漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■山田:週二回■■■
■■■相馬:週二回■■■
■■■茂木:週一、二回■■■
■■■スタッフ:週一、二回■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2008-03-31(月) 小雨のち晴れ

[][]300回3年3ヶ月 300回3年3ヶ月を含むブックマーク

漂流通信が300号を迎えた。毎週毎週出し続けて6年。ホントに暇だな。漂流男の一こまマンガも連載300回だ。

■3年通った訪問先が高校卒業に伴い終了。じゃ、それじゃ、と別れはあっさり。涙の別れなんて気持ち悪い。会って別れて、また会うこともあるかもしれないが、そんなのは大したことじゃない。彼にはこれからやんなきゃいけないことがあって、そこに俺はもう必要ないのだ。そんで俺のやるべきこともまた別にある。大事なのはそれだけだ。

訪問3ヶ月目の子とは一緒にペン回しの練習に励む。この仕事を始めて身につけたことといえば、ペン回し打楽器だけだ。ペンを回しながら、ときおり学校の話や家庭の話をボソボソッとする。二言三言言葉を交わして、また黙ってペンを回す。また話す。また回す。悪くないリズムだ。

■何か書き忘れてると思ってPCの前で粘っていたが、やっとわかった。先日収録のあった、山田出演のezorockウェブラジオがアップされてます。下記urlからどうぞ。途中からラジオということを忘れ、喋りが止まらなくなる山田に注目。終わり方も唐突だ。さ、疑問も解けたし寝よっと。

http://ezorock.radilog.net/article/269720.html

相馬相馬 2008/04/01 09:31 もうひとつ書くことあったの思い出した。リットーミュージックから出ている「パーカッションマガジン」3号で札幌ドラムサークルが紹介されてます。俺はもう買った

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080331

2008-03-30(日) 晴れ

[][]おやすみ おやすみを含むブックマーク

■お掃除とお料理の一日。あとは四月のことをぼーっと考えたり。全労済のこと、どうしよっかなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080330

2008-03-29(土) 曇り 寒い

[][]カラオケ大会 カラオケ大会を含むブックマーク

■第一回漂着カラオケ大会。「漂着教室」に来てる子が、みんなでカラオケに行きたい、と言い出して開催された。札幌自由が丘金澤くんも飛び入り参加

■今回は、企画から呼びかけまで全部子供に任せてみた。苦労してたみたいだが、これでやり方もわかったろう。次からはもっと簡単にいくはずだ。その子だけじゃなく見てた他の子も手順を理解したはずで、これから子供主導の企画が増えていく予感。

カラオケは大アニソン大会でもあった。やっぱりガンダムはすごいな。20年以上年が離れてても通じるんだから。

tsubasatsubasa 2008/03/31 08:28 企画を子供にすべて任せてみるのも、ほんといいことだと思います♪
相馬さん、山田さんは、すばらしい仕事されていますね・・・
すごく関心あるので、いつも見させていただいてます☆☆☆

相馬相馬 2008/03/31 09:45 いや、面倒くさがりなだけですよ>企画を子供に任せてみる
天狗になるので持ち上げないでください

ほむらほむら 2008/03/31 20:59 カラオケ大会やってたんですか。
行きたかったなぁ。。。しかもアニソン大会!!
余計に行きたかったorz第二回カラオケ大会開かれることを期待してます←

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080329

2008-03-28(金)

[][]道教委との懇談 道教委との懇談を含むブックマーク

■午前中漂着教室を開けてから、午後は道教委との懇談会およびフリースクールネットワークの総会に出席。寺沢くん、横山さん他、留守中いてくれたスタッフ感謝します。

道教委との民間施設との懇談会は、道教委からこれまでとは違う顔ぶれが出席していた。生涯学習課がメインなのは変わらないが、政策課や学校安全・健康課、義務教育課からも出席していた。しかし、その中で顔を見知っているな、という人はいなかった。これまでであれば、もうちょっと話しをしたことのある人がいたのだが。繋がりが薄くなってしまっているのは、こちらの課題でもある。

道教委札幌市教委よりもフリースクール情報を公開するなどの点で、フリースクールのことを一定評価している。しかし、フリースクールを支援するということに関しては、まず懇談会という場は情報交換の場というつもりで来ているとのことだった。つまり、懇談会はそういう話しをメインでする場ではなく、フリースクール同士が繋がればいいと思って設定したということらしい。それはそうしたいというスクール同士でやることだと思うのだが、いかがか。

ブログでも取り上げた福岡での公的支援について語り合ったときに見えてきたのは、行政学校を通じて教育の義務を果たすのだから、それ以外に民間で行われている教育は公の支配に属さないものであり、支援はできないという道教委論理だ。しかし、不登校により学校子供を行かせるという就学義務を親が果たせなくても、子供教育を施さなければならない義務は残る。実際、そうした子供が全国で12万人以上、北海道で4000人以上いるわけだ。そして、今現在のところ、フリースクールがそうした子供教育を行っている。学校にあらずんば教育にあらずという観点ではなく、そもそも子供が育つ環境を調整し、様々な育ちを支えることを教育と見る教育観の転換が行われなければ、この子供たちへの手立ては何一つ進まない。福岡公的支援は、正にその転換が行われたから始まったことだ。更に言うなら、この教育観の転換の必要性は教育行政自身も気付いている。特別支援教育職業教育食育など、様々な試みが教育の名の下で行われているのがその証左だ。この辺りのことは、みなフリースクールが実践してきている。自分たちのやっていることは教育だが、同じことを民間がやっていてもそれは教育ではないというのはおかしな話しだ。

福岡の例については道教委福岡県教委に確認したという。それによると支援を認定するには法人格を取得していることや事業計画、運営の仕方など様々な要件で縛りがあり、フリースクール独自の自由なやり方に枠をはめることになるかもしれないがそれでいいのかと考えているそうだ。心配していることがあるなら、フリースクールと話し合って欲しい。それが連携というものではないか。教育観の転換と連携のあり方の再考を是非求めたい。

テンテン 2008/03/29 13:08 >教育観の転換と連携のあり方の再考を是非求めたい。

強く同意!
行政は話は聴くが、何も変えない。
虚しくなります。
でもあきらめない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080328

2008-03-27(木)

