漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■山田:週二回■■■
■■■相馬:週二回■■■
■■■茂木:週一、二回■■■
■■■スタッフ:週一、二回■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2006-01-31(火) 晴れ

[][][]やる気なんて出ない出ない やる気なんて出ない出ないを含むブックマーク

■強弱無視の第一主義と聞いて俺が思い出すのは「やる気」ですな。訪問の子らもよく「やる気出ない〜」なんぞと言ってますが、じゃあ、「やる気」のあった瞬間て今まで生きてきた中で、一体どれくらいあったのか。そんで、そのときは何がどれくらいはかどったのか。やる気はあったけど上手くいかなかった、とか、やる気はなかったけど案外進んだ、とかいろいろあるはずなのに、そういうことが全部抜けてるんだよね。そんで「やる気」が出ないから出来ない、という思考"だけ"になってる。

■「やる気」なんて、しょせんひとつの要素でしかない。なのに、それが全てのような考え違いは気に入らない。そういう「やる気」偏重は、どうして「やる気」が出ないんだろう、なんて余計な悩みも生む。みんなそうそう「やる気」で動いてなんかいないよ。「諦め」とか「やけくそ」で動くことだって結構ある。「動機」や「モチベーション」と言われるものと「やる気」は別物と思う。人生、「やる気」なんぞないときの方が普通、なくて当たり前、くらいに考えておけばいい。ま、そう言いながら俺も「やる気出ね〜」とよくサボっているのだが。

■♪やる気なんて出ない出ない/やる気なんて出ない出ない/やる気なんて出ない出ない出ないよ出ない出ない/やる気なんて出ない出ない/やる気なんて出ない出ない/出ないじゃ済まされないんだけど/なぜ/なぜ出ないの〜/魂の抜け殻だぜ〜(「無気力讃歌」びっくりしたな、もう)

訪問は4件。1月今日で終わりなのでした。市内のあちこちで大規模な排雪が行われている。道が広くなって、少しは走りやすくなるだろうか。

■書き忘れ。選抜甲子園の出場チームが決まったとのニュース。今大会の入場行進曲は「青春アミーゴ」とのことだが、あの歌って「地元じゃ負け知らずの俺たちだったけど、憧れの地にやってきたら負けちゃった」って歌じゃないの。あまり甲子園にはふさわしくないような気がするんだけど。もっとも、「無気力讃歌」よりゃいいが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060131

2006-01-30(月) 曇り。暖かい

[][]好きなこと第一主義 好きなこと第一主義を含むブックマーク

■暖かく道がざくざくになった。夜には寒くなり今度はつるつるに。心臓に悪いよ。そんな中、訪問は四件。

学習支援で英語をしている。アルファベットに慣れるために、まずローマ字の練習。今日で二回目だ。小学校で少しやっているので大文字は大丈夫だが、小文字が入ってもひっかかりなく書けるまで練習する予定だ。ここでアルファベットを単語として分かち書きできるようにしておくと、英語に移行した時も楽になるので、じっくりいこう。もう一つ身につけてもらうことは、音の分析だ。ローマ字の組み立てから、母音と子音の存在とその聞き分けをできるようにしておく予定。これができた段階で、フォニックスに移行しよう。

■「好きなことがみつからないので、○○しない/できない」といった話しを聞くことがある。好きなこと第一主義とでも言おうか。これが嫌いだ。「好きなことは□□です」なんてこと、余りにも漠然としているじゃないか。たとえば「好きなことは料理です」としてみる。料理に関連することなら何でも好きなのか。三国シェフのおひげまで好きなのか。美味しんぼなら毎日全巻読めるのか。「そんなことあるわけないじゃないか」と思った人いますか。ぼくもそう思う。ある一つの名詞や一文程度で表すことのできるものは、めったやたらに広い範囲を示すことが多くて、本当に心から好きだと言えるものはそんなに大きな物事じゃないだろう。それに、何かを好きか嫌いかなんて、日によっても体調によっても違ってくるような不安定なものだ。

■またたとえ話にするが、異性と付き合ったことのある人は「あなたは私のどこが好きですか」と聞かれたら自分がどう答えるか想像してみるといい。付き合い始めの頃は「もう全部」とでも答えたくなるだろう。或いはどう答えていいやら迷うだろう。付き合いが長くなれば「□□なところ」という具合に幾分か限定することができるようになってくる。それは、自分の「好き」に強弱があることを自覚してきたということだろう。好きなこと第一主義は、その強弱を抱えて生きることを否定してしまう。話しは飛んでしまうようだが、ぼくはこの点に学校の持つ論理との共通点を感じている。みんなといつも楽しく過ごしていこう、人をいつも思いやる優しさを持とう、常に自分を鍛えていこう等々、「学級目標」みたいなものは全て強弱を許さない。物事はできる時とできない時があって、できることはほんのわずかなことでしかない。なのに、できない時は自分を責めるようにしていく。その結果、細かいことを無視して行動してしまう人間や小さなことができないだけで屈辱を感じる人間を産んでいると思うのだ。

■ということで、半分ムリヤリ教育がらみにしておしまい。そのうち、またこの文章の中身と関係するようなできごともあるだろう。

めぐめぐ 2006/01/31 09:30 o(^-^)oうん
めぐさんって子供好きなんですね!って言われるんだけど、何でそういう質問するのか謎ですね。
子供に失礼だな。。って思いマス。
『動物好きなんですね』て言われてるみたい。
嫌いな動物もいるんですけど・・・

あんみつあんみつ 2006/01/31 09:53 好きの強弱ねえ。カレンダーにつけてみようかな、今日もピアニシモ、明日もピアニシモ、なんて^^。妻の怒りはフォルテシモ、今日も明日もあさっても〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060130

2006-01-29(日) 曇り時々雪

ポケモン交通安全2

[][]すばやい対応 すばやい対応を含むブックマーク

■あれ。ピカチュウシートベルトの位置、直ってる。さて、これから「漂流しない教室」会議です。(1/29昼)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060129

2006-01-28(土) 曇り時々吹雪

[][]初詣に行った 初詣に行ったを含むブックマーク

■訪問先の子と北海道神宮へ参拝。今年初の参拝なので定義としては初詣ということになるが、こんな時期ではそんな感も薄い。境内には何故かフランクフルトたこ焼きお好み焼きの屋台が出ていた。あれは一年中ということもないだろう。しかし、いつからいつまでやっているのか不思議だ、などと話しながら詣でた。おみくじを引いてみると小吉だった。家移りはよろしくないそうで、事務所開きが少し不安になった。

■午前から夜まで延々訪問の後、横浜から来た友人と合流。しかし、彼は具合を悪くしており、食事をしたあとすぐに帰宅。明日は漂流しない教室会議。今回は参加者大勢だぞ、と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060128

2006-01-27(金) 曇り

[][]三週間でもいいんじゃない 三週間でもいいんじゃないを含むブックマーク

■俺も山田と同じメーリングリストに入っているが、そんなに非難されるならきっといい本に違いないと、またつむじ曲がりの癖が顔を出した。いい本だ、というバイアスをかけて記事を読んでみる。

二週間目は、子ども自身が「学校に行くことが自分にとってよりよい選択」と納得すれば、登校再開に向けて本人と家族が実行する。

子供自身がよりよい選択と"納得"したなら、登校再開に向けて動く、と書かれている。ということは、子供がそう考えなければ、行動は起こさないということだ。その場合はどうなるか。一週間目の「しっかり子どもを休ませる完全受容期」が継続する、と考えるのが妥当だろう(さすがに仕事はそんなに休めないだろうが)。

