Hatena::ブログ(Diary)

タクの日記

2011-12-08

留学を目指す人にオススメ!「Blog de NIC」

私がNICについて知ったのは、
海外留学に興味があって色々と調べていた時です。
NICは独自の「転換教育」という教育方法で、
留学に必要な英語力や学力を鍛えてくれる学校です。

転換教育では日本の学習スタイルの典型でもある
受動的」なものから海外では一般的な能動的」
学習スタイルに変えていくというのが
大きな目的となっています。
学習スタイルを留学前に変えておかなければ、
たちまち授業について行けないという事象
陥ってしまうこともあるそうです。

授業は全て英語で行い、宿題の量もかなり多いようです。
やっぱり本気で海外留学を目指すなら、
それくらいの努力は必要ということですね。

日本の大学が「入るのは難しいけど出るのは簡単」であるのならば、
海外の大学は「入るのが難しく出るのも難しい」という
表現をする人も決して少なくありません。
だからこそ、海外の大学で揉まれた人たちは、
社会の様々なフィールドで大きく
躍進することができるのもある意味必然と言えます。

さて、海外留学に関してここまで実績を残してきた、
NICの起源は一体どこにあるのでしょうか?

それは、現在のNIC校長が、
80年代前半、ネバダ州で開いたサマーキャンプに遡るそうです。

アメリカの大自然の中で、日本の子供達に国内では出来ないことを
体験してもらおうということから企画された、サマーキャンプ
無事成功に終わり、子供達を連れ空港でチェックインをしていた際、
ネバダ州政府観光局の責任者から、「何かあれば、連絡をください、
何か手助けができるかもしれません
」と、声をかけられたそうです。

その後NIC校長は、
“より多くの人に本物の国際教育を受ける機会を与えたい”
そう考え、ネバダ州立大学リノ校学部長ニール・ファーガーソン氏とともに、
ネバダ州立大学日本校を設立することとなったのです。
さらに、1994年には、ネバダカリフォルニア大学国際教育機構へと改組、
2007年にはNIC international College in Japanへと
発展していったそうです。

NICブログBlog de NIC」では、NIC在校生の学生生活や、
NICで学んで留学先の大学を卒業した
先輩たちの活動
などを紹介していて、
読んでいてとても面白かったです。
海外でのアルバイトについても紹介されているので、
NIC入学するかどうかに関係なく、
留学を目指す人にはとても参考になるブログだと思います。
最新のイベント情報なども公開されているので、
NICでの留学に興味がある人は
こまめにチェックしておくといいかもしれません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/htn_985_tw/20111208/1323338353