ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

非正規労働者が能書きをたれてやる このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-30

希望の党って大丈夫なのか

最近、政治に興味を持つようになって、このままだと安倍独裁がやばいことになると思っていたら、急に解散になって、急に民進党の解体が決まって、希望の党なんてところに合流なんて話になっていった。

今、希望の党に注目が集まって、このままいけば政権交代な空気になりつつあるが、果たして選挙までこのままの空気でいくんだろうか、なんて感じが出てきている。
このまま行ったら、選挙日までにはやっぱり自民党なんててんかいになってしまう可能性がある。

小池百合子はやっぱり政治家だと思うけれども、小池を取り巻く希望の党の取り巻きのセンスが悪すぎる。細野豪志とか若狭勝とか。
民進党が決死の解党を決断し、民進党所属議員がいきなりはしごを外されて右往左往する事態になっているのに、その人たちに傲慢に上から無慈悲な言葉を投げつける。一体何様なんだ、なんて印象を受けてしまう。

政治家ならば、そういう発言がこれからどういう影響を与えていくか知っておくべきなのに、それがわからないセンスのなさ。

希望の党が素晴らしいなんて誰も思っていない。とにかく安部を終わらせるためにやっと出てきた選択肢と思っているのだ。しかし、そんな党が偉そうに民進党議員を、こいつはダメだ、あいつはダメだとか、上から目線で選別し始めたら、見ている側はしらけてしまうし、嫌気がさしてしまう。
だから、政治家ならば、実態はそうであっても、少なくても黙っているべきなのだ。それができない小池の取り巻きたちは、政治家としての資質に欠けているというしかない。
このままいったら、選挙までにさらにゴタゴタが世間にさらけ出されて、選挙の頃にはみんな呆れて、やっぱり自民党なんてことになりかねない。

政策がどうとか、理念がどうとかいう話ではなくて、それ以前の話なのだ。若狭や細野が何か話をするたびに間違いなく、希望の党の票は減っていく。結局どうなるかといえば、民進党が解体になっただけで、安倍自民党が生き残るなんて目も当てられないことになる。

小池百合子がいくら正しく政治家としての振る舞いをしても、周りの取り巻きがガラクタで、そのガラクタぶりをしたり顔でアピールしている状況では、そのうち小池の振る舞いさえもガラクタの振る舞いと見られるようになるだろう。
細野や若狭がペラペラ何かを喋るたびにガラクタ感が増していく。
本当に政権を取りたいなら黙ってろ、って話だ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証