Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2012-11-26 『田舎教師』と『フライディ』を読了

田舎教師』と『フライディ』を読了 20:04 『田舎教師』と『フライディ』を読了を含むブックマーク 『田舎教師』と『フライディ』を読了のブックマークコメント

iPhoneでの投稿三連休で体力を回復したので、卒論博論のチェック読みを淡々とこなす。七割終了。

昨晩は田山花袋田舎教師』を読んだ。これほど「帝国文学」だとはなあ。

エントリーにするのも面倒なので、札幌滞在中はここを活用。

トゥルニエ『フライディ』も読了ロビンソン狂気と性。マンドラゴラのネタは、笑えないがなんとなくユーモラスでもあり。

2012-11-22 『希望』到着!、かぜひいた…

[][]『希望』到着! 10:52 『希望』到着!を含むブックマーク 『希望』到着!のブックマークコメント

f:id:hspstcl:20121122093340j:image

見開きの頁は広島版をおさめた「別巻」収録の「エスポワール」第二号(1949年5月)、エドモンド・ブランデン「現代英国作家(講演 於:広島高師附小講堂)」。「記録並びに指導 雑賀忠義広高教授 駒田博之訳」とある

ともあれ、同時期に広島文理大で出ていたEnglishUrnと並べて読みたいものです。

[]かぜひいた… 11:05 かぜひいた…を含むブックマーク かぜひいた…のブックマークコメント

昨日の朝から熱っぽく、午後の××委員会では薬が効きすぎてかなりつらく、次の会議は蝦蟇の油が額からしみ出てきた。昨晩は薬をがっつり服用して寝たが、いまでもまだぼわーっとしています。やっぱり季節の変わり目には風邪をひくのがデフォなのか。あーあ。

2012-11-20 『イギリス映画と文化政策』、三人社HP

[][]『イギリス映画と文化政策』 09:56 『イギリス映画と文化政策』を含むブックマーク 『イギリス映画と文化政策』のブックマークコメント

ご恵贈いただきました。Oさん、Oさん、Mさん、ありがとうございました。

あー、私も研究しないといかんなあ。

2012-11-14 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第4回、『油断』

[]筑波大学比較・理論文学連続研究会第4回 08:44 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第4回を含むブックマーク 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第4回のブックマークコメント

昨日は17時から研究会の4回目。前回につづいて吉見さんの文章を読む。1996年カルチュラル・スタディーズ転回点があったとあり、たしかにホールさんを読んだシンポがその前の年にあり、『思想』や『現代思想』で特集号がありと、これは個人的にも記憶しているのだが、この文章が1999年に世に出たものだということを知っていろいろ考え込んだ。わずか3年前のことを振り返って書いているわけで、それほどカルチュラル・スタディーズは弁明というかアイデンティティ形成に苦心していたのか、と。吉見さんの苦心自体は「比較文化学類」という決して明快ではない部署に属している私も日々経験していることで、心して読んだわけですが。

参加者はYH、SLR、U、Saito。

雑談]『油断』 21:51 [雑談]『油断』を含むブックマーク [雑談]『油断』のブックマークコメント

油断! (日経ビジネス人文庫)

油断! (日経ビジネス人文庫)

エネルギーと英米文学シンポジウムを先週の土曜日に拝聴して、某Yさんとメールしていたら、日本には企業小説というのがあることに気づかせてもらいました。これなど、エネルギーのことを表象して、エネルギーを主題にした文学ということになるでしょうか。

もっともこの小説を思い出したのは、3日くらい前から両肩が痛くて、風邪気味で、今日ちょっとはやく帰ってきて静養していたのだが、ついついソファーで眠り込んでしまい、頭ガンガンとなり、慌てて薬を飲んで仮眠という事態になったため。油断です。比喩的ではないレベルでも?肩も首も肘も油が切れて、サロンパス貼っても聞かないし、これは油が切れているのでギギギなのだな、という感じでした。しかし明日明日で朝から仕事だ。あと2日、頑張ろう(涙

きついつらいというブログを書き始めたら、まあテンパっているが生きてはいると察してやってください。>みなさま

2012-11-08 やっぱいきたかったなあ、歴史を感じる

[]やっぱいきたかったなあ 15:47 やっぱいきたかったなあを含むブックマーク やっぱいきたかったなあのブックマークコメント

ウェールズへ・・・、と、これ(http://d.hatena.ne.jp/shintak/)を読むと思ってしまうのでした。そんなの「贅沢は敵です!」、ということなのでしょうか。

