表具師かっぱの「脱 三日坊主 宣言!」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年09月01日(金) 今日の出来事

[]二百十日

今日から新暦の9月です。昨夜の雨で急に涼しくなって、8月の暑さが嘘のようですね。

さて、9月1日は立春*1から数えて210日目*2で、本格的な台風シーズン到来の日です。今もハリケーンから変わった台風12号*3がウェーク島近海にあり、日本近海に向けてジリジリと迫ってきています。来週の後半、台風の集中日である二百二十日(新暦9月10日ごろ。)までには上陸もあるかも知れませんね。

秋の展覧会シーズンに向けて、掛軸等、表装の仕事が多くなるのですが、お天気との兼ね合いで、これからスケジュール調整がたいへんになります。今年は梅雨の長雨に悩まされたので、秋にはもう悩みたくないなぁ……。

[]告知!

今年も例年のように兵庫県表具内装組合連合会主催の表装美術展が9月末に神戸で開催されます。詳細は以下のとおり。

第35回 表装美術展

開催日時:
平成18年9月26日(火)〜27日(水)
両日とも:午前10時〜午後5時
会場:
兵庫県民会館 県民アートギャラリー(2階)
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4−16−3
TEL: 078-321-2131 FAX: 078-321-2138
※ 入場料は無料です ※
主催:
兵庫県表具内装組合連合会
併催:
第33回 青年技能者技能競技大会
平成18年度 兵庫県表装技能訓練校作品展
イベント情報 (宏精堂 家門表具店)

出展予定の作品は現在制作中ですが、うちのお店からは5幅*4出展します。興味のある方は会場までお越し下さい。(僕は27日の午後には確実に会場にいます。)

[]増裏打

昨日、裂の肌裏打をしたので、今日は本紙と裂に増裏を打ちます。例によって詳細な作業手順は4年前の日記(Part2)を見て頂くとして、ちょこっとだけ補足をしておきますね。

4年前よりも腕は上がってるので、美栖の薄口や極薄の扱いもそれなりに上手くなりましたが、やはりどうしても必要な場合を除いては使いたくないというのは変わっていません。(弱気) ただ、今回はどうしても必要だったので薄口の美栖を使いました。

あと、増裏の工程で迎え水を打つ事があると書いていますが、それは正麩糊を使って裏打の乾燥に数週間かけるような場合だけで、化学糊を使い短期間で仕上る時はほぼ全て乾打(からうち)です。今回は化学糊を使っているので乾打にしました。

そしてもう一点、増裏の時の仮張りは本紙も裂も表掛けにする事が多いです。それは、本紙は肌裏の時と同じ理由なのですが、裂の場合、柄物で中廻しの柱のように長い裂は、仮張りに張り込む時に柄が真っ直ぐに通っていないと仕上がりが悪くなります。もちろん、肌裏を打つ時に柄は通してあるのですが、増裏を打って張り込む時に歪むと修正が効かなくなるので、微妙なずれをここで修正する為にあえて表掛けにするのです*5。今回は特にずれると格好悪いので、全て表掛けにしました。ただ、表掛けにすると、裏掛けした時に比べて乾燥に若干時間がかかるのと、何かに擦れて裂に傷が付く虞があるので扱いに注意が必要になります。

増裏を打ったので次は付け廻し*6ですが、今回の掛軸は細長いので、しっかり乾燥させるために次の作業は週明け4日(月曜日)からの予定です。

*1新暦の2月4日

*2閏年は8月31日が210日目です。

*3:東経180度(日付変更線)を境に西側にいると台風、東側にいるとハリケーンになります。

*4:5幅の内、僕は競技大会に1幅、訓練校作品展に1幅出展します。

*5:ただし、このあたりの細かい事はお店によって違うかも知れません。

*6:ストーカーじゃないよ。(笑)

岡P岡P 2006/09/11 15:39 有馬以来ですねー!あん時はほたえすぎてしばらく筋肉痛でしたわ( ̄▽ ̄;)
「第35回 表装美術展」行かせてもらいます。27日ですね?
あとでいきますか?( ( ( ´o`)ロ <(ウップ)

hyougushihyougushi 2006/09/18 20:19 岡Pさん、お久しぶり〜♪ 有馬温泉、楽しかったですね。
そうです、27日(水)です。お待ちしてます。(u_u)
終わってから飲みに行きたいんですが、僕は搬出でうちの支部の作品を預かって帰らないといけないので、一度、宝塚まで帰らねばなりません。
改めて神戸に出て行くのは可能なので、20時頃スタートで構いませんか?

岡P岡P 2006/09/20 15:09 あっちゃースミマセン
その日の夕方はスタッフの送別会が入ってしまいました(T△T)
飲みはまた今度ですね。
でも「第35回 表装美術展」は見に行かせてもらいますよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyougushi/20060901