Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2012-06-29 CFP: AAS 2013 Annual Conference@ San Diego (March 21-24)

[][]CFP: AAS 2013 Annual Conference@ San Diego (March 21-24) 09:42 CFP: AAS 2013 Annual Conference@ San Diego (March 21-24)を含むブックマーク CFP: AAS 2013 Annual Conference@ San Diego (March 21-24)のブックマークコメント

最近はここが主戦場になっている感がある私齋藤でございます。締め切りは8月2日。私は「筑波組」の一員ではなくて、個人で応募しようと思っています。落とされたら「筑波組」のサクラでもやります(笑)

The Association for Asian Studies (AAS) is pleased to invite colleagues to submit proposals for the 2013 Annual Conference.

The Annual Conference will be held at the Manchester Grand Hyatt in San Diego, California, March 21-24, 2013

All proposals should be sent electronically through the AAS website. Please make sure to review all instructions and guidelines carefully before submitting your proposals, including information regarding the new proposal submission system.

Click here to access the Call for Papers or go to http://www.asian-studies.org/Conference/index.htm

The deadline for proposal submissions is Thursday, August 2, 2012.

We look forward to seeing you in sunny San Diego!!

2012-06-28 『リーダーズ英和辞典』第3版、8月出版予定

[][]『リーダーズ英和辞典』第3版、8月出版予定 15:09 『リーダーズ英和辞典』第3版、8月出版予定を含むブックマーク 『リーダーズ英和辞典』第3版、8月出版予定のブックマークコメント

K社の営業さんにこのことを教えていただきました。これは即購入でしょう。

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]

もう書影が出てますね。

2012-06-27 Edmund Blunden, ”Hiroshima”など

[]Edmund Blunden, "Hiroshima"など 01:39 Edmund Blunden, "Hiroshima"などを含むブックマーク Edmund Blunden, "Hiroshima"などのブックマークコメント

1949年の『英語青年読了。「原爆」「広島」関連記事もチェックした。1945年1949年まではチェック終了ということになる。手ぶらで広島に行くことは回避できそうだが、もう少しがんばる。

Edmund Blunden*1朝日新聞から8月6日のために詩を書いてほしいと依頼されて書いた詩が "Hiroshima"で、これを邦訳したのが寿岳文章だったことを「片々録」で知った。寿岳はのちにD. J. Enlight(英訳詩集The Songs of Hiroshimaとも関わりあり)の広島関連詩も『英語青年』で紹介している。

…気になっているのが、8月9日について、長崎について、1949年までの『英語青年』にはほとんど記事がないこと。思い当たるフシはないではないのだが、しかし要調査&考察

なとど書いていたら、いきなりマウスがぶっ壊れたorz

*1:このころのBlundenは日英(米)政府のmissionとして非常に勢力的に講演や講義をしていて、『英語青年』もブランデン関連記事や彼のエッセイを実に頻繁に取り上げている

2012-06-22 『英語青年』(76〜110巻)古書で購入、日本英文学会大会(1945)と

[]『英語青年』(76〜110巻)古書で購入 12:18 『英語青年』(76〜110巻)古書で購入を含むブックマーク 『英語青年』(76〜110巻)古書で購入のブックマークコメント

f:id:hspstcl:20120622162749j:image

欠巻はあるが、安かったし、買ってしまった。復刻版ではなく現物。70年前の紙はボロボロだけどとりあえず調べるのには十分。

私はこういう資料を手元に置いておく方ではなく、図書館をせっせと利用するタイプだが(手元に置き始めると、おそらく研究室と自宅空き部屋が資料に埋もれることになるので、自分自分が怖いのです)、さすがに日立市や那珂市や茗荷谷までせっせと通うのがしんどくなってきたのです。

[][]日本英文学会第17回大会1945年11月24・25日)と進駐軍 14:09 日本英文学会第17回大会(1945年11月24・25日)と進駐軍を含むブックマーク 日本英文学会第17回大会(1945年11月24・25日)と進駐軍のブックマークコメント

