Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2014-12-28 ごあいさつ

[] ごあいさつ 08:42  ごあいさつを含むブックマーク  ごあいさつのブックマークコメント

本日(28日)、つくば市から某所に移動して、年末年始は引きこもって休養します。今年もTwitter上やFacebook上でおつきあいくださった方々には、これで年末年始のご挨拶に代えさせていただきます。今年もいろいろお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2014-12-22 核とフォークナー『寓話』

[][]核とフォークナー寓話11:48 核とフォークナー『寓話』を含むブックマーク 核とフォークナー『寓話』のブックマークコメント

卒論修論博論関連が重なって、カゼもひいてしまって、でも無理して茗荷谷まで行ってよかったのでした。というのは、Oさんによるフォークナー寓話』論を聞けたから。時間がなくて、ズルをして、岩波文庫阿部知二訳で予習をしたのだが、そうそうフォークナーって基本的に何が起こっているか、表をつくらんとわからんよなと、Go Down Moses最初に読んだ時のことを思い出しながら読んだのでした。で、なるほど、一次大戦西部戦線における戦争放棄という史実にもとづいた話の奥に、なるほどこれは核戦争としか読めないイメージを散りばめた一節がある。これしかし、注意して読まないとわからんだろうなと思うわけですが、逆に言うと、当時のフォークナーとしては、そのようにしか書けなかった、そういう状況であったということかもしれない云々…大変勉強になりました。

その後のThird Wave Feminism研究会は、途中で脱落。明日休日なのがひたすらにありがたいのでした。