Hatena::ブログ(Diary)

さよならテリー・ザ・キッド

2011/08/31

[][]ももいろクローバーとアイドル戦国時代

という記事の「これまでアイドル興味なかった人が人生狂った感」が良かったので自分もももクロのことを書きます

ちなみに「最近売れかけてるももクロっていうのが気になってるけど何から見ればいいか分からない」という人は、上のやつ以外だと、

という記事もおすすめ

そんなわけで初心者向けまとめはもう既に書かれているので、僕は「プロレス・格闘技ファンの自分がももクロに興味を持ったきっかけ」という話をします。あくまで「プロレスファンはこういう入り口もあるよ」っていう程度で、「プロレスファンじゃないとももクロは楽しめないよ」って意味ではないですからね。


上で紹介したまとめ記事で画像動画を見てもらった人は、彼女たちに対して「可愛い」とか「キャラが立ってる」とか、「ダンスが奇妙なうえに運動量が過剰」などの印象を抱いたと思いますし、そこももちろん魅力だとは思うんですが、僕が彼女たちに興味を持ち始めたのは『真夜中のハーリー&レイス』というラジオ日本番組で「アイドル戦国時代」についての話を聞いたことがきっかけでした。

ハーリーレイス』はプロレス&格闘技実況をやっている清野アナパーソナリティで、プロレスラーやサブカル文化人ゲストに、主にプロレスの話をする超楽しい番組です。(ちなみに今週のゲストが「東京都北区赤羽」清野とおる先生、来週が「アメトーク」などでおなじみの加地倫三プロデューサー(テレビ朝日)なので単なるプロレス番組じゃないことがわかってもらえるはず)

で、その『ハーリー&レイス』で、ちょうど1年前、昨年8月31日の回ゲストが吉田豪さんだったんですよ。そこで「プロレス的なものの見方」という話題から「最近のアイドルシーンは戦国時代で大変なことになってる」「その中でももいろクローバーっていうグループがやばい」っていうのを大変分かりやすく話してくれてて、僕はそれを聞いて「これは面白そう」って思って色々調べるようになったので、その吉田さんのトークを一部書き起こしてみたいと思います。

清野「最近だと『プロレスと一番ダブる』っていうのはなんですかね?」

吉田「ちょうど昨日、SKEvsももいろクローバーvsスマイレージっていう戦い(アイドルユニットサマーフェスティバル2010)を見て。ガチでしたねー。

ずっとSKE推してた人間はガッツリ凹んでて、『高田vsヒクソン以来のショックですよ……こんなショックな事はない』みたいな。僕ら客観的に見てる側は大喜びしてて『いやー今日のガチ楽しかった』って」

吉田「SKEっていうのは完全に戦闘集団してアピールされてるわけですよ、BUBKAとかで。全てを敵と認識して、敵に勝つために鍛えられてきたヤツらとしてやってたんですけど、それがももクロに完敗したんですよ。

ももクロってのは、『怪盗少女』の動画を見てほしいんですけど、女子プロとか見てる人も完全にハマると思いますよ。身体能力というか、過剰な動きだけでもすごいんですけど、それが(SKEを)食いに来たりとか、スマイレージっていうハロプロの王道が、完全な王道の強さを見せつけたんですよ。東京ドームに初めて全日本が来た時と同じぐらいの、三沢(光晴)と小川(直也)が絡んだ時の三沢の凄さみたいな。『すげー、全然ガチでもやれる、この人たち!』みたいなものを見せつけたんですよ。ポテンシャルが圧倒的に違うっていう。

