平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-18

[][]ピエール・ルメートル『悲しみのイレーヌ』(文春文庫23:29 ピエール・ルメートル『悲しみのイレーヌ』(文春文庫)を含むブックマーク

異様な手口で斬殺された二人の女。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を開始するが、やがて第二の事件が発生。カミーユ事件の恐るべき共通点発見する……。『その女アレックス』の著者が放つミステリ賞4巻に輝く衝撃作。あまりに悪意に満ちた犯罪計画――あなたも犯人の悪意から逃れられない。(粗筋紹介より引用

2006年、フランスで発表。コニャック・ミステリ大賞他4つのミステリ賞を受賞した。2015年10月翻訳刊行


『その女アレックス』が大評判となった作者の処女作、かつシリーズ第1作。いわゆる謎の犯人による連続殺人事件にフランス司法警察のカミーユ警部チームが立ち向かうが、ル・マタン紙の記者であるフィリップ・ビュイッソンが捜査の内情をことごとくスクープし、カミーユ達を悩ませる。連続殺人事件のつながりがようやく明らかになり、しかも過去にも殺人事件を起こしていたことが判明。必死の捜査で犯人にたどり着くカミーユだったが、悲劇が待ち受けていた。

ということで、前作を読んだ人ならどういう悲劇かはわかっている。なんでシリーズ2作目から訳すかなあ……と言いたくなる。それにしても、この邦題はないだろう。原題はTravail soigne。日本語タイトルとは別の物だ。多分出版社主導で付けたのだろうが、ここまでひどいタイトルも初めてだ(こう書く理由は、読めばわかる……って、バレバレだが)。あと解説だが、4つの賞を受賞したというのなら全部記載してほしいものだ。

出版社悪口はここまでにして中身の方だが、これがまた面白いカミーユ警部チームの刑事たちのキャラクターは際立っているため、警察小説としての面白さがある。また、謎の犯人による連続殺人見立てがいい。これはミステリファンならもっと喜ぶんじゃないだろうか。ストーリーもいいし、テンポもいい。殺害方法がかなり残酷なので、読んでいて不快に感じる人がいるかもしれないが、正直言って私はその辺は多少読み飛ばしながら読んでいたので、そこまでの嫌悪感はなかった。

それにしても、最後の後味の悪さは強烈。被害者がどうなるかわかっていたから、この程度の衝撃で済んだが、何も知らずに読んだら投げつけていたかもしれないなあ。そういう意味では、読者のトラウマを抑えるために、先に二作目を訳したのか? まあ、さすがに勘ぐりすぎだが。

『その女アレックス』よりもまずはこちらを先に読むべき。連続猟奇殺人を扱っているから、そういうものが嫌いな人には飛ばし読みをすることをお勧めする。ただ、読んで損はしない。

insectinsect 2017/01/20 19:37 工藤会事件、いよいよ捜査も佳境を迎えたかもしれません。
(死者が出ていてかつ残っているのは極政組組長射殺事件と北九州市漁協組合長射殺事件)

逮捕された12名のうち2名以外は田中組というだけで名前も出されてないですね。
そのまま起訴されれば死刑求刑の基準は満たすことになります。

(末端かつ自供組の和田被告でさえ20年求刑なので無期以下は想定し難い)

hyouhakuhyouhaku 2017/01/22 22:03 工藤会絡みは、まとめる自信ないですねえ。誰がどの事件に関わっているのかこんがらがってきます。複数の罪で捕まっているケースも多いですし、気が付いたら不起訴になっているケースもありますし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouhaku/20170118