ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

非正規労働者が能書きをたれてやる このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-30

希望の党、こりゃ無理だ

前回、小池百合子の周辺にいるガラクタについて書いたが、そもそも政策以前にどうしようもない、という話を書きたかったわけで、希望の党を評価しているわけではない。というか、こんな政党無理に決まっている。

なぜ、安倍自民党が無茶苦茶でも自民党が勝ち続けるかといえば、民進党があまりに信用が無かったからで、どうしようもなくて自民党、もしくは投票棄権ということになっていき、その結果が自民党の圧勝ということにつながった。でも、受け皿さえできれば、安倍自民党なんてすぐに倒せるのは明らかで、その意味で希望の党が注目され、何もわかっていないのに大きな支持を集めている。

しかし、どう考えてもまともな政党とは思えないわけで、政策もよくわからない。選挙のためにすり寄った議員たちの寄せ集めで、若狭なんとかという検察官上がりの政治家は重要政策は一院制と、別に緊急な課題でもないし、選挙で有権者から支持が集まるとは思えないことを訴えていたりする。どうでもいい。ガラクタの寄せ集めのくせに、意識だけは上から目線で、こいつはいい、こいつはダメだと選別する。さらには安保とか防衛などと、憲法的に微妙な問題でタカ派な踏み絵を迫る。

今、政治に必要な勢力はリベラルで、どうやればリベラル勢力が力を持てるか、ということを考えるべきなのに、イメージとして選挙に勝てそうだからということで、リベラルとはとても言えない希望の党に多くの本来リベラルな議員がなびいていく。なびいていったその先にあるものは民進党の二の舞だ


微妙な綱渡りな投票行動を有権者は迫られる。とんでもない安倍政権を終わらせるために希望の党を勝たせ、安倍政権が終わった後にはリベラル勢力が健全に勢力が伸ばせるような投票行動。
タカ派とタカ派で政治が動き出したら、後戻りできなくなる。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証