Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2015-10-07

10/11 個体群生態学会 企画シンポジウム「カワウ個体群管理未来

Date: Thu, 17 Sep 2015 11:23:19 +0900

http://www.population-ecology.jp/年次大会/:title=個体群生態学会]が彦根の滋賀県立大学で開催されます(Program

 地元関連のテーマとして、標記シンポジウムを開催します【】。参加登録(有料)が必要ですが、この機会に、カワウ管理課題と今後の方針を考えてみたいと思います。カワウ問題は滋賀県だけの問題ではありません。広域への影響も含めた議論が必要です。

 また、個体群生態学会自体への参加もぜひお願いします。別の企画シンポジウムの立案も含め、発表申し込みの締め切りは9月25日です。締め切りから行事まで2週間ほどしかないため、先んじてお知らせさせていただきました。

第31回個体群生態学会大会 企画シンポジウム

http://ecorisk.ynu.ac.jp/matsuda/2015/PopEcolShiga.html:title=カワウ個体群管理の未来?]」

Future perspective of cormorant population management

趣旨 琵琶湖をはじめとする日本各地で、内水面漁業や森林に影響をおよぼすカワウ。琵琶湖では、2009年から実施している大規模個体数管理により、カワウの個体数は大幅に減少してきました。その結果、竹生島などでは植生回復の兆しが見えつつあります。しかし、大量捕獲による慎重個体の増加、他地域との連携など、他種の野生鳥獣管理と共通な課題とカワウならではの課題があり、今後の予断を許しません。本集会では、過去のカワウ、漁業、森林の状況、カワウと人とのかかわりについて改めて紹介するとともに、今後のカワウ個体群管理の将来像を議論したいと思います。詳細は以下に掲載予定

プログラム(案)

10月11日(開催日未定、申請中)

14:30: 松田裕之(横浜国大)趣旨説明

14:40: 西森克浩(滋賀県水産課)滋賀県のカワウ個体群管理モデル捕獲目標(仮題)

15:05: 須藤明子((株)イーグレット)シャープシューティングがカワウ被害を減らす成功事例の紹介

15:30: 須川恒(龍谷大学深草学舎(非常勤))滋賀県のカワウ個体群制御の結果、あらためて直面している課題

15:55: 総合討論

16:30: 閉会

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hymatsuda/20151007/1444137750