未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-10-28

hyoshiok2008-10-28

IPAフォーラム、パネルディスカッション

始まりました。

学生経営者の討論会」
−日本の将来を支えるITに学生は何を期待しているか!−
<ズバリ聞こう!話そう!理解しよう!ITイノベーションの魅力を>
【パネリスト】
津賀 一宏 (パナソニック株式会社 常務役員/オートモーティブシステムズ社 社長)
奥田 陽一 (伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 代表取締役社長)
西垣 浩司 (独立行政法人 情報処理推進機構 理事長学生(10名)
【コーディネータ】
田口 潤 (株式会社インプレスビジネスメディア 取締役)

学生自己紹介東海大学大学院組み込み技術専攻。東京工科大学コンピュータサイエンス専攻。名古屋大学、ITスペシャリストコース。情報システム学。早稲田大学大学院情報理工学。日本工学院、テクニカルエンジニアコース。10人。各大学から2人づつ。

8人就職決まっている。情報サービス業へ7名。それ以外1名。2人はまだ就職が決まっていない。

パネリスト自己紹介パナソニック常務、オートモーティブシステムズ社長。生物が専門だった。留学する機会があった。そこでコンピュータサイエンスを学んだ。

伊藤忠テクノソリューション社長。ニューヨーク10年。CIOなどを歴任。

IPA理事長。ITの知識を持っていることが可能性をひろげる。

パナソニックオートモーティブシステムズってなにやっているか、学生さんわかりましたか?(学生挙手0)

自動車関連の仕事しています。

伊藤忠テクノソリューションズは、わかりますか?(学生挙手0)

CTCは情報システム、企画立案、運用保守データセンタなどなど。特徴は、オープンシステムパイオニアマルチベンダ。Sun/HPサーバなどを構築、SIしている。

西垣さんは前職はNEC社長。

学生への問いかけ。

IT技術者という仕事イメージ

学生クールイメージソフトを書く機会がある。

学生ソースを書くことは楽しそうだ。スキルによって全然違うコードができる。

学生プラスイメージ、なんでも出来そう。仕事の範囲が広い。マイナスイメージ、残業が多い。

学生プログラマ、SEのイメージコンピュータに一日むかっているイメージがある。マイナスイメージが強い。お客とコミュニケーションできるというプラスイメージ

学生:打ち合わせというか書類を書いているイメージ技術者というイメージではない。

学生クリエイティブイメージを持っている。いろいろなものが作られている。

学生:漠然としすぎている。上流工程。明確なビジョンを持っている。下流工程。言われたままのことをやっている。

学生:IT以外に強みを持っている。金融とIT、流通とIT。

学生:達成感を感じられる仕事

学生:最初は、パソコンに向っているイメージインターンシップで大きく変った。意識合せをおこなっていた。地道で大変だけど、コミュニケーションが大切なイメージをもっている。

津賀 ほぼあっている。残業代をはらわないということはない。(学生は)よくわかっている。

奥田 暗いイメージを言われるんじゃないかと覚悟をしていたが、そうでもなかった。残業代を払わない会社は今どきない。

西垣 学生さんも随分理解してくれる。残業代はきちんと払う。残業時間が長いという統計はない。3Kというのた大分改善されている。

司会 ここにいる10人採用したいですか。

津賀 採用したいかどうかはわからない。

奥田 全員採用でしょうね。

就職企業での活躍イメージ希望

学生:社内でのかけはし的なイメージ

学生:4年半前中国からの留学生勉強したことを生かしたい。日本語中国語、技術を生かしてブリッジエンジニアをやりたい。

学生:開発を担当したい。クリエイティブアイデアを技術を利用してかたちにしたい。

学生上流工程をしたい。下流工程プログラムを作る。上流工程で、お客様と対話したい。

司会:若いうちは、がむしゃらに働けという発言がいろいろな形で伝わって、すぐ重要仕事をやるのか、しばらくは試用期間。若いうちからがんがんの人は?学生さん挙手4人

西垣:ソフトを作る局面での活躍。4つにわかれる。1OSとかWeb系のミドルソフト、2エンタープライズ、3組み込み、4ゲームに分解。1、4天才的な才能の人はすぐに活躍できる、2、3はITだけの知識ではすぐに活躍できない。業務ノウハウが必要。どうしても勉強していかなくてはいけない。下流工程も必要。その後上流工程にいく。

