Hatena::ブログ(Diary)

usuiのウィンド三昧

私設研究機関 Samadhi-Lab (サマーディーラボ)

2009-07-12

ただいま〜

01:58

昨夜,ちょっとうれしいことがありました.何かは内緒(^_^).

土曜日は“2009 JCBA SLALOM 本栖湖大会”,日曜日は実連非公式イベント,“スピード記録会”でした.


土曜日

レジスト受付開始ちょっとすぎに到着.吹かなさそうな予報にいまいちテンションがあがってこない.しかし,開会式を始めたあたりで風がそよそよし始める.これは分からないなと思い,持ってきた7.0と65,8.4と75をいそいそとセッティングをし始める.結局レースはすべて8.4,75,フィン46cmでした.


第一レース第二ヒート

いつものラウンドロビンですが今回は2ヒートに分かれています.1ヒート20人ぐらい.多めです.下からスタートしていい感じに第一マークトップ回航.すぐ後ろにJ115,トミJさん.第三マークでこの二人で引っ張って第三マーク近くで風が落ちてくる.プレーニングを維持するために第三レグを半分以上漕ぎを入れる.回航直後,二人ともぴたりと止まる.直後,本部船にN旗が上がる.キャンセル.

仕切りなおしのレース,前回と同じく下を攻める.真ん前にトミJさん.半艇身ほど下先行されている.スタート5秒前に流しているところで風の入りがおかしくなる.その直後,変なブローを喰らい沈しセイルを落とす.結局この後,最後尾からスタートし,全然追いつかず,16位.あぁ,やらかしました.このスタート場面,皆さんが見ていたようで,何があったんですか?とことごとく聞かれました.えぇ,慣れない大きな道具だったことや風が回ったことなどいろいろありますが結局は自分の腕です(涙).笑顔で“やっちまいましたよ〜.”なんて開き直ってましたが,“(何やってんだ俺.)”みたいな悔恨でノーミソいっぱいでした.


第二レース第二ヒート

この風の様子では4レース成立してワンカットになる可能性は低いなと半ば絶望的な気持ちながら,目の前のレースに集中することに.が,下スタートするも,下側に風が入らない.結局上側の十数艇に先行される.あぁ,出遅れ後追いのいつものパターン.でもそこそこ集中力はありました.マークでジャイブ沈している人やセイル返しで止まっている人をうまく交わしつつ追い上げ.最終順位は4位でした.


第三レース第二ヒート

今度は上側からスタート.時間的にこれが最後だなと半分開き直りの境地で目の前のレースに集中する.今度は若干上側から時間直前に下に流す.が,下側に風がなくなりやはり出遅れ.なんだかいつものパターンにもはや気落ちも動揺もない.マーク回航で先行艇の動きを予測しつつ処理していく.レグでは上側に出て追い抜いた後にブローで下に落とす.こういうところで我ながら基本に忠実です.最終マークで落ちていた誰かさん(838)をパスしまたも4位.


第四レース第一ヒート

なんと,16:00を回ったにもかかわらず第四レースをやるとのこと.ひょっとして最初のレースをカットできる?腐らずまじめにやっているといいことがあります.

下側からスタートしそこそこうまく出るも,5番手.前にいるのは2711さん,J115 トミJさん,45-45 Nさん,そしてもう一人.っていうか,どの人も実連の猛者で甘い人がひとりもいない.トミJさんの後ろを追いかけているうちに前の人たちには逃げられた.最終マークで一人をかわしこれもまた4位.

結局16,4,4,4,二組のラウンドロビンで最初の31ポイントがカットされて7,7,7の21ポイント.総合七位.メンズスラロームクラスで3位でした.


f:id:hwl_usui:20090713000300j:image


総合の順位は

一位が3ピンの115 トミJさん.見事でした.二位が45-45 Nさん.三位が77 Nさんでした.


私の目に留まったシーン

鮒さん

毎回いいスタートを切っていました.さすがヨット経験者.っていうか毎回スタートで背中を見せられた気がするのは気のせいじゃないなぁ.

45-45 Nさん

最終レース第一ヒートで私と近いところでスタートしながらいつの間にかトップフィニッシュしていた.私自身いろいろなところに気を払っているのですが,気づかず離されたのは久しぶりでした.ちょっと芸術的かもしれません.どこでどんな走りをしたか聞いておけばよかった.

J115 トミJさん3ピン

見事としか言いようがないです.一回も押さえられませんでした.

風が若干弱かったものの,レースディレクターのWプロのブローの読みや実連の皆様の迅速な運営がすばらしい大会でした.ありがとうございましたm(_ _)m.


二日目のスピードの様子は遅くなったのでまた明日.