別にどうと言う事もない日々の記録 このページをアンテナに追加

2018-04-09 萩への旅(2)

明治維新の原点を探る旅(2)

| 21:44 | 明治維新の原点を探る旅(2)を含むブックマーク 明治維新の原点を探る旅(2)のブックマークコメント

【第二日:3月27日(火)】[その1]

宿泊した温泉宿は松陰神社から歩いて15分程度の小高い所にある温泉宿「萩本陣」。

我々のグループの旅の楽しみは温泉と夜の酒盛り。これは欠かすことはできない。

旅のテーマか温泉と夜の飲み会かどっちがメインかは難しい所だ。


【萩本陣の正面玄関と夜の料理の一部】

f:id:htym67:20180409162831j:image

f:id:htym67:20180409162828j:image


萩市内の史跡巡りは100円循環バスを利用した。ホテル前の坂を下ったところにバス停がある。

先ず出発点は史跡めぐりの知識と資料を求めるために「萩・明倫学舎」を訪れた。


【萩・明倫学舎の外観】

「萩藩校明倫館」跡地に建てられたのが日本最大の木造校舎「旧明倫小学校」である。

ここが萩市の観光拠点となる「萩・明倫学舎」となった。

f:id:htym67:20180409163844j:image

f:id:htym67:20180409163841j:image

f:id:htym67:20180409163838j:image

f:id:htym67:20180409164107j:image


【萩・明倫学舎の内部】

f:id:htym67:20180409164104j:image

f:id:htym67:20180409164100j:image


【萩・明倫学舎の展示室の一部】

学舎内はインフォーメーションセンターや土産物ショップなどがあるが

二階は有料(大人300円)ではあるが幕末から明治維新に関わるミュージアムとなっていて

各種の展示が公開されている。

f:id:htym67:20180409164301j:image

f:id:htym67:20180409164304j:image