散財記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-09

用事が意外とすんなり終わり(ものの五分で終わった)、原付を飛ばして笹塚からわめぞへ。池袋駅目白駅の間で迷うこと十数分、ようやく上り屋敷へたどり着く。二階からトークショーの声は聞こえてくるけど、一体どうやって入っていいのやら分からない。大きく開かれた扉から入ろうとすると、おばあさんが出てくる。何、という顔をされたので、「今日、ここの上でイベントをやってるって聞いたんですけど」と伝えるも、無言。再度同じことを言ってみると、「今日は町内会の集まりしかやっとらんよ」と。ちょ、町内会…いやまったくちがうわけでもないか…と、とにかく二階への上がり方を聞いて会場へ。飲み慣れない味の麦茶をいただきながら、ワメトークを拝聴。ううん、なんてゆったりとした時間なんだろう(内容はわりと過激なのに)。癒しとかそんなんじゃなくて、本当に、空気がゆっくりしている。それはトークしている人たちが、肩の力が抜けているからだろう。なんというか、本当に、余計な意識がない。面白いこと言ってやるぜ、とか、このタイミングでこんなこと言うぜ、とか。そんなもん、みんな持っていないのかもしれないけど、ついそういうことを考えがちな俺は、なんだか刺激を受けた。そして缶バッチを買った。

Connection: close