未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-05-04 日記を書くこととオープンソースソフトウェアに関わること このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

Hardcoded さんからトラックバックをいただいた。 Blog 悲観論にモノ申す

http://www.dmtj.net/pm/archives/000040.php

例えばの話、超優れた職業プログラマがいてさ、その人がオープンソースコミュニティに参加もしくは貢献しないといってそれを責める権利はどこのどいつも持っちゃいないのよ。Blog だって同じことが言えると思わないか?

あ、多分梅田さんの意図を誤解していると思う。

梅田 Blog2005年バージョン(2)

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20050426/p1 裏切られた期待として、

組織に属する超一流の技術者経営者が本気でBlogを書くということも、どうも日本では起こりそうもない。

と悲観している。確かにその印象はある。日本の大企業に属する超一流の誰かが実名でBlogを書くという状況は想像しにくい。一人や二人でなくて何万人も専門家がその専門について日々記すと言う状況は考えにくい。

期待が裏切られたから、だめだという話ではなくて、現状は梅田さんの期待どおりではないというだけのお話だと思う。

まあ、彼がどう思っているかはわたしはわからないのだけど、わたしの立ち位置は次のような感じである。

日本において、国際競争力のあるソフトウェア製品を作った経験のある超優れた職業プログラマというのはそれほど多くはないと思うのだけど、そーゆー人の少なからずは大企業の奥深くにいるような気がする。富士通や日立やNEC東芝NTTIBMやらなんやらにいるような気がする。でもって、そーゆー人は別にオープンソースコミュニティになんか参加したりしない。参加する強いインセンティブはない。わたしは、そーゆー人がオープンソースコミュニティに参加しないことを責めたりはしない。絶対しない。だけど、残念だと強く思う。なぜか?

職業プログラマとして現役を続けるためには、大げさなことを言えば、死ぬまで勉強を続けなければならない。あ、勉強といっても、別に机に向かって暗記物をやるということではないですよ、もちろん。プロのアスリートが現役でいるために引退するまで常にトレーニングを続けなければならないのと同じだ。日本という地域で現役であり続けることは非常に難しい。自分の技術切磋琢磨するためには常にアンテナをはって勉強をしていなければならいのだけど自分の会社のプロジェクトだけでそのような経験を積めるのだろうか?かつては商用ソフトウェアの開発が人を育てたが、そのような機会が日本で急速になくなっているという状況を鑑みると、日本という地域で優れた職業プログラマであり続けるというのは絶望的に難しい。そして35歳で引退する。彼または彼女の経験、知識、ノウハウは引退とともに死蔵される。これは大変な損失なのではないか?個人にとっても一企業にとっても日本という地域にとってもIT産業にとっても、社会にとっても。その経験、知識、ノウハウを個人としてコミュニティに還元していただければどれだけ素晴らしいかと強く思う。

コミュニティに参加しないことを責めはしない。しかし、わたしは自分の経験から言う。コミュニティに参加することには数々の有形無形のメリットがある。楽しいから、自分の職業的専門性を高めることに役立つから、いろいろな人と知り合いになれるから、…、数々の有形無形のメリットがあるから参加するのである。わたしはわたしと同じように感じる人を一人でも多く欲しいので多くの人々をコミュニティに引き釣り込んだ。そーゆー作業を続けている。カーネル読書会もそうだ。

コミュニティに参加することが自分にとってメリットがあるということを経験を通じて理解してもらうというのがわたしの立ち位置である。まあいらぬお世話と思わないこともない。分かる人は分かるが分からない人は多分分からない。言葉で説明することは非常に難しい。

会社を作ってから大企業の人たちといろいろビジネスでのお付き合いやコミュニティでのお付き合いがあったが、「オープンソースの開発で飯を食う」という夢を実現するためには一人でも多くの大企業の中にいる超優秀なプログラマをこっち側に引き釣り込むということをずうっとやってきたような気がする。大企業の一人一人の技術者にとって直接的なインセンティブはまだ見えにくいが、大企業がオープンソースビジネスにしつつあるという好機を捉えていろいろな仕組を考えていきたいと思う。

umedamochioumedamochio 2005/05/05 01:23 「参加しないことを責めたりはしない。絶対しない。だけど、残念だと強く思う。」全くその通りだと思います。

nhnh 2005/05/05 04:37 そもそも、日本の大企業の中の偉い人たちの多くは、ベラベラ喋らないから現在の地位を勝ち得た、という人が多いんじゃないでしょうかね。ベラベラ喋るヤツは、たいていは馬鹿だと思われるし、足も引っ張られますからね。

逆に、米国はそもそもベラベラ喋るやつばっかり。どんなバカなことでも平気で大声で言える。少しは考えてから言えよってやつらだらけ。ベラベラ喋ること自体は馬鹿なことだとはされていないし、基本的に、黙して語らないのは聡明だからではなく、何も考えてないかシャイか物静かか、やもすると卑怯なやつだと認識されたりしますしね。

だから、まつもと氏とかよしおか氏みたいな、偉いくせにおしゃべりという人は米国には腐るほどいるので特別でもなんでもないけれど、日本では珍しいってことになるんだろうな、と。

で、どうすんだ、ってことなんでしょうけれど難しいですね。失敗したらダメですからね、日本では。

McDMaster@HardcodedMcDMaster@Hardcoded 2005/05/06 10:28 拙 blog への言及ありがとうございます。
URL を引いていただいたエントリのコメント欄でも述べたことですが、私は、blog とは所詮はテクノロジ、つまり「道具」「手段」に過ぎないと思っています。オープンソース「テクノロジ」についても同様のことが言えます。
ただし、blog ないしはオープンソース・コミュニティが特徴的なのは、それに参加し、何らかの成果を出し、そしてその成果に対する public かつ obvious な評価を得られる喜びという点がモチベーションたり得ると考えています。
あと、技術という点について触れれば、これも拙 blog のコメント欄で「小鳥」さんが触れてくださっていますが、意見発露のためのツールとしての用途に留まらず、blog プラットフォームを用いながらも一見するとそれとは判断できない体裁を持つプロダクトやサービスが登場してくるのではないかという観測があります。
そういう意味では、blog とは技術的にもこんごも exciting なものであり、特定の用途の振興を見ないからといって残念がる必要は全くないと判断します。

hyoshiokhyoshiok 2005/05/07 16:52 梅田さま、コメントありがとうございます。この状況をどう変えるかがわたしの宿題です。

hyoshiokhyoshiok 2005/05/07 16:56 nhさま、コメントありがとうございます。わたしは日本の大企業に勤めた経験がないし、自分でも変なやつだと思っていますので、多分、日本の大企業では使い物にはならなかったんじゃないかと思います。だけど、徐々にだけど40代の社長とかがでてきているので、「新しい世代」には期待していたりします。(期待するだけかよっ>じぶん)

hyoshiokhyoshiok 2005/05/07 17:00 McDMaster@Hardcodedさま、コメントありがとうございます。「特定の用途の振興を見ない」と結論付けたのではなく、現状では、そーゆー動きが少ないので、それをどーすればいいかなあというようなスタンスです。残念がってばっかりいてもしょうがないので自分でできる範囲でいろいろジタバタしているというような感じです。