三週間目は、クラスが受け入れ準備をする。親しい友人数人が接点を持ち、学校の外でのキャッチボールクッキー作りなどの遊びを通じ、登校しやすい環境をつくる。

■三週間目は環境作りだ。問題解決を、本人もしくは家族努力のみに任せることはしません、ということだ。子供自分の力で動き出した。それを実らせるも無駄にするも、その先は周りにかかっているんだよ。そう言っている。ここも子供が"納得"した後の段階なのに注目。勝手に登校復帰を進めたりしない、というわけだ。

記事を読む限り、この本は「三週間で子供学校に戻すための本」ではない。それは、「すぐに学校復帰できなくても、三週間の挑戦は、先生家族、本人に新たなきずなを生むはず」と書かれていることからわかる。家庭は子供を完全に受容しよう。その結果、学校に戻ることが自分のためと子供が決めたなら応援しよう。学校は受け入れの態勢を整えよう。書かれているのはそれだけだ。あとは、一週間をそれぞれに便宜的に割り振ったに過ぎない。

■というのは、相当好意的に見た解釈しかし、非難もまた相当批判的に見てのものだったりする。俺も含め、みんないろんなことを"当然"と思い過ぎてる。「信じて待つ」が受け入れられるなら、「三週間で戻す」もまた受け入れられたっていいのだ。子供が大変じゃないのなら。

■午前中は、今期2度目の札幌市教委とフリースクールネット懇談会フリースクールネットでは、これに先だって公的支援などを求める要望書を提出している。これまでのように無碍にまたは遠回しに断られるのかと思ったら、今回は少々勝手が違った。公的支援は相変わらず無理との回答だったが(今後も相変わらず要求するが)、例えば、市教委による民間施設一覧の公開は検討するとのこと。また、民間施設との連携を深めるため、このような懇談会もっと充実させる。具体的には、相談指導学級の担任や、教育相談課の職員の参加、また民間施設自体にももっと広く呼びかけ、様々な意見を取り入れようとのこと。今までにはない発想だ。いろいろ前向きな態度が見える。

面白かったのは、民間施設との連携について、学校からとったアンケート。「民間施設と定期的に連絡をとっている」「定期的に訪問し、子供の様子を見ている」学校多数だったらしいが、少なくともうちには、そんな連絡来たこともない。「民間施設の良い点ならびに改善点」という質問では、良い点として「子供たちが楽しい生活を送っている」「外に目を向けるようになった」「子供情報を伝えてくれる」などなど。改善点に「学習内容が学校と一致しない」「学校復帰につなげる活動をして欲しい」。アンケート結果に対するこちらの見解も伝えたが、いっそ直接やりとりさせてくれたらより有意義だろう。懇談会を充実させる、とのことだから教師も呼んで欲しいものだ。

夕方から訪問2件。その前の空き時間で日誌を書いて、さて、そろそろ行くか。

訪問先で気がついた。靴下、左右で違うじゃん。恥ずかしー。ということは、市教委との懇談中も、色違い靴下を履いていたということか。上の三週間云々を書いてるときも、左右で違う靴下を履いていたのだ。どんなに真面目な意見を言っても色違い靴下。途端に価値が下がった感じだ。

あんみつあんみつ 2006/01/27 20:52 現役じゃないけど、親も呼んでくださるなら、参ります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060127

2006-01-26(木) 曇り、風強く地吹雪が激しい

[][]地吹雪ビョービュー 地吹雪ビョービューを含むブックマーク

今日も地吹雪の激しい日だ。訪問途中で何も見えなくなることが度々。こういう時は本当に怖い。燃費も悪くなる。早く春になってほしいものだが、まだ一月は終わっていないのであった。

■そして明日は市教委とFSネットとの話し合い。どうなることか、乞うご期待。

[][]不登校克服へ 姫路・小学教諭が復帰プログラム出版 不登校克服へ 姫路・小学教諭が復帰プログラム出版 を含むブックマーク

 姫路市立白浜小学校山田良一教諭(48)が、二十三年間の教師経験を基にした「不登校を三週間でもどした 親と教師で取り組む学校復帰プログラム」を出版した。家庭と学校、同級生が協力して改善を促すプログラムで、山田教諭は「すぐに学校復帰できなくても、三週間の挑戦は、先生家族、本人に新たなきずなを生むはず」と話す。(敏蔭潤子)

 山田教諭は会社勤めを経て、小学校教諭になって以来、三十人以上の不登校児童・生徒にかかわってきた。理論的に子どもの内面に迫ろう―と、兵庫教育大学院で二年間にわたって心理学も学び、ストレスに関する共著もある。

 著書では、不登校児の学校復帰プログラムとして、まず、家庭システムの再点検リストで、家族が十分にコミュニケーションが取れているかを判断する。

 一週間目は「しっかり子どもを休ませる完全受容期」で、家族もできれば仕事を休み、子どもとの時間を十分に取る。二週間目は、子ども自身が「学校に行くことが自分にとってよりよい選択」と納得すれば、登校再開に向けて本人と家族が実行する。

 三週間目は、クラスが受け入れ準備をする。親しい友人数人が接点を持ち、学校の外でのキャッチボールクッキー作りなどの遊びを通じ、登校しやすい環境をつくる。

 山田さんは「プログラムは周囲の協力がなくては達成できない。とくに同級生は、不登校の子を仲間に引き入れることで『誰が困っても、先生や友達は手を差し出してくれる』と感じるはず」と話し、学級全体が成長する効果も強調する。

ヤフーニュースから知ったこの記事、参加しているMLでずいぶんと非難の声が出ていたので取り上げた。たとえばこんな親の会もある。この本を書いた人と多分同じような視点を共有しているのだろう。こういう具合に不登校を見ている人たちが世の中にはいる。こういう記事やサイトを見るたび、最初は「なんじゃそりゃ」とか「あ〜あ、何言ってるんだか」とか思うが、最終的にぼくはこういう人たちとどうやって付き合っていけるかを考えてしまう。こういう人たちにも受容と共感ができないようでは自分もまだまだだなと思うのだが、きっとまだ熱くなっちまうのだろうなぁ。

めぐめぐ 2006/01/27 10:11 1週間仕事休んだらつぶれますね。。。。汗

その本読んでみたいですね。会で買おうかな。。。
冷めるかも。
こういう人達とどう付き合っていけばいいんでしょう。
色々経験したら 付き合えるのかな。。。

小学生が多いようだが その子達が 中高になったときが楽しみ。。もとい 心配です。

あんみつあんみつ 2006/01/27 11:13 その親の会のHPは4程前に検索していて見つけました。ここを見て生じる私の感情は、当時と今では違います。見るのが二度目だからということもあるでしょう。当時のほうが、すごく感情的。今は、もう少し冷静にブンセキ?できるかもしれません。いつか会議や飲み会などで、少し考えを話せたらと思います。難しい、美妙な話題はやっぱり直じゃないとね〜

あんみつあんみつ 2006/01/27 11:14 4程=4年デス

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060126

2006-01-25(水) 晴れ 寒さ緩む

ポケモン交通安全

[][]あーでもないこーでもない あーでもないこーでもないを含むブックマーク

写真は、交通安全を訴える道庁前の雪像なんだが……。シートベルトの締め方間違ってるよ、ピカチュウ

■午前中は通信作成。堀江社長逮捕で世の中騒がしい。「人の心もお金で買える」という彼のセリフを教材に取り上げた、杉並区和田中学の話を新聞で読んだ。同学校は校長自らが「よのなか科」というユニークな授業を行なっている。課題は「お金で買えないものを9つ挙げよ」。これは面白い、と早速通信で使わせてもらった。

