Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2007-07-24 夏休みモード突入

[]夏休みモード突入 01:01 夏休みモード突入を含むブックマーク 夏休みモード突入のブックマークコメント

「2ちゃんねる」ですら閲覧するのがめんどくさい廃人状態。これ、真人間になったということなのか?

7月21日

日本英文学会関東支部例会@専修大学神田キャンパス

・「感性」表現シンポは、どなたの発表も面白かったのだが、なにぜ時間が少なかったのが残念。

専修大の石塚さんの発表には毎度のことながら感心。神経の話にもう飽きたので、天候とロマン派の問題をやろうかな、ということで実際にやってしまうという怖ろしさ。

首都大の渡辺さんによる、様々な"Shenandoah"詩と、*1ノスタルジーに回収され得ないvoicesに直面してうろたえ、断片をつなぎ合わせることができない歴史の天使ベンヤミン)としての語り手についての話は、妙に元気が出た。

・『愛と戦いのイギリス文化史―1900‐1950年』の編者による、本書の紹介と今後の展開についてのトーク。

テキスト精読の意義の再確認&さらなる練り上げ、文化史との対話への挑戦には、「期待したい」じゃなくて、私自身がやらなきゃならんことなので、私の役回りってなんだろうなあと考える。

以下のようなことを考えた。トークの内容や今後出るというこの本の続刊とはあまり関係ないだろうが。

私の職場では「モノカキになりたい」という学生がわりといるようなのだが、この人たちの「モノカキ」イメージ大学学者というのはあまり入ってこない、ようだ?というわけで、若い人が考えるところの「カキモノ」と紀要論文創作研究の対立――などというものは相当嘘くさいと思うし、すでに語られていると思うけれども、それでもこんなニセの対立はネチネチしっかり叩いておいて、それでも残る差異は明確化しておきたいなという、『文学部をめぐる病い―教養主義・ナチス・旧制高校 (ちくま文庫)』を読んでからの懸案事項をやる、ということか。そろそろ高田さんが言うところの「学者」の「二流意識」って奴を自分なりに何とかしたいな、と。*2

というか、この本筑摩文庫になったのだな。広く読まれてしかるべき名著なので、よかったよかった。

7月22日

あちこちに用事。

7月23日

期日前投票、散髪を終えて、職場へ。夏休みど真ん中の大学には人が少ない。

*1ディランさんのこれもその一つ

*2拙著帝国日本の英文学』第5章はある意味高田さんの議論への私なりの回答なんだとは思うのだが、あれは中島敦さんという作家による作品をガクシャに引きつけるという作業なのであって、紀要論文を作品に結びつける作業ではない。中村和恵さんのエッセイロマン派、特にコールリッジさんのエッセイも参照。

2007-07-20 奥鬼怒は、イイ!

[]奥鬼怒は、イイ! 08:49 奥鬼怒は、イイ!を含むブックマーク 奥鬼怒は、イイ!のブックマークコメント

7月18日〜19日。

有給をとって奥鬼怒と奥会津へ。奥鬼怒林道(日光→川俣温泉)と県道249号(湯西川温泉→土呂部→栗山)の山道は実に風光明媚、行ってよかったー。天気がもっと良ければ田代山峠を越えて福島側まで行ってみたかったんですが。

7月20。

私用のため東京へ出る。

[]日本英文学会関東支部例会 08:49 日本英文学会関東支部例会を含むブックマーク 日本英文学会関東支部例会のブックマークコメント

は明日21日、専修大学にて行われます。

http://www.elsj.org/kanto/

個人的には、『愛と戦いのイギリス文化史』ネタのプロジェクト発表会(?)に期待。「感性」シンポの時間には間に合うかな。

2007-07-16 つくばも揺れました

[]つくばも揺れました 13:01 つくばも揺れましたを含むブックマーク つくばも揺れましたのブックマークコメント

7月14日

雨のため引き籠もり

7月15日

同上。

7月16日

朝5時にウォーキング、そのあと朝飯を食べて至福の二度寝

ふとゆら〜りと揺れたあと、家がビシビシ鳴るくらい大きく揺れて、目が覚めた。また寝てしまったのだが、11時30分におきてテレビを見たら長野・新潟で震度6強!最初はチリチリ揺れて、そのあと大きくグワっと揺れるこの感じ、1995年神戸の地震の時とよく似ていると思った。遠くで大きな地震が起こった時の揺れ具合というか。

