漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■山田:週二回■■■
■■■相馬:週二回■■■
■■■茂木:週一、二回■■■
■■■スタッフ:週一、二回■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2008-02-29(金) 曇り時々晴れ

[][]久しぶりの厚別 久しぶりの厚別を含むブックマーク

■とても暖かい日だ。前日のガタガタ路面は溶けてなくなった。

■漂着教室にて、訪問先のお母さんとスタッフを交えて話しをした。ただ、漂着教室ではなく、旧小熊邸倶楽部の部屋を借りてだ。うーん、相談を受けるためにも、広い部屋が欲しいなぁ。

■漂着教室が終了後、スタッフの篠村くんを送迎して厚別まで行き帰宅。昨年くらいまでは厚別の辺りの訪問がたくさんあったので通い慣れた道だったが、新しい建物が建っていたり、道路工事が終了しているところがあったりでちょっと新鮮な気分だ。また、あの辺の訪問無いかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080229

2008-02-28(木) 雲り時々晴れ

[][]悪路オノマトペ 悪路オノマトペを含むブックマーク

■夜のうちに雪が降るので、朝早く起きて雪掻きするのがここのところの日課になっている。

■道はどこも悪い。幹線道路はガタガタだし路地はブカブカ。それで夜はツルツルだ。凍結路では四駆の軽は実に簡単にスピンする。アクセルを踏んでもブレーキを踏んでも回る。ツルッと滑るところをカウンターをあてて補正する。毎日悪路悪路氷の世界

■訪問に行ったら、友人が遊びに来てるのにわざわざ2階から下りて来た。そんなことなら休みにしても構わない、と遠慮しようとしたら、あっちはあっちで待たせておくからいいと言う。訪問を始めた頃は部屋から出てこなかったのになー、と関係の変化の不思議ぼんやり思う。ここも通って1年半か。

伊達の施設に見学に行くため、3/7(金)は「漂着教室」をお休みします。夕方には戻ってくるから、その後なら山田がいるか。急なお知らせになり済みません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080228

2008-02-27(水) 晴れ後大雪

[][]吹雪ばかりだ 吹雪ばかりだを含むブックマーク

■朝は晴れていたが寒さのせいか道路は混雑。子供らと漂着にて過ごした後、訪問。普通道路でも地吹雪がひどく、前が見えない。帰りは早く帰りたかったので高速を使ったが、これもひどい吹雪。降りた直後に通行止めになったというラジオを聞いた。

■明日も雪らしい。やれやれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080227

2008-02-26(火)

ミニココナッツマラカス

[][]マラカスからから マラカスからからを含むブックマーク

■今年も北海道共同募金会より義援金を頂きました。ありがとうございます。もうちょっと赤い羽に募金するようにしよう。貰いっ放しはよくない。

■例えば公的助成が200万(福岡の上限)あったとして、実はこれだけでは利用者負担は減らない。もともとフリースクール運営は本当に切羽詰ったところでやってるので、助成のあった分利用料を減らしては、金の出所が変わっただけだから台所は苦しいままだ。今までの利用者負担助成金を上乗せして、ようやく少しマシになる。

■順調な団体経営利用者の益に繋がるが、少なくない負担、しかも義務教育期間は本来無償であることを考えると、「利用料減」という形で還元したくもある。この辺が難しいところで、貰ったわけでも貰える当てがあるわけでもないのに、この間からずっと考えている。やはり、各家庭におりるバウチャーのような形がいいのだろうか。そうなったらなったで、利用料の大幅改定必要だな。むー。はっきりしてるのは、医療福祉と同じ公的性格を持つものが、100%利用者負担なんて無茶だってことだ。

■でも、どっかに秘策がある気がするんだよなあ。そうやって考えて5年経ってしまったわけだが。

マラカス欲しい、と「漂着教室」に来てる子が言うので、訪問の途中に楽器屋に寄って買ってきた(上写真)。変わった形をしてるが音は良い。振って初めて分かったが、これは相当難しい楽器だね。きちんとリズムを刻むにはかなり修練がいりそうだ。もうひとつ、相当陽気に見える楽器ということも分かった。窓に映った姿を見たら、とにかく楽しそうなんですよ。そのうち本当に楽しくなってくる。「人は甘いものを食べながら怒ることは出来ない」とは東海林さだお発見だが、人はマラカスを振りながら怒ることも出来ない、と思う。多分。

何だか明日もどら焼きを作るらしい。今日寺沢くんがひょいっとホットケーキを焼いていた。いちいち気張らないで、気軽にやってるところがいい。そういう方が見てる子供もやってみやすいかも。太田さんの折り紙にも通じる。

テンテン 2008/02/27 12:03 陽気にマンボ!
マラカスマンボ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080226

2008-02-25(月) 晴れ時々曇り

[][]法人格とる? 法人格とる?を含むブックマーク

京都福岡の例は心強い限りなのだが、どうもNPO法人をとっている必要があるらしいで。うちもいよいよか。これまでに作ってきた周囲の人との関係が試される時だ。

■通信作成後、そんな話しから財政基盤の充実をどうするかの話しを山田相馬でする。やってみたいことがちょっとあるので、相馬氏にも手伝ってもらう。

■訪問先からスタッフの上森さんを送りながら話しをする。彼女一年生の時から漂流教室に関わってきて、もう四年。そして、来年もやってもらえるのだが、ボランティアをやっていて気づいたことの中に学問の種があるかもよ、という話し。研究生活、がんばれ。

相馬相馬 2008/02/26 09:25 ものすごくどうでもいいことなのだが、「話し」という山田の書き方が気になってもう6年近く。名詞の場合は「話」じゃね。分かっていつつ「はなしし」と読んでしまう

