Hatena::ブログ(Diary)

huixingの日記 RSSフィード

Subscribe to me on FriendFeed Subscribe with livedoor Reader

2013-05-08

gmailにて広東語入力法がサポートされる gmailにて広東語入力法がサポートされるを含むブックマーク

グーグルchromeブラウザのエクステンションで広東語入力法が使えるようになったが、gmailにおいても広東語入力法がサポートされた。最初に、gmailの設定の言語設定で各国の文字入力法を可能にしておく必要がある。クロスプラットフォームで使える中国語入力法であるrimeでも広東語入力法が使えるが、gmail広東語入力法の特徴は特に設定せずとも、jyutpingやyaleなど複数の綴りが使える点にある。

例えば、「廣東話輸入法可以支持不同的拼法」と言う文章をそれぞれjyutpingとyaleで入力する場合、以下のようになる。

gwong dung waa syu jap faat ho ji zi ci bat tung dik ping faat

gwong dung wa syu yap faat ho yi ji chi bat tung di ping faat

これをgmail広東語入力法で入力する場合、特にjyutpingとyaleの綴りの違いを気にせずとも候補が現れるので、両者の綴りを混ぜて入力することも可能になっている。

この広東語入力法は、シアトル生まれでワシントン大学を卒業しグーグルで7年間働いているベテランのグーグル社員であるアルバート・ウォンが、グーグルソフトウェア・エンジニアであるハンナ・タンと去年香港に旅行したときに、広東語入力にフラストレーションを感じたことから一年の時間を掛けて開発したもの。今後半年に渡りユーザーからフィードバックを受けながら改良を重ねていく予定でいる。

Wong, a Seattle native and software engineer at the Google office here in the Emerald City, was traveling last year with Google software engineer Hannah Tang in Hong Kong, where Cantonese is widely spoken. The two had trouble using a Yelp-equivalent app because they couldn’t figure out how to enter particular Cantonese characters. [...]

So for the next 12 months, Wong and Tang rallied up fellow Googlers from Mountain View, New York City, Beijing and Singapore to help them develop a way to fix this difficult and complex problem. Everyone had different skills that were crucial to the development process, whether it was a linguistics background to parse apart input issues, language analysis A.I. expertise or just people who knew a lot about the Cantonese dialect. And of course it couldn’t have been done without Google’s massive data set.

http://www.geekwire.com/2013/seattle-googlers-type-cantonese-web-browser/

http://d.hatena.ne.jp/huixing/20130104/chinese_ime

Connection: close