[][]♪そばかすなんて ♪そばかすなんてを含むブックマーク

■雨が降って肌寒い。しかしストーブがいるほどでもない。本当に暖かくなった。庭の雪もすっかり消えて、なのに草花の芽が出てこない。気候の変化が早過ぎてついてけないのか。暖かいから出るってもんでもないんだな。

■何の気なしに『キャンディ・キャンディ』を読み返したらあまりに面白かったので、「漂着教室」に持ってきた。最終巻が怒濤の展開で驚く。こんなにあれもこれも詰まってたっけ。『キャンディ・キャンディ』は俺が少女マンガを読むきっかけになった作品なのだが、案外覚えてないもんなんだな。改めて読むと、ちょっとちばてつやっぽい感じもある。キャンディに規則を守る気がさらさらないところがいい。そこら辺で国松くんなんかに通じるものを感じたのかな。

■しかし、やはりというか何というか、年が上の人から読んでいく。子供らが読み終わるのはいつの日か。(今、価格調べて驚いた。全9巻セットで27000円もすんのか。へー、これが)

■明日は道教委の懇談会とフリースクールネットワークの定期総会。資料はあらかた作り終わって、あとは明日ちょっと手直して印刷だ。さて、これから訪問に行ってきます。(3/27夕)

tsubasatsubasa 2008/03/28 06:54 マイミクのtsubasaです♪
私もキャンディキャンディ、大好きでした☆☆☆
もちろん全巻そろえていたのですが、
友達に貸したりしていたら・・・
いつの間にか何冊かなくなり、
結局、今は手元に残っていません!
今でも時々読み返したくなるし、
自分の子供にも読ませたいなぁ〜って思うけど、
27000円もの価値になっているのですね〜?

相馬@漂流教室相馬@漂流教室 2008/03/28 17:24 ほんとにビックリですよ>27000円
原作者ともめたからかな

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080327

2008-03-26(水) 曇り

[][]場の持つ力 場の持つ力を含むブックマーク

■昨日は6人も漂着を利用していたが、今日は二人。ゆったり過ごせる子もいれば、二人でもどう過ごすか悩む子もいる。それを横からゆっくり見つつ、感じを味わう。そして、それにそっと付き合う。大したことはできないのだ。

■率業式の時、多くの子供らがカレーを食べながら、また、ゲームをしながら自分のペースを他の人とうまいこと合わせるのを見た。学校では人間関係を作るのが難しいなんてことを言われていて、不登校しているきっかけもそれである子らが、何故年に一回だけの行事に来て、うまいことできるのか。

■一つには、学校行事のような型のある行事でないことが理由だろう。型が無いというのは振る舞いの自由度が高いということだが、それは他の人の行動を受け入れることから成り立つ。合わせるというよりも、人を受け入れるという雰囲気だったのだ。もう一つは、異年齢の集会であったことだろうか。これは自分が「生徒」という型を間違いなく演じなくてもいいということになる。多数の「生徒」が少数の「先生」にコントロールされるには、「生徒」の内面に型を意識させて自己の行動を自律的に制限するのがもっとも効率的だろう。しかし、それは人と付き合うときに、相手のことを考える以上に自分のことを見なければならない。これでは相手との関係を作るのに邪魔が入ってしょうがない。

■要するに、学校という場の持つ力が大きすぎるから、人同士の付き合いがめんどくさいのだ。できるだけ、そんなめんどくさい環境は無くすようにしたい。それは、訪問の中でも漂着でも同じだ。

■訪問先でまたPCパーツをもらった。ちゃくちゃくともう一台組めるようになってきている。できたらどうするか。

あんみつあんみつ 2008/03/27 14:52 日誌を読んでいて、学校の中で、大学や専門学校は場の持つ力が、圧倒的に弱いなあと思いました。大学生は小中高校生に比べ、例えばバイトで多少の遊ぶお金はあるわ、車も運転できるわ、サークルもあるわで、付き合いの場の中心も、学校外に移りますしね。「学校が窮屈」ということについて考えたくなって来ましたわ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080326

2008-03-25(火) 晴れ 暑い

[][]鏡がある 鏡があるを含むブックマーク

札幌で3月に気温が15℃を超えるのは117年ぶりの椿事なんだそうだ。陽気に誘われたわけでもないだろうが、「漂着教室」には子供が6人。あの部屋に6人はちと多い。廊下に連れ出して、突き当りの休憩スペースでだらだらとする。さすが117年ぶりだけあって廊下にいても寒くない。

■別に部屋にだけいることはない。今はどこへ行くにもスタッフ連れだが、そのうち子供らだけでこうやって勝手にたまって遊ぶといいな。

■「率行式」も手伝って、子供同士顔見知りなことも増えた。今日も兄弟のように相手をしてくれて、ずいぶん助かった。こういうのも悪くない。だが、子供同士の関係は、一見自由なように見えて、実は周りの大人のやり方を踏襲していたりする。大人が厳しく当たる子には、そういうもんだと子供も厳しく当たるだろう。ノホホンとはしていられない。己の鏡がそこにある。

テンテン 2008/03/26 16:31 子供がまだ幼稚園の頃、猫を相手に「いいかげんにしなさい!」「よしなさい!」と言っているのを聞いて、どきっとした事があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080325

2008-03-24(月) 曇り時々雨

[][]記録をつけよう 記録をつけようを含むブックマーク

■週末行事二連発、日曜日も説明訪問と勉強会を行っていたので、休み感が無い。今週は道教委との懇談とフリースクールネットの総会がある。BS2でやっている石森章太郎の特集番組を見て懐かしさに浸ることで、ちょっとくつろいでやっていこうか。見ている人、いるかな?

