未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-02-24 人材のプール

恐いんですけど http://1470.net/mm/mylist.html/29?date=2005-02-24 より

同業他社は競合であることは間違いないが一方でプログラマという人材を共有しているコミュニティでもある。」って考えはこの業界じゃないところでも当てはまると思う。わかりやすいのが野球界とか。

松井メジャーに行った時、日本のプロ野球の重鎮(ってなんだ?)が裏切り者と言ったとか言わないとか。サッカーはどんどん優秀なプレイヤーは海外に行くけど、野球はその点閉鎖的な印象がある。

まあそれはともかく、コミュニティが人材を共有するという概念はもうちょっと日本という地域にあってもいいと思う。コミュニティにとっての人材は宝なんだから、その人材の能力を拡大するようなインフラがあってもいいと思う。それこそ(そのような制度とか仕組み)が社会的共有資本そのものである。

日本の競争優位を維持するには唯一の資源である人材を活用するしかないのだから。

中国やらインドやらの若くて優秀でモチベーションの高い人々とコラボレーションするには日本という地域にもいっぱい元気のいい人々を育てないといけない。

そーゆー優秀な人々は人類共有財産だな。

人材流動性

ソフトウェア産業の競争力を高めるにはそこで働く人材の競争力を高めないといけない。別にソフトウェア産業だけの話ではなくて野球でもサッカーでも映画でも同じといっちゃあ同じだけど。でもって、わたしは、人材流動性が高ければ各自の専門性が高まり結果として競争力の高い人々を生みだすことになると主張した。

でも、よく考えてみるとトヨタの社員の人材流動性は高いのだろうか?松下の社員の人材流動性は高いのだろうか?よくわからないけど人材流動性は高そうには見えない。だけども企業としてはめちゃくちゃ競争力がある。なぜだろう。なぞだ。

企業に留まったまま企業間連係により企業価値を高めて行くという方法はありえるかもしれないが、よくわからない。従来の系列という日本的な枠組ではないコラボレーションの方法はあるのかないのか?うーん、どーなんだろうか?

foojeefoojee 2005/02/25 01:26 hyoshiok様、いつも勉強させていただいております。ありがとうございます。

トヨタとか松下がなぜあのように競争力があるのか、それは必ずしも報酬が高ければモチベーションが上がるわけではないということなのかなと、読んでいて思いました。

報酬を上げれば上げるほど労働者のモチベーションは下がっていくという実験結果もあると最近本で読みました。実験は以下のようなものでした。

パズルと被験者を用意します。
最初は無報酬でパズルを解かせていたところ、「これは面白い!」といって
時間外でも夢中になるそうです。でも、「パズルを1つ解くごとに幾ら」というように報酬を与えると、とたんに必要以上にパズルを解くことを止めて、時間外はほかの事をするようになるそうです。さらに報酬を上げるとよりモチベーションは下がるのだそうです。(最近読んだ本に書いてあったのですが、タイトル失念しました。すみません)

海の向こうのやり方をみていますと、
人材を流動的にして、
プレーヤーは自らの持っているスキルを磨くためにベストを尽くす、
企業側はどれだけプレーヤーにいい条件を提供できるかベストを尽くす、
そして、プレーヤーの報酬もオークションのように自由競争のもとで算定されるというシステムになっているように見えます。

もしパズルの実験が企業にも当てはまるのなら、
そこで与えているものが報酬ではなく、例えば優れた開発環境ですとか、仕事の面白さそのものであれば、モチベーション落ちないと考えられます。

プレーヤーの賃金は外資のようにUPさせない代りにプロジェクトの面白さとか環境のみ与えているのが日本企業だと思います。
あるいは、大して何も与えていなくても少なくとも、賃金を上げずにパズルを解く意欲を損なわない仕組みになっているのが競争力の高い日本企業じゃないでしょうか(笑)。。

しかも優秀な社員の人件費を落として、企業の競争力維持のために使っているので2重に強みとなります。

ということは、たとえ人材が流動的であっても、その競争の対価が賃金でなく、モチベーションをさらに高めるものであれば、従来の欧米式でも、日本式でもないより強力なシステムになるんじゃないかなと思いました。

hyoshiokhyoshiok 2005/02/27 22:12 foojeeさま、コメントありがとうございます。モチベーションは賃金だけで決定されるわけではないですよね。