就活で興味の出たアルテカの野村紘一社長

2018-03-10 野村紘一のマンション経営の手法から学べる投資効果

賃貸マンションでも分譲マンションでも、マンション経営には手法があります。野村紘一が提唱しているマンション経営の手法は、土地の所有者が安心して経営を一任できるシステムになっていますので、土地の価値とは関係なく手放したくないと考えている人にとって安心して相談できる存在になっています。
ポイントは個人の私利私欲ではなく、社会的な貢献性の付加価値です。マンションを建築すれば、それだけ多くの世帯が入居できますので、便利な暮らしを提供できることになります。
土地の評価額の高い地域は、利便性が高い場合が多いので、高層マンション建築すれば、より多くの人が居住できる空間として地域に貢献できます。人の流れが変わる可能性も含まれていますので、全体的には商業性も加味される場合も少なくありません。
世帯数と人口が増えることで、地域の活性化にも結びつきますし、商店街や商業施設の発展にも寄与できる可能性もあるからです。野村紘一のマンション経営で最大のポイントは、どのようなマンションを建築すれば、その土地を最大限に有効活用できるのかを検証している点です。
個人の私利私欲や不動産投資による収益拡大を目指すと言うよりも、土地の所有者とマンションへの入居希望者が納得できて、さらに周辺地域にとって人口増による経済的な恩恵がプラスされるように働きかけると言っても良いでしょう。
実際に、施工実例をチェックすると、所有者にも入居者も、その地域に暮らし働く人たちにも利益を享受できるような工夫が見受けられます。もちろん提唱者である野村紘一とってもプラスに働きますので、一か所だけのプランではなく、似たような案件や別の土地での有効活用方法の模索でも役立てられています。
野村紘一のマンション経営の手法は、いま目の前にある財産としての土地を、どのように活用すれば損失を軽減し、収益が得られるようになり、多くの人に喜ばれる存在になり得るかを具体的に実践している点が重要ポイントです。