Hatena::ブログ(Diary)

横浜国大 松田裕之 公開書簡

2013-09-24

[]魚は本当に危険なのか?

On 2013/09/24, at 8:05,

海産魚の基準値越えは、福島県の検査結果(20km圏外が中心)でも、 9月12〜18日には0になりました(約150標本中。ちょうど100Bq/kgが2検体あ ります)。仮に基準値が500Bq/kgだったら、もう20km圏内以外は普通に操業できていたでしょう。

 福島第一原発施設港内では1万Bq/kgを超える魚がありますし、それが移出したと思われる魚が港外の20km圏内で今までに1検体だけありました(昨年7月)。以後、港内から移出しないように港内の魚を獲り、フェンスを作るなど対応しています(船が往来するのですから、完全ではありません)。以後は港外では高濃度汚染魚は発見されていません。2.5万Ba/kgを1回80g(通常の1日の 平均水産物摂取量)食べても0.04mSvです。一人で2回食べることはまず考えられません。

 基準値越えが出れば出荷制限、操業自粛になります。そうならないように努めているわけです。そして、大事なことは基準値ではなく、実際の被曝量を低く抑えることです。【この点は欧州議会ハウスでも説明しました。】それは十分に達成されているでしょう。

 8月30日9月12日に欧州議会ハウスで欧州議員視察団などに説明する機会がありましたが、この点は十分理解いただいたと思いま す。日本では最近までBSE対策で全頭検査をしていたと説明しました。チュルノブイリの後、ノルウェーではトナカイなどの基準値が 6000Bq/kgに引き上げられたそうです*1。【欧州議会ハウスでノルウェーの方から挨拶いただきました。】

 原発問題では、政府批判、真実が伝えられていないという批判が、現状が危険であるという認識と混同されています。その結果、できも しない除染レベルが求められ、最優先事項がないがしろにされている。「完全にブロックされている」という政府も問題だが、平時と同じ状態を求める報道も単なる批判勢力であり、現実的な政策提言を行う主体性に欠けています。

 【海水中のストロンチウムとセシウムの比が変わってきているといいますが、そもそもCs基準値をほとんど超えない(平均値としては極めて低い)ので、あまり関係ありません。】

 汚染水問題も、トリチウムだけが取り除けない処理水までため続けることが果たして妥当なことか、検討すべきです。

 もちろん、それによって懸念される漁業の出荷制限、操業自粛風評被害に対しては、十全の補償をしていただきたい。

2011-06-26

[]生態リスクは深刻か?

Date: Sat, 25 Jun 2011 20:42:07 +0900

昨日の【ある会合】で出た、最大の意見は

 反原発を語ることと、今回の放射線リスクを煽ることは別である

ということでした。

 今日も、【原発避難地区の】野生動物の大発生の危惧が指摘されていました。

 本気で、被曝地の突然変異や奇形出現が、大きな生態リスクに繋がると思っていますか?チェルノブイリでそのような知見がありましたか。

 原発事故の生態系への影響は、学術的な研究課題としてはもちろん大切ですが、行政的に対策を採るべきというほど大きな影響とは思いません。

 もちろん、行政が調べていただけるならば、当事者としてはありがたいですが、この国難に際して調査の必須事項というつもりは、私はありません。学術的重要性から、海外から研究予算を獲得することもできるでしょう。

 単なる説教ならば、学会という権威を借りることに、意味を求めるべきだとは思いません。個人主義こそ、学問の基本です。

 水産学会海洋学会のほうが、まともな見解だと思います。

2011-06-18

[]学術会議会長談話

Date: Fri, 17 Jun 2011 18:56:01 +0900

 学術会議会長談話が出ましたね。この談話は趣旨に合うと思います。(閾値の説明が若干変だが)

 さて、その上で、何をすべきかが問題ですね。また、今後起こりえること、どう情報を出していくかについて、議論させていただきたいと思います。

6月17日、日本学術会議会長談話「放射線防護の対策を正しく理解するために」を発出しましたので、お知らせいたします。

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-d11.pdf

2011-06-10

[]海への今後の放出の懸念

Date: Wed, 8 Jun 2011 13:32:10 +0900

ありがとうございました。

 今までの大気への放出はCs-137で12PBq程度で、そのうち半分以上が海に降下するとすれば、直接海に放出(漏洩)したCs-137はそれより低い。しかし、前者は沖合いまで広く拡散して濃度は低く数十Bq/L程度である。原発近海での基準値を超えるような高濃度は後者(直接放出)によるのですね。

 最悪の事態として、建屋内には、まだ高濃度汚染水が20PBq(Cs-137だけではない)あるそうです。今までの放出より桁違いに多い。

 その対策ができずに、しかも海に全部放出されると、海と水産物にとっては「原発事故以上」の大変な事態です。この認識は変わりません。

 その放出を完全に抑えられそうな雰囲気は、報道を見る限りありません。いかにも、「あふれてしまった」と後日言いそうな伏線を感じます。しかし、たとえば「最悪の場合でも今までと同レベルに収める」という数値目標は現実的な目標です。絶対に守っていただきたい。

 それが守られるという専門家からの意見が聞こえてくればよいのですが。

 今、原発近海の水産物はほとんど売れていません。その必要はないというのが私の見解です。もし、今までの2倍以上の漏洩が起きた場合、十二分に安全だ(毎日平均80gずつの福島近海の水産物を食べることによる年間摂取が0.1mSv以下である!)という私の見解が変わる恐れが出てくるでしょう。その場合、どこまでリスクが増えるかは流出量によります。

別件ですが、BS海外ニュースでは、日本政府は「高齢者から特攻隊員を募った」という非難を恐れていると報道されていますが、今はそれどころではありません。ここでも絶対安全かこの世の終わりかという二項対立で議論している。「特攻隊員」という表現はさておき、高リスク被曝覚悟の作業員をお願いすることは現実的であり、大事故の際のIAEAの国際見解「自主的に申し出た人には被曝量の上限を定めない」に合致しています。今が緊急時であり、リスクを伴う作業が必要だという認識が必要です。

2011-06-08

[]ウッズホール海洋研究所の研究航海計画

Date: Sun, 5 Jun 2011 10:49:45 +0900

 先週の豪雨後の原発付近の海水中の汚染濃度もそれほど高くはなかったとのこと、ひとまず安心しました。

 今までのほとんどの海洋汚染は、発見されて封じた排水溝からもれたものとのこと、ありがとうございました。今後もその程度の漏洩の恐れがあり、かつ、その程度に収まるならば、水産食品で基準値を超えるものは出続ける恐れがあり、水産業と消費に与える影響は甚大ですが、今までの2倍程度ということで、気にせず食べ続けた場合でも健康リスクへの影響はかなり低い水準に収まるでしょう。

 以下の情報もありがとうございました。

 海洋学会では、情報発信を計画中。http://www.kaiyo-gakkai.jp/sinsai/

 ウッズホール海洋研究所の研究航海計画。https://www.whoi.edu/page.do?pid=7545&tid=282&ct=162&cid=103069

 ここでは、今まで検出限界未満とされていた低い濃度の観測も、しかもSr-90やPu-239,240に対しても出てくると期待します。