未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-06-07

[metacon2009] 勉強会カンファレンス2009を開催した

勉強会カンファレンスを開催した。

きっかけはIT勉強会カレンダーだ。https://www.google.com/calendar/embed?src=fvijvohm91uifvd9hratehf65k%40group.calendar.google.com

たった1年で勉強会主催者がこれだけ集まってカンファレンスができるような状態になった。これは、日本という地域の閉塞を打破する何かを感じる。人を動かす何かがある。

わたしがこのカンファレンスを開催したいと思った動機は

価値を広く知ってもらう方法論(マーケティング)がかけているように感じる。自分自身がその価値を伝えきれていないもどかしさを感じる。参加している人は体験しているのだが、参加したことがない人、知らない人には、まったくと言っていいほど勉強会価値は伝わっていない。

勉強会価値を明示的に表現することによって、それが少しでも広がればいいと思う。明示化(暗黙知から形式知へ)することによって、さらに勉強会価値が高められるような気がする。その方法論を模索したい。

今回勉強会カンファレンスを開催し、twitterでのライブなつぶやきなどが聞けたのがちょっと新しい情報発信方法かなと思った。ブログなどでの感想を楽しみにしている。タグはmetacon2009

また、リアルに会って、懇親会でビールを飲みながら会話をしてネットワークを作るという、バーチャルだけではない情報交換をする。その価値についても語った。飲み会の第一法則、第二法則というのも議論したし。

懇親会大会議も楽しかったなあ。Pokenもしたし。いろいろな意味伝説カンファレンスになったと思う。


最後になったが、会場を提供していただいた、日本オラクルの伊東さん、玉置さん、佐藤さん、皆さん、そして参加していただいたすべてのみなさん、ありがとうございました。

t2y-1979t2y-1979 2009/06/07 11:49 午後からの参加でしたが、とても楽しかったです。
主催者それぞれの想い想いがあって「やりたいことをやっているだけ」なんだなと見てました。あとは好奇心かな。
1つ苦言を申し上げると「伝説の」というには仕掛けが足りなかった気がします。言葉には重みがあるので、下手に高価な言葉を使ってしまって、実情がチープだと、所謂、名前負けになってしまう気がします。そういう意味でマーケティング論は、もう少し、体系や仕掛けがかっちりしてからなのかなと思いました。