■通信作成後訪問。一件で包丁を研ぐ。良く切れるようになった包丁楽しいですな。あ、こういうシーンこそ、動画でとれば面白いのだった。どんどん残すようにしてみよう。

■全労済が「2008年全労済地域貢献助成事業」というのを募集している。子供事業がまさにフリースクール関係向きなので、早急に考えたい。漂着会議も四月は開く予定。

めぐめぐ 2008/03/25 22:24 今日包丁を問いで見ましたが、鯵がボロボロになりました。

私も研いで欲しいな・・・・

キカイダー見ましたよ〜あんなんだっけ・・・・とふと思いました。
もっとかっこいいような気がしていたの。

今のがハイパー過ぎるのかな。仮面ライダーもシンプルだったし。

相馬相馬 2008/03/26 01:42 次の訪問の時にでも研ぎましょうか。子供と一緒に

めぐめぐ 2008/03/29 11:26 お願いします!
包丁6本くらいあります。仕上砥しか見当たらない・・ですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080324

2008-03-23(日) 晴れ

[][]まともだよ まともだよを含むブックマーク

■昨日の後始末とフリースクールネットの用事とで「漂着教室」へ。金曜から忘れっぱなしの弁当箱も回収せねば。ついでに日誌も書いてしまおう。

ポスターの案を練ってたら、子供らに「もっとまともに作れ」と怒られた。えー。まともだと思うけどな。まとも過ぎてあざとさがモロに出ちゃってる。むしろ、もっとキトーにしたいのだ。ここからどう変えるか。

■隣では、横山さん山田ほか6、7名でなにやら勉強会をしている。さ、俺は俺で仕事しよう。(3/23昼)

tsubasatsubasa 2008/03/23 17:58 マイミクのtsubasaです♪
いい仕事されていますね〜☆
すごく勉強になりますヽ(*´∀`)ノ

また、寄らせていただきますね♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080323

2008-03-22(土) 晴れ

[][]第二回率業式 第二回率業式を含むブックマーク

■突き抜けるような晴れの日差しの下、率業式が執り行われた。なんて書いてみたが、カレーを食べて、Wiiで遊ぶという卒業式を茶化した催し物だ。ezorockのスタッフが部屋案内の掲示を見て、「卒業式の字、間違えてませんか」と尋ねてきたのが狙い通りだった。

■九時半くらいに漂着教室に着いてみると、既に子供が一人来ていてびっくりした。準備は十時から始めるというのに、やる気満々で八時半過ぎには着いていたという。みてねっと北海道の部屋で待っていたということで、初貝さんに感謝したい。

■会場の準備をして、十時くらいからカレーを作り始めた。お米を研ぎ、野菜を切り、肉を切り、掲示を作り、Wiiの準備をし…。スタッフもどんどん手伝いに来て、子供達と話しながら作業をしてくれた。十二時過ぎには参加者がほぼ集まって、その数三十名。さらに一人後から来たので、今日は総勢三十一名が集まったことになる。カレーは、普通カレータイカレーグリーン二種を作った。去年よりもおいしくできたと思う。実際、おいしいという声を良く聞いた。

カレーを食べた後は、Wiiで遊ぶ人、漂着教室で漫画を読む人、話しをする人色々いた。今回は去年の反省から、色々な過ごし方のできる部屋を用意してみたのだ。この点は成功だった。

■終了の時刻は特に決めなかったが、堪能した人からばらばらと帰り始め、最後の一人が帰ったのは七時半を過ぎていた。その時間まで付き合ってくれたスタッフ感謝しよう。

■まだまだ色々と考えたことははあるのだが、それはおいおい書きたい。写真はアウ・クル事務局の宇野さんがたくさん撮ってくれたので、それも後日。今日の所は、とてもいい感じで終わりましたという報告まで。

テンテン 2008/03/23 07:56 昨日はご馳走様でした。掃除用具を探して、暗い用具置き場に頭を突っ込んでいたら、事務局の方らしき方がちりとりとほうきを出してくれました。あの方が宇野さんでしたか。早く来たお子さんが他の団体の部屋で待たせてもらったり、寄り合い所帯はいいですね。

トウダトウダ 2008/03/23 14:07  タイカレー、美味かった!!時間が無くて、堪能できる量を食べられなかったのがチョー残念!マグカップに、3分の1くらい頂きました。もっともっと食べたかった〜〜〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080322

2008-03-21(金) 晴れ

[][]Drum,Drum,Drum Drum,Drum,Drumを含むブックマーク

■「サッポロドラムサークル」の方々を迎え、第一回ドラムサークル開催。もう、楽しかったから勝手に「第一回」にしてしまった。二回目も三回目もやるぞ。そもそものきっかけを作ってくれた「アーベルの会」にも感謝

f:id:hyouryu:20080322135108j:image

■めいめい好きな打楽器と振り物を持って輪になって座る。ドラムサークルの「サークル」は、サークル活動の「サークル」じゃなくて「円」の方なんだな。ミステリーサークルの「サークル」だ。低音の太鼓が基調のビートを刻む。それに合わせてそれぞれが思い思いに叩く。そのうち指揮役が輪の真ん中に出て、小さく、大きく、早く、止めて、と変化をつける。事前の説明もなく、言葉のひとつも使わず、身振りだけで示す。それでなぜ間違いなく伝わるんだろう。しかも全員に。ボディーランゲージの力はすごいな。

■陳腐な表現だが、本当にあっという間の1時間だった。困ったなあ。また打楽器が欲しくなるじゃないか。買おうかなー。

あんみつあんみつ 2008/03/22 20:46 おや?このタイトルどっかで見たような・・・?あっ、少し前のアーベル管理人の日記で管理人も書いていたタイトルですわよ。カタカナで書いたのが、なぜか負けた気がする。というのは、ウソ。楽しいと、やはりこういう表現になるのだな、と思いましたよ。Drum!Drum!Drum! 

学校で習う笛は苦手だったけど、太鼓は楽譜が読めなくても、誰でも叩いて楽しめる、という意味のことを、参加したお若い方が言っていたのが、私はとても心に残りました。

それから林太郎さんの踊り! ドラムサークルの青年の叩くリズムに乗って踊る彼の踊りが、とてもかっこよかったです。皆さん、必見!

相馬相馬 2008/03/23 14:35 ザ・ダムドのアルバム「Damned, Damned, Damned」から取ったんですが、分かりづらいか

あんみつあんみつ 2008/03/23 16:53 そういうバンドがあるとも知らず。私のは、『楽隊のうさぎ』のある章「ブラス!ブラス!ブラス!」のもじりです

林太郎林太郎 2008/03/24 00:57 わ〜!お褒めの言葉ありがとうございます!
今度は是非サークルの中で踊りたいです、笑

あんみつあんみつ 2008/03/24 10:46 踊りっていいですよねえ。ぜひ、今度は輪の中で踊ってください。そして、ワタクシにも踊り教えてください( 爆!でも半分本気)

林太郎林太郎 2008/03/24 23:24 ありがとうございます♪
全然簡単ですよ。一緒に踊りましょ〜

2008-03-20(木) 晴れ時々曇り

[][]休み無し 休み無しを含むブックマーク

■世間は休日だが、漂流教室休み無し。ということで、本日も漂着教室には子供が三人。いつも通りに過ごす。みんなここに来るのがいつものことになっているのだ。訪問は休日にお休みになることがままあるけれど、フリースペースではそうではないのだな。

