未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-12-14

OSC2008福岡に行ってきた。

前夜祭に出るために前泊し、懇親会に出るために土曜日も泊るというスケジュールを組み、OSC2008福岡に行ってきた。

http://www.ospn.jp/osc2008-fukuoka/

出張!イケテルビジネス勉強会OSC Fukuoka

出張!イケテルビジネス勉強会OSC FukuokaというRBC (Ruby Business Commons)がやっているセッションに、まづ参加した。土曜日の朝一だし、どれでも良かった(失礼)のだけど、先日楽天テクノロジーカンファレンスの最首さんのセッションで紹介していたRBCを聞くことにした。やっぱしRBCセッションは福岡じゃないとなかなか聞けないので、どーせなら、東京で聞けるものよりローカル色(?)が強いものを選らびたいなどと思ったのである。

会場の教室に入るときに、名前を登録するのだけど、なかなか土曜日の朝一にもかかわらず参加者が多い。名前を記すところに番号が書いてあって、それが班の番号だという。班?何、それ、食べもの?ときょとんとしていると、単なるセミナー形式のセッションではなく、ワークショップをやるという。がびーん(死語)、心の準備できていません。勘弁してほしいと思ったのであるが時、既に遅し。ま、しょーがないか。なるようになれ、ということで第7班に合流した。

RBCの簡単な紹介を最首さんがしたあと、ワークショップがはじまった。第7班はわたしを含めて4人。簡単な自己紹介(名前を言う程度)のあと、ミッションステートメントが配布された。偶数班と奇数班にわかれてビジネスゲームをするというのが今回のワークショップである。売上が伸び悩むフレンチレストランという設定で、奇数班(われわれ)は従業員偶数班はオーナーに依頼されたコンサルチームである。ミッションステートメントには、その設定の詳細が記されていて、15分間で各班で、どのような対策をとるかを議論し、その後、従業員チーム、コンサルチームで交渉をするというものである。

朝一からいきなり頭をフル回転する必要があった。しょへーーー。という感じである。どのように売上を伸ばすか、そもそも売上が頭うちの原因は何なのか。それを15分間で、あーだこーだ、話あった。詳細はがさっと省略するが、それほどのり気ではない感じで参加したのであるが、それでも実際皆でいろいろ議論をしていくのは面白いし、それなりに発見があった。やってみて面白かったというのが正直なところである。何事もやってみないと判らないものである。

いきなりフレンチレストランの現場に放り込まれたような感じではあったが、こーゆー感じの勉強会があっていいなあと思った。自分にとっては初体験ビジネス勉強会であった。Rubyのルの字も出てこなかったけど。

学内にある、モスバーガーでお昼をとって、会場でうだうだしたあと、勉強会勉強会乱入した。

勉強会勉強会

勉強会勉強会セッションに出た。このために福岡に来たようなものである。OSC 2008 Tokyo/Fallで勉強会大集合をしたときの自らのベンチマークとして、勉強会勉強会を試してみる人が出たら成功の指標としようと考えていたので、今回福岡で勉強会勉強会が開催されたので、最初のハードルは達成したことになる。(万歳)

福岡には、というか福岡にもいろいろな勉強会があって、4分間の自己紹介的LT (Lightning Talks)のあと、パネルディスカッションというOSC 2008 Tokyo/Fallでの形式を踏襲(?)して橋本さんの司会のもとおこなわれた。

最速な報告が勉強会勉強会@OSC 2008 Fukuokaに行ってきたにある。すごいすごい。リンクもあるので参考にしてほしい。

個々の自己紹介感想ではなく、福岡勉強会勉強会全体の感想を記す。

LTとパネルを聞いて、福岡という地域の地理的なサイズや人口などが勉強会という仕組みといいバランスを持っていると感じた。東京人口が多いので、勉強会テーマがどんどん細分化し、ニッチ化していく。内容もどんどん先端化してく。技術技術で、どんどん細分化していく。それはそれで良いのだが、もう少しクロスオーバーな話題をクロスオーバー参加者で議論したいと思う。20〜30人規模の勉強会であれば、それも可能だと思うが、東京でそのような勉強会を開催するのは、人が多すぎて逆説的ではあるが、難しいような気がする。参加希望者がすぐ定員オーバしてしまうし、大きな会場をおさえて100人を越えるような大規模イベントでは濃い議論というのは難しくなる。それを、博多規模の都市だと、Webデザイナとプログラマが同じ勉強会でわいわい議論をしている。特に言語の縛りもなくかろやかにクロスオーバしているような感じである。さらに職住接近で、終電を逃しても2000円程度で帰宅できて、飲み会でがっつりとことん議論するというのも可能である。東京では終電を逃がすと大変なことになるので11時過ぎには大抵お開きになる。重要な議論は飲み会でなされる。

福岡だけではなく札幌でも同様な勉強会の横断的コラボレーションがはじまっていると聞く。地方都市が地方都市の魅力を生かした地域振興をそれぞれ図っているような印象を持つ。単に東京コピーではない、独自性と普遍性を持つというのは本当に素敵だなと思った。

地域、行政、企業、個人のコラボレーションのサイズが大きすぎることもなく小さすぎることもない。美味しい食べ物と暖かい人々。職住接近。勉強会勉強会はいろいろな事を教えてくれる。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20081214/p1