Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2018-02-09

東大柏で海洋空間計画行事でゼニガタアザラシ・・

Date: Fri, 9 Feb 2018 11:08:29 +0900

ゼニガタアザラシ科学委員会 委員各位

そういえば、【下記サイト】の行事が来週東大であります。

【環境省の元担当者の】蔵本さんが海豹の話をされます。

https://www.oa.u-tokyo.ac.jp/application/workshop2018/index.html

松田は企画者ではありません。念のため。

2/16に東大柏で海洋空間計画行事

ワークショップ「日本の海洋空間計画に向けた課題

主催東京大学海洋アライアンス

日時2018年2月16日(金)13:30〜17:40

会場東京大学本郷キャンパス理学部1号館336教室

International Symposium

第一部海洋空間計画整備の現状

報告

13:40〜14:00 海洋利用に関する合意形成ガイドラインについて

東京大学海洋アライアンス特任准教授諏訪達郎

話題提供

14:00〜14:20 合意形成ガイドライン,MSPの海洋政策展開における意義

内閣府総合海洋政策推進事務局参事官熊谷徹

14:20〜14:40 MSPの基盤となる情報整備の現状

海上保安庁海洋情報部海洋情報課長矢吹哲一朗

14:40〜15:00 MSP整備の内外比較

東京大学海洋アライアンス特任研究員徳永佳奈恵

15:00〜15:15 休憩

第二部日本版海洋空間計画課題

話題提供

15:15〜15:35 岩手県における海洋利用施策ガイドラインの活用

岩手県政策地域部科学ILC推進室科学担当課長松本

15:35〜15:55 三重県における漁業に関する海洋利用と漁業に関する合意形成

三重県農林水産次長永茺享

15:55〜16:15 野生動物との共存のための合意形成について

−えりも地域におけるゼニガタアザラシ保護管理を例に−

環境省自然環境自然環境計画課生物多様性戦略推進室国際連携係長蔵本洋介

16:15〜16:40 Ecosystem-based MSPに向けた課題

横浜国立大学教授松田裕之

パネルディスカッション今後の方向性

16:40〜17:40 モデレーター:道田豊

パネリスト熊谷徹松本哲,永茺享,松田裕之,諏訪達郎,徳永佳奈恵

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hymatsuda/20180209/1520368608