SKEってのはAKBの戦闘集団バージョンなんですけど、それに圧勝できるだけのポテンシャルを(ももクロが)持ってるんですよ」

吉田「『俺たちが応援してたのは高田延彦だったのかもしれない』ってSKE側が言い出して。ずっと『Uインター最強』って言ってたけどそれが崩れたみたいな」

まずここら辺までがラジオ本編での内容でした。僕はアイドル界の現状には詳しくなかったんですが、

  • 複数のアイドルが出るイベントがあって、その中でどうやら「ももクロ」っていう運動能力が凄い子達が目立ってたらしいこと。
  • 大手であるハロプロのスマイレージも、王道パフォーマンスを見せつけたらしいこと。
  • “戦闘集団”として売っていたSKEは、ファンが凹むぐらいに差をつけられたらしいこと。

が分かりました。今は複数のアイドルが見比べられて、それぞれのファンもそれを戦いに見立ててるんだな、アイドル界っていまこんなことになってるのか!ってことが分かって、すげー面白かったです。

続いてポッドキャストではそこら辺をさらに掘り下げてました。

吉田「今回のももクロvsSKEvsスマイレージの話をまだしますけどね、何が面白いかっていうと、ももいろクローバーとスマイレージって、マネージャーがプロレスオタなんですよ。だからプロレス心があって、こういうような4つのグループが出るところは戦いだって概念があるわけですよ。交流戦じゃなくて対抗戦だっていう概念で望んでるわけですよ。潰し合いだ、的な」

清野「なるほど、『光を消せ』みたいな」

吉田「ところがSKEはそれを分かってなかったんですよね。交流の場で、シングル曲をアピールしようみたいな、それだけで来ちゃってて、AKBのカバーとかしてアピールしようとか……違うんですよ。潰し合いで来てるほうが勝っちゃうんですよ」

清野「ああー」

吉田「面白いことになってる。かつてハロプロが実力測定の場に出る事ってなかったわけですよ。『うちは別格なんで鎖国して、メジャーなんで交流しませんよ』でやってきたのが、当然向こうもそうは言ってられない状態になってきて、AKBがこんだけデカくなってきて絡まざるを得ない状況になり始めた今が一番面白いんですよ。対抗戦黎明期みたいな。

昨日のももクロはFMWに乗り込んだブル中野的っていうか、『私たちのライブ見たいんだったらこっち来いや』的な爪痕がガッツリ残ったんですよ」

清野「すごい歴史的な日だったんですね、昨日は」

吉田「良かったですよ。だから最近交流戦が始まってるんですよね。交流戦にメジャーが混ざり始めてるのが今の段階なんですよ。24時間テレビで、AKBとモーニング娘。が絡んだこともあったんですけど、それ見ても『プロレスだ』と思ったんですよ。モーニング娘。はやっぱりデカいんですよね。身長的にもデカくて、キャリアがあるから安定感もあって、正直モーニング娘。なんか今まったく興味ないんですけど、ああやって並ぶと全女的なものがあるんですよ。JWPなんですよAKBが。ちっちゃくて可愛いし良く出来てんだけど、アイドルとしての可能性は絶対そっちのが高いんだけど、でもやっぱ全女すげえな!みたいになっちゃうんですよね」

吉田「戦いが始まったんですよ、ついに。アイドル戦国時代って言って、そこでマイクで上手いこと言えるグループも限られてるんですよね。昨日の会見でもそこで挑戦的なことを言えたのがやっぱりももクロとスマイレージだけで。スマイレージも初めてハロプロが作った対抗戦要員だったんですよ。外に打って出れるグループを初めて作って、他はAKB無視してたのにAKBの名前をことさらに口に出して『AKBに負けたくない』とか。過剰にそういうのを意識して作ったグループなんですよ」

清野「めちゃくちゃ戦略的に練られた集団なんですね」

マネージャーがプロレスオタだから、こういうフェス的な場所を戦いと捉えてるっていうのはめちゃくちゃ刺激的です。

少し前の、ももいろクローバーと神聖かまってちゃんのツーマンライブ「ももクロとかまってちゃん」でも、ももクロは「いきなり激しい曲ばかり7曲連続、休憩なしで踊る」っていう、凄いことに初挑戦してるんですよね。自分らのライブでもせいぜい続けて歌うのは3曲前後なのに。そのうえで「私たちのことを知ってる人は手を挙げて!」「今、手を挙げなかった人も、次は絶対挙げさせてあげるよ!」と宣戦布告っていう。完全にかまってちゃんのファンを持って帰る気マンマン。これが「潰し合いモード」ってことなんでしょうね。