英語青年1945年11・12月合併号31(199)頁に、日本英文学会第17回大会1945年11月24・25日、於:京都帝国大学)の報告記事があった。

〔二日目〕午後は一時開会、進駐軍招かれて六七名、長い手を掲げて入場。

こういうことがあったのか。

2012-06-21 バトラー『権力の心的な生』、筑波大中央図書館はよいです

[]バトラー権力の心的な生』 15:53 バトラー『権力の心的な生』を含むブックマーク バトラー『権力の心的な生』のブックマークコメント

訳者のSTさんからお恵み頂きました。ありがとうございます。ところがhatenaでは書影データも出てこない。以下の月曜社の「暴力論叢書」の一冊になります。

まあしかしどちらのSさんもよくこれだけ仕事できるな…。

[]筑波(大学中央図書館)よいとこ一度はおいで〜♪ 14:19 筑波(大学中央図書館)よいとこ一度はおいで〜♪を含むブックマーク 筑波(大学中央図書館)よいとこ一度はおいで〜♪のブックマークコメント

いろいろ文句も言いたくなる私の勤務校ではあるが、中央図書館がほぼオープンなのは本当に助かる。ここで調査をすると、他大学では苦痛を感じる位。もちろん他大学図書館努力していらっしゃると思うのですが、筑波は最初から開架が前提ですからね。

というようなことをグダグダ書くのも、最近大学出張っていって、あるいは出張っていくために、それなりに苦労しているからなのです…。

2012-06-20 ロビンソン映画鑑賞会1&2

[]ロビンソン映画鑑賞会1 10:02 ロビンソン映画鑑賞会1を含むブックマーク ロビンソン映画鑑賞会1のブックマークコメント

RCのド素人としてRC映画を観ることにする。昨日は台風4号の暴風を聴きながら以下を観た。大変時期にかなった映画であった。

ピアース・ブロスナン(007といっても学生には通じないのだったw)主演のこの映画、書影が出ないということは黒歴史なのか?ともあれ、すでに専門家による論評があるだろうけれど、これは政治的に正しいRCということなのでしょう、ウィリアムタカク(昨年亡くなったのですね)演じるフライディに最初キリスト教を教えようとする(これは原作準拠)クルーソーだが、二人はそれぞれ信ずる「神」をめぐって口論する。最終的には「何かが変わった」とつぶやくクルーソーは「野蛮人」の宗教をも認めることになる。そしてフライディと同じように顔にメイクして戦士になる。やがてクルーソーはフライディの島で白人武器商人として敵扱いされ、生け贄に出されて「死人」扱いのフライディと決闘を余儀なくされるが、結局は予定調和的にフライディは白人に射殺される。このとき「友人」を失ったクルーソーはフライディをかたく抱いて慟哭する。マジで友愛」、いやもっとエロいかな。このあたりは原作とは全く違うところですね。フライディはブリテン島まで同行して、続編で死ぬのだし。そもそもクルーソーはスコットランド出身となっているが、原作はYorkの生まれということであるし。

なるほどウィキにも「原作とは大幅に違う」という項目があるわけだ。

[]ロビンソン映画鑑賞会2 10:59 ロビンソン映画鑑賞会2を含むブックマーク ロビンソン映画鑑賞会2のブックマークコメント

上記エントリーの次の日だが、ここに書きます。

ロビンソン・クルーソー [DVD]

ロビンソン・クルーソー [DVD]

RC場合原作準拠というのはあまり意味がないとは思うのだが、これは上記ブロスナン版よりも改変が大きい。細かい指摘は面倒なのでしない。

ピエール・リシャールという役者RCだがブロスナンのようなイケメンではなく、白髪のオッサンで、観ても寂しい人は多いかも。その代わり?、フライディは若いイケメン。

面白かったのは、終盤、故郷(南米!)に戻ったRCは、かつての知人の船長の娘とフライディが好き合っていること、だが南米では差別されることから(フライディは奴隷制度に敵意をむき出しにする)、「進歩的な」ヨーロッパにわたって暮らそうとするというネタ。渡航中の船の中で、この異人種カップルが別の白人カップルから「何あれひどいな」と差別的な言葉をつぶやかれるのだが、RCは「争乱の種をまき散らすのだ…戦いはこれからだ!」と二人に諭して大団円というところ。これ何の映画だったろうか、という。

