して、とっとと論文にしよう。あ、しかし、今年の夏は、香港学会(というか、本当に開催されるのだろうか)と博論公聴会」だったか・・・。