山田山田 2008/03/01 11:15 名詞なら表記に「し」が無いという訳でもないと思う。「はなし」という言葉を名詞と考えるのは、連体形を名詞として使う方法で、例えば「釣る」→「釣り」とか「行く」「帰る」→「行き帰り」と同じパターンだ。で、「魚釣り」/「魚釣」や「行き帰り」/「行帰」と見比べてみるとわかるように、送りがなをつける方が自然だ。ただ、「はなし」という語は動詞性がより薄れて名詞としての性質を強くもっているから、漢字の名詞を表す性質とうまく合致するのだろうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080225

2008-02-24(日) 朝方まで雪のち晴れ

[][]動き出したか 動き出したかを含むブックマーク

■膝くらいまで積もった雪をひたすら除雪北大入試を1日遅らせたらしい。

■2/23の毎日新聞から

不登校小中学生が増え続ける中、福岡県が今年度、民間の小規模フリースクールへの補助金交付制度を始めた。初年度は600万円を予算計上し、今月、支給する4施設を決定した。行政がフリースクールの日常の運営資金を支援する制度は都道府県では初めてとみられる。

(中略)

県は08年度も1600万円を予算計上し、1施設200万円を上限に希望施設を募集する予定。県教委によると、県内の不登校児童・生徒は増加傾向で、06年度は公立小学生793人▽同中学生4157人。担当の県私学振興課は「不登校の生徒にはフリースクールのような学習の場も必要」と話している。

京都府でも、府が認定したフリースクールに年間45万円の助成を決めた。公的助成の兆しと見ていいのだろうか。来月には札幌市教委、道教委と続けて懇談がある。俎上に載せるべき動向だ。

テンテン 2008/02/25 12:49 毎日新聞は反応が早いですよね。
京都の件は2月の上旬には記事になっていましたもの。
良い前例が沢山出てくると心強いですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080224

2008-02-23(土) 大雪

[][]大雪大雪だを含むブックマーク

■朝から大雪で、訪問に行って止めた車も帰りには雪だるま状態になっている。やれやれ。そのくせ気温が妙に高いから、べじゃべじゃなのだ。明日は漂着教室で勉強会だが、その前に雪かきしないといけないだろう。重いだろうなぁ。

バスソルトには、ハーブを添付する計画ですよ。お値段いくらくらいがいいかしらん。

最近楽器をいじってないなぁ。火曜日には練習してみようか。

あんみつあんみつ 2008/02/24 00:06 できれば27日に買えるといいのですが、まだ、準備できてないかな。自分用と、友達にプレゼントするのにいただきたいです

山田山田 2008/02/26 00:47 水曜日に間に合うように試作品を作ってみますね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080223

2008-02-22(金) 曇り時々雪

[][]ひとりきりの1時間 ひとりきりの1時間を含むブックマーク

■朝9時に「漂着教室」を開けて、子供らが来るのが10時頃。この間の1時間は他のスタッフもいない、ひとりきりの1時間だ。この貴重なひとりの時間をどうするか。大抵は連絡業務や訪問のまとめなどで潰れるが、寝不足の日は仮眠をとったり、身体がなまってるなと感じたら軽い運動をすることもある。1時間て結構いろいろ出来る。

最近は、メトロノームに合わせて4分音符を16分音符に分けて叩く練習をしている。メトロノームが1回振れる間に均等に4つ叩く。熱中して叩いてると、ふと、自分の仕事が何なのか分からなくなる。

■世の中に対して別に斜に構えなくてもいいんだと気づいた、と訪問先の高校生が言う。早いなおい。俺がそれに気づいたのって30歳過ぎてからだぜ。すげーなーと感心する一方、そんな10代でいいのかと思ったり。気づいたのはエラいから、後は知らなかった振りして、せっかくだから尖っていこーぜ。ボーイズ・ビー・シドヴィシャス。

[]ころころ広場と講演会 ころころ広場と講演会を含むブックマーク

■相談室ぽぽからお知らせが来たので転載

「ひとりでがんばらない子育てを−自己肯定感という贈りもの−」

日時:3月1日(土)14:00-15:30

会場:札幌市生涯学習センターちえりあ2階大研修室(札幌市西区宮の沢1-1)

費用:500円(当日、受付にて)

講師:庄井良信氏(道教大学大学院学校臨床心理学講座准教授

  

子育てって、た〜いへん!!」と思うことは数知れず…。子どもは親の望むようにはなかなか育ってくれません。「こんなに、一生けんめいやってるのに…」「どうしてこの子は…なんで私ばっかり…」と、つい目尻もつり上がってしまいがち。日々、奮闘中のお母さん・お父さんに、ご自身も共働きの「お父さん」であり、教育の実践者である庄井先生が、これまで出会ったたくさんのエピソードを交えて、エールを送ります。

託児所あります。定員30名、費用100円。事前にお申し込み下さい。


講師経歴:

広島大学大学院教育学研究科博士課程、広島大学教育学部助手、県立広島女子大学・生活科学部・人間福祉学科助教授フィンランドヘルシンキ大学教育学部在外研修を経て、現在北海道教育大学大学院(独立専攻)学校臨床心理学講座・准教授

専門分野は、臨床教育学。実践研究では、さまざまな悩みや困難を抱えた家庭・地域・学校教育現場と手をつなぎながら、教育相談活動に参画している。

著書、『癒しと励ましの臨床教育学』(かもがわ出版)、『自分の弱さをいとおしむ ― 臨床教育学へのいざない』(高文研)、『フィンランドに学ぶ教育学力』(明石書店)『揺れる子どもの心象風景』(新読書社)など多数。


主催社会福祉法人札幌この実会南9条通サポートセンター

tel:011-522-4112 fax:011-520-1265(相談室ぽぽ 担当わくい・なかむら)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080222

2008-02-21(木) 雪だったり晴れだったり

[][]駐車場所できた。 駐車場所できた。を含むブックマーク

■ここ数日暖かいですな。午前中訪問二件。これまでつけていたハロゲンヒーターが切ってあった。

■午後、漂着教室に行き雪かき。はぁはぁいいながら終わらせ、駐車場所を確保した。締まった雪が今日の暖気でさらに重く一苦労だったよ。その後、子供らと遊んだり、ご飯を食べる。昨日買ったAfter Death Sourceという激辛ソースをみんなに食べさせ、ほくそ笑む。夕方より、ハイロウくんが来て、東京旅行のお土産を頂く。