2012-06-19 レガシー・アテンザ系かフォレスターか、『英語青年』ネタ

[]レガシーアテンザ系かフォレスター 10:07 レガシー・アテンザ系かフォレスターを含むブックマーク レガシー・アテンザ系かフォレスターのブックマークコメント

ちょっと冷静になってみると、やっぱり8は維持するだけでも大変。シャシーだけ残してエンジンはSkyactiveにならんのでしょうか。というわけで、レガシーアテンザ大学の大駐車場で見かけたらちょっとだけ眺めさせていただくとか、フォレスターはあちこちにあるのでチラチラ見るとか、週末はスバルの販売店に行って見てくるとかすると、まあ結局現実的なところになってしまいますね。

デミオから乗り換えるときに、2ドアのジムニー・シエラなどというマイナーな車ではなく、そこそこ街で見かける4ドアのフォレスターにしておけばよかったということなんでしょうか。

[]『英語青年』ネタ(福山福原10:07 『英語青年』ネタ(福山の福原)を含むブックマーク 『英語青年』ネタ(福山の福原)のブックマークコメント

R.F.(福原麟太郎)を読み直さなきゃダメかもしれない、という話。以下ウィキより。

広島県沼隈郡神村(現・福山市)生まれ。1912年、広島県立福山中学校(現・福山誠之館高校)卒。(中略)太平洋戦争直後の1946年から1953年まで日本英文学会長を務めた。

以前ここに書きましたが、福原が実家に帰省すると『英語青年』に報告が掲載されるわけで(これ自体、現在から見ると凄いことですよね)、まあ毎年春と夏に結構マメ帰省しているといってもいいです。広島「県」は地元ということでしょう。当然、広島「市」への原子爆弾の投下にも言いたいことはあったでしょう。ここで彼の実家が「福山」ということに何か意味があるかどうか。

あと、1948年英文学会西日本大会@広島文理科大学1949年も開催されている)は「復興」を意図したものでもあったようだ。このことが福原と関係があるかどうか。当時の会長なのだからなにもないはずはないのだが、つまりすくなくとも事務局とか理事会の提案を聞いてハンコは押しているだろうくらいは言ってもよいと思うのだが、それ以上にどこまでなにがあったか、ということですよね。

雑賀についても調べるつもりだが、私は福原をやった方がよいような気がしてきた。筑波大学の前身のエライ人だし。

2012-06-17 次のクルマを考えるか…、国立科研始動

[]次のクルマを考えるか… 17:36 次のクルマを考えるか…を含むブックマーク 次のクルマを考えるか…のブックマークコメント

同僚のHさんがアウディに乗り始めたのですよ。赤いアウディ。まああれを見ると、ちょっといいセダンが欲しくなるよね、ということなのです。さすがにアウディは高いわけですが(私はローンはいやなので一括で買えるものだけを買います)。

2ドアのジムニー・シエラは一人で野山で遊ぶにはベストだし、その野山にいくまでの高速でもそこそこ走るわけだが(軽自動車ではないから実用的なスピードは出ます)、しかし実際は結構人を後ろにのせることがあるんですよね。あと、荷物の積み降ろしも2ドアは大変めんどくさい。

RX-8

f:id:hspstcl:20120617175134j:image

写真は青ですが私は8なら黒がいいな。ともあれ燃費は悪い。そしてハイオク。でもかっこいい。そのうちロータリーもなくなっちゃう。しかし通勤ということを考えるとSkyactive仕様のアクセラとか、ちょっと待って新しいアテンザとかを買うのが真人間なんだろうけど、私は真人間ではないしなあ…。

[]国立科研始動 17:36 国立科研始動を含むブックマーク 国立科研始動のブックマークコメント

くにたち、です。一橋組のOさんMさんIさんに、筑波組のYさんと私齋藤金曜日に銀座で会合、というかお食事会でいろいろお話させていただきました。このメンバーが集まっているのだから相当なことができると思う。私もスポンジになりつつある脳みそに油をさしてガリガリやりたい。

さて、Oさんが、ご著書のお仕事の流れからまずは『英語青年』めくりをおやりになるということなのだが、筑波にも一橋にも1945年前後の『英語青年』は欠号は多い。前にも書いたような気がするが、当時購入していた現物がなまじあるものから1979年の復刻版を全部入れていないのである。というわけで、ウェブでせっせと検索して筑波大学に入っていない巻の手頃なやつを探して公費購入の算段をする日曜の午後。

