平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-07

[][]北村薫『盤上の敵』(講談社文庫22:21 北村薫『盤上の敵』(講談社文庫)を含むブックマーク

盤上の敵 (講談社文庫)

盤上の敵 (講談社文庫)

我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子人質にされた。警察とワイドショーカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム! 末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか?誰もが驚く北村マジック。 (粗筋紹介より引用

小説現代別冊『メフィスト』に1998年5月〜翌年9月まで5回連載された作品に加筆修正を加えたもの1999年9月講談社より単行本が刊行。2001年10月、ノベルス化。2002年10月文庫化

タイトルエラリー・クイーン『盤面の敵』からによる。


出版された当初から話題になっていた、ノンシリーズ長編作品。当時、北村作品は全て単行本で購入して読んでいたはずなのに、なぜか買うのをためらった作品だった。今回初めて読んでみて、その理由がやっとわかった。面白くないという直感が働いたからだった。

作者がノベルス版で「今、物語によって慰めを得たり、安らかな心を得たいという方には、このお話は不向きです」と断っているとおり、これまでの北村作品では有り得ないような、救いようのない悪意を持つ人物が登場する。確かに読み終わっても、思い出すだけで嫌になるような人物だ。そういう点でも「読まなければよかった」と思わせるような作品ではあるのだが、本作品で面白くなかったのはその点ではない。

粗筋紹介で書かれている「北村マジック」が、私には全く感心できないものだったのだ。

本作品は、白のキングである主人公が、白のクイーンを救い出すべく、色々と動く作品である物語は、白のキングの行動と、白のクイーンによる回想が交互に並べられ、キングクイーンの話から、“盤上の敵”が鮮やかに浮かび上がってくる。その手法や構成、最後の“北村マジック”に至るまでの手腕はすごいと思う。ただ感心しないのは、事件発生に至る偶然性や後始末はどうするかといった点も含め、都合がよすぎるとしか思えないところだ。将棋の例えで言うと、相手(読者)は普通に並べているのに、自分(作者)だけ都合の良いように駒を配置し、さらにそれを目隠し将棋よろしく隠しているところである

そんなことを言ったら、どのミステリでも一緒じゃないの、と言われそう。だが普通本格ミステリなら「あっ、やられた」と膝を打つのだが、本作品は「何だよ、これ」と呆れてしまったのである本格ミステリが100%フェアでなければいけないというつもりはないし、叙述ミステリならほとんどは作者の都合に合わせて書いているだろう。そんなことは十分わかっているのだが、それを抜きにしたところで全く感心しなかった作品だったのである。なんだろうね、この読後感。まあ、少なくとも本格ミステリじゃないでしょう。「論理的」謎解きなんかないのだから

ということで、多分本能でこの作品を避けていたのだろうなあ。そのまま従っていればよかったのに……と今更ながら後悔。いや、ほとんどの人が絶賛している(ですよね)作品を、こんな感情的なことで貶すのもどうかなあ、と思うんだけど、そういう読後感なのだから仕方がない。だまされたという爽快感のかけらもない作品だった。

[]阿佐吉広被告上告審判決期日ってもう指定されたのか? 22:21 阿佐吉広被告の上告審判決期日ってもう指定されたのか?を含むブックマーク

光市母子殺人事件の元少年被告は簡単に判決期日が指定されて報道されたけれど、阿佐吉広被告判決期日が決まったという報道は未だに見つからない。昨年の12月20日弁論だから、とっくの昔に指定されているはずなのだが。無罪主張やそれを裏付ける新証言が出てきたこともあり、それなりに注目されているはずだから、期日が決まったら報道されないはずがない。まさかまだ決まっていないのか? 判決でもめているのか? もっとも、差し戻された森健被告のケースでは、最高裁弁論が3月26日で、判決4月27日正月を挟むかどうかの違いはあるが、やはり弁論から1か月程度で判決が出るのが普通。うーん、何かあるのだろうか。

[]今日は北方領土の日 22:21 今日は北方領土の日を含むブックマーク

今年は国会が開かれているからか、全然話題に上っていない。日本政府として、それでいいのか。

けいけい 2012/02/08 17:44 お久しぶりです。
昨日、安承哲被告の求刑があったはずなんですが、報道されていないでしょうか?
恐らく無期求刑だと思うのですが、今のところ記事が見当たりません。
期日の変更があったか問い合わせたのですが、あとは13日の判決のみだそうです。
発生当時はかなり大きく報道された事件だと思うんですが…裁判の報道はこんなものでしょうか。
死刑の求刑の可能性もあるのではと思っていました。

最高裁といえば、謝依俤被告も依然として期日が指定されていません。
証拠品の一部紛失が影響しているのでしょうか…
後藤良次被告や影山博司被告が長引いているのも気になっています。

hyouhakuhyouhaku 2012/02/08 22:00 安承哲被告はもう裁判が始まっていたんですね。気が付きませんでした。それにしても1月16日初公判で、昨日が求刑ですか。件数が多いせいか、ちょっと長いですね。私も死刑求刑の可能性があるんじゃないかと思っていましたが、報道がないところを見ると無期求刑っぽいですね。大阪地裁じゃなかったら求刑死刑もあったんじゃないでしょうか。