■ここんとこずっとこっそり隠してきた「ボリビア産のS」の正体。もうわかっている人もいると思うが、岩塩です。これを砕いて、バスソルトとして売ろうという計画なのです。多角化経営

■明日は先週同様、剣道の練習の日。また筋肉がぷるぷるだな。

[]第三回リラクセーション講座 第三回リラクセーション講座を含むブックマーク

■遅くなりましたが、恒例のリラクセーション講座のお知らせです。

からだをゆるめる・おもさを感じる〜リラクセイション・プログラムのお知らせ



日時:2008年2月27日(水)15:00〜16:30

場所:札幌市中央区南8条西2丁目「アウ・クル」302(劇団千年王国」の部屋)

費用:1500円

講師:高橋さやか氏(札幌ダンスムーブメントセラピー研究所会員)

申込:訪問型フリースクール漂流教室電話またはメールにて2/26までにご連絡下さい)


※うごきやすい、からだを締めつけない服装でご参加ください。

※腰が弱かったり、ケガしたことがある等、からだはそれぞれさまざまなので、無理をしないことが大事です。途中でつかれたり、休みたくなったら見ていてもよいです。



目的

なにかができるようになることも楽しいですが、自分のからだを知ったり、気がついたりすることがこのプログラム目的です。自分のからだに耳をかたむける機会は日常になかなかないものですが、からだも心のようにいろいろなことを考えたり感じたりしています。それをそのまま感じてみましょう。

ひとりでは感じられないことも、人といっしょにやると感じられたりします。あたたかさや安心な気持ちなど…からだってすごいな! と思えるかもしれません。

※からだの速度はあんがいゆっくりです。一度でたくさんのことを体験するのはむずかしいので、毎月定期的にプログラムを行っていく予定です。(もちろん自由参加ですので、いつ参加しても、一回だけでも、大丈夫です)

Mika♪Mika♪ 2008/02/23 01:30 石けんかと思ってたのにぃ>ボリビア産のS

お風呂で使うなら粒粒でも大丈夫だね

精油と組み合わせたら香りつきになるよん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080221

2008-02-20(水) 晴れ 気温プラス

[][]どら焼きの日 どら焼きの日を含むブックマーク

■2/20はどら焼きの日、と聞いたことはないけれど、寺沢くん横山さんの提案で今日はみんなでどら焼き作り。ホットプレートで皮を焼いて、中身は最近流行に乗って、餡のほかに生クリームに栗甘露煮フルーツポンチ。俺はいなかったのでよく分からないが、切ったり塗ったり洗ったり、いろいろ係りを決めてやってたらしいぜ。

f:id:hyouryu:20080220191303j:image

■肝腎の味だが、なかなかおいしく出来ていた。これで餡が入ってなければな。苦手なんだよ、あんこは。

■最高気温がプラスの3℃を超える。これくらい暖かいと車の暖房を切っても平気だ。慣れというのは恐ろしい。

ふみかんふみかん 2008/02/20 20:09 あんこ嫌いな人は相馬のほかにも約一名いたが、、、生クリームに砂糖が入ってなかったのが敗因だね。砂糖入れたらもっとおいしかったのに、、、疲れて全然手伝わなかった人の言う意見じゃないけどorz
それはともかくとして生クリームだけのもあったよみんなが食べてなくなったかもしれないけど、、、

ヨコヤマヨコヤマ 2008/02/20 21:32 準備が悪くて上手く手順が伝わらなかった事を反省。また今度なにか一緒につくろうね。

てらさわてらさわ 2008/02/20 21:43 砂糖入れりゃよかったですね。クリームだけ入れるっていうのを考えてなかった。
今度は何を作ったものか。準備計画はもっとしっかりせねば。

>ふみかん
美味そうに食ってくれるのも、十分参加したって言えるさね。

ヨコヤマヨコヤマ 2008/02/20 21:49 計画段階でマンゴーの案を出してくれたのはふみかんだしね。またよかったら協力してね。

ふみかんふみかん 2008/02/25 18:45 どら焼き頬張りすぎて口の中が大変な事になってたもんね、自分、、、
今度残ったあんこでようかん作らないかな粉寒天買って、、、どう?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080220

2008-02-19(火) 晴れ

[][]漂着教室の一日 漂着教室の一日を含むブックマーク

今日は訪問が無い日になったので、漂着教室の出来事を書いてみる。

・九時…いつもなら開室。でも、今日はちょっと遅れてしまった。昨日今日と北から南に向かう道路がこんなに混むとは。

・九時半すぎ…掃除をしている間に、子供らがちょこちょこ一人、二人と来始める。今日は三人来室の予定。

・十時から十一時過ぎ…話しをしていたり、ごろごろしていたり、作業をしたり。スタッフ太田さんもくる。

・十一時半から…ご飯の時間スタッフと買い物にもでた子も。今日カレーラーメンの日。

・十二時過ぎから…ポケモンカードやらガンダムウォーやら、カードゲームに興じる子やPCに向かう子がいる。途中で買い物に出かけたり。

・三時頃から…カードゲームの後は、太田さんと折り紙。それからまたカードゲームと、夕方になっていく。

・三時半過ぎ…相馬寺沢くんが来る。

■その後は下にある通り。ぼくはスタッフの送迎をし、帰りには色々と語った。語るほどに自分が年をくって来たから変わったことが見えてくるのだった。

相馬相馬 2008/02/19 21:10 <続き>
・カルタ大会始まる。太田、相馬の熾烈な争い勃発
・四時〜五時…子供らが帰る
・五時半…山田、スタッフ送迎のため漂着を後にする。相馬、ギターを弾きながらデスクワーク&例の白い粉の販売について相談
・六時…寺沢くん帰る
・八時…折り紙の花を仕上げ太田さん帰る
・九時…相馬帰る

