Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2007-09-22

[]生態学会の企画

Date: Fri, 21 Sep 2007 23:28:08 +0900 (JST)

COE各位

  • 伊藤さん、本藤さん、現代化学の原稿「バイオ燃料の可能性とリスク」(2007年20月号52-58)、ありがとうございました。COEのことにも言及いただき、目玉とすることができます。
  • 先日お知らせした生態学会福岡大会での企画案の現在の進捗をお知らせします(末尾)。なお、国環研の五箇さんも外来種で企画集会を持つことになりました。そちらも追ってご紹介ください。
  • なお、第3次生物多様性国家戦略案が意見照会にかけられています。生態学会としては、COEコーディネータの立川賢一さんが自然保護専門委員長として意見を取りまとめ中です。
  • 海洋基本法にともなう海洋基本計画も意見を述べる機会があります。10月1日にはシンポジウムがあります。私の所属する水産学会でも意見を述べることになりました(新設の水産政策委員になりました)。
  • 皆さまからも、情報をどしどしお寄せください。もちろん、論文受理、掲載等の情報も歓迎します。

日本生態学会福岡大会 企画集会案S-007  「日本の国土の超長期ビジョン 中山間地問題」*1

企画責任者 松田裕之(横浜国大環境情報) コーディネータ 久米篤(大会企画委員)

 2010年の生物多様性条約締約国会議を前に、2050年の日本の国土と自然のあり方を問う動きが各方面で見られる。その最大の焦点は、今後の人口減少時代を見据えた中山間地のあり方である。第3次生物多様性国家戦略案でも中山間地などの放置が生物多様性に与える危機について指摘されているが、今後人口減少と高齢化が進む中で、すべての中山間地の人間活動を維持することは極めて困難に見える。また、100年後という時間スケールで見れば、中山間地がいったん荒廃したとしても、やがては二次林が回復してくるという指摘もある。

 そこで、本集会では、放置された中山間地が生物多様性と生態系サービスに関してどのように変化するのか、その問題点は何かについて議論する。また、中山間地の人間活動を維持するための条件などについて議論する。さらに、関連するさまざまな国際的な取り組みとして、2008年生物多様性締約国会議、ミレニアム生態系評価里山里海サブグローバル評価などの取り組みについても紹介する。

講演者(案)

  • 松田裕之(横浜国大環境情報)「2つの超長期シナリオ:里山保全と里山撤退作戦」(25分)
  • 大住克博(森林総研関西支所)「里山林と人:後は野となれ山となれとはいかぬが定め」(25分)
  • 酒井暁子(横浜国大環境情報)「生態・保全学的視点による中山間地問題の整理:なぜ中山間地が注目されるのか?」(25分)
  • (休憩)
  • 嘉田良平(アミタ持続可能経済研究所)「中山間地の持続可能性と農業政策」(25分)
  • 根本真理(東京農工大・農)中山間地域の植物の多様性と土地利用との関係からみた将来予測(25分)
  • コメント総合討論(司会:松田裕之)(計50分)
  • 鈴木渉(環境自然保護局)生物多様性締約国会議に向けた取り組み(7分)
  • 国連ミレニアム生態系評価 里山里海サブグローバル評価の取り組み(7分) (交渉中)
  • 中山間地の植生景観の時代変遷(7分)(交渉中)
  • 放棄された中山間地域と野生鳥獣の関係(7分)(交渉中)
  • 中山間地の放置の防災リスク(7分) (交渉中)

2007-09-11

[]横浜国大・国立環境研COEフェローの応募について

 COEフェローの応募者は9月7日の時点で20名います。国立環境研にも10名程度の応募者がいます。結果は一両日中に応募者に連絡します。約半数は海外からの応募です。研究課題、研究計画を学振の応募並みにしっかり書いていただきたい。「なんでもやります」とか「何をやると書いてよいかわからない」という戸惑いが聞かれますが、リスクというのは統計学と同じくらい範囲が広いものです。生態リスクに取り組む主体性を持った若手研究者を歓迎します。むしろ、我々の申請書を読んで、我々に足りないものを上手に指摘し、生態リスク研究に何が必要かをこちらにアピールできる若手を望みます。

