Hatena::ブログ(Diary)

さよならテリー・ザ・キッド

2006/10/05

[]無気力ファイター・真琴

いまジャンルそのものが絶滅寸前である女子プロレス界ですが、その中のさらにごくごく一部だけど話題沸騰中のレスラーがいるので紹介。 

「真琴」っていうデビューしたばっかりの選手なんですが。

とりあえず、所属する団体*1アイスリボン』のブログにあるプロフィール引用。太字は僕。

無気力ファイターの異名で一部で話題騒然。16歳。166cm、51kg 。中学時代は登校拒否高校一年中退。腕立て伏せは腕立て伏せの体勢すらとれない虚弱な体の上、対人恐怖症で相手の目を見れず、声もなかなか出せないが、なぜかプロレスラーを目指し、現在アイスリボンで試合を重ね、観客に衝撃を与えつづけている。

さらにデビュー直前の日記。書いてるのはアイスリボン代表のさくらえみという選手。

※真琴…16歳。166センチ、51キロ。

2月頃さくら宛にメールが届きました。身長と年齢にうきうきした初対面の日、期待はすぐに裏切られました

声がきこえない。

返事をうながすとせき込む。

目が合わない。

スポーツするような服も靴ももっていない…。

当然なにもできません。

1番最初にやったリング上をくるくるまるく歩く練習で気分が悪くなり初日終了…。

困ったなぁと思いながら、もう来ないだろうと思っていましたが、3日連続で来ました!(4日目はさくらの用事)

相変わらずすぐ気分が悪くなり何もできなくあやしい洋服での練習です。

すこーしずつ、すこーしずつできるようになるのですが、今日も声を出せなくて咳払いをしながらロープワークをしていました。

そんな真琴をアイスリボンのマットにあげようとおもったのはやめさせたかったからです。練習はしてても先がはるか彼方にもみえないし、でもとにかくやめないから、プロレスラーになれないことを早く悟ってやめてほしかったんです。

真琴が練習したいといえば出掛けて行き、気分が悪くなるということが続いていたのでうんざりしていました

ところが、アイスリボンプレ旗揚げ戦でのデビューが決まると急にいきいきしだしました。

相変わらず返事をしてとうながせばせき込むだけの真琴でしたが、エルボーもストンピングも力強くなっていきました(あれでもです)

真琴に無気力ファイターと名付けたのはさくらですが、真琴にやる気はあるんですよ。

キャッチコピーは明日の試合で返上かも知れません。

いやー、アイドルレスラーとか言われても実際に見に行こうと思いませんが、元ひきこもりのレスラーって言われると「見てみたい」と思うものですね。これだけである意味プロといえます。銭を取れるわけですから。

子供の頃に虚弱体質だったっていうレスラーはわりと多いんだけど、それを克服しないままに入門、そしてデビューっていうのがすごい。

17歳の誕生日から個人ブログやってるんですけど(さくら代表に観察されるという形ではあるけど)、そこに写真もありました。

萌えとかは全然ないけど、これは応援したすぎる。

このように注目度は新人としては異例なんですが、さすがに戦績は目も当てられない状況です。

7・25千本桜2部 ○零(0分56秒フィンガーロック)真琴×

8・15千本桜 1部 ○ひなた(0分36秒弓矢固め)真琴×

8・15千本桜 ○石井美紀(7分43秒フロントネックロック)春日萌花&真琴×

8・16千本桜 ○あいか(1分05秒ギブアップ)真琴× ※フルネルソン

だいたいこんな感じで、シングルだと1分前後で負けてます。

しかも「ひなた」とか「あいか」って小学生ですからね。93年生まれで体重34キロの小学生に羽交い絞め(フルネルソン)されて、ギブアップする17歳。やばい絵だなー。

まあ最近は、逆水平チョップからのフォールを(一度だけ)返したりできるようになってるみたいですからね。そんな成長ドキュメント、見た過ぎる。ブログ読んでても

腹筋では体を起こすどころかみのむしのようにもぞもぞ動くだけだった真琴、今はV字腹筋ができます!

とか書いてありますしね。

僕はレスラーとかボクサーとかのデビューまでのドキュメントが好きだし、RPGでも序盤の何も出来ない頃が一番楽しかったりするんですが、真琴を見てたらそれを長く味わえるんでは、という気はしますね。まあ平均並の体力になったら売りが消えるんでそっから先は不安ですけど・・・。

ブログもおもしろいんで、とりあえずしばらく追っかけますけどね。

この日とかすごい。

真琴は実家暮らしのため、プロレスの練習を始めたときに「ご飯は自分で作ろう」と約束しました。かれこれ半年?

毎日メールで送られてきます。

今日のご飯は??

「御飯(お茶漬けです…)の写真を送らせて下さい!

では、失礼しました

真琴」

お茶漬けはないなー。もっと食べるのも頑張れよ。


そんな真琴ですが、この間ある事件に巻き込まれました。ユニオンという団体でセコンド業務をやっていたら、メカマミーっていう選手に追いかけられたんだそうです

コイツがメカマミー

メカマミーというのはその名の通り、機械仕掛けミイラ。得意技はロケットパンチとドリル攻撃です。(ここからいけるメカマミー動画は名作!)

対人恐怖症の17歳女子がこれに追いかけられたらキツいなー。

で、その日の真琴ブログ

本日、ユニオン新木場大会セミファイナルでの出来事です。セコンドについていた真琴がメカマミーに追いかけられてしまいました。

なにもしていないのにです。

あまりのことに控え室にも入ることができず通路にしゃがみ込んだ真琴。

多大なる精神的ショックを受けた真琴はあおいの必死の励ましにやっと平静を取り戻しました。

「通路にしゃがみ込んだ真琴」の写真がいいなあ。夢とか与えられなさ過ぎる。

さらには10月15日、メカマミーVS真琴のシングルマッチが決定!

まー、格闘技に比べて弱い人や負けた人、さらにそこからの這い上がり方に注目が集まるのもプロレスです。

あとぶっちゃけていえばメカマミーには中の人がいるんですが(たぶん)、真琴の弱さは本物なわけで、この虚実入り混じってるカオス感がいかにもプロレスで素晴らしいです。そもそもこの試合までの顛末も、たまたまメカマミーが思いつきで真琴をいじったのを試合に繋げたのか、試合が決まってたからこそ前フリとしていじったのかも全然分かりませんし。

なんにせよ、“現代科学とエジプト4000年の神秘の結晶”と戦うというのは引きこもり人生最大の壁でしょうね。ていうか普通の人でもそんな壁にブチ当たることなんかないけど。

「お疲れさまです! 今日も有難う御座いました!勉強になりました!
男子は場外乱闘が多くてびっくりです…。
メカマミーさんとの試合を組んで下さり…有難う御座いました!
頑張ります!
真琴!」

「!」が多くてびっくりです。気合い入ってるね!

日刊真琴コール!:メカマミー戦へのいきごみ

最後の「真琴!」がかわいい。

※関連記事→

*1:というか正確にはプロジェクト

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。