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080219

2008-02-18(月) 晴れ

[][]変なもの見ても 変なもの見てもを含むブックマーク

■右手人差し指にできた逆剥けが痛い。

大雪の週末が終わり、除排雪の車が忙しそうに動き回っている。道路もあちこち封鎖され、迷路をぬうように訪問先へ向う。

■面白い動画を見つけたよ、と話が盛り上がることもあれば、うっかり変な動画を見てしまって気分が悪くなった、と相談されることもある。大変な目に遭ったときは、いつもと同じに過した方がかえって効果的な場合もある。何かあったとしたって、やっぱり腹は減るし眠くもなるし、周りの人も変わらず接してくる。特別な回復法なんて実はそんなにないのだ。いつもの日々を過すうち、ああ、自分の生活はそんなことでは揺らがないんだな、と確認できる。

■俺も子供の頃、落ちてた雑誌を読んで、うっかり"変な"ものを見ちゃったことがあったなー。誰にも言えず、気持ち悪い思いをもんもんと抱えてたよ。でも、だからってどうということはないのさ。

ヨコヤマヨコヤマ 2008/02/19 01:38 例の『ボリビアのS』を調達しました。
漂着に置き去りにしました。

相馬相馬 2008/02/19 09:21 末端価格をいくらにしようか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080218

2008-02-17(日) 曇り

[][]つどい準備会 つどい準備会を含むブックマーク

■今年は「不登校登校拒否を考える全道のつどい」が10回を迎える。今日はその実行委員会を開くための打ち合わせに出席。最近不登校を取りまく状況や親の会の活動から見えてくること、これまでのつどいから感じたことなどをざっくばらんに話した。まずは、この10年でつどいが視野に入れてきた事をはっきりさせ、どこまで関わろうとするのかをはっきりさせていかないとならない。教育・福祉・医療・就労など、社会的にも個人的にも人間の育ちに関わる問題のどこと関わろうとするのか。矮小にならず広がりすぎず見ていくのは難しそうだ。

■さて、このようなことを考えるために今日集まったメンバーは四人。はっきり言って、少ない。継続した活動であればもうちょっと関わる人も増えると思うが、つどいは一年に一回の祭典のように開いているからしかたないのか。

釧路フリースペースが、拠点を引き払うことにしたという連絡が来ていた。今後は週一回程度、公共施設を借りて集まるようにするらしい。公的支援を求める活動がうまく行くまでの辛抱ということになるとのこと。だが、それがうまく行くかどうかは、利用者がフリースクール公的支援を与えるように要請してくれるかどうかにかかっている。

■あ、今週から四週間は日曜日なんか行事が入っているや。適宜だらりとせねば。

テンテン 2008/02/18 11:45 私たちの親の会では、公的支援をわずかばかり受けていますが、ここ一年ほどそれを生かしきれずにいます。いつも壁になるのは「学校復帰」が前提という国の不登校対策です。子供の育ちを保障するために、まったなしでフリースクールを利用している会員もけっこういます。皆、経済的に大変です。一親の会だけの悩みではないはずです。できる事を考えたいですね。

あんみつあんみつ 2008/02/19 00:16 明日というか、もう今日ですね。うちの親の会の例会がありますので、そこでもフリースクールや公的支援についての意見をメンバーから聞いてみたいと思っています

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080217

2008-02-16(土)

[][]来年度のFSN 来年度のFSNを含むブックマーク

■このまま南区だけ雪の惨禍に見舞われずに済むのじゃないかとほくそ笑んでいたのだが、朝、外を見たら新雪が深々と積もっていた。甘かったか。しかし、よそはもっとひどかった。

道教委フリースクールの窓口だった人が森の青少年自然の家に異動になって、その人から、フリースクールネット子供たちで1泊2日の宿泊研修をしませんか、と提案があった。プログラムにもよるが、1人2000円程度で済むという。去年一昨年一昨々年と交流会を開いてきた。それを1泊2日でやってみるのも面白い。何より、教育委員会との共催行事というのが魅力だ。2000円で済むのは道教委が費用を負担するからだ。これだって支援と言えないことはない。

■「自分で企画できる立場になったんで提案してみたんですよ」とその人は言っていて、それはとてもありがたいことだけど、裏を返せば、教育委員会というところはただの伝達機関なんだということが分かる。裁量権を増やすには公的機関の失敗を許せる風土が世の中になくちゃダメだから、簡単に教育委員会を責めるわけにもいかないけれど、自主企画も出来ない組織ってなんだろう。

■この宿泊研修と、公的支援を求める「提言」を進めること、この2点が来年度のフリースクールネットワークの活動の柱になることを役員会で確認。「提言」については、先日のフォーラムの第2弾を6/7(金)に行うことも決まった。誰を対象にどんなことをするか。こんな会ならば出たい聞きたいというものがあれば教えて下さい。

■明日は旭川美術館に行くぜ。運転は面倒なので高速バスで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080216

2008-02-15(金) 北区は今日も雪

[][]筋肉ぷるぷる 筋肉ぷるぷるを含むブックマーク

北区・石狩の方は、今日大雪。漂着教室のある中央区だって、そこそこ降っている。さて、アウ・クルの一角雪かきすれば、そこに車を止めていいよということにアウ・クルの運営会議で了承されたので、寺沢くんを誘って雪かきに精を出した。久しぶりの雪かきだが、これがきついのなんの。大体、これまで小さなブルドーザーで寄せてあった雪なものだから、重い。しかも、量がある。加えて何年ぶりかの雪かきで、雪を運ぶ感覚が取り戻されない。40分近くやって七割がた終えたが、まだ残りをやらなければならない。しかし、雪はまだ降り続くのだ。

雪かきを途中で終えたのはキツイせいもあるが、漂着教室に来た子と剣道をするためもあった。こちらは二十年以上ぶりになる。小学校の後半と中学生の時にやっていたのだ。そんなだから、教えるというよりもどうやっていたか体の感じを取り戻すまでに時間がかかる。足の使い方とか、竹刀の振り方とか。一緒にやりながら学び直しだ。