さらに、マネージャーがプロレスオタ過ぎると、「対抗戦に強い」以外にもこんな特徴があるという話も。

吉田「ももいろクローバーっていうのは完全なプヲタなんですよ、マネージャーが。だからシリーズタイトルを『新春ジャイアントシリーズ』とか、『サマーファイトシリーズ』とか付けて、新日本と全日本のロゴマークのパロディでマーク作ったりとか、メジャーデビューをこないだした時の記者会見っていうのを、わざわざホテル借りて、全員ジャージで来て、辻(よしなり)アナ呼んでコールさせて、公開の体重測定やって、みたいな。どうかしてるんですよ。どこに向けて電波出してんだ?ってことやってんですよ」

清野「やり過ぎな感じもしますけど……」

吉田「やり過ぎです。誰が拾うんだって話じゃないですか。拾えるのは僕らぐらいですよ。一部の、プロレスを通ったアイドルオタしか拾えないから」

あとプロレスネタだけじゃなくって、まあレアなやつだとは思うんですけど、ライブでの寸劇でキン肉マンネタもやらされてたらしいです。

この辺は分かる人だけ分かればいいと思うし、「プロレスが分からないからももクロが100パー楽しめなくて悲しい」って人が出てこないことを祈るばかり。非プロレスファンもあんまり深く考えず、単純に楽しんで欲しいです。

とはいえ、矛盾するようなこと言いますけど、「知識ゼロのままで見ても単純にすごさが伝わるけど、余計な知識が知れば知るほどハマる」というのも実にプロレス的なので、ももクロきっかけでプロレスファン増えないかなー、っていうのもちょっと思ってます。

2008/11/06

[]Perfume・BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!(初日)

Perfumeの日本武道館ライブ行ってきました。

僕は過去彼女たちを生で観たのはインストアライブの1回だけで、「2002年デビューしたけどなかなか売れなかった」ていうのを情報としてしか知りません。それだけでも今回の武道館ライブが感慨深かったのに、実際にその頃から応援してた人達とか、なによりPerfume本人達はどんな思いであの場に立ってたんだろう、と思いながら見てました。アンコールの声に応えて再登場した時に言ってた「求められない時代が長かったので嬉しい」ってのが実感こもってて印象的。

Perfumeは不遇の時代が長かったせいなのか、ライブのお客さんの顔をめちゃくちゃ見てるし、よく覚えてるんですよね。インターネットでレポをあさってるとそういう話をよく読みます

例えば僕がインストアライブに行った時の握手会でも「前の方で咳してたお客さんですよね、風邪大丈夫ですか?」って話しかけられてる人がいたし、掟ポルシェもよく「どこどこにいましたよね?」って言われるという話をしてました。実際、前の方で見てるとものすごく目が合うのですごくドキドキします。そういうのもあって、彼女たちは会場が狭いほうが魅力が伝わりやすいんだとは思います。こんな感じで。

D

なんだったらウチのワンルームで見たいぐらいですよ。

それが武道館という1万人クラスの会場だとどうなるんだろう?と思ってたんですけど、MCで「日記とかでネタバレしないでね?全員の顔覚えとくからね!」と言いながら客席をガン見してきたり、2階席でコスプレしてる人を目ざとく発見して話しかけたりしてたので、ちょっとこれはなんていうかもう、尊敬に値します。何も変わってない。

