表具師かっぱの「脱 三日坊主 宣言!」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014年12月03日(水) 今日の出来事

[]チラシ業者には負けないぞ!

今朝の新聞に、激安価格で襖や障子を張り替えると宣伝している畳屋さんの折り込みチラシが入っていました。

で、今日の午後に見積もりにうかがう予定のお客様からキャンセルの電話が入りました。まだ見積もりもさせてもらってないのに……。(泣)

うちの店はサイト上に価格を掲示していませんし、新聞広告や折込チラシで「激安」価格を謳っている業者さんに比べると、もしかしたら高いのではと思われたのかも知れませんね。でも実際はそんなことないんですよ。

価格を掲載していないのは、数字だけが独り歩きするのを防ぐためです。

使用する紙の種類や施工方法によって襖・障子の新調や張替の値段は異なります。お客様から電話でお問い合わせいただくことが多いのは最低価格ですから、もちろんお答えいたしますが、電話でお話しできる情報は限られるので、基本的には御訪問のうえ、商品説明をさせていただいて、正確なお見積りを出させていただいています。実際に紙の見本を手に取って御覧いただき、商品の長所や短所を含めた特質および施工方法について説明させていただきますし、詳細な見積もりと納期についても説明させていただきます。この段階でお断りいただいても、出張や見積に関する料金は発生しません。見積もりは完全無料で承っております。

また、よほどの遠方でないかぎり配達料もいただいておりませんし、当然のことながら取付料・調整料の類は一切いただいておりませんので、見積料金から追加が発生することはありません。詳しくは当店の張替え、修理のご依頼から納品までの流れを御覧ください。

激安広告業者に実際に注文すると、広告などに掲載されている価格の他にも隠れた費用がかかり、トラブルになったケースも消費者センター経由で組合事務局に入っています。そういったトラブルを避けるため、価格だけで判断せず、なるべく複数のお店で商品説明をお受けになったうえで見積もりを取られることお勧めします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyougushi/20141203