■さて、そんなことで体を動かしたら、筋肉が重い。特に右腕がぷるぷるしている。翌日来るな、と思って念入りに揉んではいたが、16日現在やはりまだ重いし痛い。これでまた使えば少しずつ鍛えられていくのだろうな。(2/16昼)

てらさわてらさわ 2008/02/16 18:58 野外に駐車場がないと、除雪の苦労を忘れますね…
お腰にきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080215

2008-02-14(木) 場所によりまちまち

[][]ジャズドラム ジャズドラムを含むブックマーク

札幌といっても広うござんす。山田の住んでる辺りは吹雪だったらしいが、南区では昨日も今日も雪は降らず。その分、道路滑るタイヤにかかった荷重がすっぽ抜けたように消えるのをハンドリングで補う。ラジオではひっきりなしに事故情報を伝えている。

■月に一度の「アウ・クル」全体会議。これまでずっと俺が出ていたが、今日はたまたま山田が早く来て、代わりに出てもらった。おかげでヒマになったので仕事に精出したつもりになって、麻雀をし、ギターを弾いて遊んだ。いや、ホラ、子供たちがさ。誘うからさ。だからやっぱり仕事なんだよと弁明。

太田さんの折り紙の腕前は急速に上達している。ダリアか何かを一輪折って、こういうの貰ったら嬉しいですか、と訊くから、万札で折ってあったら嬉しい、と答えて嫌われた。俺もカエルの折り方は覚えたよ。

バレンタインビールとチーちくを貰う(折り紙じゃなく本物の)。チーちくって3連符だな。シンバルレガート。

太田太田 2008/02/14 23:29 嫌ってなんかいませんよ。相馬さんに大勝した今日の麻雀はとても気分が良かったし。

相馬相馬 2008/02/15 09:31 あれは歯車が噛み合ってたね。太田リーチ→相馬聴牌→一発振込という流れが出来あがってたもの

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080214

2008-02-13(水) 吹雪

[][]説明訪問のこと 説明訪問のことを含むブックマーク

雪祭りが終わった後に、大吹雪。まだまだ春は遠い。そして、この調子では明日の訪問先も遠そうだ。二年前だったか、地吹雪でスタックしてしまった記憶がよみがえる。

■漂着教室に見学に来た人は、今年に入って木曜日ボランティアで来てくれている人の知り合いでびっくりした。よければ是非とも漂着教室を使ってやってください。訪問もします。

山田相馬共に、夜は説明訪問に出かけた。それぞれに大変さを抱えたところに行き、説明をする。そういえば、漂流教室の訪問が始まるまでは、Q&Aに載せているくらいで詳細をここに書いたことがない。電話で問い合わせがあった後、山田相馬のどちらかが説明に行く。この時、本人の了解が取れていることが前提条件。説明を聞いてもらった後に、訪問を受け入れるかどうか本人に考えてもらい、始めるということになったらスタッフを連れて顔合わせに行く。それでよければ、曜日時間を決めて訪問開始。二度手間三度手間だが、この時間が気持ちの整理には必要だと思ってやっている。さて、今日説明に行ったところはどうなるか。

■訪問は二件。どちらもスマブラをする。早いところ買わないと、全然やられてばかりだ。

テンテン 2008/02/14 09:50 今朝のめざましテレビで見慣れた景色が中継されました。瞬間風速12メートルの猛吹雪です。
学校もおばあちゃんのデイケアもお休みになりました。夏はいい所なんですがね〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080213

2008-02-12(火) 曇り

折り紙カエル

[][]次のブームに 次のブームにを含むブックマーク

■昨日の夜に降った雪で、今朝の札幌は白一色のきれいな街並みだった。除雪のおかげで雪がなくて暮らしやすいが、街はかえって汚く見える。観光客もこんなんじゃがっかりするだろう。多少不便でも雪が積もってる方が冬らしくていい。しかし、今夜から大雪という予報を聞くと途端に気が変わる。勝手なものだ。

ボランティアスタッフ太田さんが折り紙を始めた。本を買ってきて、ハートだのアヤメだのを黙々と折っている。面白そうなので、俺も混ぜてもらった。上写真は本を見ながら折ったカエル。胴体をつまむと口をパカパカと開閉させる。さて、消しゴム版画に続いて折り紙ブームが起こるか否か。

■「漂着教室」には子供が5人。今までの最高記録じゃないかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080212

2008-02-11(月) 曇り

[][]さて何でしょう さて何でしょうを含むブックマーク

■あまりに眠かったので、日誌も書かずに寝て火曜日駄菓子をむさぼり食う夢を見たよ。

■通信を作成している道立市民活動促進センターに、「こどものあそびサポーター向け工作講習会」というチラシが置いてあったので興味を持った。親子サポートクラブひ・ふ・みというところが主催で3月2日に行われる集まりだ。モザイクキャンドルと入浴剤の作り方を教えてもらえるので、漂流教室の計画にも役に立つことと思い参加してみようと思う。ところで、「ひ・ふ・み」の中黒は何のためか。

■昨日の「ボリビア産の白い粉」は、英語にすると頭文字はSで水に溶かして使います。わー、あやしい〜。正体が一体何か、皆さん考えてみるよろし。(2/12)

テンテン 2008/02/12 10:50 入浴剤の作り方とは、タイミングがいいですね。
白い粉・・・。
奇しくも中島らもの「アマニタ・パンセリナ」を読み終えたばかり。

2008-02-10(日) 晴れ

[][]ハイカロリー会議 ハイカロリー会議を含むブックマーク

■「漂着教室」の後に、人を呼んで話を聞いたり、映画を観たりという企画を何回かやったが、どれも長続きしないで終わった。準備や段取りが必要な企画って、思った以上に面倒なのだ。しかし、何もしないのもつまらない。ケーキコーヒーを用意して、わいわいみんなで話すのはどうだろう。それくらいなら出来そうだ、というのでケーキを買って持っていった。