■「お金で買えないもの」。そんなにないとも言えるし、結構あるとも言える。あらゆるものがお金じゃ手に入らない、という可能性もある。買える、買えないと漠然と列挙するだけじゃつまらないが、これ、通貨の意味サービスとは何かを考える、または語り得るものとは何かを考えるいい材料になるんだよね。

■午後からは訪問2件。中学3年の子と三平方の定理勉強する。

三辺の長さのみが与えられた三角形の面積を求める問題。頂点Aから辺BCに垂線を下ろし(高さh)、交点を境に辺BCをxと(BC-x)に分ける。出来たふたつの三角形それぞれに三平方の定理を用い、高さhについての連立方程式をつくる、というのはわかるのだが、面倒くさい。もっとエレガントな解き方はないものか(しかも中学レベルで)。あーでもないこーでもないとこねくり回すも、見つからず。

三平方の定理では苦戦したが、「お金で買えないもの」については、なかなかいい意見が出ていた。惜しむらくは、表現に少し正確さが足りない。これまた、あーでもないこーでもないと話すうち、終了時間を大きく過ぎていた。

megu-1129megu-1129 2006/01/27 10:14 お金で買えないものいっぱい出てきました。
笑えます。。。不謹慎でしたが。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060125

2006-01-24(火) 晴れ後曇り後雪

hyouryu2006-01-24

[][]鉛筆 鉛筆を含むブックマーク

写真は訪問先にあったCurrambin Wildlife Sanctuaryというオーストラリア自然公園のネーム入り鉛筆。サイトによるとここは元々個人管理だったが、ナショナルトラストに寄贈してNPOとしての管理運営になったとのこと。鉛筆のタグには次のような文が付いている。

We are a non-profit organisation. Entry fees, sponsorship, donations and purchases go back into preservating and protecting our nature Australian species.

「私たちはNPOです。入場料、財政援助、寄付、物販はオーストラリア固有種の保存と保護に使われます」といったところか。会社であれば出資者に還元する必要があるために、利潤を追求することになるが、NPOはこのように活動資金獲得のために金を稼ぐ。活動を拡大していくためには、それに必要な資金を得なければならない。

■さて、漂流教室はこの四月から事務所を開設することになった。事務所を借りるためにも金がいる。事務所ができるのを機にこれまで以上に訪問件数を増やしたりイベントを行うようにもしたい。では、一体どのようなことをどれくらいの規模で行っていくか。そして、そのためにはどれくらいの資金が必要となるのか。それを漂流教室を現に利用している人たちと一緒に考えていきたい。少なくとも、現在の月謝のみの運営では資金が足りないので、上乗せが必須であるのはわかっている。OZAWAさんもこれについて反対しているのではない。しかし、土井さんからの提案の内容には反対であると。では、内容をどこか変えればよいのか、それとも別の提案があるのか。あるいは、この提案に反対であるというのみか(もちろん、これでもいいのです)。漂流しない教室会議では、29日だけでなくこういう話しを今後していくことになるので、お二人だけでなく参加していただければありがたい。

火曜日は訪問二件。排雪が入り始めているが、まだまだ。車の腹をこする道多し。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060124

2006-01-23(月) ただただ雪

[][]訪問醍醐味 訪問の醍醐味を含むブックマーク

訪問サポート士については、既に『引きこもり訪問サポート士養成教本(基礎編)』を購入済み。一読して「漂流教室」のやり方とさほど変わらないという印象を持ったが、教本はあっても講座がない。調べるに、東京などでは行なっている様子。であればいっそ、講師を呼んで養成講座を開催してはどうか、と土井さんの提案とは関係なく考えていた。

■日程や級位が適切かどうかは何とも言えないが、「全国引きこもりKHJ親の会認定資格から、"親の立場"で定めたんだろう。どれほどのものなのか、OZAWAさんの言うように勉強会から始めてもいいかもしれないし、どの道、二日ばかりの講座ですっかりわかった気になる人もいないだろう。まして、何の裏づけもないただの民間資格だ。資格を取った後も、引き続き研修会が要るかもしれない。それはこちらの努力次第。

■日程についてちょっと調べてみた。KHJ東東京「楽の会」では、この資格取得のために2年間、全40回の講座を開いているそう。岩手と同じく二日のところもある。

■一日中雪との予報通り、朝から夜までずっと雪。火曜の訪問先が1件ずれて、4件の訪問訪問先を出るたび、車に積もった雪を払う。

■夏頃から通いだした訪問先は、ようやく慣れてきたのか、「××しよう」と誘われるようになった。これまでは「××するのでいいですか」だったのだ。「勉強じゃ負けるけど、ゲームじゃ負けない」とも言っていた。挑戦的だ(そして、その通りあっさり負ける俺)。そのうち秘密話も聞けそうだ。なんだかいろいろあるらしい。そもそも、声がでかくなった。初めは、聞き取れないくらいの呟きだったのに。こういう変化のいちいちが楽しいんだよな、訪問は。そんな話もある養成講座だったらいいな。


本日脳内BGM:そんなヒロシに騙されて(高田みづえ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060123

2006-01-22(日) 曇り

[][]お休みの日曜日 お休みの日曜日を含むブックマーク

相馬氏の眠いのに当てられたのか、ぼくも昼過ぎまで寝ていた。二週間ぶりに岩盤浴に行こうと計画していたのだが、おじゃんになった。いつかリベンジする。

■近所のイオンヴィレッジヴァンガードが入っているので見に行く。相馬氏の好きなチェコアニメクルテク」のパペットが置いてあったのでメールで報告。

アニメといえばHappyTreeFriendsというのがあって、これは可愛いけれどもすごくグロい。血しぶき飛び散る暴力を可愛い絵でやっちゃっているのだ。興味のある向きは検索して見てみるといいが、嫌な気分になっても知らない。

■夜は久しぶりにカルボナーラを食べながら、自分の古いPCを修理して事務所に置くことなど考えていたが、助成金を受けた方がいいという結論に至った。さて、新しい一週間です。がんばっていきましょうかね。

一つの提案一つの提案 2006/01/23 10:19  訪問サポート士に関して
 私どもが情報交換をしている岩手県不登校を考える親の会(ポランのひろば)が先日「訪問サポート士養成講座」を開催しました。
漂流教室さんが「漂流しない教室」を開設する準備が進んでいるようですが、ひとつの試みとして、このような講座を開催するなども検討してみてはいかがかと思い、投稿しました。
 必要でしたら「ポランの広場」が実施した開催要項をFAXしてもいいと思っています。
 受講対象者は、医療福祉・社会福祉・学校関係者、大学生、不登校・ひきこもり支援者(これからの希望する方も含む)、ボランティア、父母などでした。2日間に日程(短期講座6単位)で、修了者には希望すれば「訪問サポート士」3級に認定状も発行するとのこと。検討ください。

投稿者もれ投稿者もれ 2006/01/23 10:23  上記の投稿は北海道子どもセンター(土井)でした。

OZAWAOZAWA 2006/01/23 12:45 この書き込みを見て私は激怒しましたね。
親の立場として発言させていただきます。
訪問サポートということですが、不登校・引きこもり者の訪問ということのための講座なのでしょうか。であるとするなら、この程度の日程でいったいなにができるんでしょう。他者に対して敏感になっている子達の状況をあまりにも安易に考えていないでしょうか。自己を見つめる程度ならわかりますけど。どうなんでしょうか。

あんみつあんみつ 2006/01/23 15:15 土井さんは、一つの可能性として「検討してはどうですか」と言われているのだと思います。検討して取り入れたり、見送ったりすれば良いので、価値判断は別にして、このように色々な立場の方からアイディアが出されるのは、良いことだと私は思います。


OZAWAさんが怒りを感じているのも、この書き込みがあったことではなく、この訪問サポート士の制度(ボランが認定している、ということでしょうか)あり方について、ですよね?