奥田:ITではなく総合商社でやっていた。新入社員数年は下積みだった。今思えば、それが役にたっている。基礎的な経験重要

津賀:社内のかけはし、ブリッジエンジニアアイデアを形に、(学生コメントを聞いて)採用ですね。

IT将来性への期待。

津賀:技術の入れかえは必然だ。面白い時代だ。

奥田:技術革新があり、経営変革のニーズがある。

西垣:IT産業の変貌はまだまだ序の口。栄枯衰勢。MS、GoogleAmazon、社会に対する変革インパクトはすごい。人類の叡智で解決していくと思う。

津賀:企業は個人の集合体。個人を磨けば、会社がかたむいても活躍できる。

司会:外資系企業に就職の人は?

学生組み込み、効率化というイメージがある。標準化が下手。

津賀:DVDのフォーマットを作ってきたので標準化は下手ではない。ハードウェアと制御系のすりあわせは日本が非常に誇れる。ソフトウェアのすりあわせはそれほど上手くない。

経営者への問いかけ。

企業側が期待する人材。

奥田:向上心を持っている人材。好奇心。幅広い知識、常識

学生:基本的な技術を持っているのは当然というのは、どのくらいなのか?

奥田:社内スキル評価システムがある。ITパスポート資格なんかがわかりやすい。データベースに対して深い知識があるというのも大歓迎。

ITSSって知っている人、学生5人。

情報処理資格を持っている人。全員。

津賀:生物工学科出身なので、考える力コミュニケーション力、応用。知識つめこめなくてもいい。いろいろなタイプの人が欲しい。いりまじり。とがった人材。数学100点、社会5点でもいい。全科目90点とるというタイプ。両方ほしい。100/5点の人が少なくなっている。一つのことに興味をもったことに集中するのだ。そういう人が欲しい。

学生:理想として100/5点なんだけど、90点以上とるタイプかなと思う。見た目カッコイイけど、将来はどうかなと思う。100/5活躍できる場があるのか?

津賀:わたしはまがりなりにも社長になった。5点でも目をつぶる勇気。

学生:90点タイプ。5点とっちゃうと単位落してしまう。

西垣:キャリアパスの問題。社会がどのようにキャリアパスを用意するか。エンタープライズ系は平均的な人でできる。ソフトウェアは未踏、天才プログラマを掘りだした。天才はだ。リスクテーク。キャリアパス、日本では専門職で歩むのは細い。今までみたいに一生そこにいるというのはない。個人の能力を磨く。会社をかわるのも能力。

学生:専門能力は評価していただけるか?自分のよりどころが確立したとき。専門性をだれがどうやって評価するのか。

津賀:昔はいいかげんな採用最近マッチング採用学生時代やっていたことと現場が必要としている専門性マッチングする。技術者技術者のためにつくったスキル評価をやる。ITSS/ETSSなどをベースにしたものを作った。優秀エリートタイプなのか一芸タイプなのか、どちらを目指すか。

奥田:専門性スキル

司会:評価システムの透明度を高めること。

奥田:社内での評価もちゃんとする。社内的にも整備されている。

西垣:ITSS、IT技術を職種別に1〜7までわけてリファレンスモデル、それと情報処理技術者試験リンケージができた。3までははっきりできた。4以上は経験がものを言うので、情報処理学会と議論している。組み込みETSS、ユーザUISS。

司会:11職種、36専門分野。評価というよりもキャリアプランとして作られている。

若い時期に期待すること。学生時代に学んでおいて欲しいこと。

津賀:自分51歳、40歳くらいまで若い時期とする。経験してほしい。自分で実際なにかをやったこと、経験だけが、自分の財産。どれだけ経験をつめるか。40歳以上は技術者としての経験はつめない。人による。メカ屋は定年まで図面をひくけど、ソフト屋は難しい。

奥田:学生時代は専門分野の勉強は当然。語学力コンピュータサイエンスアメリカ発。早く吸収するには、語学力。国際的視野。グローバルスタンダード、世界を広くみる。学生時代には本をいっぱん読んでもらう。実践でためす。