■それが、菓子持参の人が他にもあんなにいるなんて。今日の「漂着会議」は高カロリー。でも、甲斐あって口は滑らかだったんじゃないかな。後半、やや会話が分散してしまったのは残念だったけども。次回もケーキを用意しよう。

会議では、今後の「漂流教室」の動きについてブレインストーミング的にアイディアを出し合う。「漂着教室」の模様替えや、ゲームを軸にしたイベント、新しい宣伝方法などについて話す。資金稼ぎに白い粉をパケに小分けしてさばくことも決まった。

■帰り道、まっすぐな道路のその先に、三日月が上を向いて光っていた。こういう月を表すのに「月の舟」という言い方がなかったろうか。本当にボートのような月だった。

テンテン 2008/02/11 00:05 漂流教室とはお付き合いが長いのですが、会議に出席したのは初めてで新鮮でした。白い粉の件了解です。私はバスの中から三日月を左に見ながら帰宅しました。「ペーパームーン」のポスターを思い浮かべましたよ。

ヨコヤマヨコヤマ 2008/02/11 02:05 白い粉の件、話を進めます。近いうちにご協力いただける『ボリビア』にも連絡をとります。

皆さん、よろしくお願いいたします。

ハイロウハイロウ 2008/02/11 09:02 昨日の会議ではゲームイベントについて「シリアスゲーム」というキーワードが出ましたが、私の方で上手く説明できず申し訳ありませんでした(元々説明下手というのもあります)。
この言葉に関して、漂着教室に「シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム
」、「ゲームニクスとは何か」という本を寄贈してますので、もしよかったらパラパラとめくってみていただければと思います。

この2冊について、私のブログでも紹介してみました。
雑文ですみませんが、こちらもよろしければご覧になってみてください。
http://blog.livedoor.jp/area312hl/archives/50936656.html:シリアスゲーム
http://blog.livedoor.jp/area312hl/archives/51035460.html:ゲームニクスとは何か

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080210

2008-02-09(土) 曇り時々晴れ

[][]書けないけどあんまりだ 書けないけどあんまりだを含むブックマーク

本州じゃ大雪らしいが、北海道暖かいね。久しぶりに乾いた路面が出ているのを見かけた。

■訪問一件と説明訪問一件。先週はフォーラム休みにしていたせいか、何となく調子が合わない感じもあったが、最後には色々と話す。先週のフォーラムで話したことは、不登校発達障害を持つ子供を無視するな、ということでもあった。今日話した中身は、またそれを強く感じることだった。昨年、今年とあんまりな対応をする学校に接しているので、ブログ上では書かないが、その内に色々な事例を合わせた形で発表できないものか。

■夜、カレーを食す。最近とみに辛い物を食べたくなっていて、たっぷり唐辛子を入れたらひぃひぃになった。

あんみつあんみつ 2008/02/09 23:57 またまた記事に関係ないことですが、今月のリラクセーション講座、いつでしょう? うちの会で新たに来たいと言っている人がいて、日程を知りたがっています。情報を共有すべく、この場で質問します〜

相馬相馬 2008/02/10 18:38 2/27の水曜日です。時間は15時〜16時半です

工藤工藤 2008/02/10 19:48 ε=(ノ゜д゜)ノ タダイマー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080209

2008-02-08(金) 晴れ

[][]複雑賛歌 複雑賛歌を含むブックマーク

■晴れた分寒い朝。雲の覆いがないから、地表の熱がみんな宇宙空間に抜けていってしまう。朝はいつもAMラジオを聞きながら車を走らせているのだが、米米クラブやらリンドバーグやら、大学生の頃に聴いていたような曲がよくかかる。この時間帯は子供学校に送りだした後の主婦が対象で、自分の年齢を変なところで実感する。あの頃家庭教師に行ってた子はもう30歳を超えてる計算になる。軽い驚き。

■訪問が全部休みになって、朝から晩まで「漂着教室」にいた。やってきた子は3人。思い思いに過ごしてるようで、他の子を意識してギクシャクしてるようで、それぞれ複雑なのだった。

■複雑なのは悪くない。それだけ人間の幅が広がったということだから。最初は戸惑うかもしれないが、じき慣れる。慣れたらもっと複雑な問いを投げかけてやろう。問いは俺にも投げかけられている。こうやって一日中いる日なんかはよく分かる。

■新規問い合わせweekだった今週。さて、訪問先がまた増えるな。

ハイロウハイロウ 2008/02/09 08:40 久々に上のプロフィール(?)が変わりましたね。
僕は基本的にカレーですが、最近はラーメン率も少し上がってきています。

きたろうきたろう 2008/02/09 10:07 カレーのスパイスとラーメンスープが合体すると、スープカレーもどきになるよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080208

2008-02-07(木) 曇り時々雪

[][]借家とスタッフ 借家とスタッフを含むブックマーク

NPOメーリングリストに、麻生駅そばにある一軒家を無償でNPOに貸しますという案内が来ていて興味をそそられた。昨日の日誌の件もあり、二階建てのその家があったらどんな部屋の使い方ができるだろうかと相馬氏と話す。相談専用の部屋はできそうだ。そして、子供専用の部屋も。キッチンがあるから料理もできる。と楽しくなってきたが、ちょうど岩見沢のIPCユリーカのような感じになるのかもしれない。もっとも、麻生という位置がネックだし、何よりいつまで借りられるのかがわからないのがネックだな。

■訪問が終わったスタッフもいれば、これから始まるスタッフもいる。そして、また男性スタッフが足りなくなってきている。こいつぁ春から縁起がいい、じゃなくて、大変だ。早い内に増員を考えないとならないな。明日もあさっても説明訪問。

