作曲家、畑中正人のblog

2014-07-23 プラサヴェルデ グランドオープン

長谷川逸子さん設計静岡県沼津市に完成しましたプラヴェルデが先日7/20グランドオープンしました。展示場ロビー会議ロビー、そしてトイレサイン音と3種類の音を収めています。

プラヴェルデサイト

http://www.plazaverde.jp/index.html

展示場および会議ロビースピーカーにはYAMAHA YSPシリーズカスタムモデルを使用、機器内装の中に隠しつつ音を直接人にあてない間接音響手法を用いています。一方トイレサイン音には同じくYAMAHA製のTLFスピーカを使用、こちらは必要な際に必要な音量でトイレの位置を知らせるためのコンテンツとして制作しました。TLFは非常に薄型スピーカーなので見た目は看板のようにしか見えません。

ヤマハさんとの共同プロジェクトとしてスタートしましたが、すでに1年前にオープンした展示場エリアに関してはおかげさまでご好評を頂いており、今後はサウンドスケープによるユニバーサルデザイン効果運用状況、利用者の方々の反応、調整の必要性などを現地の皆さんと共に判断し今後の研究にも活かしたいと思います。

私はこの分野の可能性と必要性を信じながら建築の分野に関わる方々との対話を続け、また音響技術者研究者の方々と共にゆっくりではありますが歩んできました。当然ながら今後もその動きは変わらないどころかむしろ加速させたいと思っていますので、引き続きよろしくお願い致します。

畑中正人

http://www.hatanakamasato.net/

2014-07-10 ソロライブのお知らせ

7/26(土)matohu表参道本店にてソロライブをすることになりました。

日天候が良ければ店舗屋外での演奏になる予定です。

ライブですし、スピーカーも少々変わったものを使いますのでやってみないと何とも言えないですが、会場の環境的な面からも静かな音かつ涼しげな音になると思います。

開場は17時半、演奏開始は18時。

会場の都合により定員があり、ご予約が必要となりますので、詳しくは下記サイトをご覧下さい。

http://www.fashionsnap.com/news/2014-07-10/matohu-hatanaka-1407/

実はここ数年自分の力量に疑問を感じ、ソロライブの類いは意図的に避けてきたのですが、今後は自分方向性や適正を見極めながら無理のない範囲で少しずつ機会を増やせたらと考えています。

東京で皆様にお会い出来る機会を楽しみにしています。

畑中正人

http://www.hatanakamasato.net/

ライブ情報

 会場:matohu表参道本店

    東京都渋谷区神宮前5-9-25

 開催日:2014年7月26日(土)

 開場時間17:30 

 ライブスタート:18:00

 ※演奏終了後 飲物と軽食ご用意

 チケット:2,000円 要予約(定員あり)

 チケット予約(表参道本店

 TEL: 03-6805-1597

 Mail: matohu-shop<at>lewsten.com (メールの際には<at>を@に変えて下さい)

2014-05-12 なんだか...

htnkmst2014-05-12

時間が経つのが早すぎて前回のブログアップのあとには4月前半にはミラノサローネがあり、5/1に香港オープンした「GOOD DESIGN STORE」の件もあり、つい先日5/9には福岡の「デザイニング 2014」のオープニングで演奏させて頂いたりと色々とありすぎてまともにお知らせする暇がなくてすみません

昨日、旧友でアムステルダム在住のアーティスト、エーヴリー・プリースマンが「はまます郷土資料館(石狩市浜益区)」に寄贈した平面作品のチェックに行ってまいりました。といっても自分は何もしていませんので、現地にて待ち合わせの西村計雄記念美術館南部亜矢子さんに任せっきりでしたが…。資料館には初めてお邪魔しましたが、海が目の前の凄い場所にありました。

http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/citizen/education/h-chiikis00226.html

お二人とも1995年札幌でのアートイベントポロメンタ」でお会いして、同年東京での「水の波紋 ’95」でもご一緒したりして、自分がかけだしの頃のお話なんでもうすぐ20年とか(・_・;