ともあれ、予備論2本のチェックもほぼ終了(きつかった・・・)。明日の一限が終われば、少しゆっくり本など読めるかもしれない午後のひととき。

[]歴史を感じる 16:20 歴史を感じるを含むブックマーク 歴史を感じるのブックマークコメント

月曜日は近場の某高校にて「学類紹介授業」なるものをやってきたのですが、自己紹介の中で「ブログはじめて13年なんですよ〜、君らは15歳とかですよね」と言ってみて、ああ、正確にいえばHP(今は完全放置中、いつかサルベージできるだろうか)を開設したのが1999年2月であり、途中からはてな」に移行したのだったと言わなきゃなと思ったわけですが、そこを細かく言うとめんどくさいなあとかも思ったのです。そんな月曜日のことを今ふと思い出して、逃避ついでにこのブログの最初エントリーを読んでみた。1999年2月であるhttp://d.hatena.ne.jp/hspstcl/19990205)。「ポストコロニアル批評といのがが流行っている」んですって。凄いなあ。

2012-11-07 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第3回、『希望』注文!

[]筑波大学比較・理論文学会連続研究会第3回 07:23 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第3回を含むブックマーク 筑波大学比較・理論文学会連続研究会第3回のブックマークコメント

あとでかく予定。というか、いつのまにかATOKがBaiduに変わっているのだが、そんな操作したっけ?>オレ

11月6日。吉見さんの、ギアーツ「厚い記述」論争の紹介と、ポストコロニアル批評、新しい文化史カルチュラル・スタディーズへの流れを「声を出して読む日本語」な研究会でした。ギアーツのエピソードの記述が華麗なレトリックに流れるとき、そこから落ちるものは・・・という吉見さんの文章も結構レトリカルかなあ、と。そこから、YHさんの博論が、芥川の「華麗な」中国旅行記からこぼれ落ちる事者人をせっせと拾っているところなど、この文章における「ポストコロニアル批評」の定義に当てはまるんじゃないか云々(それはそもそも吉見さんの都市論からも出発しているから当たり前なのだが)。

参加者はYH、SRL、U、Saito。

[]『希望』注文! 09:27 『希望』注文!を含むブックマーク 『希望』注文!のブックマークコメント

執筆者一覧の中に小田島雄志名前があるわけです。木下順二もあるから、芝居(シェイクスピアかな)からみの記事だろうと思うのですが、ともあれどういう文脈でどういう記事が出ているのか楽しみです。これもずずずーっと読み倒さなきゃいけないなあ。年末年始のお楽しみというところだろうか。

2012-11-06 ウェールズへ行きたしと思へども、他

[]ウェールズへ行きたしと思へども 16:28 ウェールズへ行きたしと思へどもを含むブックマーク ウェールズへ行きたしと思へどものブックマークコメント

1945年〜52年の『英語青年』とにらめっこしていたのでなんとなく旧かなモードなのは勘弁してください。まあ今いっても完全お客さんだし、そもそも無茶苦茶忙しかったし、今も忙しくて「はてな逃避」しているし。でも行きたかったなあと。

まあいずれどこかで「合流」することになると、ここは楽観的に考えていよう。

[]第3回研究会は「カルチュラル・ターン」(日本語の方です) 16:54 第3回研究会は「カルチュラル・ターン」(日本語の方です)を含むブックマーク 第3回研究会は「カルチュラル・ターン」(日本語の方です)のブックマークコメント

というわけで、これから第3回研究会の準備。

カルチュラル・ターン、文化の政治学へ

カルチュラル・ターン、文化の政治学へ

を読みたいという人がおりまして、これをやります。当然、

カルチュラル・ターン

カルチュラル・ターン

これの話にもなる、のだろうか(な?)。

テキストを丁寧に読むということと、理論がわかるということって、共存できないどころか共存してこそだろうと思うのだけれど、それはそうは簡単にいかないのであって、やっぱり修行必要だと思うのです。

2012-11-02 仕事仕事仕事

[]仕事仕事仕事 15:11 仕事仕事仕事を含むブックマーク 仕事仕事仕事のブックマークコメント

今日は一限一コマ終了後、卒論面談。昼飯前に査読一本、昼飯後に査読一本。これから家に帰って『英語青年』(もう見たくないが、しゃあない)を見ながら原稿との照合。これは明日明後日で片付ける。月曜日の午後は某高校にて出張授業だが、その準備は月曜の早朝からで間に合うか。+博論(予備論)2本チェック読み。毎年こんなもんだろうが、『英語青年』の論文仕事負担多すぎであった…。

こういうわけで、♪早く来い来い秋休み、でございます*1

*1筑波大学3学期制なので、11月末の一週間が秋休みになるのです。もっとも、これも今年が最後でありますが。