これはあくまで手頃なやつ、ということである。あれこれ調べると、14巻〜100巻の復刻版は70万とかで出ている*1創刊号からだと100万を超えるようだ。公費でも100万はちょっと出てこない。70万でも厳しい。基盤(C)ではちょっとつらい。自腹?10年前なら買ったかも。しかし今これをかうとRX-8は買えんですね。

英語青年』の復刻版がPDFになれば大変便利なことになると思います。なんとかならないものか、などとつぶやいているとお前がやれ、ということになるのかもw

*1:しかし筑波にも14巻〜81巻まではあるので、正直35万で81巻〜100巻を買いたい、がすでに品切れの復刻版、そうそう都合よく商品は出ていないw

2012-06-14 「ディケンズと新歴史主義」

[][]「ディケンズと新歴史主義」 17:27 「ディケンズと新歴史主義」を含むブックマーク 「ディケンズと新歴史主義」のブックマークコメント

所用というかなんというか、ともあれディケンズクリスマスものをチェックしていたのだが、適当にググっていたら久しぶりに村山さんの文章に行き着いた。

http://www.dickens.jp/archive/general/g-criticism-murayama.pdf

村山さんのしゃべりっぷりが思い出される、というか私が勝手にそう思い込んでいるだけなのかもしれないが、ただただなつかしく読んでしまった。なつかしいのは、ここに言及されている研究書を実際に村山さんが読んでいたのを結構間近に見ていたから。ヒリス・ミラーのBleak House序文、は私があう前ですね。私が会った頃はCatherine GallagherとかMary Pooveyとかサクサク読んでいたんじゃなかったっけ。この村山エッセイを読むととてもD. A. Millerとか速攻でわかるような印象を受けますが、いやあどちらのミラーもギャラガーもプーヴィーも難しいですよ。

Practicing New Historicism

Practicing New Historicism

それにしても表紙くらいは出しておいてくれよと思うのでした。

2012-06-13 Huxley, Ape and Essence

[]Huxley, _Ape and Essence_ 17:37 Huxley, _Ape and Essence_を含むブックマーク Huxley, _Ape and Essence_のブックマークコメント

1950年前後の『英語青年』を眺めていると、時々Aldous HuxleyのApe and Essenceについての言及が出てくるのでした。「原子戦争」の可能性についてのコメントと共に。*1

Ape and Essence

Ape and Essence

検索かけると、筑波大学図書館にハクスリーの小説やらなにやら結構ある。そりゃそうか、『英語青年』でハクスリーとかに言及している人たちの「中の人」とかがそもそも東京教育大系ですからねえ。

*1:『英語青年1948年10月号(第94巻10号)、23311)頁の「米英消息(F.H.R.)★三つの小説」という記事など。

2012-06-12 集中授業について(6月30日&7月1日)

[][]集中授業について(6月30日7月1日12:02 集中授業について(6月30日&7月1日)を含むブックマーク 集中授業について(6月30日&7月1日)のブックマークコメント

筑波大学学生さんに。「比較文学演習I」は集中でやりますが、今月29日と30日30日と1日の土日、2〜6限でやります*1。すでに掲示が出ていますが、以下の文庫本は必ず買っておいて下さい。

ロビンソン・クルーソー (河出文庫)

ロビンソン・クルーソー (河出文庫)

私もあらためて読んでいて、おおそうきたかと突っ込みいれつつ読んでいて、もちろん岩尾さんの本も読み直しているんですが…講義で扱うのにこういうことを書くのはアレかとも思うのですが、好みでいえば私はMoll Flanders推しなんですね。

Moll Flanders (Oxford World's Classics)

Moll Flanders (Oxford World's Classics)

*16月12日に29日と30日の土日に集中と書きました&ツイートしましたが、正しくは30日と1日の土曜日、です。よろしくお願いいたします。大学の掲示が正しいです。

2012-06-10 AAS 2013 Annual Conference (San Diego, March 21-24)

[][]AAS 2013 Annual Conference (San Diego, March 21-24) 10:18 AAS 2013 Annual Conference (San Diego, March 21-24)を含むブックマーク AAS 2013 Annual Conference (San Diego, March 21-24)のブックマークコメント