ちなみに約20年前の両イベントは残念ながら今年2月に77歳で他界されたゲント現代美術館(S.M.A.K.)創設者世界キュレーターのヤン・フート氏が絡んでいます

というわけでして、昨日この周辺はかなりの渋滞でして厚田の海沿いにあるという某ピザ屋も、海が見えると噂のカフェにも寄られず、ウニ定食だけかきこんで一人トンボ帰りでした。それにしても海岸沿いの運転は素晴らしい体験でした。また道路が空いている時にゆっくり行きたいです。

作品はここでは掲載不可なものでしてすみません。もしも「はまます郷土資料館」のお近くをドライブで通られるような機会がございましたらぜひお立ち寄り下さい。

畑中正人

http://www.hatanakamasato.net/

2014-03-29 コヨーテとUFO

htnkmst2014-03-29

今日佐々木幸男さんの新しいアルバムコヨーテUFO」を何度も聞いています。実は大変恥ずかしながら佐々木幸男さんの音楽に接する機会があまりなかったもので、感嘆と尊敬の念とともにその素晴らしい内容にただただ浸っております

佐々木幸男さんのblogはこちらです↓

http://stringsmatsu.blogspot.jp/

僕が勝手師匠と慕う西岡俊明さんがプロデューサー補・編曲そしてflugelhorn演奏として、一方で僕が勝手に姉と慕う橋本亜矢さんがデザイナーとして、最近仲良くさせて頂いている須田守政さんがフォトグラファーとして、そして何の因果小学生時代からの友人である片山竜二君がジャケットの絵を(「絵」ですよ、CGじゃありません。)担当されていて、僕としては色んな意味でとても見て見ぬふりができないとても特別アルバムです。

僕が片山君についてあれこれ言うのも旧知の仲だし照れくさいのですが、フリーハンドでこれほどの絵を描く人間には未だに会った事はありません。僕は小学生の時に彼に出会って絵の道を諦めました。彼の「絵」に対するスタンスセンス、そして確かな技術は既に小学生時代に完成の域にありました。その一方で中学高校時代はどこから入手したのか随分とマニアック音楽を僕に聞かせてくれて、その後僕が音楽の道に本格的に進んでいく過程を傍で見ている数少ない人のひとりでもあります。はっきりと「天才」と呼べる人物にすでに浜頓別時代出会えた事に今でも感謝しています

そんな事で「コヨーテUFO」。保存用とリスニング用に2枚購入させて頂きました。それでは皆様どうぞよい週末を。

畑中正人

http://www.hatanakamasato.net/

2014-03-23 3年。

夕方名寄から札幌に戻ってきました。昨夕に名寄入りして一泊。

そして本日午前に日取りを少し早めて故・裕恵の三年祭を無事に執り行いました。本当に月日はあっという間すぎて。それでも自分にとっては大きな節目となりました。

思えば2009年秋に亡くなった母、そして2011年春に亡くなった妻の裕恵と立て続けにやってきた訃報に何とか耐えながら東京山梨、そして札幌へと渡り歩いて来ました。

気がつけば自らの歳と共に、失われる命ばかりに意識がいってしまったこの数年。もう本当に誰も失いたくない。あらためてそう思います。でも人には寿命があるから、必ずその日はまたやってくる。それでも自分なりに生きていく意味を、そして生きて行く希望見出しながら前進し続けなくては、僕も死んでも死にきれません。そしていつかこの命が尽きる瞬間まで誰かのために生きたい、少しでも誰かのお役に立ちたいとも思います。

しか高校生の頃だったか自分死ぬ時は音楽をやめる時だ」と日記に書いた事がありました。その考えは今でも変わっていません。

まり振り返る暇もなく前に進むことをどうか許して下さい、と心の中で祈りながら、自分最期ぐらいは笑って迎えられる精神力を身につけたいと思います。極めて難しいことでしょうけど。


春はもうすぐそこです。

それでは、皆様どうぞよい1週間を。

畑中正人

http://www.hatanakamasato.net/