■季節の変わり目なのか、ちょくちょく風邪をひいたという話しを聞く。みなさん、お体には気を付けて。なんと言っても、明日、あさってはドラムサークルと率業式。漂流教室のちょっと楽しいイベントだ。明日のドラムサークルは、動画も撮ってみるかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080320

2008-03-19(水) 晴れ

ドライアイスバブル

[][]無理で支えても 無理で支えてもを含むブックマーク

PC環境によっては昨日の動画は見られないかもしれないので、写真も載せておこう。石鹸水の中にドライアイスを入れると、こんな感じで泡がボコボコと出てくる。泡が真っ白なのは、中がドライアイスの煙(冷却された水蒸気の粒)だからだ。手で潰すと白い煙を吐いてふわっと消える。お湯で石鹸水を作ると、反応が激しくなるので巨大な泡になる。次はもっとデカい入れ物でやってみたいな。

■新規の訪問が1件決まる。問い合わせの電話も、多くはないが、途切れずかかって来る。訪問の需要は相変わらずある。なので、<と・ざ・ん>の活動縮小は残念でならない。しかし、明日は我が身の思いもある。無理が支える仕組が長続きするはずないから、利用家庭とフリースクールだけで支えてる限り、いつかそういう日は来る。そうならないよう次の手を考えてはいるが、そもそもなぜここに教育行政が絡まないのか。札幌市不登校生徒児童数1500人に対し、相談指導学級は4つ。定員は100名に満たない。1400人があぶれる仕組にしておいて、そこをフォローしているフリースクールに何の支援もないのは道理に合わない。

■「漂着教室」に新アイテム登場。スポンジのテニスボールと当たっても痛くないフリスビー。これで体育館テニスが出来る。フリスビーは、ドッジボールのようにして遊ぶのだそうだ。でも、次の体育館開放日はドラムサークルさ。いよいよ明後日だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080319

2008-03-18(火) 曇り

[][]あわあわあわわ あわあわあわわを含むブックマーク

火曜日事務所機能は一週間の始まりなので、先週末から溜まっていたメールへの返信をしたり、電話をしたり、書き物をしたりする。昼過ぎ、子供卓球をしていたら、ヨサコイで知られる長谷川岳氏がやってきた。NPOヒアリングということで以前から予定が入っていたのだ。二月だけで市内のNPO460カ所を回ったのだという。これくらい動きたいものだ。

ヒアリングでは、フリースクール事情不登校の状況、NPOの在り方についてなど、色々と話しをした。畑は違うが、相通じるものがあったと思う。まあ、年も同じだし、大学も同期だし、背景が結構同じなら通じる感じはあるのが当たり前といえば当たり前か。最後に、彼が関わる学生に、うちでボランティアするのを勧めてくれるとの話しがあり、大変有り難く思った。

■ひとしきりまじめな話しをした後は、それを完全に忘れるようなアホ実験相馬氏が始めた。ドライアイスを洗剤液の中に入れるとどうなるか、試したのだ。これは動画でなければ面白さが伝わらないので、Youtubeにアップしてみた。ぼくの声がもりもりうるさいな。

D

実験の後は、スタッフ研修。地味にスタッフ募集してます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080318

2008-03-17(月) 晴れ

[][]端から端へ 端から端へを含むブックマーク

■在籍校への「漂着教室」利用報告に南の端まで行き、訪問で北の端まで行き、テニスラケットを受け取りに西の端へ向い、さて家に帰るかと車を走らせてたら東の端からお呼びがかかった。いやいや、札幌は広いぜ。こんなに走れるのも道路の雪が融けたから。でも疲れたので寝る。

[]統一学力テストシンポ 統一学力テストシンポを含むブックマーク

シンポジウム第2弾「全国一斉学力テスト」を問う 

 

日時:2008年3月26日(水)18:30-20:30

場所:かでる2・7 710会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

費用:500円(資料代として)


コーディネーター:三上勝夫氏(北海道教育大学札幌校)

パネリスト:竹田裕一氏(札幌市立小学校教員)

      尾張尚氏(札幌市立中学校教員)

      大口久克氏(全北海道教職員組合書記長)              

〜参加者による討論(教育学研究者による討論も含めて)


主催:北海道子どもセンター/北海道の教育改革をともに考える会

連絡先:北海道子どもセンター tel:011-733-6606

    北海道教育大学札幌校増淵研究室 tel:011-778-0401

■学力テストはこれからも続いていくので、去年だけ騒いで終わりじゃダメなんですよね。こうやって継続して問い続けるところがあるのは心強い。

あんみつあんみつ 2008/03/18 21:35 日誌と無関係な書き込みごめん。カレンダーを時々チェックしていますが、出ていないので、こちらでお聞きします。リラクセーションは第4水曜日固定と思ってよろしいですか?

山田山田 2008/03/19 01:44 講師の高橋さんの都合がまだよくわからないので、ちょっと待ってください。近々お知らせします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080317

2008-03-16(日) 曇り

[][]野球シーズン到来 野球シーズン到来を含むブックマーク

■四週間だったか、それ以上ぶりに何も行事の入らない日でしたよ。夕方からプロ野球オープン戦ファイターズドラゴンズを観戦。去年見に行った試合ではなかった打撃戦を堪能したのでよし。でも、武田久マイケルはぴりっとしなかったのが不安。

■家に帰ると、猫のおむすびは、これまでに無く放っておかれていたことが堪えたのかふるふるしてました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080316

2008-03-15(土) 雨のち曇り

[][]おかしいな おかしいなを含むブックマーク

■もう3月も半分終わったのか。早すぎる。

■久しぶりにカラオケに行ったら、全然声が出なくて驚いた。このままではイカン。月末の第一回漂着カラオケ大会までに調整せねば。「漂着教室」に来てる子供企画イベントだ。