来年3月のAASは今やっているリサーチをまとめてindividual papersとして応募する予定。「筑波組」(別名Y組)はすでにパネルをorganizeしている模様。6月中にウェブに詳細がアップ予定、8月2日が応募締め切りだとか。

http://www.asian-studies.org/Conference/index.htm

以下のPDFを見ると、やっつけのパネルには厳しいよ的なことも書いてある。まあ時間も開場も∞ではないからなあ。

http://www.asian-studies.org/Conference/2013-CFP.pdf

2012-06-08 茨大工学部図書館@日立市に行ってきた

[]茨大工学部図書館@日立市に行ってきた 10:26 茨大工学部図書館@日立市に行ってきたを含むブックマーク 茨大工学部図書館@日立市に行ってきたのブックマークコメント

なにせ工学部なので『英語青年』を閲覧しようという奴はオレ様だけ、それは余裕の閲覧でございましたよ。コピー機が一台というのは辛いところであったが。ただしここも「現物」であって「復刻版」ではない。紙がボロボロで怖い。今回の場合「復刻版」(昭和編供砲一番都合がよいのだが。

ともあれ1945年1946年6月まで見てきた。広島文理科大学の英文科の被害についての記事はある。長崎医科大学とか長崎師範とかの記事は今のところ見あたらない。長崎には英米文学英語教育関係者はいても、いわゆる「英文科」はなかったから、ということなのだろうか。即断は避けてさらに読むべし。

というわけで、しばらくは週に一度は日立通いをすることになりそうです。

f:id:hspstcl:20120608100535j:image:w360:right

2012-06-07 1945年前後の『英語青年』を調べる@茨城県

[]1945年前後の『英語青年』を調べる@茨城県 12:58 1945年前後の『英語青年』を調べる@茨城県を含むブックマーク 1945年前後の『英語青年』を調べる@茨城県のブックマークコメント

こんなネタ、ごく一部にしか必要ないとも思うが(あるいはそう思うので)、ここにメモ1945年前後の『英語青年』ですが、筑波大学中央図書館にはこの時期の復刻版はない。あるのは当時発行されたボロボロの本物。ただし全部はない。おおざっぱな話だが、90巻(1944年)〜93巻(1947年)、95巻(1949年)、97巻(1951年)〜99巻(1953年)がない。茨城県だと茨城大学工学部図書館比較的そろっているようだ(が未見、今週末に行ってくる)。私大学にもあるのだが、紹介状がないと入りにくいあるいは入れないので、国立大学の方がラクだと思う。

2012-06-06

[]2012年06月05日のツイート 22:00 2012年06月05日のツイートを含むブックマーク 2012年06月05日のツイートのブックマークコメント

2012-06-04 福原麟太郎は広島県の人だったのか(&このエントリーのオチ)

[]福原麟太郎は広島県の人だったのか 17:29 福原麟太郎は広島県の人だったのかを含むブックマーク 福原麟太郎は広島県の人だったのかのブックマークコメント

1945年以降の『英語青年』をめくっている(筑波大学の『英語青年』は戦後数年が欠落していて困る)。「広島」「原子爆弾」がキーワード1948年に日本英文学会西日本大会が広島文理科大学で開催されていることが気になった。あと、1950年の記事に「七月三十日から八月八日まで福原麟太郎氏は郷里の広島県へ帰省」とあった。八月六日に広島市へ行ったのかどうかよくわからない(『著作集』の文章に関連記事があったかどうか…)が、時期的にまあ行った、行こうとしたのでしょうね、たぶん。お盆ならもう一週間遅いと思うし。しかしこのあたりは調べないと分からない。

[]あてがはずれた? 16:54 あてがはずれた?を含むブックマーク あてがはずれた?のブックマークコメント

上記のようなことを書いたのち、1954年の『英語青年』を読んでいたのだが、福原は四月にも帰省している模様。となると、1950年8月6日に合わせて帰省したという推測はあくまで推測に終わりそうでもある。しかしこれが推測でしかないのかどうかもわからない。これ以上やると福原論になってしまうのだが、どうすべきか。

あてがはずれたというか、これは想定していないといけないのだが、1954年くらいになると『英語青年』も分厚くなってきて、ざっと眺めるだけでも結構時間がかかってしまう。一日で一年分を「眺める」のは辛いかもしれない。博論を書いたときは全然辛くなかったのだが、なんだか今回は目も疲れる。ああトシだなあとつくづく感じます。

付記:福原1946年4月にも帰省している。うーむ、単に親族に会うためかなあ。(2012年6月10日

Connection: close