今度の会議で、皆で話し合うと良いですね。前にも言いましたが、提案が出て、異論が出て、客観的に議論するということが、非常に大事だと思います

土井土井 2006/01/23 17:42  訪問サポート士は、「全国引きこもりKHJ親の会」認定となっています。私自身も2日間という短い期間と「3級」という認定書の存在に
少なからず戸惑いも感じます。しかし、不登校やひきもっている本人やその家族に寄り添い、話し相手となり、様々な支援策をともに模索し合う「訪問相談員(サポート士)」はあってもいいと思っています。私も
不登校等の相談活動に従事して7年になります。親や本人の心境等少しは理解しているつもりですが、相談終了後、常に不十分さや力不足を感じています。OZAWAさんの思いを重く受け止めたいと思っています。

OZAWAOZAWA 2006/01/23 18:37 訪問支援の必要性はわかります。が法人が2日間でとれる認定書のための講座の推奨、しかも詳細にそこが書かれている、この背景を邪推したくなりますね。勉強会しましょうよ。でよろしいんではないですか。

あんみつあんみつ 2006/01/24 11:55 OZAWAさんのお気持はわかります。私も二日では、自分なら実際に訪問なんてできないと思います。ただ、「この背景」については、心配されなくても大丈夫だと思いますよ。土井さんをよく知っているので、ちょっと補足したくなりました〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060122

2006-01-21(土) 晴れ

[][]眠い眠い相馬くん 眠い眠い相馬くんを含むブックマーク

■今日も晴れ。しかし気温は低い。新聞に、低温続きで雪の嵩が減らず除雪もままならない、という記事が出ていた。

■午前中は、札幌自由が丘へ出かけフリースクールネットの事務作業。来週、札幌市教委との懇談がある。作業しながら簡単な打ち合わせ。自由が丘代表の亀貝さんにも久しぶりに会ったが、去年末より元気になったように見えた。

■午後からは星槎セミナーに参加。会場は教育文化会館。引きこもりについてのシンポジウムだったのだが、とにかく眠くて眠くて、半分以上寝ていた。しかも一番前の席で。申し訳ない限り。見知った顔がいくつかあったので、内容は今度教えてもらおう。

■前にも、教育文化会館で行われた講演会で熟睡してしまったことがあった。そのときと今回とで共通することがある。どちらも早く着き過ぎて、会場併設のレストランで昼飯を食った。きっと、そのときに一服盛られたに違いない。それが効いてるのかまだ眠いので、本当は「地域について(その2)」を書く日だけど、次回に回す。とにかく眠いのです。


1/23追記:星槎セミナーの様子は、講演者のひとりである田中敦さんが詳しく報告されてますので、そちらをご覧下さい。また、自由が丘の亀貝代表も感想を述べています。

相馬相馬 2006/01/22 17:52 タイトルは佐々木まきの絵本からとったつもりが、『ねむいねむいねずみ』だった。ねずみくんと「くん」がつくのは、『ねずみくんのチョッキ』だ。混じった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060121

2006-01-20(金) 予報とは裏腹に晴れ

[][]美しい青空 美しい青空を含むブックマーク

■起きてみたら予報と真逆にきれいな青空ではないか。雪が空気中のホコリを落としてくれたおかげで、すっきり街の果てまで見えて気分がいい。

■訪問は三件。晴れていてもまだ雪は道に残っていて、行った先の駐車場で排雪のブルが頑張っていたり。

■来週FSネットとして市教委と話しをしにいくことが決定。市教委からの連絡ということで何を話すことになるか、楽しみでもあり。今年の挨拶のみで終わりにならないことを切に願う。

■空き時間を使いながら、29日の漂流しない教室会議の下準備として設立当初に自分たちの考えていたフリースクールの事や場所ができたらどうするか、何がいるかなどを一人ブレインストーミングしてみた。これを相馬氏と打ち合わせしてみないとな。

あんみつあんみつ 2006/01/21 09:57 かなり前のことで恐縮ですが、事務所にどうかなと、余っているプリンターを差し上げますと言ったきり、そのままにしてすみません。ちなみに、プリンターだけではだめで、ソフトも一緒に必要ですよね(それを捜して時が過ぎ・・・−−;)。聞くは一時のハジ・・・

A渡辺A渡辺 2006/01/22 07:17 プリンタドライバはメーカーのHPからDLできることが多いので、一度そちらを調べてみたらいいと思います。

あんみつあんみつ 2006/01/22 13:41 なるほど。ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060120

2006-01-19(木) 朝方晴れ後吹雪

[][][]逆もまた 逆もまたを含むブックマーク

しかし、同じ占いによれば、俺と相性がいいのは牡羊座O型で、山田ではないのだった。逆もまた真ならず。

■一方、こちらは「逆もまた真なり」な話。例えば1/7の日記にこう書いた。「身をもって体験したことを、どうして簡単に忘れるんだろう(中略)まず自分を見たらいいのに。どれだけの情報がそこにあるか」。だが、一方で、自分たち子供の頃は云々という話は大体ウソ、とも思っている。そういう話は、実は周りの大人から聞かされていたもので、要するに自分たちも出来てなかった、ということはよくある。人は体験や記憶をいとも簡単に捏造する。自分のことでも眉に唾した方がいい。

■また、1/17ではこう書いた。「相手が自分と違うと思えば、理解なんて出来るわけがない」。だが、自分絶対にそんなことはしない。同じと思う必要も、理解する必要もない、という意地もある。

■かように俺の中は平気で一貫してないが、内部がいくら一貫してなくたって、外から見て一貫していればいいので、別段困ることはない(そしてその逆に、外から見て一貫してなくとも、自分の中で一貫してればいい、とも思っている)。多分、いろんなものを抱えてるのが性に合ってるんだろう。それは間違いないような気がする。

訪問2件はどちらも北区。北へ進めば進むほど天気が悪くなる。車に長靴スコップ積んどこうかな。自分の車が埋まったときのためと、一緒に雪掻きするためと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060119

2006-01-18(水) 時折晴れ間見えるも大方吹雪なり

[][]誕生日 誕生日を含むブックマーク

■今日は三十四歳の誕生日。まず誕生日プレゼントなのか、豊水小学校の三階を借り受けるNPOが正式決定して漂流教室も入ることができることが改めて決定したとの電話あり。雪の中、市民活動促進センターに行くと、相馬氏が漂流通信を作っていてくれてそこに載せた占いに、相性のいいものとして「獅子座B型」とありこれが相馬氏であるとの記事。これもまた改めてよろしくですよ。

■訪問先で戦艦武蔵プラモデルを作っている子がいて、その細かいこと。プラモを見るたびぼくも作りたくなるので、今年はいずれ作ってみようと思う。

■数日前のNHKラジオを聞いてたらこんなニュースをやっていた。曰く「新学期が始まり、札幌の某小学校では始業式で校長先生が『冬休みの始まる時に、みなさんと自分の命は自分で守ろうと約束しました。今日は元気な姿を見ることができて良かったです』と挨拶し…」大人が子供に「自分の命は自分で守ろう」と言っちゃっていいものか。昨今報道される子供ターゲットになる犯罪を念頭においてのことだろうが、子供は自分を守る力が大人より弱いから被害者になっているわけで、これでは「大人はもう君たちがアブナイ目に遭うとしても、責任持てません」と宣言しているようなものではないか。

■更に仕事がらみで考えると、学校で自分の精神状態が危機的状況に陥るのを防ぐために子供不登校という手段をとる場合、この手段をこの校長は肯定するのだろうか。屁理屈こねて突っ込むなと怒るなかれ。一般に子供は大人よりもできることが少ない。その中でようやくひねり出す問題解決を大人視点で否定するのは、それこそ大人げないんじゃござんせんか。

■さて、夜半雪はますますひどくなり、作ったエビチリを食べながら明日の気温の低さに嘆息。暖かくして寝よう。

あんみつあんみつ 2006/01/19 10:23 >学校で自分の精神状態が危機的状況に陥るのを防ぐために子供が不登校という手段をとる

危機的状況を回避するための不登校という場合、学校の立場から見ると不適応といわれることが、別の視点から見ると、むしろ自分を守るための適応行動と言えると思います。


これに関連して思い出したのですが、田中康雄さんが、精神科の症状も「もうここは僕と
して、僕が一人で生きていくために必死なんだ」という意味で出て来る症状だと言っています。この世の中で生きていくための出来る限りの適応行動だと。それを世の中が病理と

呼ぶ。でも、それは「この方法で生きよう、これでないと生きられない」と感じたから作り出した「生きるための技術」だ。だからこれを奪ってしまわずに、他にもっと適切な対
処方法があるからそちらに乗り換えてくれないか、というのが精神科の治療だ、とのこと。これは精神科の症状についてのお話ですが、前半部分は不登校にも重なると思います。

あんみつあんみつ 2006/01/19 17:49 連続失礼します。何か忘れている気がして戻って来ました。御誕生日と、豊水小の件、おめでとう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060118

2006-01-17(火) 吹雪 気温低い

[][]知るために 知るためにを含むブックマーク

■ひどい吹雪。一丁先の信号も見えない。2件が休みになって、訪問は2件。休みになったうちのひとりは、なんでも突然思い立って、函館旅行に行ってしまったらしい。家からも滅多に出なかったのが、若い者の考えることはわからんのう。帰ってきてからの話を楽しみに、空いた時間で日誌を書く。

宮崎勤死刑が確定した。「漂流教室」の活動は主に『こんにちは、メンタルフレンド―「引きこもり」の子どもの心を開き、家族を開く支援システム』という本を参考にしている。著者の長谷川博一氏は、最近宮崎勤と面会している。以前、宅間守とも接見していた。死刑になってしまえば、動機解明も謝罪も全て叶わない。生きているうちだからこそ出来ることがある。氏の尽力の動機はそこにある。

最近になって、宮崎勤の部屋の映像は、わざわざアダルトコミックなどを目立つところに配置し直して撮影したもので、実はそれらは所蔵のごく一部だった、と元記者が告白した(罪の意識にかられて、ではない)。理解したくないものに出会ったとき、人はそれに異形のレッテルを貼り、たやすく排除しようとする。事件が起こるたび、「何故こんなことを」ともっともらしく言う人がいるが、相手が自分と違うと思えば、理解なんて出来るわけがない。「心の闇」なんて「臭い物に蓋」の同義語だ。排除ではなく、知ろうとする長谷川氏を支持する。

A渡辺A渡辺 2006/01/18 06:18 上の記者の話はやはりそうかと思いました。
部屋の状況は当時から2つの点で疑問視されていましたから。1つは蒐集するジャンルとその整理の仕方が雑然としている、オタクらしくないという点。もう1点がアニメオタクと言うことなのに、アニメではなくこれ見よがしにアダルトビデオのパッケージが(報道写真から)わかりやすいところに並んでいたこと。下に隠してあったアダルトビデオを上に並べて報道写真を撮ったのだろうと当時から噂されてました。
宮崎勤の行為はとうてい許せるものではないけれど、報道する側が凶悪犯罪の犯人というフィルターで取材することでモンスターを作ってしまっているように思えてなりません。
モンスターが凶悪犯罪を犯すよりも、日頃普通に見える人が凶悪犯罪を犯すことの方が深刻度は大きいと思います。

相馬相馬 2006/01/19 12:44 事件当時、ちょうど石井隆などを集め出した頃だったので、万が一なにかしでかしたら、これらがどう報道されるか、と不安になったのを覚えています。自分にも何かレッテルを貼られたような気になりました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060117

2006-01-16(月) 曇り時々雪

[][]学習支援をこんな風にしてます 学習支援をこんな風にしてますを含むブックマーク

■今月から学習支援に変わった訪問先で漢字勉強してみている。国語勉強は「読み・書き・聞き・話し」だが、書きの一部分にまずチャレンジということだ。漢字を自由につかって言葉を書いてみる(チョコレート→著固霊戸みたいな)というのからやってみたが、知っている数が少ないので難しいようだった。そこで、ドリルを見ながら形のバランスを練習したり、成り立ちを説明しながら少しずつ練習したりした。うまく書けたという感覚を持ってもらえたようでそこは成功かなと思う。ただ、漢字は数が多い。一年でいくつ覚えるかを一ヶ月、一週間に落としこみ目標を設定してみようかな。

■夜の訪問でも学校プリントをぼくが解くのを見ながら、一緒に考えてもらう。数学はホントだめだ。勉強しなおさなきゃなぁ。

ゆきゆき 2006/01/22 09:27 また週末の書き込みです。漢字を沢山覚えようとすると大変ですよね。わたしがよく試すのは太郎次郎社の『漢字が楽しくなる本』のシリーズです。成り立ちがよく分かり、結構楽しくできます。101字の基本漢字を覚えると、後は組合せなので、漢字のたし算ひき算などしながら覚えることも出来ます。教材の好みのあるでしょうから、ご参考まで。子どもの反応は軽く楽しむ子、どっぷりはまる子いろいろですが、カルタもビンゴもあり「漢字って結構おもしろいね」というきっかけには使えます。
 漢字学習や、絵本の読みなどは子どもと楽しんでいますが、国語ってわたしが苦手で、教え方に悩んでいます・・・。
 数学はしばらくやってないと難しいですね。でも、一方的に教えるより、中高生とは一緒に問題を悩みながら解くっていうことがわたしもよくありますが、子どもたちにも結構いいみたいです。一緒に解いているとき、なかなか好きです。

相馬相馬 2006/01/22 22:02 シリーズということは何冊かあるのでしょうか。探してみよう

ゆきゆき 2006/01/23 21:28 6冊と、ワークがあります。わたしはワークはそろえてはいませんが、101漢字カルタとビンゴは良かったです。太郎次郎社のホームページをご覧ください(関係者じゃありませんが)。様子が分かると思います。

相馬相馬 2006/01/23 22:46 サイトを見ました。ビンゴ、面白そうですね。十の画べえ、というのもよさそう。情報ありがとうございます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060116

2006-01-15(日) 晴れ 暖かい

[][][]地域について(その1) 地域について(その1)を含むブックマーク

結論から言えば、"地域"なんてないよ、ということなのですが、それでは一行で済んでしまうので、もう少し続けます

■続けざまに小学生殺害事件が起こり、"地域"で子供安全を守ろう、という声が高まっています。が、例えば、学校の統廃合で広い校区をバスで通う子らがいます学校近隣に住んでいる人にとって、そういう子たちは"同じ地域子供"なんでしょうか。他所からやってきて他所に帰って行く、くらいにしか思えないのじゃないか。それで誰が何を守るのかと、俺は疑っています

■いや、仮令"同じ地域子供"だとしても、やっぱり守らないのじゃないか。というより、そもそも住んでいる大人に"地域"なんて概念があるのか。多くの家庭では、朝家を出て、離れた場所にある職場に出勤し、そこで一日の半分を過ごして、夜帰宅するというスタイルです。その人にとっての生活空間は、家の中と駅までの道のりで、そこだけが"地域"です。車での通勤ならば、玄関までしかありません。それで誰が何を守るのかと、俺は疑っています。確かに同じ区域に人はいますが、いるだけです。互いの関心はない。子供がいるということは理解してるでしょうが存在に関心がないのに、安全に関心を持てるわけがないでしょう。

■今さら言っても栓ないことですが、住んでる場所で生計を立ててこその"生活"で、生活しててこその"地域"です。生産の場を暮しの場と切り離してしまったことで、"地域"も一緒に切り離してしまったと俺は理解しています

子供安全を守るため、通学路への監視カメラ設置も検討されているそうです。監視カメラと、通学路に個人商店が軒を連ねるのと、どっちが効果が高いだろうか、という話です。来週末に続きます

あんみつあんみつ 2006/01/16 21:47 送迎や地域の見張り(?)として、今後現役から引退する団塊の世代や、シルバー世代が期待されているのではなかったかしら?メディアはそう伝えているような記憶があります。

シルバーたちは、基本的に地域に住んでいる住人と言えると思いますが、子どもに関心が
あるかどうかは、よくわかりません。ひょっとしたら、子どもの騒々しさより、公園のこぎれいさ、静けさを優先させたい人々もいるかもという気がします。

地域で思い出したのですが、1,2年前みたテレビ番組では、アメリカのある超高級住宅街が建ち並ぶ区域(要塞都市と番組では名付けていたような)に学校を建てようとしたところ、なんと住民の反対に合い、結局その区域の子どもたちは、隣町の学校へ通っていると報じられていました。近くに学校があるより、閑静な町、ということでしょか。守るどころの話ではないですね

話がずれますが、考えてみると公園は子どものためばかりではなく、老人のためでもありますね。こちらでは、ゲートボールも盛んですし・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060115

2006-01-14(土) 曇り

[][]ミーティングの日 ミーティングの日を含むブックマーク

■「ハック派宣言」って、ハッカーになるのだというのかと思ったよ。そんな私はCPUオーバークロックを試しております。今のところ快調快調。

■今日は今年に入って初めてのミーティング。しかし、昨日から次々に「風邪です」「用事が」と連絡が入り、参加者は少ない。みなさん、体調管理には気を付けましょう。風邪の人は早く直りますように。

■先月の報告もさることながら、四月以降の体制について考えてみた。事務所ができるということで、山田相馬の訪問を減らし事務所に詰める必要が出てくる。そうなった場合の収入減をどのようにカバーするか、事務所スペースを使ってできることを考えている。今度の「漂流しない教室会議」でも話題にすることにした。

テレビでは長野新潟の県境でまた通行止めになり陸の孤島となった地域のニュース。こんなに春が待ち遠しいのは久しぶりだな。

VSKVSK 2006/01/16 15:02 午前中に電話をいただいていたようで、出れなくて申し訳ありません。
先月相馬さんに言っておいたのですが、先週の土曜日は
ゼミで勉強会がありまして出席できませんでした。
以上、遅ればせながら欠席の報告でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060114

2006-01-13(金) 曇り 時おり雪ちらつく

[][]ハック派宣言 ハック派宣言を含むブックマーク

13日の金曜日。そういう忌日があると知ったのは、確か『トム・ソーヤの冒険』じゃなかったかな。違ったろうか。ところで、世にルパン派とホームズ派とがあるのはよく知られているが、トム・ソーヤ派とハックルベリー・フィン派というのもあるのだ。俺が勝手に言ってるだけだけど。あの2人は似てるようで全然違うんだよ。一緒にしないでくれ。ハック派の相馬さんの主張でした。

■新規の説明訪問が1件と、通常の訪問が1件。なんとかいうゲーセンゲームを勧められる。アクションRPGだっていうんだけど、アーケードゲームRPGってどういうことなんだろう。そう聞いて「ドルアーガの塔」しか浮かばない俺も俺だけど。

■1/1の日誌でも触れた、幼稚園義務教育化という報道について、「政府としてこうした方針を固めた事実はありません」と文科省が真っ向否定。どういうこっちゃ。

A渡辺A渡辺 2006/01/14 12:56 義務教育年限の延長については文科省内でで検討しているということまでは事実なんでしょう。公式見解でも「方針を固めた事実はない」で、「やらない」ではないですから。
また、公式見解の中で「中央教育審議会答申をふまえ充実させていく」と書かれてますが、その中教審の答申でどうか書かれているかというと、「義務教育への就学年齢を引き下げ5歳から就学すべきとの意見も出されたが、(中略)今後引き続き検討する必要がある」となってます。中教審答申平成17年10月26日18ページ
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05102601/all.pdf

こう書いてありますから施策としてやることはできます。あとは文科省内の検討状況だけれど、新聞記者は取材の感触からやると判断したから記事にしたのでしょうね。

この施策を進めるには問題は2点あって1点は費用負担の問題。
現在義務教育で最大の問題は義務教育に関わる国費の負担を軽減して地方自治体に負担させようとしていることですね。今回の話は、国費の費用負担を増やすし、地方自治体にさらに負担を押しつける話だから抵抗は大きいでしょう。
もう1点はいわゆる「幼保一元化」の問題、幼稚園と保育園の所管官庁が異なることですね。(障害児についても所管官庁が異なってます、未就学児の所管は保健所=厚生労働省ですから) 今政府は構造改革特区で例外的に認めているけれど、効果としては保育園の設置基準の緩和(=保育水準の低下)となっていますので、厚生労働省や保護者の反発が大きいだろうこと。
この大切な問題が文科省の予算拡大や所管業務の拡大といった省益で議論されていないことを希望します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060113

2006-01-12(木) 吹雪と曇り

[][]冬道はきつい 冬道はきついを含むブックマーク

■一日中渋滞に捕まっていた気がする。とにかくのろのろ運転だ。早くつこうと思って高速に乗ろうとしても、高速は吹雪のため通行止め。家のそばの細い道では軽乗用車がスタックしていた。早く排雪を〜。

■昨日、道を走っていたら自由が丘の亀貝さんが信号待ちしていて、車の窓を開けてとっさに新年の挨拶をしたよ。

■明日の朝は相当寒いらしい。暖かくして寝ます。じゃ。

ゆきゆき 2006/01/14 08:15 冬の道は予定通りに行かないですね!北海道の寒さは、想像がつきません!札幌の友だちから聞いてはいるけど、長野の豪雪地とは違いますね。こちらは雪のおかげで、それほど低温になりません。大変な事態なのですが「寒さより、豪雪の方がましか」と言って気持を持たせております・・・。それにしても、異常気象でしょうか?4メートルまで降り続いた後は、急に暖かい雨がふり、とても怖いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060112

2006-01-11(水) 晴れのち曇り

[][]ウォームビズ ウォームビズを含むブックマーク

■今日も道は混んでいる。冬道が混むのはそういうものだから仕方ないが、ガソリンを食うのは困る。それに暖房で目が乾燥する。一石二鳥の効果を狙い、ときどきヒーターを切って走った。腹巻とひざ掛けのおかげで、思ったより寒くない。もっとも太陽の出ている昼間に限る。走りながら気づいたが、そうか、これが「ウォームビズ」というヤツか。しまった、うかうかと流行に乗ってしまった。