2階南西H列という決して遠くない位置から見てた僕も、何度も彼女たちと目が合ったと思います。これは決して思い込みではないです!いい意味で不遇の時代の頃のクセが抜けてない感じ。もう超売れっ子なんだからもう少しぐらいファンを適当に扱っていいはずなのに…。ずっと変わらずこのままの姿勢でいて欲しいものです。

こんな良い子たちな上にひとたび歌い始めれば巫女かなにかのように神々しく見えるし、喋りは面白いし、のっちの太ももはエロいし、そりゃ売れなきゃおかしいだろう、と今日のライブを見て思いました。

ライムスター宇多丸さんが『マブ論』ていう本でPerfumeについて書いた時、この「売れるべくして売れた」っていうのを「正義は勝つ」って表現してたんですけど、ほんとそんな感じ。Perfumeは正義!!

参考ログ:

アイドル最後の希望・Perfume

Perfume=ファイティング・コンピューター説

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008

ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008

2008/02/02

[][]hon-nin列伝 セキララなオンナたち

雑誌『hon-nin』での好評連載、吉田豪さんのhon-nin列伝が書籍化!

hon-nin列伝 セキララなオンナたち (本人本)

hon-nin列伝 セキララなオンナたち (本人本)

スーパー・インタビュアー吉田豪が聞き出す、トップ女性たちの赤裸々人生!!

「痛い目に遭っても、結局また信じちゃう(笑)」(荻野目慶子)

「ブログって日々の老いを刻んでることだったりも……」(中川翔子)

「シンプルだね。美味しいか美味しくないかだけ」(土屋アンナ)

「ザリガニは……美味しかったですよ!」(麻生久美子)

「私っていつも病気の最先端をいってるんですよね」(広田レオナ)

参考:hon-ninの麻生久美子さんインタビューが面白すぎる

どれを読んでも「普通の人生って素晴らしいな」って再認識せざるを得ない珠玉のインタビュー。

中でもこの書籍のための書き下ろし、広田レオナさんのインタビューが壮絶なのでちょっとだけ紹介しておきます

広田「私が物心ついた頃は大富豪みたいな感じでしたね。女中さんが何人もいて、ものすごいゴージャスで贅沢な父親と母親と、身体が弱くて、外に出ればすぐ誘拐される私がいて。」

―――誘拐されたことあるんですか?

広田「もう何回も(あっさりと)。」

―――何回も!

広田「外に出るとイタズラされたり、誘拐されたりするタイプでしたね。」

広田「絨毯なんかも、私が万が一ベッドから落ちても怪我しないような深さで。襖とかもすべてレースで隠してるんですよ。だから異様な感じですよね。しかも、部屋にインコが何羽も飛んでました。」

―――部屋で放し飼いなんですか?

広田「はい。ときどき寝てる時に踏み殺してしまって。なぜか父親が顕微鏡と解剖セットを私に与えてたんで、小鳥が死ぬと解剖してました。」

―――うわ〜っ、猟奇的ですねえ!

広田「だから、今でも魚を捌くのすごくうまいですよ。私、バレリーナになってなかったら間違いなく天才外科医になってたと思いますね。」

(幼少期のトラウマのせいか旦那にも裸を見せたことがないし、生まれてから一度もデートをしたことがないという話で)

―――この前別れたっていう若い彼氏ともできなかったんですか?

広田「その人は、そういうことが大嫌いで。でも、生まれて初めて自転車で二ケツしたんですよ!私、それにたぶんやられたんだと思う。」

―――吹越(満)さんとの間で娘さんを産んだあともけっこう大変だったんですよね。

広田「そうですね、麻酔ミスで4年ちょっと寝たきりでした(あっさりと)。背中に床ずれも残ってて。・・・こうやって話してると、私の人生ってけっこう暗いですね。」

あとこの本にはまだ載ってないけど、hon-nin5号目の江頭2:50インタビューも必見。

hon-nin vol.05

hon-nin vol.05

これを読むと「自分にはまだ覚悟がないな」って思うこと必至。