未来のいつか/hyoshiokの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-04-17

ゲーデル、エッシャー、バッハの薄い本、その2を #技術書典 に出品する

ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版」という20世紀古典読書会をゆるゆるやっていて、その読書会仲間と、同人誌を昨年の秋に作った。*1*2

そして、4月22日、秋葉原UDX アキバ・スクエアで開催予定の技術書典に同人誌ゲーデル、エッシャー、バッハ薄い本#2」を出展する。

ゲーデル、エッシャー、バッハ」とは一体なんなんだ。読んだ人それぞれ勝手なことを言って結論は出ないのだけど、読書会でワイワイ議論しながら読むのが楽しい読書会醍醐味みたいなものであるあまつさえ、それだけでは物足りないのか、同人誌まで作ってしまった。最初に作った同人誌ゲーデル、エッシャー、バッハ薄い本」を2017年秋に開催された、技術書典というイベントに出したところ準備した100部を1時間弱で完売した。入手できなかった人たち申し訳ございません(ぺこり)

今回、売り切れた薄い本#1と書き下ろし薄い本#2を出展する。

薄い本#2はダグラス・R・ホフスタッターさんからメッセージ、30年以上前の日本語版編集者へのインタビュー10から15章までのヒッチハイクガイド、そのほかゲーデル、エッシャー、バッハ(GEB)を題材にした漫画などなど盛り沢山だ。

結局GEBとはなんなのか。

自分の回答は「生命のない物質から生命のある存在がどのように生まれるかを述べようとする個人的な試みだ」というものだ。石ころと「自分」の差はなんなのか、それを描いている作品なのだ。

GEBとは何か、その問いに答えるためにはGEBを読む必要がある。700ページを超える大著(約1000グラム)だし、一人で読むのは大変だ。そのおともに薄い本を利用して欲しい。薄い本を読むとGEBを読みたくなる。GEBを読むと薄い本を読みたくなる。そのような補完的な関係を持つように作った。

技術書典でぜひ手にとって欲しい。

https://techbookfest.org/event/tbf04/circle/15520001

日時 2018/04/22 (日) 11:00〜17:00

場所 秋葉原UDX アキバ・スクエア

主催 TechBooster/達人出版会

一般参加 無料

奮ってのご参加、お待ちしています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20180417/p1