[]漂着教室時間変更/漂着会議 漂着教室時間変更/漂着会議を含むブックマーク

1、明日の漂着教室は上に書いている説明訪問が入るため、夜は一時間早く午後七時で締めます。

2、2月10日(日)午後三時〜午後五時、漂着会議を行います。場所はいつも通り、漂着教室。今回は、1月19日の研修と2月2日のFSNフォーラム報告、そして今年の計画についてざっくばらんに話しましょう。スタッフ保護者、関心のある方はお越しください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080207

2008-02-06(水) 晴れ

[][]隙間が欲しい 隙間が欲しいを含むブックマーク

■訪問の合間に北海道自由が丘月寒スクールに寄ってきた。実は訪れるのは今回が初めて。建物の前は週に3回は通っていて、それを自由が丘月寒のスタッフに話したら、毎度素通りはあまりに薄情だ、と詰られた。それが先週の土曜。我ながら薄情だと反省し今日の訪問とあいなった。

■3階建ての建物で、入り組んだ面白い造りをしている。元は建築事務所だか設計事務所だったかなんだそうだ。機能的ではないが、その分"隙間"が多い。隙間が多いということは子供の逃げ場が多いということだ。逃げ場が多いということは、子供の適応度合いが高まるということである。

■2階の真ん中に小さな"子供部屋"があった。文字通り、子供だけしか入れない部屋だ。スタッフが入る場合は、ノックして扉の前で用件を告げねばならない。そういう場所が保障されてるのは素敵なことだな。「問題もあるかもしれないけど」と言いながら、スタッフも無くそうとは全然考えていない。

■うちもせめて屋上に出られたらな。もっと上手くいくに違いない。

■夜は月例のミーティング。今月で1年半に渡る訪問を終えたボランティアスタッフ言葉。「約1年半の訪問で、わかったことは、1年半で人ってこんなに成長できるもんだったんだ、変わるんだな、ということです。それだけ正面から向き合うというか、真剣に話を聴く、会話するというプロセスが大切なものなんだと感じました。時間単位、月単位ではわからないけれど、訪問を開始した日と今日を比較してみると、考え方も表情も別人のようだと感じています」。それを実感してくれたなら、もう何も言うことはない。

テンテン 2008/02/07 08:27 屋上いいですよね。授業をさぼって〜♪ 昨夜NHKに清志郎が出ていましたね。気づくのが遅く番組が終わり近くでしたけど、相変わらず素敵でした。

相馬相馬 2008/02/07 09:38 かっこいいですよね清志郎。「JUMP」覚えよう。カラオケで歌おう。
自由が丘月寒はキッチンもあるんだった。それもうらやましい。

あんみつあんみつ 2008/02/07 20:13 >テンさん

終わり近くでも見れたのだから、まだいいですよ。私など、今晩あるある!と思って待ち構えていたはずが、その時間になるとお風呂に入っていたのでした。出てきた時は、もう後の祭りだった・・・。清志朗といえば、「昼間のパパは〜光ってる〜」しか知らないので、見ようと思っていたのに

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080206

2008-02-05(火) 晴れ後雪

[][]軽く今日の出来事 軽く今日の出来事を含むブックマーク

にゃんこ連中が朝方ぼくの上でケンカしたので目覚める。やめていただきたい。

■漂着教室、今週はポケモンカード流行りのようだ。ぼくも前にやっていたカードゲームを持っていってみようか。

■先週末のフォーラムや他の所での講演会などもあってか、問い合わせが続く。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080205

2008-02-04(月) 晴れ

[][][]もの忘れ対策 もの忘れ対策を含むブックマーク

■夜のうちに羽根のような雪が積もって、朝から雪掻き。通信作成後に訪問2件。休みが1件入って間が空いたので、マンガ喫茶で『LIAR GAME』を読んでみた。面白いねアレ。

子供と会うたび、「何でも話せる関係」というのは、「悩みや秘密を話せる関係」とは限らないと気づく。そうではなく、些細なこと、どうでもいいこと、例えば昨日のテレビ番組だとかふと思いついたダジャレだとか、そういうことを話せる方が大事だったりする。何だそんなことと思うかもしれないが、人の生活は大部分が些事からなる。悩みや秘密だけで出来てるわけじゃないのだ。

■むしろ、悩みや秘密生活の中では特殊もので、だから全然関係のない人間に打ち明けるという解決法があったりする。他愛もない話をする相手と悩みを聞く相手が同じであっても構わないが、悩みを話せる人が何でも話せる人なわけではない。

■「何でも話せる関係」は、また、「話したくないことは話さなくていい関係」とも言える。「××を話さなきゃいけない」じゃ強迫観念であって信頼ではない。悩みの例に戻れば、そもそも他人に話せない話さないから悩みや秘密なのだ重要なのは、それを「引っ張り出す」ことではなく「話しても話さなくてもいい」ようにしておくことだ。このとき「話せる」は「話さなくていい」と等しい。

子供に会うたびそう思うのに、しかし、よくそのことを忘れる。悩みにばかり着目して子供を見てないときがある。忘れるのは仕方ない。すぐ思い出すよう、たまにこうして書いておく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080204

2008-02-03(日) 曇り

[][]偶然 偶然を含むブックマーク

■2日のフォーラムの帰りに乗ったタクシーの運転手が三重県に住んでいたことがあって、話しを進めていくとぼくが住んでいたところのすぐそば。住んでいた時期もほぼ同じで、偶然に盛り上がりながら帰宅。そのまま寝たが、日曜日二日酔い。まずは日誌としてここまでアップ。

[][]フリースクールからの提言〜不登校発達障害をもつ子どもたちも大事にされる教育フリースクールからの提言〜不登校・発達障害をもつ子どもたちも大事にされる教育へを含むブックマーク

■昨年秋口から準備をしていたためか、今までの集いとは比べものにならないほどの聴衆がやってきた今回のフォーラムであった。参加人数は100名超。アンケートにどこで知ったのかを書く欄が無かったのが残念。パネリストである野村さんの熱心な広報と親の会等の後援が効いていたか。