 

2007-08-29

[] ポスドクの応募について Q&A

Date: Wed, 29 Aug 2007 08:14:25 +0900

ポスドク(COEフェロー)の応募状況ですが、申請書の書き方、応募のタイミングが分からないという問い合わせがいくつかあります。

Q1)申請のタイミングは? A優秀で期待できる人材がいれば採用します。早めに応募するほうがよいでしょう。着任希望時期がたとえば来年4月の場合でも、その旨明記して今から応募することができます。

Q2)横浜国大と国立環境研の併願は? A可能です。COEという目的は共通ですが、両者は別の公募であり、職務規定等は各機関に従います

Q3)フェローに何を望んでいるのか? A自立した研究者として、COEの目的に資する研究計画を立ててください。研究計画が採用された時の公約になります。COE拠点形成の最重要目標は若手育成であり、しっかりした計画を履行する人材が期待されます。

Q4)非常勤講師などの副業が可能か? A雇用形態によります。横浜国大では時間雇用を予定しており、週4日勤務、1日別の仕事をすることが可能です。環境研のほうが給与は高くなるでしょうが、副業は無理でしょう(確認中)。

魅力ある研究計画の応募を期待しています。

2007-08-12

[]科研費の申請方法

Date: Sun, 12 Aug 2007 04:21:03 +0900

米国生態学会では、下記のような、科研費の申請書の書き方というセッションがありました。題名が下品だと思いますが、内容は、「これ論」(酒井聡樹著「これから論文を書く若者のために」)にもあるような、妥当な内容だったと思います。学生だけでなく、年配も含めて100人近く詰めかけていました。「基礎研究だけでなく、保全の応用研究もNSFは評価してもらえるのか」などという質問まで飛び出していました。Yesという返事でしたが、日本とは何やら逆(基礎研究も今まで通り重視されるか)の質問のような気もしました。レジメを持って帰りましたので、そのうち紹介します。

WK 26 - Show me the money: How to write successful grant proposals

2007-08-01

[]横浜国大・国立環境COE フェロー(ポスドク)の募集

Date: Wed, 1 Aug 2007 14:22:34 +0900 (JST)

横浜国大と国立環境研が連携したグローバルCOEでは、以下のようにポスドク(フェロー)を公募します(英文)。以下に横浜国大側の公募要領をお知らせします。国立環境研のグローバルCOE プログラム「アジア視点の国際生態リスクマネージメント」NIESポスドクフェローも公募しています。これらのポスドクの採用時期は随時ですが、10月1日採用には、8月末までの申し込みが必要です。両者への併願も可能です。

 生態リスク研究する自立した研究課題を掲げる研究者の応募を切望します。

 ご不明の点は松田までお問い合わせください。

横浜国立大学大学院COEフェローの募集

横浜国立大学は国立環境研究所と連携し,平成19年度より5年計画で文部科学省グローバルCOEプログラム「アジア視点の国際生態リスクマネジメント」に関わる人材育成と教育研究拠点の形成を推進します。その一環として以下の要領でCOEフェローを公募します。本グローバルCOEプログラムの趣旨を理解し,実践的かつ学際的に研究する熱意をもった研究者を募集いたします。

1.研究分野アジア視点に立脚した生態リスクマネジメントに関する生態学・環境科学分野(?日本と海外における研究拠点ネットワーク形成,?生物・生態系の多様性保護,?有害化学物質の管理,?環境リスクマネジメント,?大量情報の国際的発信,?実践的環境科学・技術等,?環境法等)。本グローバルCOEの概要はhttp://risk.kan.ynu.ac.jp/gcoe/にて閲覧出来ます。

【 以下全文は(日本語 (英語)。】

16.問い合わせ先〒240-8501横浜市保土ヶ谷区常盤台79-7

横浜国立大学大学院環境情報研究院グローバルCOEプログラム

拠点リーダー 教授 松田裕之 Tel:045-339-4362 Email:matsuda@ynu.ac.jp(環境情報研究院)