Hatena::ブログ(Diary)

拓殖のあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

◇齋藤のホームページへようこそ!◇
1999 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 |
2003 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2018 | 02 | 03 | 04 | 06 |
3011 | 04 |

2016-04-08 コンラッドとラテンアメリカ文学(『コスタグアナ秘史』読書メモ))

[]コンラッドラテンアメリカ文学(『コスタグアナ秘史』読書メモ)) 10:56 コンラッドとラテンアメリカ文学(『コスタグアナ秘史』読書メモ))を含むブックマーク コンラッドとラテンアメリカ文学(『コスタグアナ秘史』読書メモ))のブックマークコメント

訳者あとがきから読む悪い(?)癖がある私。訳者、久野量一さんはこう書いていらっしゃる

そもそもコンラッドラテンアメリカ文学というと、ホセ・エウスタシオ・リベラ『大渦』やオラシオ・キローガの一連の短編、あるいはアレホ・カルペンティエル『失われた足跡』といった作品に『闇の奥』とのかかわりが指摘されている。ボルヘス短編「グアヤキル」(『ブロディーの報告書』所収)では『ノストローモ』そのものがほのめかされ、二十一世紀に入ってからバルガスリョサが『ケルト人の夢』でコンラッドに挑んでいる。(315-316)

私が読んでいるのはカルペンティエルだけだなあorz

久野さんによるコンラッド話はもう少し続くが、それは読んでのお楽しみ。コンラッド作品には変な力があるのだなあと思いますはい

(追記1)

バルガスリョサケルト人の夢』についてのブログ記事を見つけました。URLを貼っておきます

http://blog.goo.ne.jp/kenjim81312/e/c844712710dc3de5c128071ae13f0515

http://blog.goo.ne.jp/kenjim81312/e/9a0fe7c8704d5041a542ddcdb2596888

http://blog.goo.ne.jp/kenjim81312/e/d7cb9d38008edf1a3c25aa7ea9c764f9

http://blog.goo.ne.jp/kenjim81312/e/19ee8455e25728b18cb3dba7ec59607d

ついでに書いておくと、英訳のThe Dream of the Celtはわりと簡単に手に入ります。これは読んでおかないと…。

The Dream of the Celt

The Dream of the Celt

(追記2)

FacebookでNさんに以下の論文存在をご教示いただきました。久野さんの「訳者あとがき」で提示された問題をさらに深く学べる論文です。

西成彦「アメリカ大陸は東欧ユダヤ人先住民が出合う場所 : 『密林の語り部』試論」、『れにくさ』(現代文芸論研究室)第4号、2013年3月29日pp. 132-150

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/54175

Connection: close