Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2008-11-24

種の絶滅速度

Date: Mon, 24 Nov 2008 13:39:34 +0900

 ところで、【】「今は1日100種が絶滅する」というような話がありましたが、これは出典はなんでしょうか?MAミレニアム生態系評価】では1000種あたり1000年で現在は10-100種となっていると思います。200万種とすれば1日0.5種くらいです。未記載の種をあわせて1000万種としても、1日100種とはいきませんが・・・ この将来予測は(絶滅危惧種がレッドリスト基準どおりに絶滅していると仮定している節があり)過剰だと思います。知らない間に絶滅している種もたくさんあるとは思いますが、どれくらいに言うのがよいのでしょうか?

 個人的には、古生代、中生代末以上の大量絶滅という言い方は大げさだと思います。比べている時間スケールがまったく違いますので。

Date: Mon, 24 Nov 2008 18:27:30 +0900

種の絶滅速度については当然のことながら諸説ありまして「1日100種」は最悪の数値といえます。出典は、Norman Myers(1979)「沈み行く箱船」Myers, Norman 1979 The Sinking Ark: A New Look at the Problem of Disappearing Species . Oxford: Pergamon Press.になります。このなかで「20世紀最後の25年間に100万種、平均して毎年約4万種が絶滅する」と推定されています。

 ありがとうございました。なるほど、これは今となっては過去のこと(1970年代2000年までを予測した)ですから、検証できることでしょうね。 事後評価にも興味があります。