謝依俤被告は明らかに紛失が影響しているのでしょう。後藤被告や影山被告もそうですが、私としては中村国治被告がどうなったか気にかかります。ご本人には申し訳ないですが、個人的な心象は黒に近いんですけれどね。

ところで、藤川雅己、鈴木勝明、岡田浩幸、矢野裕一の各容疑者はどうなったかご存知でしょうか。

けいけい 2012/02/08 23:28 気になっている事件(主に死刑求刑が予想される事件等)はちょくちょく期日を問い合わせています。
藤川・鈴木・岡田・矢野各被告は起訴されていますが、1か月くらい前に問い合わせた時点では期日は入っていませんでした。
中村被告は棄却なり弁論なりがあれば報道があると思うので確認はしていないです。一審判決でも「シロではない。灰色かもしれないがくろとは断言できない」といったようなことを言っていましたね。

あと、八王子の警備員刺殺事件の容疑者がどうなったのかも気になってます。まだ精神鑑定中でしょうか。

zzzzzz 2012/02/09 22:32 >阿佐吉広被告の上告審判決期日
個人的には「結論を出していない裁判官がいるから遅れている」と思う。
それまでは「死刑判決上告の口頭弁論が指定されれば、裁判官の間で結論は決まっているもの」と思ってたけど。

>八王子の警備員刺殺事件
2011年9月25日の61歳の警備員が刺殺された事件なら、
2012年1月20日に56歳の無職・坂本正利が殺人と銃刀法違反の罪で起訴されている。

けいけい 2012/02/10 08:22 >zzzさん
ありがとうございます。起訴されていたんですね。

けいけい 2012/02/10 12:11 阿佐被告は問い合わせましたが期日は入っていませんね…
岩森被告は3月2日15:00判決です。

shunshun 2012/02/11 01:13 はじめてコメントを書かせていただきます。よろしくお願いします。

阿佐被告の件はおそらく何人かの裁判官が差し戻しするべきだと言い張って譲らないのでしょうね。僕個人としては差し戻しにするべきだと考えています。

通常、口頭弁論を経て結論を出したら即、判決期日指定ということなのだと思います。オウムの事件なんかは判決期日指定がかなり早かった気がします。

けいけい 2012/02/11 08:25 >shunさん
はじめまして。
現段階では上告棄却を主張する裁判官が多いのでしょうか。
差戻しなら多数決でもできますが(森被告がそうでした)、死刑を確定させるとなると全員一致が慣例となってますし。三鷹事件の反省からでしたっけ。
渡邉清死刑囚や晴山廣元死刑囚も、最高裁の裁判官の間で意見が割れて長期化したと聞きますね。

zzzzzz 2012/02/11 11:59 >阿佐被告の件はおそらく何人かの裁判官が差し戻しするべきだと言い張って譲らないのでしょうね。
この裁判は第三小法廷だから、メンバーは大谷剛彦(裁判官)、寺田逸郎(裁判官)、那須弘平(弁護士、2月11日以降は大橋正春)、田原睦夫(弁護士)、岡部喜代子(大学教授)だったっけ。

hyouhakuhyouhaku 2012/02/11 22:39 いつの間にか、どんどんレスが進んでいます……

>けい様
色々と教えていただき、ありがとうございます。渡邉清死刑囚なんかは裁判官の間で意見が割れて長期化したのは有名ですが、口頭弁論を行うようになって以降では初めてのケースでしょう。

>shun様
はじめまして。以後、よろしくお願いします。
可能性としては、田原睦夫裁判官でしょうか。君が代起立訴訟(東京、広島)、福岡3児死亡飲酒事故、安田弁護士の強制執行妨害事件や、三菱自動車製トレーラーのタイヤ脱落事故の最高裁判決でも、反対意見を述べております(あれで科学的検証が不十分というのかと首をひねってしまいました。資料はよく読んでいませんが……)。

>zzz様
裁判官はそれであっていますよ。私も口頭弁論が開かれるときというのは、すでに判決日が確定しているものと思っていましたが。今回は、有罪の中心となる証言が翻ったのですから、差し戻し意見が出て当然かも。もしくは、検察側が新証言に対して「改めて意見を述べる」と言っているので、その意見がまだ出ていない可能性もあります。もっとも、裁判から1か月以上経っても意見を述べられないようでは、それこそ問題でしょうが。

特亜消尽特亜消尽 2012/10/17 00:10 コメント始めまして。
>2004年9月16日、山梨地裁は
この事件の備考欄の一審部分に誤を発見しました、山梨と入力されてます。

hyouhakuhyouhaku 2012/10/20 19:58 ご指摘ありがとうございます。修正しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouhaku/20120207