柏崎あたりでは古い民家が倒壊したりしている模様。被害が少ないとよいのですが・・・

2007-07-13 Shinsei Bankに釣られるな、夕張メロン

[]Shinsei Bankに釣られるな 10:03 Shinsei Bankに釣られるなを含むブックマーク Shinsei Bankに釣られるなのブックマークコメント

私のところにも、英語の"Shinsei Bank"なるフィッシング・メールが来ていたのですが、みなさんはいかがでしょうか?ひっかかる人はいないと思うんですが、しかし本家のログイン画面をそのままパクっているから万が一、ということもありますね。新生銀行に口座を開いている人も少なくないと思うので、一応お知らせ。

本家HPでもトップで警告しておりますな。

[]夕張メロン 19:51 夕張メロンを含むブックマーク 夕張メロンのブックマークコメント

夕張地縁血縁がある者のありがたみだなあ。これでもハネ物なんですが、そうかなあと思いますです。

f:id:hspstcl:20070713195109j:image

「今年はおいしいよ」とは母の弁。

zappazappa 2007/07/13 14:10 新生は日本の銀行の中では英語サポートがとびぬけて良いので、利用している非日本人も多そうですね。日本人よりも日本語を使わない人の方が引っかかりそうです。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/13 19:49 確かに、英語話者の方が引っかかりやすいかもです。結構手が込んでいた釣りメールでした。>zappaさん

2007-07-12 御意見無様!

[]御意見無様! 22:29 御意見無様!を含むブックマーク 御意見無様!のブックマークコメント

7月11日

会議2つ。

7月12日

2学期の「コア・カリキュラム」のため、Yさん、Sさん、私、院生のSさんと、4時過ぎから『下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]』を観る。やはり複数で観るのはよいものだ。郷土史にこだわりすぎていた私は、どうやら乙女小説ジャンルを『ビームコミックス エマ 8巻(通常版)』、というか元ネタのオースティンさんあたりからおさらいすることになりそう。日本だと、嶽本野ばらさんが解説していている『わすれなぐさ (吉屋信子乙女小説コレクション)』あたりか。

ただ、吉屋さんの作品は専門家のYさんですら「お腹いっぱい」だとのこと。ガクブル。

で、なぜかWikipe-tanがWikipediaのイメージとしてふさわしいかどうかを議論した英語ページに行き当たる。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Featured_picture_candidates/Wikipe-tan

2007-07-10 凹んだ

[]凹んだ 13:13 凹んだを含むブックマーク 凹んだのブックマークコメント

7月8日

スピヴァクさん講演会一橋

内容についてはhttp://d.hatena.ne.jp/drydeniana/20070709が詳しいので省略。

私は李静和さんのコメントに感動し、胸が苦しくなって、質疑応答の途中で帰宅してしまった。自分の卑小さをこうまでまざまざと再認識させられるのは、やっぱりつらい。

7月9日

マンガシェイクスピア@茗荷谷は、用事のため欠席。どうも盛会だった模様。無念。

7月10日

一日中業務。疲れた。

[]凹んでる場合じゃないぞ 16:32 凹んでる場合じゃないぞを含むブックマーク 凹んでる場合じゃないぞのブックマークコメント

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070710k0000m010051000c.html

中教審大学教員の研修義務付け答申 伊吹文科相に

 中央教育審議会山崎正和会長)は9日、大学教員の授業内容や方法の改善を図るため、教員向けの組織的な研修を各大学に義務付けるよう伊吹文明文部科学相に答申した。文科省は近く大学設置基準など関係省令を改正し、来年4月から施行する。

 大学教員向けの組織研修は「ファカルティー・ディベロップメント」(FD)と呼ばれ、すでに大学院では義務化。学部レベルでは全国国公私立大の約8割が実施している(文科省の05年度調査)。同省は「FDの中身が重要だ。実施するだけでなく教育内容の実際の改善につながるものにしてもらいたい」と説明する。

 中教審答申にはこの他、授業内容や成績評価方法などを示した授業計画(シラバス)の作成や公表の義務化なども盛り込まれている。【高山純二】

毎日新聞 2007年7月9日 19時51分

もちろん、これはやる方も、研修会その場やいろいろなところで批判されたり云々というのは覚悟の上、ということなんでしょうな。

川口@台中川口@台中 2007/07/10 14:16 卑小は卑小なるままに、っていっても慰めにもなんにもなりませんね。

スピヴックさん、きょうは沖縄か。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/10 16:08 いやあ、「卑小は卑小なるままに」ってのは良い言葉ですよ。ありがたや。>川口@台中さん

川口@台中川口@台中 2007/07/10 16:41 卑小なカワグチです。

FDもいいんですが(って、よくないけど)、
こういうのはどうかんがえるんでしょうね。認可させた方々は。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200707100287.html

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/10 17:50 こういうところがでてくると、文科省批判が「真っ当」に聞こえてしまうので、認可した方はまずいんじゃないかと思うんですがね。
認可した人たちも深い考えはないんじゃないか、と。

moriokamorioka 2007/07/10 19:52 FDと聞いて、私学協会から表彰されてしまった(大規模の冗談でしかない)ワタクシが参上致しました。何でも、殺伐とした無限批判に陥らないような教育コミュニティー(コミュニティー・ディベロップメント=CDというらしいです)作りをまず行うべきだ、と、教育行政研究者はおっしゃっているようですよ。しかし、実際には、経営者の論理がまかり通る大学にそんなマターリした空間は生まれ得ないという罠。
FD自体の思想はそれなりに真っ当だと思うのですが(なので、ある意味では山崎さんいったい今ころ何を言っているのかとも)、結局、それが「大学生き残り」のパブリシティとして使われたり、非道い場合は「大学教員へのルサンチマン」を投げつける道具として使われたりするあたりが、現場の面倒くささでございましょうね。
LECの件とも通底するように思いますが、「教育内容の実際の改善」という時の「教育内容」とはなにか、文科省さん任せにしない(できない)で、各々の場所で考えるほかないのでしょうか。ああ教育基本法。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/10 21:09 >「教育内容」とはなにか、文科省さん任せにしない(できない)で、各々の場所で考えるほかない

その通りなのでして、不肖私も、FDの実質化だかCDだか知りませんが、ご指名があれば、正々堂々私の試行錯誤を晒す覚悟はあります。その代わり文科省の試行錯誤も晒していただきましょうか。

yanaseyanase 2007/07/10 22:13 あす帰国します。荷造り終えて休んでいるところ。

川口氏はお分かりの通り、こっちでは教評の枠組み作りと締め付けが進んでいて
私の勤務先でも来年度の教評監査に向けてシステム作りの真っ最中です。
行政、教育、研究で全部点数化で昇進も一定期間内に義務付けられて
審査は外部委託、最悪の場合非常勤格下げというのもあるようです。
外国人教師の場合はいろいろ複雑な話もあるようでこっちもうかうかしていられません。
日本語教育云々との絡みもありますしね。
「業績のない上の人が業績のある下の人を(ry)」というのはどこの国でも変わりませんしね。

moriokamorioka 2007/07/10 22:38 その教育行政研究者講演の質問に手を挙げて「FD(フロッピー)→CD(コンパクトディスク)→ときたら次はDVDっすかねwww」とかまして全会場の失笑を買い、会を主催したウチの委員たちを凍り付かせたんですが、ワタクシ。けども、ホントに問題は各学内の「DV」だと思ってたりします。
ホントはこのダダ滑りギャグをここでご披露したかっただけなのですが、長々詰まらんことを書いてスミマセン。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/10 22:42 外国人教師の地位ってのはどこでも不安定なもののようですね。同僚の先生方もいろいろ苦労されているようです。雇用側も、被雇用側も。>yanaseさん

実は「そこでDVDですよ」と書きたかった私なのでありますがw
学内「DV」というのはマジで洒落にならんですな。>moriokaさん

川口@台中川口@台中 2007/07/11 11:52 家のパソコンがクラッシュして、早寝早起きの健全生活しているあいだに、盛り上がっていること(笑 うちの職場は、私が入る少し以前からコツコツ授業改善やらなんやら地味にやってきて、それなりに晒しつづけていたわけで、そんなもの別に珍しくともなんともないのですが、これが「上」から言われるようになると、どんどん話がエスカレートしてきて、身の丈越えてきてさあ大変よ、というのが現状です。

柳瀬さんのいうように、こちらの大学も10年、15年遅れで日本を追っかけているようでして。私的には来年中に副教授昇格が義務づけられているのですが、書類調えるのがめんどくさくて。クビにできるもんならクビにしやがれってんだい、と思わず会議で口走ったカワグチですが、それでもやっぱりクビは困りますう。

ところで、スピヴックさん、沖縄講演、体調不良でキャンセルしたそうですね。詳細は不明。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/11 12:09 「上」が真っ当なら納得できるんですけどね。すげーいーかげんだし。
スピヴァクさん、お疲れかな?結構タイトなスケジュールですよねえ。>川口@台中さん

yanase@実家yanase@実家 2007/07/12 00:51 イチローの球宴MVPを見届けてから家を出てさっきもどってきました(といっても肝心の打ったところ見ていないんですがwww)。夜はまだ涼しいですね。

まあ教評関係は書類見ただけでうんざりですよ。みんなどうにかして自分の点を良くしようとw四苦八苦。

齋藤@筑波齋藤@筑波 2007/07/12 13:26 私もオールスターは3回位までみて職場に来ました。あのあとなんですよね山場はorz
会議だったから仕方ないですけど。
「教評」も大変そうですね。こっちではホニャララ柔軟化とかなんとかもう電車道のつき押し相撲、なるべく昔書いた書類を使い回せるようにデータを汎用化しています。>yanase@実家さん

2007-07-06 スピヴァクさん講演会

[]スピヴァクさん講演会 11:02 スピヴァクさん講演会を含むブックマーク スピヴァクさん講演会のブックマークコメント

7月1日〜3日。

那須塩原温泉ホテルおおるり)にて合宿。下道でつくば〜那須を往復ってのは結構疲れました。

7月4日

業務で1日つぶれる。

7月5日

修論中間発表8本、博論中間発表1本。

7月6日

先生デリダさん論文を読み始める。私は興奮しながら読んでいるのでした。

7月7日

明日7日、関東の人は一橋へ行きましょう。以下は某MLからの転載(一部)です。

日時  7月7日(土) 15時〜18時(開場14時30分)

場所  一橋大学キャンパス 東2号館2201教室

講演  ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクコロンビア大学

演題  「人文学における学問アクティヴィズム」

通訳  本橋哲也(東京経済大学) 伊藤るり(一橋大学

コメント 李静和(成蹊大学) 岩崎稔(東京外国語大学

司会  鵜飼哲一橋大学) 

備忘録一橋大学国立キャンパスHP(地図)

2007-07-01 博論中間発表

[]博論中間発表 07:50 博論中間発表を含むブックマーク 博論中間発表のブックマークコメント

6月27日

総合文学博論中間発表。

Royal Societyの専門家によるアメリカ文学「前」史の読みかえ。

韓国(&韓国人日本留学生)によるアイルランド演劇のappropriation。

上田秋成さんと中国白話小説

遠藤周作キリスト教の変容。

源氏物語』のミャンマー語翻訳とその問題(この人が今ミャンマー語源氏』をやっているのです)。

台湾人日本語作家による雑誌『フォルモサ』の研究

6本聞くとさすがにへばるなあ。ともあれ、みんながんばれ。

6月28日

期末試験採点。

6月29日

同上。