西垣:ソフトウェア開発は規模が大きくなると難しくなる。ウォーターフォールモデルだけではできない。アジャイル開発。おたすけマン系のプロジェクトマネージャリーダーシップにふれて、人を動かすにはどうするかを体験すること。国際性。ソフトウェアは文化という側面を持つ。知的情報コミュニケートしないといけない。語学勉強が必要。

フリーな質疑応答。

学生:自分は博士課程までいっている。専門を高めたいから。専門性をいかせる場が狭くなってきている気がする。

西垣:日本で働く場は狭くなっている。全部米国製。日本にはない。海外に舞台がある。だんだんweb系進化している。ゲームが強い。ハードを含めた研究投資は頭が痛い。米国は国防予算が凄い。日本は急激なグローバリゼーションコストカットしている。基礎研究シビアな状況である。

奥田:博士課程まで行っている人の働く場はあると思う。OS、ネットワークの技術は必要。スーパーエンジニアと呼んでいる。世界に打ってでる。標準化あんまりうまくない。それを期待したい。

津賀:基礎研究まったくやっていないわけではない。材料とか、10年、20年やっている。ITはビジネスにつなげる。どの分野で勝っていくのか。詰み上げ。画像処理音声認識の比率は減っている。大学との産学連携をやっている。

学生人月神話を読んだ。ベテランだけでない新人をいれるのはリスクでは。

西垣:クリティカルなところは優秀な人だけを集める。SLA。コストをかけると信頼性があがる。日本の産業構造が多重構造。SLAが低いところは優秀ではない人もいれる。新人を育てながらやっていく。

奥田:SIは新入社員がはいってきて、育て、プロジェクトマネージャになってもらう。オンザジョブ。全員が優秀というのはありえない。業界の構造。チームもそう。社内の開発を標準化していく。だれがやっても品質を高めていく。

津賀:適正がある。新人でも即戦力になる。何年やっても合わない人もいる。

学生外国人世界中エンジニアをまねいて仕事をしなければいけないが、外国人エンジニア像は。

津賀:外国人いる。世界5極体制。かならずしも日本に外国人を呼びこむというわけではない。

奥田:来年採用の160人中9人外国人。多いに活躍する場がある。

西垣:オフショアで中国。ブリッジエンジニアが必要。

学生資格試験の取得にたいし企業の支援は?

奥田:人材は企業の財産スキルアップ投資をしている。日頃忙しい。機会を与える。ほとんどの会社は社員研修プログラムを持っている。

津賀:社内研修を持っている。

司会:みずからその制度を利用していってほしい。

学生ソフトウェア開発技術者資格の重さは?

西垣:IPAでも関心をもって処遇を調べている。給与、ボーナスでのご褒美。一時金が多い。

奥田:資格取得を奨励している。社内認定試験もある。

西垣:公的な資格と社内資格を同期をとるようになってきている。パナソニックの例。

学生:40歳以上技術者は難しいという意見があった。女性技術者少ない。女性技術者が40歳を越えたらどんなイメージなのか?

津賀:女性男性の区別はない。40歳以降は仕事にならないといったわけではなく、経験がものを言う。聞きかじりの知識だけでは仕事にならない。

奥田:女性管理職は2人しかない。新卒の2割は女性人口はどんどん増えていく。女性が長く勤めていなかった。

学生:忙しいイメージ

津賀:7時に簡単に家族と食事をとれない。ハードワークをさけるのであればパナソニックに勤めないでください。

奥田:超忙しいということはない。奴隷のように働かせるということはない。

学生業界全体として忙しいイメージ

西垣:就職するとき経営者の顔を見なさいとアドバイスしたい。相手をきちんと理解することが必要。

奥田:イメージ改善すべき点がある。へんな会社は行かない。

津賀:なんの問題もない。

司会:イメージがある。

学生経営者として話す機会がない。何をもって大丈夫かという判断規準がない。

西垣:フェースツーフェース。情報を取る努力が必要。

奥田:先輩に聞く。

--

メモの最速アップ。

IPAフォーラム、Mixi

小さく産んで大きく育てる。

情報システムとしてmixi
  利用者数1500万人
  月間ページビュー136.7億
    PCよりモバイルの方が多い。
  一日に投稿される日記100万件
  21人友達と繋がる

2008年第2四半期売上28億8300万、利益10億1000万、mixiが9割担っている

利用しているOSS linux apache mysql/memcached perl
開発50名くらい
ソフトウェア開発チーム、運用チーム(10人くらい)、ファシリティ運用チーム(10人くらい?)