リズムとるのを左手始動で練習中。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080315

2008-03-14(金) 曇り後雨

[][]市教委との懇談 市教委との懇談を含むブックマーク

札幌市教委と市内のフリースクール等民間団体の懇談会に出席した。参加団体は、

の五団体で、年度末で色々と忙しいのか、いつもより少なかった。

自己紹介と今年度の振り返りの後、事例発表。と・ざ・んの渡邊さんから、これまでに受け持った人の年齢、状況についての統計とそこから見えるものについて報告があった。受け持った人たちはいずれも公的な教育システムでは手が回っていない人たちで、特に義務教育年齢の人については、無償で受けられるはずの義務教育から疎外されている。それを民間でカバーしているわけだが、家庭は税金に含まれる義務教育費の恩恵は受けられず、改めて教育のための費用を民間に払うという二重の金銭的負担を強いられることになっている。*1続いて、自由が丘の亀貝さんから、年度末にいつも話題になる、フリースクールへの通学が学校でどのように扱われるかの問題点と市が制定しようとしている「子どもの権利条例」案について。出欠の扱いについて在籍校にアンケートをしたとのこと。指導要録上は出席だが出席簿は欠席となり、親が見る通知票は出席簿を元に記載するのでフリースクールに通っても「出席ゼロ」という妙な状況は以前よりかなり変わっている。「フリースクール通学日数」という形で記載するところが多くなってきた。しかし、アンケートの「通知票にどう記載するか」の返答が無い学校が、半数以上だったとのこと。どのようにしているのか気になる。

■費用の話しについて、若干補足する。義務教育を受けなかったのは子供の選択の結果であるから、二重負担はやむを得ないという考え方は間違っている。義務教育の「義務」は、親が子供教育を行う義務であるからだ。行政はその義務を果たすために小中学校を設置し、円滑にそれを行うことができるようにしている。しかし、現実を見てみてると、現存のシステムでは適応できない*2人たちがいるのだ。そうした人にどのように教育をするか、考えなければならない。この点については、自由が丘金澤くんが法律を根拠にしながら理論的に話してくれた。いつもながら頭が下がる。自分もそれくらい学ばなければならないな。今度教えてもらおう。

■この発表にからみ、ぼくも発言。教育を受けたくても現存のシステムでは対応できないという実際の事例に触れつつ、それであれば子供とどのように関わればよいか、情報を教師に渡してほしいと要望した。先週の全道のつどい実行委員会でも話しで出てきたが、親や子が一番欲しているのは、学校に行かなくなったときに関わってくれる団体や人の情報なのに、それが手に入りづらいのだ。いの一番に相談する学校からその情報を得られれば問題解決は飛躍的にスピードアップするだろう。具体的に言えば、市内のフリースクール不登校の親の会の情報を、教師に渡せということだ。市教委の言い分では、相談機関として児童相談所教育相談所、フリースクール等があるのでそういったところとの関わりでうまくいくこともあると指導しているので、決してフリースクール存在を無視してはいないという。しかし、フリースクールや親の会の名称や住所、連絡先などを教師に渡すことについては、「それを出すとなると、じゃあ塾のような民間団体はどうなのか、ここは載せてここは載せないのはなぜだ、とか検討しなければならない色々な意見もありまして」現状難しいそうだ。

■さて、ここで知らない人もいると思うので札幌以外の状況を挙げてみよう。アンテナにも入っている、「北海道教育委員会」だ。札幌市政令指定都市なので、市教委は道教委の下にはない。道教委の動きは市教委と別だ。道教委サイトには「フリースクールなど民間の相談・指導施設一覧」のページがあって、道教委が把握している、札幌も含めた全道の施設の住所と連絡先を公開している。注意書きとして「各施設の活動内容を保証するものではございません。活動内容の詳細は各施設に直接お問い合わせいただき、ご自身の判断でご利用ください。」と載せている。ちなみに、道外でも不登校対策のマニュアルに民間施設や親の会の情報を載せているところは多々ある。検索をかけて探せばネット上でも見ることができる。ぼくが市教委に求めるのはこの程度だ。

■今回、今まで以上にはっきり見えたのは、費用の問題・通知票への記載・フリースクール等の情報公開、いずれも我々がそれを必要とする/それに困っている人にとってはどうあれば問題解決に向かうかと考えるのに対し、市教委は学校・教師にとって問題となっている「学校復帰」にとって、その困りを解決することでどういうメリットがあるかを判断するという態度だ。それでは、目の前の人の困り感の解決が二の次になってしまう。さらに、不登校に対して校内で組織的に対応せよとなっているので、全員が解決するべき問題として「学校復帰」という点を考える姿勢が強固なものになる可能性が高い。

■午後、漂着教室。剣道をやって疲れたからか、仮眠。夜、スタッフ志望の人が来たので研修。その人は市外の人で身近な人の不登校を見聞きしていた。その時、教師にその親が相談したとき、一発めに「フリースクールもありますよ」と言われたのを聞いていたとのこと。午前中話したことを思い出し、うれしくもありくやしくもあり。

*1:ここで「不登校」に話しを限定していないことに留意されたい。と・ざ・ん、漂流教室のような訪問型の場合は特に、学校に通っていても人間関係を築くことに困難がある子や、義務教育期間は通っていなかったがもう一度勉強をしたいという子なども、相当数在籍している。

*2:「システムには適応できない」ではない

2008-03-13(木) 晴れ夜から雨

[][]いろんな団体のある楽しさ いろんな団体のある楽しさを含むブックマーク

問:「漂着教室」は朝9時からですが、それより早く来た子供はどうしてるでしょう

答:他の入居団体の部屋に遊びに行く

■早く来すぎたから隣の部屋にいた、と子供から聞いてほんとにビックリした。9時前に着いたので「みてねっと北海道」で部屋の開くのを待ってたらしい。いつの間にそんなに図々しく(もちろん誉め言葉だ)なったのか。みてねっとさんにも感謝

■昼にはezorockのスタッフ3人が来て、子供らとモノポリーに興じていった。何だかよく分からないけど適当な距離で付き合ってくれる大人がいる、というのは悪くない。

■そうそう。ezorockがなぜ来たのかといえば、彼らのやっているネットラジオの収録があったのだ。放送は2週間後。山田がなんか喋ってるらしいです。子供らも参加した、のかな。

■来週末の2つのイベント再告知。

ドラムサークル

日時:3月21日(金)14時〜15時

場所:「アウ・クル」体育館

費用:子供無料、大人500円


サッポロドラムサークルさん協力の下、ドラムサークルを開催します。早い話が、みんなで打楽器をドカドカ叩く会です。音楽経験、リズム感、そんなの一切関係なし。でかい音出してはじけよう。