北海道フリースクールネットワークが今回のフォーラムを開くことになったきっかけは三つある。まず、東京シューレが昨年神奈川県議員団に提示した「フリースクールからの提言」。そして、各フリースクール財政状況への危機感と支援している子ども像の多様化に対する戸惑い。これらを元にうち立てた視点は、既存の学校が与える「教育」概念では成長が難しい子どもには別個の教育システムが必要であり、それを現在行っている民間団体を行政が支援するシステムが無いと教育が硬直化してしまうということだ。パネリスト三人の報告は、自らの子育て野村さん)フリースクールでの実践(亀貝さん)諸外国の例と教育を受ける権利の側面(古山さん)から、それを訴えるものだった。

■しかし、我々の持っている視点は、決して一般的に広まっているものではない。我々はやはりマイノリティである。マイノリティ存在を認めてもらうためには、まずこちらを向いてもらう必要がある。今回、理論的な面と議会・行政に対するアピール、当事者を含む直接の利害関係者には一定の訴えが出来た。今後はもっと広く、世の中の人たちにこちらを見てもらわなければならない。フォーラムの中で古山さんが喩えていたが、視覚障害者のための点字ブロック設置に異を唱える人は少ない、むしろきちんと整備するよう考える人が大部分だ。そして、視覚障害者に目が見えるようになれ、とは言わない。不登校発達障害をもつ子供たちに対しても、同じような感覚を世人が持つよう働きかけをしなければならぬ。即ち、既存の学校では成長が難しいと感じたら、別の教育がすぐに受けられるようなシステムが当然と受け止められ、既存の学校のみで成長することを強いることのない世の中を作るようにすることである。「先進国では教育は福祉としての性格を持つ」とは、同じく古山さんの話しだが、正にこの考え方が日本教育のこれから取るべき道を表しているだろう。

■ところで、これだけ多い参加者の中に今回のテーマ当事者の一つたるフリースクール関係者が少なかったことは、多いに反省しなければならない。顔を見かけたのは、札幌自由が丘北海道自由が丘、どろんこクラブドルフィンチャレンジポートあゆみといったところ。青森不登校サポートをしている人が来てくれたが、これはパネリスト野村さんの人脈によるもの。FSN自体が求心力を持っていないのは何故か、考えなければならないと思う。

■以下、他参加者の報告を見つけられただけ貼っておく。内容について、更に考える参考にしてもらえれば幸い。

ZOOPY (あんみつさんブログhttp://d.hatena.ne.jp/mononoaware/20080204/1202078751

かめのつぶ焼きパート2 (めぐさんブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/megu1129/diary/200802030000/

Hi-log 2(ハイロウさんブログhttp://blog.livedoor.jp/area312hl/archives/51152189.html

Kametarou-古希日記(亀貝さんブログhttp://blog.goo.ne.jp/kametarou_2005/e/a332dd84d04ba5b6e189c8b17f15acd8

フリースクールネットワーク報告(写真有り)http://www13.ocn.ne.jp/~fs_net/activity.htm

2008-02-02(土) 晴れ

[][]ジョシ ジョシを含むブックマーク

フリースクールネットフォーラム当日。100人を超す聴衆が集まった。今までにない数にスタッフはおおわらわ。俺も司会ですっかり浮ついて、おまけに懇親会でしこたま飲んだので、内容をほとんど覚えていない。いいや。山田が書くだろう。それを見て思い出すこともあるだろう。そしたら何か書けるだろう。

■唯一覚えているのは、古山さんの「子供の特徴は"言葉に出来ないこと"なんです」という言葉。本当にそうなんだよなあ。つい、言葉で説明を求め言葉で伝えようとしてしまうが、そのやり方は実は誠実じゃない。

■懇親会で遠友塾の工藤さんに「君の言葉ダイヤモンドの輝きがある」とか何とか言われて、いやー、ドキドキしたね。つい女子の気持ちになってしまったよ。でも、どうしてそんなこと言われたのかはさっぱり覚えてないのでした。はははのは。(2/3昼)

あんみつあんみつ 2008/02/03 12:54 「教育ってね、福祉なんです」「アメリカには不登校ってないんですよ。ホームスクールがどの州でも認められているから。あーうちのコ、学校ムリって親が思ったら、ホームスクールでいきますって、勝手に名前名前もつけたっていいんです」〈正確じゃないけど、意味はこんなだったと思う)。「高校受験でこんなに大変なの、先進国じゃ日本だけですよ。他の国はもっと、するっといく〈超不正確な私の記憶ですが、意味はこんなだった ハズ)。書いていると少しずつ思い出してきた。えーと、あ、そうそう、「不登校って、離婚と似てるんですよ、昔は女性は離婚すると生活していけなかったから我慢してた。不登校もそれと同じ。昔は、行くしかなかった」などなど。甚だ記憶が不正確ですが、印象に残っています。

きたろうきたろう 2008/02/03 14:19 『子供はさりげな〜い関係を求めているんです」という古山さんの言葉もしみいりました。不登校は、子供と学校の性格の不一致による離婚かな。

2008-02-01(金) 北区は晴れ。雪のところもあったとかや。

[][]バーガー麻雀 バーガーと麻雀を含むブックマーク

■漂着教室にて一日を過ごす。今日から定期的に来る子も増え、ますますにぎやかというか手狭というか、活気が感じられる場所になっている。

■各所と連絡を取ったり、久しぶりに消しゴム版画を作ったりしつつ、お昼には佐世保バーガーを食べた。こいつは大型のハンバーガーで、ハンバーグベーコン目玉焼きとレタスなどなどが挟まっている。狸小路にある店に寺沢くんが行くので買ってきてもらった。ちょっとお値段が張るのが難点だが、お腹に溜まるし良かった。

■夜、明日のフォーラムのために来札した古山さんと他フリースクールスタッフも交えて交流。麻雀をした。ぼくは国士無双を上がっちゃいました。お客さんから…。役満ダンスは申し訳無くて踊れない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080201
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |