Hatena::ブログ(Diary)

ふみふみのうんちく

2015-05-08

青汁のダイエット効果と活用法

f:id:humihumi1976:20150508162419j:image
最近は、ダイエットの目的として青汁を始める方も増えてきましたね。
しかし、青汁は薬ではありませんので、飲んだからといってすぐに痩せるというものではありません。
では、どんな青汁をどのように活用したら、効率の良いダイエットができるのでしょうか?


青汁がダイエットに良いと言われる理由は?


ダイエットのために食事制限をして、体調を悪くしてしまうというのは、良く耳にする話です。
ダイエットによる肌荒れ、貧血などは、栄養の偏りによってビタミンやミネラルが不足することにより引き起こされる症状です。
しかし、青汁をプラスすることで、偏った食事をバランス良くし、不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素を低カロリーで補給することができるのです。
青汁は、一般的に1包あたり約10kcal程度なので、市販されている野菜ジュースと比較してもそのカロリーの低さは歴然ですね。
また、青汁には、美肌の効能があるビタミンCも多く含まれており、健康効果に加えて、女性には嬉しい美容効果・アンチエイジング効果も期待できます。

f:id:humihumi1976:20150508162643j:image

注目は食物繊維量


特に注目したいのが、青汁に含まれる「食物繊維」の量です。
食物繊維は、便秘解消を始め、腸内の動きをスムーズにして便通を整えたり、体内の老廃物を排出したりと、ダイエットや健康維持には欠かせない成分です。
青汁で良く使われる、ケール、大麦若葉、明日葉、桑といった原料には、私たちが普段サラダで食べているレタスよりも数倍〜数十倍もの食物繊維が含まれているのはご存じでしょうか?

レタス100g中に食物繊維は1.1g含まれています。(日本食品標準成分表より)
これと比較をしてみると、

  • ケール  レタスの約3.4倍
  • 大麦若葉  レタスの約4.2倍
  • 明日葉  レタスの約5.1倍
  • 桑葉  レタスの約47倍

上記のように青汁の原料には豊富な食物繊維が含まれています。
ここで驚くべきは、桑葉の食物繊維の量ですね。
なんと、レタスの約47倍もの量含まれているのです。

ダイエット効果なら桑葉の青汁がおすすめ


多くの青汁ランキングサイトでは、ケール青汁、大麦若葉青汁など、様々な原料の青汁が推薦されています。
しかし、「食物繊維の量」で言えば「桑葉の青汁」がダイエット向きといえそうです。
更に、桑葉がダイエット向きの原料として注目される理由は、「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」という特有成分を含んでいるからです。

「DNJ」は、体内に入ると、糖質の吸収を抑制、血糖値の上昇の制御、腸の動きを活発にするなどの働きをする成分です。
これらの働きから、桑葉は、メタボ対策だけでなく糖尿病の予防や改善対策としても注目されている原料なのです。
また、桑葉で作った青汁は、抹茶のように飲みやすいものが多く、青汁初心者でも口当たり良く飲むことができるというのも特徴です。

青汁はいつ飲むのが効果的?


青汁は健康食品なので飲む時間は決まっていません。
しかし、ダイエットの目的で飲むのであれば、「食前」がおすすめです。

桑の青汁について言えば、食事の前にあらかじめ体内に「DNJ」を取り入れておくことで、後から入る糖質の吸収を抑えてくれるメリットがあります。
また最近話題になった「ベジファースト」という言葉もあるように、食事の前に野菜や青汁を摂っておくことで、食物繊維が糖質の吸収を遅らせることや、満腹感で食べ過ぎ予防をできる効果もあります。
スティックタイプの粉末青汁なら携帯もしやすく、食事の前に溶かして飲むだけですから、手間が掛らないところもいいですね。

f:id:humihumi1976:20150508162644j:image

飲みにくい青汁はどう使うの?


青汁を買ってみたがマズイ青汁だった!失敗した!という意見も良く見かけます。
このような場合は、青汁レシピの材料として使ってみてはどうでしょうか?
くだものと合わせてスムージーや、青汁を加えて青汁ホットケーキや青汁フレンチトーストはいかがでしょうか?
牛乳の代わりに豆乳を使うと、カロリーダウンできるとともに代謝を助けるビタミンB群もアップできますよ。
青汁ファンの間では、お酒に青汁を入れる「青汁割り」も流行っているようですね。

ダイエット青汁として活用する場合、青汁選びも大切です。
どうしても価格やコスパ、広告で見掛ける人気青汁を選びがちですが、青汁比較をして口コミや体験談を参考にすることも失敗しないコツです。


おわりに



青汁を飲んでいるというだけでは、健康的なダイエットはできません。
適度な運動を取り入れ、バランスの良い食生活を心掛けることも大切です。
青汁は主役にするのではなく、不足している栄養素を補うためや、脂肪がつきにくい身体に改善するための、「ダイエットのサポート役」として使うのが特に効果的な活用法と言えそうです。