率業式〜カレー大会

日時:3月22日(土)12時〜 ※調理からしたい人は10時〜

場所:漂着教室

持ち物:米一合、myスプーン、my皿


ぱっと見「卒業式」、実は違う。漂流教室卒業無し。まじめな行事は茶化して、カレーでも食べようという集まりです。今年もやります。フツーのカレータイカレーの予定。後、激辛にもできるので、辛い物王決定戦とかしてもいいかも。さらに今年は、スマブラXWiiFitで遊べるスペースも作る予定。ご飯と遊びで春の一日を楽しみましょう。

参加お待ちしてます。かこつけて「漂着教室」の見学に来てもOK。

あんみつあんみつ 2008/03/14 15:11 ドラムサークル、体育館だから運動靴要りますね? 参加希望の人にまだ言ってなかった

石川林太郎石川林太郎 2008/03/15 10:23 ドラムサークル参加しま〜〜す〜〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080313

2008-03-12(水) 晴れ

[][]ピンポーン ピンポーンを含むブックマーク

■漂着教室にて、子供らと卓球をしてみた。きちんとやったことの無い三人でお遊びだけど、これがちょっとずつうまくなるんだよな、いずれ。

■昨年スタッフをしてみたいと連絡があったが事情でできなくなった人から再度連絡あり。有り難い。

■費用関係のことをずっと考えている。NPOとしての費用、月謝、現在財務状況などを見てもらえる形にしようと思う。

■訪問二件。スマブラで対戦。欲しくなっているが、実際買うまではもう少し物欲が高まらないといけないな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080312

2008-03-11(火) 雨のち雪

[][]耳痛→頭痛 耳痛→頭痛を含むブックマーク

■先日の頭痛風邪でも人あたりでもなく、耳掻きのし過ぎによる外耳炎のせいでした。ついでに、ここのところ続いていた寝違えも原因は同じでした。横向きに寝ると耳が押し付けられて痛い。それで変にねじれて寝てたらしい。ものを噛んでも痛い。あごの衝撃が耳に来る。

■もっとも普段はちょっとやそっと掻いたくらいじゃ平気なので、炎症まで起こしたのは、やっぱり免疫力が低下してるんだろう。早く寝なくちゃ、と言いながら、つい遅くまで起きててしまう。オンラインゲームはよくないなー。

■訪問は休みがあって1件のみ。およそ1ヶ月ぶりの訪問で、何か変化があるかなと思ったら何もなかった。あったらあったで構わないが、なけりゃないで構わない。そうかと思ってただ会うだけだ。

■朝、外に出ると、ムワッと土のにおいがした。長らく嗅いでなかったにおいだ。雨の日が一番春の訪れを近く感じる。

■おまけ。思わぬところに筋少ファン発見。去年も行って今年も行くつもりの円山動物園スネークアート展担当者ブログ。でも「灰」じゃなくて「ハイ」だ。

OZA(改)OZA(改) 2008/03/12 12:41 首に巻いたことありますよ。暖かくも冷たくもなく、さらりとした感触でけっこう好きかもです。パチリと写真撮って2000円くらいの観光用でしたけどねシンガポールでの働き者極太のヘビ。

相馬相馬 2008/03/12 15:48 ぼくも子供の頃、ヘビを捕まえて首に巻いて遊んでました

工藤工藤 2008/03/12 19:43 耳の病気は怖いですよー。気をつけてください…。僕も今年はインフルエンザA&Bの後に急性の蓄膿症で酷い目にあいました…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080311

2008-03-10(月) 晴れ

[][]願いとおいしいとこ取り 願いとおいしいとこ取りを含むブックマーク

■晴れていて暑いくらい。通信作成して車に乗ったら車内の温度も夏のようだ。相馬氏は暑さに弱いので、今日も大丈夫だったのか。

■「感謝」の出し方について話が出ているが、今日ふと思ったのは「不登校は自分には必要な時間だったのだ」という言葉のこと。実際そういう感覚を得ている人がいることはわかっている。でも「感謝」を口に出すのが感動を生むのと同様に、この言葉も聞く人/語る人に感動を生むから受け入れられ易くて、こうでないと「まだ不登校を引きずっている」なんて言われちゃうこともあるのじゃないだろうか。「なんだかよくわからない時間だったよ」とか「無駄だったね」と言うような、ネガティブと言われる言葉をさらりと言える人も生き易い世の中でありますように。

■バウムハウス見学の中で施設長さんと意気投合したことを書き留めて置く。バウムハウスがしていることは子供と過ごすというだけのことで、そもそもここに来ることが出来ているという時点で苦労は少ないと言われていた。そこは漂流教室も同じようなことを考えていて、説明訪問をして会いはじめるということができるのは子供自身がもう底を打ったからであって、一番きつい時に付き合っているわけではない、いわばおいしいとこ取りなのだ。記憶不正確かもしれないので、こんなじゃなかったら訂正してください>相馬氏。

■今週はちょこちょこ書き物をしようか。

あんみつあんみつ 2008/03/11 07:44 >なんだかよくわからない時間だったよ」とか「無駄だったね」と言うような、ネガティブと言われる言葉をさらりと言える人も生き易い世の中でありますように。

生き易い世の中、という表現は意味深で、これについて今後時折考えてみたいと思いました。

世の中というのとはないけれど、限定された人間関係なら、不登校についてネガティブに言えるようになりました。でもわりと最近です。年月が経つにつれ、自分の不登校についての認識に変化が生じているのを否めません。良くも悪くも、かもしれないけど。

なんだか書きたいことが涌いてきました。なかなか書きづらいことなので、ゆっくり考えて、自分のブログに書いたらトラックバックしますね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080310

2008-03-09(日) 晴れ

[][]強い自負 強い自負を含むブックマーク

クラーク記念国際高校卒業式に行ってきた。前に訪問してた子が今年卒業なのだ。生徒より担任の先生の方が泣いていて、あんなに泣くってことはよっぽど大変だったんだろう。

■訪問先の子とは行き違いになって、さて買った花をどうしよう、部屋に飾るか、と考えてたら、向こうが戻ってきた。写真を撮ったりこれからの話をちょっとしたり、また会えたら会おう。

■式の中で何度も「感謝」という言葉が出てきた。一人でここまで来れたわけではない、周りの人たちに感謝している/感謝しなさい、と。校長からも担任からも生徒からも出た。大人が言うのは分からないでもないが、生徒が言うのはつまんねーな。ひとりで大きくなったような顔してたらいいのに。感謝より、そういう強烈な自負を見たい。傲岸不遜でいいんだよ。若いんだから。

■人あたりしたか、急に暖かくなって調子を崩したか、頭痛がして早めに寝た。なので、日誌は3/10に書いている。(3/10午前)

トウダトウダ 2008/03/10 16:23 私も最近の子供達を見てて、漠然と思うことがある。私の高校生だった時って「本当に本当に、こまっしゃくれたクソ生意気な女」だったな〜って。なのに今の子って、なんて大人なの?と・・・。本心かな?と思ってみたり、時代が違う?と思ってみたり。私の場合は、自分が子どもを生んだ時に初めて「あ!一人で大きくなったんじゃなかったんだ!今までの私、ちょっとヤバかったかも?へへへ」と若干の新発見をした次第。でも今だって「世の中なんてクソくらえだーっ!」と思う気持ちは、忘れたくないのよーん。

あんみつあんみつ 2008/03/10 19:06 >生徒からも出た

うちの息子と娘に、自分たちが言うとしたら、本心かどうか、後で聞いてみますわ。「セレモニーだからね、一応言っとくわ」という感じじゃないかと予想しています

相馬相馬 2008/03/10 21:12 > セレモニーだからね、一応言っとくわ
それが既につまんないんですよね。「期待されてるから言わない」くらいな方がいい。だってひとりで大きくなったんだしー、とうそぶいて欲しいな、というのは俺の勝手な願望ですけどね

あんみつあんみつ 2008/03/11 00:49 >それが既につまんないんですよね

アハハ、そうきましたか。娘に伝えておきますね(なんて言うか楽しみ〜)。私の予想は当たってました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080309

2008-03-08(土) 晴れ

[][]眠いぞ何故だ 眠いぞ何故だを含むブックマーク

暖かい。聞けば明日は更に暖かく、10度を超えるのだとか。そのせいか、はたまた昨日のドライブの疲れか、やたらと眠い。

■訪問してから、ご飯を食べ、10時前なのにもう眠い。だめだ。明日のレジュメは早めに起きて完成させる。

相馬相馬 2008/03/09 10:28 眠いのは夜っぴいてオンラインゲームをやってたからだよ。俺も眠くて

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080308

2008-03-07(金) 晴れ

[][]バウムハウス見学 バウムハウス見学を含むブックマーク

高速道路を走ること2時間伊達にある「情緒障害児短期治療施設バウムハウス」へ見学に出かけた。伊達インターのすぐそばある2階建ての白い建物。正面に太平洋、振り返れば有珠山昭和新山がそびえ、その向こうに羊蹄を望む。体育館家族療法棟も併設、同じ敷地に病院学校があり、50名の子が暮らす。

英国雑誌建築賞を受賞した建物は、6m四方の部屋が24個ランダムに配置されている。死角が多くて施設に向かない、と反対した職員に施設長の宮地さんは、目が届けば見えている思うのは幻想ではないか、と説得したそうだ。目の前にいたって子供の内面まで見えているとは限らない。事実、問題は全て職員の前で起こったそうだ。行動が子供たちのアピールなら至極当然のこと、と施設長は言う。

子供らの部屋も見せてもらった。カードゲームガンダムなど、見慣れたものが並ぶ。掲示物は部屋の中に限り、共有スペースには貼らないようにしてるのだとか。「××しないように」「××禁止」といった規則は、すぐにパワーゲームとして子供に影響を与えるからだ。

子供らと長く付き合う姿勢、「出来ないこと」ではなく、付き合う中で見える変化を大事にすること、自分たちの限界をはっきり見つめた視点など、「漂流教室」に通ずる/参考になる部分がとても多かった。札幌児相のすすめもあって見学を決めたが、行ってよかった。まだまだやること、やりたいことは多いな、と山田と話す。

■帰りに「シュタイナースクールいずみの学校」へ寄る。今月末に豊浦への引越しを控えおおわらわ。迷惑な時期に行ってしまった。落ち着いたらまた来よう。

かなえかなえ 2008/03/08 23:47 バウムハウスは平面図を見たことがあって、
一度行ってみたいと思ってたの。
施設長さん、やっぱり素敵な人だった?いいなぁ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080307

2008-03-06(木) 曇り

[][]こんな一日でした こんな一日でしたを含むブックマーク

■中三の子と「もう三月だねぇ」などと話しつつ、英語をやったりして過ごす。その後の訪問先には、2月のフォーラムテープ起こしを依頼する。

■明日の伊達バウムハウスへの訪問を前に、ブレーキパッドの交換。これと訪問には賛助会員からの会費と支援費を使わせてもらった。

■漂着教室についてみると、早速卓球台を使って子供スタッフが遊んでいる。これから流行る予感がする。ぼくは今週も雪かき。結構汗をかいた。

■夜、スタッフ研修。まだまだ増やしていかなければならない。

くどうくどう 2008/03/07 10:41 ああ、3月ですか。もうすぐ22歳ですよ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080306

2008-03-05(水) 晴れ

[][]ミーティングにも変化 ミーティングにも変化を含むブックマーク

荒井由美の「卒業写真」は福山雅治が歌ったら合いそうだな、とラジオを聴きながら考えてたのだが、調べたら、この間なんかの番組で歌ったらしいな。くそ。アドバイスしてやろうと思ったのに。

■「漂着教室」を若干早く閉め月例ミーティング。いまボランティアスタッフは20人くらいいる。多すぎて顔が覚えられないくらいいる。それでもスタッフ同士は顔見知りになってるようで、みんなすごいな。記憶力いいな。

■新しく訪問を始めたスタッフから他のスタッフへ質問が出たり、訪問の悩みに「分かる分かる」という軽いどよめきが上がったり、経験の共有という点ではよい方向へ進んでいる。山田相馬抜きでも、ボランティアスタッフ同士で研鑽していけそうだ。ただ、全体に言葉の選択が甘い。人数が多い分、ひとつの話題を深くまで掘り下げられないからだろうか。今後の改善点のひとつ。

■共有スペースの卓球台は早速大活躍。誰でも使えるようラケットもボールも一緒に置いてあるので、他の団体の人も遊んでいる。こういうところから知り合いが増えるかもしれないな。スタッフ子供らも。

てらさわてらさわ 2008/03/06 12:06 卓球はいいっすね。
10年ぶりぐらいにやりましたが、あんなに楽しい(楽しそうな)ものだとは。
暖かくなって共有スペースの仕切りが取れたら、もっと良いですね。
でも球がふっ飛んでくのかしら…

ヨシダヨシダ 2008/03/06 22:52 ミーティングはまだ緊張します(^O^) はやく慣れたいモノです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080305

2008-03-04(火) 晴れ

[][]重い話し 重い話しを含むブックマーク

■アウ・クルに着いてみると、先週雪かきして作った駐車場体育館からの落雪で入れなくなっている。しかも、でっかい氷の塊があって、もう一度やるのは大変そうだ。やれやれ。

本日は訪問無しのため、明日のミーティング準備とバスソルト作成のための実験。桃色の岩塩は溶かすと細かい砂のようなものが出てくることが判明。これが体に効きそうだが、風呂桶にはあまり良くなさそうだ。

卓球台を購入。一つ60キログラム以上あるのが二つ。搬入したが重いのなんのって。でも、これで体育館がさらに楽しくなるよ。

[]率業式〜カレー大会率業式〜カレー大会〜を含むブックマーク

日時…3月22日(土)12時〜 ※調理からしたい人は10時〜

場所…漂着教室中央区八条西二丁目 市民活動スペース アウ・クル310)

持ち物…米一合、myスプーン、my皿

■ぱっと見「卒業式」、実は違う。漂流教室卒業無し。まじめな行事は茶化して、カレーでも食べようという集まりです。今年もやります。フツーのカレータイカレーの予定。後、激辛にもできるので、辛い物王決定戦とかしてもいいかも。

■さらに今年は、スマブラXWiiFitで遊べるスペースも作る予定。ご飯と遊びで春の一日を楽しみましょう。

太田太田 2008/03/05 05:53 激辛カレーを是非食べてみたいです。

ほむらほむら 2008/03/05 14:54 漂着教室には行ったことないんですけど、

スマブラXがしたいです…(ちょ

どうして家にはテレビゲームがないんだ!!!11
スマブラやりたいです…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080304

2008-03-03(月) 晴れ

[][]鳥を見て 鳥を見てを含むブックマーク

■通信を印刷している道立市民活動促進センターは、植物園の隣にあるので、鳥がちょこちょこやって来る。来る中につがいが何組かいて、春の近さを感じる。

仕事が終わった後、知り合いの知り合いの家へ遊びに行く。思いがけず近い業界にいたので驚いた。本の趣味が近いのに尚驚いた。阪神ファンだったのは嬉しかった。猫はかわいかった。

[]Let 's Drum! Let 's Drum!を含むブックマーク

アーベルの会との共催企画です。

サッポロドラムサークルさん協力の下、ドラムサークルを開催します。早い話が、みんなで打楽器をドカドカ叩く会です。音楽経験、リズム感、そんなの一切関係なし。でかい音出してはじけよう。


日時:3月21日(金)14時〜15時

場所:「アウ・クル」体育館

費用:子供無料、大人500円


参加希望者は3/14(金)までに連絡下さい。いろんな打楽器があるみたいだぜ。

2008-03-02(日) 晴れ時々曇り

hyouryu2008-03-02

[][]キャンドルライトが(以下略キャンドル、ライトが(以下略)を含むブックマーク

■道立市民活動促進センターにて、親子さぽーとくらぶ ひふみによる「あそびのサポーター向け工作講習会」に出席。モザイクキャンドルと入浴剤作りの方法を学んだ。出席した人たちはみな子供がらみの活動をしている人で、小樽千歳からも来ていた。写真は完成したモザイクキャンドル。自分の色使いのセンス無さがちょっとうらめしい。

■この「ひふみ」は平岸で活動している団体で、毎週末に親子で工作や遊びに集っている。すごいのは、その遊びで作るものを「工作セット」として売り物の形にしていたり、自作折り紙メモ帳ストラップなどを販売しているところだ。そのセンスが素敵で、これは相馬氏に見せれば燃えるだろう。

■その後、説明訪問一件。これまでずっと待機状態だったスタッフにようやく行ってもらうことになった。よろしくお願いしますね。

工藤工藤 2008/03/03 09:32 もざいくきゃんどるー。かわいいなー。バスソルトのハーブどうなりましたか?いま鼻が大変なことになっているのであれなんですけど…。ごめんなさい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080302

2008-03-01(土) 午前中吹雪 午後晴れ

[][]読書の月始め 読書の月始めを含むブックマーク

■もう3月か。早いなー。

町田康告白』をあんみつさんから頂いた。ついこの間、文庫版が出て、それが文庫のくせに1200円もしやがるので、買おうかどうしようか迷っていたのだ。助かった。浮いた金で『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』でも買おう。早速読み始めたが、面白い。歯を磨きながら読んで、危うく吹き出すところだった。

高校数学化学物理勉強しようと思いながらもう2ヶ月が過ぎてしまった。打楽器ならあんなにすぐ動くのに。子供のことをとやかく言えない。

あんみつあんみつ 2008/03/02 01:05 なんでこの本が私の本棚にあったんだろうと思って、今ブログをチェックしたら、2005年の道新4月26日(火)夕刊 沼野さんという方の批評のせいでした。 町田康の作品について興味深いことが述べられていたのです。私は「彼の音楽は私は全くだめだったし、小説も読んだことはないのですが、今日の彼の作品に対する「批評」の一部に目を奪われました」などと書いてます。目を奪われて買ったものの、どうにも読めなくて、3年本棚に鎮座していたわけです



沼野氏「全篇を通じているのは、意外にも、思考と言語表現のずれというテーマである。・・・熊太郎は、一生を通じて自分の思考を表現する言語を持たないことに悩まされ続け・・・。究極的には言語表現と思考の間の根源的な深い裂け目の問題でもあるだろう。南アフリカの作家クッツェーの・・・作品に『ことばの鏡は割れてしまって元に戻らない』『何を言っても別なことに意味がうつってしまう』といった指摘があった」。この批評を読んだら、つい読みたくなるじゃありませんか?

太田太田 2008/03/02 09:50 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』という題名が気になります。読書は高校卒業と同時に他にお金がかかる趣味が沢山できたのでやめてしまったけど、もったいなかったかな。

相馬相馬 2008/03/02 12:13 『死刑』の著者、森達也の本は漂着にも何冊か置いてあるよ。『死刑』も買ったら置いとくつもりです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20080301
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |