Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2008-11-30

数理生態モデル半蔵門勉強会

Date: Sun, 30 Nov 2008 23:18:30 +0900

ダム水源地センターのご好意と大杉さんのおかげで、半蔵門での数理生態モデル勉強会が定着したように思います。昨年は池袋勉強会が「ジリ貧」になり、休会しましたが、半蔵門で続けていた「自主勉強会」が豪華な講演者にも支えられ、見事復活しました。

 皆様のご尽力に感謝します。来年も、2ヶ月に1度くらいの頻度ならば、十分可能ではないかと思います。必ずやるときめるのではなく、よい話題提供者がいたら開催するという姿勢でよいのでしょう。

 池袋勉強会休会と同時に、横浜国大からの要請もあってはじめた公開講座「生態リスク学入門」http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2008/08YBS-COE.htmlですが、これをどうするかが考えどころです。半蔵門勉強会が定着しているので、それとは別の趣旨がよいでしょう。

 というわけで、(本来は池袋勉強会立ち上げはそのような意図だったかもしれませんが)より教科書的に、PC持参で数理生態モデル講義する場所としたいと思います。【】年6回程度ならば十分可能でしょう。Excelファイルを配布するだけでなく、その計算内容をその場で皆で作り直すことを徹底します。【】

 来年もよろしくお願いします。