Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2007-12-31

[][]海洋基本法 フォローアップ研究会提言について

Date: Mon, 31 Dec 2007 09:07:13 +0900

フォローアップ委員会の提言を拝見しました。温暖化が基礎生産に与える影響も監視すると記した点は喜ばしいことです。また水産学会の提言や、松田の提言にある以下の2点については、反映していただいたことに感謝します。

7.利用と保全を併記し、海洋保護区に言及しています

9.海洋生物資源基礎調査については、ほかの基礎調査とともに重視する

 しかし、残念ながら下記7項目の記述が欠如または不十分だと思います。

1.海洋資源として水産資源を書いていますが、それよりずっと価値が高いことが生態学の定説になっている 生態系サービス水産資源はその一部)に関する記述が全くありません。したがって、持続可能な漁業の担い手が海洋生態系を監視し、豊かな海洋環境が漁業を支えているという認識が記されていません。

3.「持続可能性」という環境政策上最も重要なキーワードがありません。海洋資源の特徴である共有資源を利用する際に重要な「公正」というキーワードもありません。さらに、水産資源の利用を我が国の食料基本政策として位置付けるという記述がありません。

8.陸域など他分野の環境科学・資源経済学に多くの貢献をした海洋科学の一層の促進を図るというような記述がありません。

5.国際交渉の場において、科学的見地から政府として統一的な行動を図ることの重要性が記されていません。(諸外国では、漁業と環境で矛盾した見解が述べられることが多々あります)

6.海洋担当大臣のもとに所轄官庁の連携を深めることの重要性が指摘されていません。

(少なくともここまでは、反映していただきたかったです)

4.水産物認証制度(エコラベル)の普及を図るという記述がありません

2.日本の漁業者が行ってきた漁業者組織の自主管理の成功例を世界に紹介し、その有効性を共有するという方針が示されていません

(参考)

日本水産学会水産政策委員会)としては下記の提言を行っています

http://www.miyagi.kopas.co.jp/JSFS/COM/jsfs14.html

私個人としては下記の意見を水産政策委員会に述べました。http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2007/CommentsOnOceanLaw.html

2007-11-15

[]水産学会水産政策委員会での松田の主張

Date: Sat, 13 Oct 2007 13:26:13 +0900

 まず、本学会として主張すべきベースラインを明確にして、それに加筆するかたちがよいとおもいます。

 その意味では、黒倉さんの10.1演説がまずベースになるでしょう。大きく以下の3つになると思います。

  1. 歴史的に振り返ってみると、漁業や水産業、それにかかわる学問である水産学は、今では当然とされている、先駆的な概念をいろいろと生み出してきた Sustainability (MSY(Maximum sustainable yield)、最大維持漁獲量)  順応的管理 今後の世界リードする概念を生み出す可能性 海洋政策は、長いスパンでの真理や正義に支えられていることが重要 水産学の知識の集積を活用していただきたい 水産学の研究もよろしく支援していただきたい
  2. わが国独特の漁業制度(ボトム・アップ方式の管理の利点) 利用同士が協調して互いの権利を保障しながら、重層的・持続的に海面を利用
  3. 水産業が、唯一、生物資源、すなわち再生可能な資源を扱う産業 海洋環境とともに長期的・短期的に大きく変動する野生生物資源に依存

 これを海洋基本政策に盛り込んでいただくよう働きかけるのが筋であり、あまり高望みしても、学会内部の合意も得ていない段階では、難しいと思います。唯一、

  1. 海洋情報モニタリング生物資源モニタリングも含めること

が重要だと思います。これは本委員会で一致していたと思います。

 開発者負担原則 というのは不勉強にして初耳ですが、いわゆるPollutor Pays Principle(汚染者支払原則 と訳すべきだという慶応環境経済学者の細田衛士さんに納得)と似たものだと類推します。 大切なことは、 漁業補償だけでなく、その他の生態系サービスも含めて、失われるものを開発者が補填するということです。それはほぼ不可能だと思います。となると、【】この原則自体の有効性が疑われると思います。となると、我々の主張としては、「自然環境価値として、漁業資源だけでなく、干潟・藻場・サンゴ礁を含む沿岸域の生態系の調節機能や文化的価値などを含めた生態系サービスを持続可能に利用することの重要性を認識すること」などとなると思います。

2007-10-15

[]「統合的海洋管理プログラム」履修生募集!

Date: Mon, 15 Oct 2007 09:46:00 +0900

下記、【学内M1の】応募者を歓迎します。オムニバス講義を聴くことになりますが、あとはそれほど大きな負担にはならないでしょう。

統合的海洋教育・研究センター「統合的海洋管理プログラム」履修生募集!

 統合的海洋教育・研究センターでは、10月より、総合的な大学院レベルでの教育プログラムである「統合的海洋管理プログラム」を開始します。

 本プログラムは、科学的な理解と認識に基づく海洋の持続可能な開発・利用という理念と、海洋の国際秩序を先導し、国際協調を促進するという理念の下で「海洋の統合的管理能力」の習得を目的にした修士課程の副専攻教育のためのものです。本プログラムを通じて、多様な分野の多様な専門能力と、海洋の統合管理に必要な視野の広さを兼ね備える人材の育成を図ります。

なお、当プログラムの募集要項は本学のHPからダウンロード出来ます。

http://www.ynu.ac.jp/information/info325.html

2007-04-14

[]横浜国立大学 4.13海洋シンポジウムのお礼

Date: Sun, 15 Apr 2007 18:29:17 +0900 (JST)

 金曜日はおかげさまで80名以上の参加者に恵まれ、何とか形を作ることができました。これも皆様のおかげです。ありがとうございました。

 また、懇親会の段取りを全く考えず、狭いところでご不自由をおかけしました。

 横浜国大では統合的海洋管理教育研究センターの設置が決まり、イメージ良くシンポジウムシリーズの第一ラウンドを終えることができたと思います。

 今後とも学内外の絆を深め、横浜からの海の取り組みを進めたいと思います。よろしくご指導のほど、お願い申し上げます。

2007-03-27

[]4.13 横浜国大 第3回海洋シンポジウムのおしらせ

皆様(重複受信の方お許しください)

 おかげさまで、3.16横浜国大 風力発電シンポジウムは大勢の方にご参集いただき、活発な議論を行うことができました。

 今回は別件です。今年度から横浜国立大学では海洋教育統合的海洋教育・研究センターの設置を目指してシンポジウム・シリーズ「横浜から海洋文化を育む」を企画しています。

 その第3回目として、4月13日に以下のシンポジウムを開催します。マグロ漁業の問題、北方領土での日露漁業の問題など、国際的な視点から、もと水産庁捕鯨班の小松正之さんと「銃撃の海」で反響を呼んだ毎日新聞根室の本間浩昭さんを招待しました。関東で本間さんの講演を聞く機会は初めてかもしれません。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

松田裕之

第3回 対立と協調の海

日 時 :  2007年4月13日14時−17時

場 所 : 横浜国立大学 教育文化ホール (交通案内) 講演要旨

主 催 : 横浜国立大学シンポジウム・シリーズ「横浜から海洋文化を育む」実行委員会