■午前中に通信を完成させ、午後からは訪問2件。先月から訪問を始めた家庭では、次第次第に変化が表れている。例えば、部屋から出て待っててくれている。返事するまでの時間が短くなってきた。「楽しみだ」「残念だ」など感情を表す言葉が増えた、などなど。少しづつ馴れてきてるんだろう。もっとも、今日はどうしても観たいビデオがあったらしく(しかもひとりで観たかったらしい)、途中から部屋に戻ってしまった。残り時間はお母さんと話して過ごす。

■今月の「漂流しない教室」会議は、1/29(日)13時から、市民活動促進センターにて。

http://www.fureaizaidan.or.jp/npo.asp(道立市民活動促進センター


本日の脳内BGM:季節の中で(松山千春

しのしの 2006/01/12 00:12 今月の漂流しない会議に久しぶりに参加したいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

相馬相馬 2006/01/12 08:28 宜しくお願いします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060111

2006-01-10(火) 曇り時々雪

[][]顔の話し 顔の話しを含むブックマーク

■よく降った後は道路の両脇に雪の壁ができる。そうすると道に出るのが本当に怖い。すれ違えない道路も多い。早く排雪してもらいたいものだ。そんな中、訪問二件。渋滞に巻き込まれ、夜の訪問は遅刻してしまった。相馬氏からも渋滞メールが届いていた。

■夜ニュースイチローインタビューを見ていて、なんとなく顔つきにダイエー王監督に似たものを感じた。物事の一流になると顔になんとなく共通点が出てくる気がしている。ジミー・ペイジリッチー・ブラックモア、トニー・アイオミなんかも、ぼくに言わせるとどことなく似た雰囲気がある。ピンとこない向きはチャーとも見比べてみるとわかるかもしれない。この話しは、以前塾講師をしていた時に仲間ともしていた。うまくなってくると顔つきでなんとなく感じるものがあるよね、と話していた。さてさて、ぼくは今一体どんな顔になっているのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060110

2006-01-09(月) 晴れ

[][]大雪明けて 大雪明けてを含むブックマーク

■それにしても週末はよく降った。道路脇の雪山もすっかり背が高くなった。車も人も陰になって全然見えない。道幅も狭い。あちこちで渋滞も起きてたらしい。大雪の降ったあとは空気が澄んで見える。帰り道、信号の光もいつもより明るく見えた。

■休みが1件あって、訪問は2件。雪山で車を置けないのは少々参った。まあ、しばらくまとまった雪は降らないようなので、その間に排雪も進むだろう。

■「砂場問題のもうひとつの側面」は、コメント欄で既にA渡辺さんが述べられている。「空き地がない」ということだ。子供の遊ぶところは公園と決められてしまっている。これが、あちこちで子供が遊んでるならこういう話にはならない。俺の子供時代の遊び場は、もっぱら裏山だったが、山を抗菌にしなさいとはさすがに誰も言わないだろう。「抗菌腐葉土」。名前からして矛盾している。

子供公園でのみ遊ぶようデザインされ、その代償か、公園には過剰なほどの安全安心をつぎ込む。そういう仕組はあちこちに見られる、ということで自然、話の流れが「地域」へ向っているのだが、毎日こんなこと書くのは大変なので、続きは週末に。

あんみつあんみつ 2006/01/10 00:06 書いても書いてもまとまらず、消してしまいました。難しいな、公園について書こうとすると。ところで、空き地や公園からイメージする子どもって、中学生くらいまででしょうかね。「子ども」という言葉、案外と曖昧ですよね。同じ子どもでも、幼稚園児と中学生では、公園との関係も違ってくるし・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060109

2006-01-08(日) 吹雪

[][]岩盤浴に行く 岩盤浴に行くを含むブックマーク

■雪の中、友人と岩盤浴に行ってみた。サウナに似ているが、岩を暖めた上に寝転がり汗を流す風呂だ。服はパジャマ程度のものを着たままで一時間ほど寝転がった。シャツやパンツがずっしりと重くなるくらい汗をかいた。出た後は体が軽くなった感じで喘息の調子もずいぶんと楽になった。お試しあれ。

■そういえば明日は成人の日なのだなぁ。スタッフの中にも成人する人がいて、明日は振り袖を着て成人式にでるという。ぼくの時は学年で分けるのではなくきっちり年で分けていたから、成人式に出ても早生まれのぼくはほとんどの友人と会うことができなかった。だから、「どーでもいーや」と言ってバイトに精出していたのだった。今から14年も前の話しだ。

■それにしても、数年前のごとく成人式に騒ぐ人のことが記事にならないが、どうしたのかと思っていたら、沖縄では警官隊ともみ合いになったらしい。自分の中では成人式では騒ぐ人がいるのが普通になっていたことに気づき、少々驚いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060108

2006-01-07(土)

[][]コーキンス コーキンスを含むブックマーク

■初め聞いたときは「コーキンスな」かと思った。何語か知らないが「コーキンス」という単語があるんだろう。何て意味、と訊こうとしたら、続けて山田が言った。「そういう砂があるんだって」。それで「抗菌砂」だとわかった。

砂場の砂が非衛生だと問題になっているのは知っていた。犬猫が糞をしないよう砂場にシートを被せろ、という話があったと記憶している。そして今度は「抗菌砂」。こういう話題が出るたび、今で言う"非衛生な"砂場で遊んでた俺は、なんだか自分自身が汚いと責められてるような気がする。

■従来の砂場が問題なのかどうか、本当はみんな知ってるはずだ。今の親の代は、まだ"非衛生な"砂場で遊んだ世代だろう。それで、一体誰が病気になったか。どれだけの子供にどんな影響が出たか。何もなかったでしょ。身をもって体験したことを、どうして簡単に忘れるんだろう。神経症的に"衛生"を求める前に、まず自分を見たらいいのに。どれだけの情報がそこにあるか。

■と、ここまで書いて、今の砂場は昔よりよっぽど汚れてるということもあるかな、とふと思った。というのも、犬を飼っている家がとても多い。公園散歩させてる姿もよく見る。あれで糞の始末をしてなければ、そりゃ砂場も汚かろう。そういう事情もあるのかもね。ところで、砂場問題にはもうひとつ別の側面があるのだが、それはまた今度。

■朝からずっと雪。16時ころにいったん止んだのだが、雲の切れ間からのぞいた空がまだ明るくて、日が長くなってることを実感した。

A渡辺A渡辺 2006/01/08 08:28 地域差もあると思いますが、砂場の汚れについては十数年前から問題になってました。この対策で自治体で保育園や幼稚園の砂場の砂を入れ替えていたのを記憶してます。当時言われていたのは飼い犬よりは猫の問題でした。飼い犬は飼い主が意図的に連れてこない限り砂場ではしませんが、猫は放し飼いだから。
街から空き地がなくなってきたことがこうした問題を生んだのでしょうね。

しのしの 2006/01/10 18:38 >まだ”非衛生な”砂場で遊んだ世代だろう

全くその通りで、私も漏れず。
砂遊びをしていて、動物の、多分猫の、ウンコが出てくるのは宝探しみたいで、「ゲ、掘り当てちゃった」なんつって、結構面白かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060107

2006-01-06(金) 曇り時々雪

[][]やり直しです やり直しですを含むブックマーク

■今日から休みになる訪問は無し。訪問三件、送迎一件。自分のスキルが足りないことを痛感する出来事あり。今年は基本のやり直しの一年と思う。

トップページに延々スタッフ募集のお知らせを載せたままの状態は変えなくてはな。この他にも、ここをこうして欲しいという意見漂流しない教室会議の時に話し合いたいですね。参加する人は今月は月末29日にいつもの市民活動促進センターでやりますので、お待ちしてます。

あんみつあんみつ 2006/01/07 13:43 午後1時からでした?