サーバー2000台くらい

毎日15時定時リリース
  金曜日はリリースしない
大きなものから小さなものまで
コードレビュー、QA、実機テスト
数百台のアプリケーションサーバー

  アプリケーションサーバクラスタ
  データベースサーバクラスタ
  ストレージサーバクラスタ

一基盤から基盤の一部品へ
  2台構成から国内データセンターで運用開始
  2004年春からサービス開始
    敏感なユーザーからネズミ算式に急激に増えた

  ユーザ数の急激な増加
  多数の生涯や過負荷状態
  システムの負荷対策が急務

  2005年春くらいから抜本的な対策へ

  Level 2 database cluster

  ユーザーごとに計算機資源を分配
  負荷状況に応じた分配比率の変更
  計算機資源を無停止で追加・交換
  二重化と局所化
  制限無く計算機資源を追加できる

  簡単に運用できるようにしたかった

  2005年3月末までに対応した。3週間でやった。

  日記から始めた。50万ユーザくらい。1000万ユーザをみこしたシステムにした。

Image Storage Cluster

  写真データ。一日数GB増加していた。(2005年春ころ)
  配布はコピーで対応できると思った。
  日記の特性をよく理解できていなかった。キャッシュを利用していた。

  日記の特性、投稿した瞬間アクセス増える。あとはほとんどない。キャッシュしても意味がない。

  イメクラ

  ストレージ容量を無停止で追加・交換
  安価なHDDを積んだ複数のサーバ
  位置情報はMySQL
  アップロードとダウンロードの負荷集中を回避
  制限無く記憶領域を拡張できる

システムのスケーラビリティが重要項目
  新しいサービスはあまりなかった
2007年くらいからサービスを充実

  段階的に投資できる
  少々壊れても大丈夫

  実際にやってみないとわからない

自由度・選択肢を確保する

毎日改善。自分達でどうにかする。

自分達で造る旨味
  毎日リリース
  日中の業務時間でのサーバ保守
  緊急性の緩和
  必要に応じた段階的な投資

OSSを部品として利用する

変遷する趣向への対応
確実なトラブル対応
ナレッジの蓄積
パターン化による保守コストの軽減

情報サービスの確信部分をシンプルに構築
データマイニングなどのサブシステムを必要に応じて別途アドオン
  5.6人で任意の人と繋がる

東京キャビネット
memcached

OSSは技術よりも対話
  人間がソースコードを作っている。
  人と人とのコミュニケーションとれる人が必要

大学生
  資格ではなく対外的活動をするように勧めた
  OSSなんてとんでもなく高度な作業と思いこんでいる。

2008年度日本OSS貢献者賞授賞式

始まりました

f:id:hyoshiok:20081028154241j:image

選考の経緯。50名の候補。厳しい規準。第一次選考は浜野さん(リナックスアカデミー)の選考委員会で13名に絞った。最終審査で4名を選考した。



f:id:hyoshiok:20081028181913j:image

びぎねっとで盛り上がってます。

f:id:hyoshiok:20081028202406j:image

f:id:hyoshiok:20081028181913j:image

ひろひろ 2008/10/30 09:22 >7時に簡単に家族と食事をとれない。
>ハードワークをさけるのであればパナソニックに勤めないでください。
これは経営者としてどうなんでしょう?
改める気はさらさら無いようだし。
経営者である以上、自社のことのみでなく、
社会に与える影響も考慮してほしいように思います。

F2F2 2008/10/30 18:56 >これは経営者としてどうなんでしょう?
正直だと思いましたが。
私の経験上、19時に家族と食事を取れる人は
・単価の安い人
・時差出勤している人
・人に仕事を押し付けている人(協力会社って便利ですよね)
・極めて優秀な人
です。
過当競争を止めない限り、家庭を大切にした生活なんて無理です。
個々人が、値引き・サービスの要求を止めるところから始めましょう。