相馬相馬 2006/01/07 23:30 そうですね。13時からにしましょうか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060106

2006-01-05(木) 早朝まで雪のち晴れ 気温低い

生物都市

[][]幸先よい 幸先よいを含むブックマーク

■昨日の夜、雪掻きしたのに、今朝にはまた20cmくらい積もっていた。でも、ニュースで見る東北北陸の雪害は本当にひどいみたいで、これくらいで文句言ってちゃ罰が当たるかもしれない。

パソコンを買うのに付き合って欲しいというので、訪問先の子供、親御さんとともに電気店へ。スペックやら予算やらをアレコレして、なんとか機種を決める。支払いを見るともなく見ていたら、店内に突然響く鐘の音新年の福引で大当たりを引いたらしい。10万円キャッシュバック新年早々縁起がよい。買ったばかりのパソコンを返して、一気にお金を増やしちゃどうかとジャイアン的考えがよぎる。

■晩御飯は餃子。焼き上がりをパリッとさせようと、最後に水溶き小麦粉を入れたつもりが、片栗粉だった。餃子全てがもっちりと融合した姿は、まるで諸星大二郎生物都市』(上図参照)のよう。新しい世界が来る……理想世界が……。

[]第8回「星槎セミナー第8回「星槎セミナー」を含むブックマーク

「踏み出せない現在(いま)を考える」


社会問題の一部として挙がっている不登校引きこもりニートの問題に焦点を当て、実際にその立場にある方々がどのようにして社会的な自立に臨んでいくか、様々な現場の意見を交わします。教育立場で、家庭ではどんな悩みがあるのか、そして当事者、その支援者の方を中心にした座談会形式のシンポジウムです。現在の社会状況を踏まえた上で、不登校引きこもりニートの関連又は関係を一緒に考えてみませんか。


日時:1月21日(土)14:00-16:00

会場:札幌市教育文化会館講堂(札幌市中央区北1西13丁目)

費用:500円

主催:星槎国際高等学校札幌学習センター


シンポジスト:

・堺俊 光氏(北海道野幌高等学校 教頭)           

田中 敦氏(はまなすの会 事務局長)           

斉藤芳美氏(家庭生活総合カウンセリングセンター) 


FAXもしくは電話にてお申し込みください。

TEL:011-208-3111 FAX:011-281-9611

■内容とは全然関係ないんだけど、「一緒に考えてみませんか」とか「みなさんで考えましょう」といった呼びかけ苦手なんだよな。もし「漂流教室」関係のイベントでそういう表現があったら笑ってください。

めぐめぐ 2006/01/07 20:21 いいですね〜
私も狙ってたけど、もし乾電池カって780円くらいキャッシュバックなら悔しいですね。。。

みなさんで考えて見ましょう。どうしたら キャッシュバックできるか・・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060105

2006-01-04(水) 曇りのち雪

[][]初通信 初通信を含むブックマーク

■午前中いつものようにセンターにて漂流通信作成。今回の裏面は新春漂流放談。また多くの人から反感を買いそうなやばめの話しを、激しく脱線しながら書いております。

■その後、帰省中の友人と会う。学生時代の塾バイト仲間が偉くなって札幌に戻ってきているらしい。今度連絡でもしてみよう。

■夜、訪問一件。小学校での学習発表会の劇について語ってくれた。ずいぶんと細かいセリフまで覚えていて、驚いた。

■夜中、BSコナン・ドイルの事件簿を見る。こないだたまたま見たら面白くて、今日も見ている。BBCドラマはいいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060104

2006-01-03(火) 曇 気温高し

[][]今後の予告 今後の予告を含むブックマーク

新年早々の訪問ご苦労樣でやんす。俺は今日まで休みなので、相変わらずテレビ見たり本読んだりでのんびり。

■昨年後半から考え続けているテーマがふたつ。ひとつは「地域」について。もうひとつは「外的基準と内的基準」について。日誌でも折に触れ、このふたつについて書いていこうと考えている。

年末に飲んだ友人から、高校同窓会に入ったら、とアドバイスを受ける。入って、会報か何かで活動を紹介してもらえば、というわけだ。当然入るものといった態度が気に食わなくて、今までずっと無視してきたが、そろそろ考えてみようかな。

■何か間違った操作でもしたんだろうか。メールボックスを開けたら、ここ2ヶ月くらいに受け取ったメールがきれいに消えていた。仕事に支障をきたすようなメールはなかったと思ったが。ちと不安。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060103

2006-01-02(月) 雪。気温高く路面出る

[][]謹賀新年謹賀新年2を含むブックマーク

山田からも新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

■日付のところにも書いたが、今日は暖かく雪が溶けていた。夜、今年の初訪問に行ったが、昼に溶けた雪が凍っていてすさまじく滑った。明日も気を付けて運転せねばなるまい。

■それにしても幼稚園義務教育化されるとは。相馬氏が昨日書いたように、幼稚園の方が行きたがらない子供は多いと思う。それで苦しむ子供と親が増えることになるのかなぁ。また、高校の方を義務教育化することは検討されなかったのだろうか。何故、幼児教育の方を義務に含むことにしたのかを知りたい。

めぐめぐ 2006/01/03 09:22 明けました!おめでとうございます!
もう訪問いったのですか?早いですね〜
幼稚園が?
うちの子いやでいやで転園したんですよぉ〜〜(^▽^笑)

ゆきゆき 2006/01/03 12:47 あけましておめでとうございます!幼稚園の義務教育課となると、保育園はどうなるのでしょう?幼稚園は文科省の管轄だから学校の親戚。小学校教諭と幼稚園教諭は、大学で資格が取れます。でも、保育園は厚生省管轄。だから、内容も全く誓うんだけど。どうなるのでしょう?

あんみつあんみつ 2006/01/03 13:53 駅伝を見ながら書いてます。アンカーの選手、藤井たかしに似ているわ。あ、おめでとうございます。本年もよろしくね。

我が家の初フトウコウは、登園拒否でした。「この線(玄関と園の境)、飛び越えたらシ
ールあげる」などと園の玄関で言われてもいやがり「がんこちゃん」の名を頂だいしました。少人数があだとなり、けっこうな英才教育で、毎日作文まで・・・。書けないうちの
子は、「大きくなっても文章が苦手だろう」みたいなこと言われましたが、なに、最近卒論もちゃんと書いたので、園長の予言は、見事にはずれました。 登園拒否に突入後、義父の助言で卒園式だけ出て、卒園はしましたがね。

あの頃、夫も不規則ダイヤで朝は家にいる、弟妹たちはまだ幼い。自分だけ朝から行きた
くなかったのかも。行かなくても、マンションにちびっこがたくさん住んでいて、遊ぶの
に全く困らなかったしね。古き良き時代だったのでしょうか・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060102

2006-01-01(日) 晴れ

[][]謹賀新年 謹賀新年を含むブックマーク

■明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

風呂に入ったらびっくりするくらい湯が汚れた。昨年のアカが残らず落ちた、ということにしておこう。本を読んだりゲームをしたり、いたって平和正月

政府与党幼稚園義務教育に含める方針を固めた、とニュースで聞いた。2009年からのことらしいが、幼稚園も公立になるということなのだろうか。幼稚園先生も教職課程を取るのかな。幼児教育の無償化はいいことなのかもしれないが、うーん、幼稚園に行けないことで苦しむ家庭が出てくるんじゃ。幼児なんて成長の度合いが全然違うだろうに。ほっといてやれよ、子供なんだからさ、と思ってしまう俺。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20060101
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |