漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■入れ替わり立ち替わり書いてます■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2012-10-31(水) 曇り時々晴れ

[][]ハロウィンだとさ ハロウィンだとさを含むブックマーク

ハロウィンだそうで。漂着教室にやってきた人たちからお菓子をねだられて思い当るが、当然お菓子など持っていない。たばこならあるが。そうだ、みんなハロウィンにはたばこ吸えよ、たばこ

写真は来室した人とスタッフが一緒に作ったハロウィンかぼちゃ。怪しい宗教絵画のごとし。

f:id:hyouryu:20121101012058j:image

■訪問先で食べ物の好き嫌いの話をした。先日の給食の話も念頭にあり、どうやって食べればうまいかなど話す。帰宅後、きしめん作って食いつつ、ビーフシチューを作った。きしめん日曜日湯豆腐から引き続きの出汁で。ビーフシチューは、昨日の帰りに近所のスーパーで1.2キロ500円しなかった牛肉の塊を買ったので。大変上手にできました。

日本シリーズ、五分に戻した日ハムに期待。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121031

2012-10-30(火) 曇り後雨 寒い

[][]そうだ本を読もう そうだ本を読もうを含むブックマーク

漂流教室立ち上げから2、3年を除いていわゆる専門書はほとんど読んで来なかった。理由は、周りに専門で学んでる人がたくさんいたので教わった方が効率がよかったことと、次々新規分野がからんできて(福祉とか貧困とか環境とか諸々)面倒だったことのふたつ。いや、ひとつなのか。結局どっちも面倒くさかったからってことか。

■でも10年経って、そろそろちゃんと学ぼうかなと思った。10年で自分なりのやり方、自分なりの知識はある程度形になった。ここらで外の知識ややり方を入れないとバランスが悪い。専門知識を礎に自分のやり方を築き、自分のやり方を糧に専門知識を咀嚼する。本当は一緒に進められたらいいんだけどね。そこまでの余裕がなかったということにしておく。

10年のツケはでかくって、一体どこから読み始めたらいいのかボーゼンとするけれど、裏を返せばどこから始めてもいいということだ。まあでも古典からかな。それと専門誌。

■こういうとき図書館存在はとてもありがたい。何を大事にしなきゃいけないって文化施設の維持こそ生活には重要なんだよ。うーん。やっぱり図書館をやりたいのかな俺。北海道ブックシェアリング弟子入りするか。

寒いので相談支援パートナー仕事も漂着教室も来る人が少ない。人が少ないとなお寒い。訪問はいつもと変わらない。でもこっちは行く人が大変だね。ボランティアスタッフのみなさん、どうもありがとう風邪ひかないように。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121030

2012-10-29(月) 曇り時々雨

[][]給食の話 給食の話を含むブックマーク

月曜日中学校給食を食べる機会のある日。給食時間は午後一時からで、25分までに配膳から片付けまで終わらせる感じだ。食べ始めがちょっと遅いので、ガツガツ食べるのが基本になって速く食べ終わることができるという感じか。でも、もう少し早めに食べ始めて、ゆっくり食べられたらいいのにと思う。食育を唱える人はこの辺りに文句つけないのかね。

■後、醤油ソース、塩、こしょうのような調味料は備えていていいんじゃないか。家やレストランなんかでも必ずあるよね。無いのは、ファストフード店くらいなんじゃないか。先週無かったから持っていってしまった。

■夕方からスタッフ映画魔法少女まどか☆マギカ」を見に行った。日本アニメって、長編でも短編の素敵な芸術作品と同じくらいのクオリティ映像を作ることができるようになっているんだな。ストーリー以上に絵がいいわ。(30日)

相馬相馬 2012/10/31 00:34 それは山田が濃い味付けが好きだということでは。俺はむしろもっと塩を減らして欲しい

山田山田 2012/11/01 01:23 えー、揚げ餃子を調味料無しで食うのはきついよ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121029

2012-10-28(日) 雨 強風

[][]全然遠くへ来れてねーんだな 使えない自由に溢れた 全然遠くへ来れてねーんだな 使えない自由に溢れたを含むブックマーク

山田くん10/25の日誌書いてないのを完全に忘れてるな。その日のうちに書かないからこうなる。きっと待たせた分、相当な大作だろう。乞うご期待。

■高校のうちに出来るだけバイトをしてお金を貯めたい。100万円くらい。専門学校に行きたいので。入学金と授業料でちょうどそのくらいかかるから。と、今年高校に入ったばかりの子が言っていて、自分と比べて暗い気持ちになる。そんな苦労は要らないよね、本当は。先日ようやっと高等教育無償化留保撤回閣議決定された。奨学金だって今みたいな借金制度じゃない方法があるんじゃないか。

奨学金の仕組をつくれないかと、ときどき考えてしまうのです。

タイトルTheピーズの「絵描き」という歌から今日ライブだったのに、用事と具合悪かったのとで行けなかった。悔しー。ここにPV貼ったろ。

ホント、いろいろやってみても全然遠くへ来れてないんだと思うことばかりですが、しょうがないからまたやろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121028

2012-10-27(土) 晴れ。風強し。

[][]吐いたわ 吐いたわを含むブックマーク

■前日の漂着宴会で久しぶりに飲み過ぎた。二日酔いで吐いたのは、何年かぶりな気がする。

■午後、訪問先の子宇宙刑事ギャバン映画を見に行った。昔演じていた役者も出ていて、おじさん年代にはうれしい映画だった。ギャバン主題歌は傑作だよ。


■夜、週刊少年チャンピオンで気になっていた漫画空が灰色だから」を買ってみた。

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)

2巻の21話「こんなにたくさんの話したいことがある」が秀逸。週刊少年チャンピオンは、ジャンプサンデーマガジンには見当たらない、文学性を含んだ作品を出すことがあるなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121027

2012-10-26(金) 晴れ

[][]厚田まで 厚田までを含むブックマーク

■漂着教室の当番をボランティアスタッフ小林くんに代わってもらい、一路厚田へ。なんだかバタバタとそういうことになったのだ。天気もよく気持ちいい。望来の手前でパーッと視界が開ける。車がグライダーになったらな。そのまま飛んでいけるのに。

宴会用に油揚げ燻製を買った。俺用には漁港めふんを買った。

■来週はフリースクールネット事務局会議と合同教研と全国大会打ち上げ。再来週は北大での講義フリースクールフェス。そこそこ忙しい。うまくやろう。あ、明後日札幌自由が丘学校祭だよ。

政局がなんだかきな臭くてね。体内センサービリビリいってる。警戒中です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121026

2012-10-25(木) 曇り

[][]空きを埋める 空きを埋めるを含むブックマーク

石原、橋下、安倍といった政治家は本当は日本が嫌いなんだろう。だからあんなに日本の悪口ばかりを言い、何とか今の体制をひっくり返そうとするのだろう。嫌いなのは仕方ないが、愛国者のふりをするのがいただけない。まとまって「嫌国党」とでも名乗ってくれたらわかりやすいのに。夕方、石原都知事知事を辞め国政へのニュースが入る。

■今年は冬靴を買わなければ。去年までのはもうボロボロで役に立たない。欲しいブーツがあるのだが、ちょっと本格的過ぎて、真冬以外に履くのがためらわれる。そうすると、それまでの冬靴がもう一足必要になるのか。でも二足買うほどの余裕はない。どうしよう。

適応指導教室で訪問をするようになった知り合いから相談電話あり。なかなか訪問してるところは少ないからな。訪問支援の相談に乗る、という打ち出し方はありなのか。

■本当は山田が書く日だったのだが、いつまでも空いたままなのが気になったので代筆。(11/11

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121025

2012-10-24(水) 晴れ

[][]木漏れ日の色 木漏れ日の色を含むブックマーク

■夜に降っていた雨も朝には上がって、きれいな青空が広がった。遠くの山には白いものが積もっている。

■赤や黄色に染まった街路樹の葉に陽が射すと木漏れ日に薄く色がつく。その下を通る人や自転車が、淡いカクテルライトに照らされたようできれいだ。

■久しぶりに説明訪問へ。新しい訪問先が一件増えそうです。そういや最近まり漂流教室宣伝してないな。改めてちゃんとやろうかな。ボランティアスタッフパンフつくってもらうよう山田が動いてたはずだが、どうなったのかな。

■夜はいつもの余市訪問。札幌を出るころにはもう真っ暗になっている。気温もぐっと下がって、いよいよ冬の気配になってきた。進路の話もだんだん具体的になってくる。中学三年だからね。でも五目並べもしてみたり。

[]第四回フリースクールフェスティバル 第四回フリースクールフェスティバルを含むブックマーク

■早いもので、FSFももう四回目ですよ。ちなみにFSFと呼んでるのは俺だけです。RSRみたいでかっこいいのに。

第四回フリースクールフェスティバル


f:id:hyouryu:20121025004206j:image

■要はフリースクール合同の活動発表会です。フリースクールに興味あるけど、なかなか足を運ぶ機会がない、という人にもってこいの企画。見学を迷ってる方にもお勧めです。ドラムサークルのように飛び入りで参加できる企画もありますよ。

■本当は学校先生にも来てもらいたいが、今年は平日だからちょっと難しいかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121024

2012-10-23(火) 曇り

[][]表彰を受けました 表彰を受けましたを含むブックマーク

■いつもお世話になっている北海道市民活動促進センターなどを運営している公益財団法人北海道地域活動振興協会が選ぶ「北海道地域活動推進功労賞」に選ばれ、午後に表彰を受けて来ました。何より活動を続けてくることができたことが、この賞を受賞できた一番の理由です。皆さまのご支援に感謝いたします。

f:id:hyouryu:20121024153415j:image

■一緒に表彰を受けた団体の中には、以前から知り合いのエスニコもあって、代表の芦田さんと久しぶりに会って写真など撮った。

■夜、電話相談。寒くなってきましたな。タイヤ換えなきゃ。(24日)

どんぐりまめどんぐりまめ 2012/10/24 20:55 おめでとうございます。スーツ姿初めて見ました。

あんみつあんみつ 2012/10/24 22:12 相変わらず、ス―ツお似合いですね!

相馬相馬 2012/10/25 00:27 貫禄あるな!

オンソノオンソノ 2012/10/26 10:41 おめでとうございます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121023

2012-10-22(月) 曇り後雨

ジャコラン2012

[][]フレンチフィルム・ノワール フレンチ・フィルム・ノワールを含むブックマーク

■今年も訪問先でジャック・オ・ランタンをつくる。いつの間にかすっかり慣れて、30分ほどで完成。来年は透かし彫りに挑戦してみるか。

■訪問と送迎の合間を縫って映画を観に行く。「預言者」。フランス映画だ。刑務所に入った主人公が、所内の争いにもまれながら次第に力をつけていく。青年が大人になるまでを描いた、紛れもない「成長」の物語だ。アウトローへの成長ではあるけれど。アイデンティティを掴む物語でもあるな。

■2時間半の長編だが全く退屈することがなかった(ときどき意味不明手法があったけれども)。また役者の顔がいいんだな。フレンチフィルム・ノワールはそこが本当に魅力。

映画では刑務所犯罪舞台にしたけれど、主人公の成長は普通の人にそのまま重なる。読み書きを教わるシーン。経済学を学ぶシーン。教育大事なのだ教育逆境を覆す力になることをこの映画は示している。というのはちょっと仕事にひきつけすぎかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121022

2012-10-21(日) 曇り時々雨

[][]ハリウッドもの ハリウッドものを含むブックマーク

■朝に仮面ライダーを見て、余市に行く。アクションものは、見ていて心躍る。その感じの続きで、余市の後、ステラプレイスに行って「エクスペンダブルズ2」を見た。ストーリーやら細かい考証はどうでもいい。がーん、ばーん、どかっ、と擬音語だけで大体あってるくらいのアクションが心地よかった。(22日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121021

2012-10-20(土) 降ったり止んだり

[][]あっちへふわふわこっちへふわふわ あっちへふわふわこっちへふわふわを含むブックマーク

■午前中、生活介護事業「びーと」の展示会へ顔を出す。ミニカードとストラップを購入。

■午後から初のワンマン講演会。「フラフラする時間」というテーマ20代の頃の恥をさらす。いやー、自分の中で当たり前になっていることを説明するのは難しい。「AはAである。なぜならAなので」みたいなことをずっと繰り返してた気がする。

レジュメ結構あまったので、呼んでくれれば同じ話をしに行きます。

■懇親会後、あいの里まで移動してダボハゼの会の飲み会に少しだけ参加。あっちこっちふわふわ渡り歩いた一日。つまりいつも通り。

ちびまるこちびまるこ 2012/10/24 21:13 講演会行きました。
うまくいかない時「これまでを諦められないからすぐには修正できない」って話を聞いて
傍から見れば「いつまでもしがみついてないでさっさと見切りつけりゃいいのに」と思うけど
ナルホド本人はそういうことか、と子どもらの行動に納得しました。

20代の頃のだめっぷりも上司の苛立つ様子も手に取るようにわかったけど、
聞きながら「場所が変わればだめじゃない」と感じていました。
だって今はいいところを存分に発揮できているわけで。
これって不登校の子もおんなじだよね。
だから「今うまくいかないからって自分をだめだと思わないでね」
と子どもらに言いたい。

でも大いなるカンチガイに気づいてもらうためにも
一般解は伝えたいです。
教えるではなく伝える。
教える側の思いが重たくうざったいと拒絶されるから
事実・現実を伝えるだけ。

と日々実践中です。

ほんとは「意図的に仕組まれたもの」じゃなくて
「自分が動いて出会ったもの」から感じ取るのが一番いいんだけど。

相馬相馬 2012/10/25 00:59 いいところを発揮というより、ダメな部分の活かし方が分かったという感じです。場所もですけど、やっぱり時間ですね。時間の要素は大きいなと思います。だから、長い目で考えて欲しいですね自分のことを。

一般解と自分の解と両方持ってる人は強いですよ。足場をふたつ持ってるわけですから。だから出会いの形はとりあえず気にせず、伝えるだけ伝えたらいいと思ってます。事前に伝えてたことでも、自分で出会ったときに、始めて聞いたように腑に落ちるってことはありますし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121020

2012-10-19(金) 晴れ

[][]事業の打ち合わせ 事業の打ち合わせを含むブックマーク

■午前中、札幌で行われている生活保護世帯中学生に対する学習支援の担当者と懇談、情報交換。初めのところでは、釧路ネットワークサロン高橋さんも加わり、話すことができた。

■昼から、その釧路ネットワークサロンの事業担当者スカイプを使ってのミーティング。午前午後共に話を貫いていたのは、都市部と町村部の差。この事業を行う組織人材ボランティア等は当然人口規模によって変わる。町村部でどのように進めるのか、事業の性質も変わってくる。しかし、双方で共通の点もあるはず。恐らく居場所役割がそれだろうと思っているのだが。

■夜、スタッフミーティングではロールプレイをしてみた。話はそこそこ盛り上がったが、何回かやってブラッシュアップが必要だな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121019

2012-10-18(木) 曇り

[][]意味理解じゃない 意味理解じゃないを含むブックマーク

肌寒い。漂着教室のティッシュがすごい勢いで減っていく。鼻風邪が三人もいるからだ。何かもっと紙を使わないで済む方法はないだろうか。手鼻か。手鼻だな。というネタは20年くらい前に喜国が描いてた気がする。

■少し前の話。

■1より小さい数をかければ元の数より小さくなるのは、理屈として何となく分かる。では1より小さい数で割ったなら。答が元の数より大きくなると気づいたのは中学に入ってからじゃなかったかと思う。それまでは特に気にしていなかった。なぜそうなるか説明できるようになったのは高校生、いやひょっとしたら大学生になってからかもしれない。説明の要を感じなければ人はできるようにはならない。

下にあげた4つの式で、□は、0でない同じ数を表しています。

計算の答えが□の表す数より大きくなるものを、下の1から4までの中からすべて選んで、その番号を書きましょう。

1)□×1.2 2)□×0.7 3)□÷1.3 4)□÷0.8

全国学力テストの結果を分析したところ、小学6年生の半数近くが上のような問題を解けなかったという。それで、少数のかけ算わり算の意味を理解していない、と新聞テレビが騒いだ。

しかしこれは意味理解の問題なんだろうか。当時の俺が、意味を理解してるかと訊かれたら、おそらく答えられなかったと思う。でもこの問題は解けた。多分。だって□に適当な数を入れて計算すればいいんだろう。

■1より小さい数で割ると、答が元の数より大きくなるのはなぜですか。こう質問されたら大人でもあたふたする人はいるだろう。でも上のような問題なら解ける。なぜなら正解を導くための手段をたくさん持っているからだ。そして、それは必ずしも意味の理解とセットではない。

■あえてテスト結果に苦言を呈すなら、解答のためどんな手を尽くしたのか問いたい。片っ端から計算すれば分かるんだから。分からなきゃ分からないなりにやりようはあって、そうやって組んずほぐれつしてるうち、あれ? 1より小さい数で割ったら必ず答は元より大きくなるんじゃない? という発見があったりする。発見があれば、なぜそうなるのか、と原理を知りたくなったりする。だから意味理解よりは、分からないなりに問題に取り組むことの方が大事だと俺は思う。

■と、ここから急に歯切れが悪くなる。じゃあ、分からないなりに解こうとするためには、どうすれば? 俺にはやっぱり試験が強い動機だった。試験で悪い点を取りたくない、という気持ち。でも解き方が分からない。じゃあこれまでの経験を総動員してやってみよう。おかげで図を描くのがうまくなったり、構文の仕組を覚えたりしたが、俺の経験をうっかり使うと、試験競争させよう、となる。でも、それは何かが抜けてるな。

■他人との競争ではなく、解けないと自分がイヤだ、という気持ち。多分そっちの方が強い。じゃあ、それはどこから生まれたんだろう。そして、やっぱり他人に負けたくない気持ちだってあったから自分との戦いみたいにキレイに済ませられない思いもある。

■結論はない。とりあえずモヤモヤ考えている。はっきりしてるのは、数式の意味を理解してるかどうかはあのテストからは分からないし、理解してなきゃいけないかどうかも言えないぜ、ということまでかな。

A渡辺A渡辺 2012/10/20 22:09 私は数学(物理も)は暗記科目だと思っています。賛成意見は少ないですが。
外国語などの言語や自動車の運転などの実技もある程度経験を積み、技量が身について初めて理屈が腑に落ちてくるものです。
数学(算数)で計算と理解が一致するのは整数の計算までだと思うんですね、整数なら実生活の体験がそのまま反映できますから。
「理解してない」という決めつけで不当に傷ついている人たちが多いと思うんですね。

相馬相馬 2012/10/20 23:09 俺の感覚では数学は外国語を習うのに近いです。数学という全然別の言語を覚える。だから最初は暗記ですよね。なぜそうなるかは後から分かる。「理解してない」という決めつけで傷つく人が多い、というのは同意します

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121018

2012-10-17(水) 曇り時々雨

[][]女子力高いぞ 女子力高いぞを含むブックマーク

水曜日訪問予定の余市は、またも休み。漂着教室最後まで過ごし、スタッフ小林君の女子力が高いことを知って帰宅した(19日)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121017

2012-10-16(火) 晴れ

[][]話す相手を探してる 話す相手を探してるを含むブックマーク

■一昨日の日誌は後から読み返すと薄気味悪い。でも実際、夢の中だけの訪問先はあるので仕方ない。はっ。ひょっとして俺がよく寝てるのは、夢の中にも仕事があるからでは。超働き者なのでは。

■全道のつどいの参加者120名。初参加の人が多かったとのこと。それは嬉しい。風邪でボーッとしてた俺は中身までは分からないので、アーベルの会とかめの会のブログを参照してください。

■忙しさが落ち着いたからか暑さが落ち着いたからか、最近よく考えごとをしている。してみたいことがいろいろ出てきた。忘れないようにメモをしておかなくちゃ。そして誰かに話しておかなくちゃ。わりと切実に話し相手募集。いつも同じメンツで話してると似たような結論になってしまうので。

アルキネマ

アルキネマ

Theピーズの「アルキネマ」がかっこいい。10/20の講演の前に流しておこう。またジャケットがかっこいいね。ぶっきらぼうで。♪シャキッと生まれブラッと生きる そん位丁度いい そん位でいー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121016

2012-10-15(月) 曇り時々雨

[][]一日後志 一日後志を含むブックマーク

■午前中から余市行き。余市紅志高校で後志管内の高校養護教諭研修会に呼ばれて講演と協議をした。テーマは「若者の自立支援」ということで、札幌から若者自立支援総合センター山名さんと有朋高校の井上先生と三人が呼ばれたのだ。

札幌での実践についての質疑応答や、後志ならどんな繋がりを作ることができるかなどが話題になった中、参加者が口々に「これは養護教諭だけではなく、学校教員全体に聞いてもらいたい」と話していたことが印象的だった。養護教諭という立場は問題が見えやすいが、それにアプローチして有効な関わりを持つためには管理職も含めた教員集団全体の関わりが必要だということだ。

最後に「学校開放を行って、中退者も卒業者もふらりと遊びに来ることができる時間を作って、卒業時や中退時に宣伝しておくのはどうか」と提案。ナイスアイデアらしいが、やるには養護教諭の力だけでは出来ないとのこと。その内、後志の高校から呼ばれて話をするようなことがあるかな

研修会後、スタッフと落ち合って岩内へ。事業で関わっている先の子と教材を一緒に購入するため。余市TSUTAYAに行こうかと思ったが、倶知安の方が近いので行き先変更、時間短縮になった。でも、選ぶのに時間がかかった+帰りに道をちょっと迷ったので、札幌着は9時半ころ。随分運転したわ。(16日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121015

2012-10-14(日) 晴れのち曇り夜から雨

[][]夢の中の訪問 夢の中の訪問を含むブックマーク

■夢の中だけで訪問してる家がある。風邪がひどくなって、早めに全道のつどいを切り上げ、家に帰って寝ていた。そうしたら久しぶりに訪問した。3年ぶりだと訪問先の子に言われた。いくら夢の中とはいえ間隔あけ過ぎ。

時間までに戻れるか分からないからメールしたんだ、と言われケータイを見たが届いてなかった。最近メール調子悪いんだよな、と怒っていたが、電波は夢を超えないと思うので仕方ない。

■夢でしか訪問しないが、家までの道順も家の中の間取りもちゃんと覚えている。そういう訪問先が全部で三軒ある。今回は一軒しか行かなかったが、残りはいつか行くのかな。もう引っ越してたりして。

■午前中、ともに福祉会アート展へ行った。素敵な絵がたくさん。カレンダーを買った。もっと大判のものを出したらいいのに。星園まつりにもちょっとだけ顔を出した。カレーを食べた。野菜をたくさんもらった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121014

2012-10-13(土) 曇り時々晴れのち雨

[][]全道のつどい1日目 全道のつどい1日目を含むブックマーク

登校拒否不登校を考える全道のつどい1日目。本日自分アイスブレイク青年交流会の司会をした。

アイスブレイクは、誕生日ごと5人のグループを作って、絵カードを四人が説明し一人が描くというもの。絵を描くのが苦手だと思う人でも、説明を四人でするとしっかりとカードの絵を描けるものだ。説明する側も伝わるかどうか定かでなくとも説明が理解されるさまを経験できたよう。全体として楽しんでもらえた。

青年交流会は10代は19歳が一人だけで、残りはみな20代だった。ということで、学校の話題は無く、暇な時の過ごし方やお勧め漫画ゲーム自分を縛るルールについてなどざっくばらんに語った。なにせ明日もあるので、そんなにまじめに根詰めて話さなくてもよい。

■終了後懇親会。食べ物うまい。酒が少なかったのが残念。雨も降っていて明日は漂着によってカードゲームを持って来ようと思うので二次会に出ず帰宅

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121013

2012-10-12(金) 晴れ 寒い

[]不登校登校拒否を考える全道のつどい 不登校・登校拒否を考える全道のつどいを含むブックマーク

明日明後日と「不登校登校拒否を考える全道のつどい」です。以下概要

◆13日午後2時半、14日午前10から札幌市北区札幌エルプラザにて(地下通路で札幌駅直通)

◆13日は親や青年教員などがそれぞれの立場に分かれて交流。14日は体験発表「今振り返る、あの頃の思い」と、小学生不登校中学生不登校など7テーマに分かれて交流

◆参加費:大人1000円、学生青年無料

サイトhttp://www.north-net.jp/zendo-tsudoi/

[][]居場所 居場所を含むブックマーク

■漂着教室の利用者は三人。現在絶賛利用中がひとり、かつての利用者がひとり、かつての訪問先がひとり。

■誰がなんだって、いつ来たって来なくったって構わない。それが居場所とゆーものだ。所属になんだかいろいろ求めてくるのは、金か秩序か、とにかく利用者以外の物差しで動いてるのは間違いない。

■だがその気持ちもわかる。だって運営は大変なのだ。だからこそ俺がどーするか。今はすべて受け入れている。できればそのまま受け入れたい。じゃあこの後どうすれば。

■居場所主宰者の満足点以上に成長しないものなのだとも思う。もちろんそう簡単に満足なんてしないけど、I Can't Get No Satisfactionだけど、いろいろな人の手も欲しい。

■酒を飲みすぎた。眠い。とにかく、みんな平気で居場所場所と言うが、そんな楽ちんなものじゃないのだ。シビアに対象者を切り分けたりすることもあるのだ。でもそれがイヤで、どうにかしたくて、日々頭を悩ませているのだ。だから

■いろんなヤツが勝手自分の好きな居場所を始めてくれ。全国各地で。それが今、多分一番ニーズを拾う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121012

2012-10-11(木) 曇り後雨

[][]風邪ひき始め 風邪ひき始めを含むブックマーク

■漂着教室に行ったら、自分も含めて三人が鼻をずるずると言わせていた。風邪に注意です。

美唄看護学校に通う人がスタッフ志望で説明を聞きに来た。これで今週5人。研修を組まなきゃ。

■夜、横山さんと教材作り。切り貼りぺたぺた。帰宅して、風呂に入って風邪薬を飲んで寝た。治ったかな。(12日朝)

相馬相馬 2012/10/12 10:52 「美唄の看護学校に通う人」を「美人看護士」に見間違い。風邪だしな。病院へ行こうということか

あんみつあんみつ 2012/10/12 13:22 北海道美唄精華高等看護学校というのでしたかね。すっかり忘れていたけど、子どもの同級生で、中学卒業後そこに進学、ナースになった人がいます。HPを見たら、5年制なんですね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121011

2012-10-10(水) 曇り時々雨

[][]和解する 和解するを含むブックマーク

よしながふみの『きのう何食べた?』がずっと苦手だった。せっかくおいしいもの食べてるんだからもっと楽しそうにしたらいいのに、としか思えなくて。それが、一年くらい前かな、急に気にならなくなった。そのとき読んでいた回に、心打つセリフがあったのです。どんなセリフだったかは忘れた。もうそれは大したことではない。作品と和解できたということが大事。今は毎週読んでいる。楽しそうでもそうじゃなくても、もういい。

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

■人でも作品でも、ある日突然和解する、ということがある。ほんの些細なこと、思いもしなかったようなことで。だから、気に入らないものは気に入らないままでいい。ときどき見て、ああまだ和解できないな、とひとり思っていればいい。和解したくない、ということだってあるし。

大事なのは和解」という言葉で考えてみること。今は仲良くできないけど、本当は仲良くしてもいいんだけどな、という気持ちがほの見えるでしょう。納得いかいから距離は置くが、居ること自体は構わない、みたいな。この言葉山本夏彦の本で知った。山本夏彦がどういう心持ちで使ってたかは知らない。

■拒絶しちゃうと、心変わりに気づいても翻意できなくなったりする。拒絶という言葉が強すぎて。だから、まだ和解してないと言う。変化の余地を含んだ言葉自分も周りも楽にする。

■で、改めて読み返せば、よしながふみマンガはすごく面白くて、和解してよかったなと心から思うのです。『大奥』はあまり面白さに4巻まで読んだところで一旦保留。読むなら何冊分かいっぺんに読みたい。映画化ドラマ化ということだし、そろそろ解禁しようかな。コミックも買っちゃおうかな、全巻ババーンと。ところで今は何代将軍の頃なの?

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))

余市の訪問がなくなって事務所仕事中。夜は部屋が寒くなってきたなー。ストーブをいつ点けようか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121010

2012-10-09(火) 晴れ

[][]ニーズに触れる瞬間 ニーズに触れる瞬間を含むブックマーク

■久しぶりの来所相談一件。すぐに漂流教室を利用するということではなかったけれども、今後のヒントになるような話になったようで良かった良かった。

■ところで、今後の漂流教室では相談を受け付ける機能をより強化していいのではないか。というのも、10年とこの活動成果をどう利用者に還元していくかの一環だと思うから今日相談のように漂流教室の利用に即繋がらないのは、漂流教室が自らの限界を把握しながら、尚且つ相談に乗るからだ。しかし、その活動こそが、前の日誌で述べたような、隙間産業たる市民活動の中でニーズに触れる瞬間だろうから。隙間にいると思っている自分たちの手もまた届かないような、更なる隙間。

■夜、スタッフ希望の人四人に説明。男性ばかり、うれしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121009

2012-10-08(月) 晴れ

[][]三連休。飲んで食って吐いて 三連休。飲んで食って吐いてを含むブックマーク

■いや、俺じゃねえ。Theピーズの曲にそんな歌詞があるだけだ。新しいアルバムを手に入れて、最近ずっと聴いている。かっこいい。そしてなぜだか切ない気持ちになる。

休日だが月曜。月曜はいつものように通信をつくり訪問へ。夜の送迎がないのだけがいつもとの違いか。

余市の町からツバメが消えた。南の国へ飛んでいったのか。日曜日、車を走らせながらいつもあるものがなくなった、奇妙な感じを味わった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121008

2012-10-07(日) 晴れ

[][]渋滞の日 渋滞の日を含むブックマーク

余市サンデースクールの日。札幌を出る時からずっと車が渋滞気味で、高速でもかなり詰まって、小樽からはのろのろ。連休で人出が多かったのか。

■参加する中学生学校祭で、それが終わった後にやってきた。高校生バイトが忙しく来れずだった。お昼ご飯の玄米トマトソースがけは美味かったので、もったいない

■帰りも渋滞連休だとこんなものなのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121007

2012-10-06(土) 曇り一時雨

[][]リセットポイント リセットポイントを含むブックマーク

■訪問が一件終了。友達とどこかに出かけるとかで、玄関を出たところで「じゃ」と片手を上げ、駅の方へ走っていった。4年の訪問の、別れのシーンはそれで終わり。実にあっさりだけど、男子高校生なんてそんなもんだ。

■昼からはまた別の仕事。結局19時過ぎまでかかってしまった。なんかいろいろ思うことがあったので、帰りに古本屋リセット

■外を出歩いてるとそういうリセットポイントがたくさんあって、気持ちの切り替えが楽になる。気持ちは物理的な変化でずいぶん変わる。だからずっと家にいると、気分転換が大変じゃないかなと思うんだけど、それは俺が放浪タイプだからかもしれない。家の中、部屋の中にリセットポイントを見つけるのが上手な人もいる、のかな。どうなんでしょう。室内リセットの技募集。

なっつなっつ 2012/10/07 00:18 いる部屋を変える(自分の部屋→リビングなど)、とか、お掃除、とか、プチ模様替え、とか本を読む、とかでしょうかね…。
「おうち大好き人間」なので、気分を変えるのに外に出る必要を感じたことはあまり無いです。あ、でも、仕事が辛かった時には家に直行しないでドライブとか昔やっていましたが。今は娘を保育園に迎えに行ったら寝て起きるまで、それどころじゃないんで。

相馬相馬 2012/10/07 15:05 そっちの方が低コストでいいのかな案外

あんみつあんみつ 2012/10/07 22:18 テレビですね。気分の切り替えが必要な時は、バラエティやお笑い、歌番組より、私はむしろサスペンスドラマです。現実の自分の日常と全く関係ないテーマなのが、気分転換になるのかも

なっつさん

>それどころじゃないんで

ほんと、子育てが忙しい時は、全くそうですよね。

相馬相馬 2012/10/08 01:16 >私はむしろサスペンスドラマです。現実の自分の日常と全く関係ないテーマなのが、気分転換になるのかも

親もよくサスペンスを観てましたが、そういう理由だったのか? もっとスリル&サスペンスな息子だったら良かったのか。反省

ふみかんふみかん 2012/10/09 01:45 古着屋で新しく買ったワンピを家で着てみたり服の着こなし方を考えたり…あと家で新しい茶葉を開ける時の匂いってちょっとリセットされるよ。あと新しいcdを一人でイヤホンで聴いたりかな…。美味しい茶葉に出会った時とかリセットされるよ。新しいが自分にとって重要みたい…。

相馬相馬 2012/10/09 09:22 「新しいが重要」。なるほど面白い

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121006

2012-10-05(金) 曇り時々雨

[][]説明訪問と見学の日 説明訪問と見学の日を含むブックマーク

■午前中説明訪問。先日、相馬氏が行ったスチューデント・サポート・フェイス(以下SSF)との鼎談後に、訪問を開始するまでの準備期間が漂流教室は短く、SSFは長いという感想を、本人から聞いた。きっちりと周囲の環境アクセスしてつながりを作ってから始めるという方が、間違いは少ないのかもしれない。ただ、訪問をしてもらいたい側からすると、ハードルの高さは否めないのではないか。始まりは簡単に、その後関係を深めていくということがシステム的にできたら良さそうだ。

■夜、漂着教室見学あり。使ってくれたら幸い。(6日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121005

2012-10-04(木) 晴れ

[][]ひとりの技 ひとりの技を含むブックマーク

エレカシ宮本快癒祈願。何年か前に描いたマンガです。訪問先の子ファックスマンガを送ってたことがあったのだ。

f:id:hyouryu:20121004224130j:image

しかし猛烈に眠い。昨日は0時前に寝てしまった。健康だ。それでも昼も寝るぜ。コーヒーは一日5杯飲むぜ。

■漂着教室に来ている子らを見ていると、次第にひとりで過ごす方法が増えてきている。勉強してたり楽器をいじってたり詰め将棋を解いてたりウロウロしてたり、そのときそのときでやれることをしている。ゲームをしてる時間が減ったね。パソコンを見てる時間も減った。

ゲームパソコンは他人と繋がる役割が大きい。それはそれでいいけども、ひとりの技も磨いて欲しい。

■他人と過ごす方法の前にひとりでいられる方法が要るんじゃないかと俺は思っているのです。ひとりで過ごす方法がいろいろあれば、行ける場所や機会が増える。ひとりは大事です。

10/20(土)、札幌市教育文化会館301研修室で講演をします。北星余市親の会が無謀な企画を立てた。全然人が来なかったらさみしいので宣伝宣伝。「フラフラする時間」というタイトルフラフラしてたときのことを話します。詳しくは→http://www.hokusei-y-h.ed.jp/information/?c=1&s=12657#12657

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121004

2012-10-03(水) 晴れ

[][]市民活動のことを考えてみたよ 市民活動のことを考えてみたよを含むブックマーク

■秋になってきましたね。星園の隣の消防署工事は、訓練塔を作る最終段階に入ってきた模様。高さ10メートルくらいにはなるのかしらん。そして、訓練で上り下りする隊員と目が合ったりするのかしらん。

市民活動は役所や企業といった既存の仕組みでは埋まらない社会ニーズを埋める隙間産業のようなものだが、その活動には隙間を埋める存在ならではの二つの側面がある。一つはニーズを満たす活動を作り、出来ることなら既存の仕組みがそれを可能にするまでを目的とする側面。これが「ミッションを明確に定め、課題の解決を以って社会寄与する」と相馬が書いたところ。もう一つは、権利侵害差別、不都合、軋轢などに何らかの困難に直面する人たちと関わり、困難を個別に解決していく中でニーズ気づきミッションを作る側面。これは「多くの個別事例の解決からニーズを拾い、以ってミッションを問い直す」とまとめられる。

■この二つの側面は同じ団体の内に必ずあるのだが、どちらが強いかによって活動の指向性真逆になる。前者は既存の仕組みと協働する性質を持ち、後者既存の仕組みではあり得ないサービス提供していこうとする性質を持つ。だから、前者と後者のバランスが大事なのであって、どちらかに偏ると市民活動からは離れていく。後者に極限まで振り切れば、それは楽しいサークル活動であって参加する構成員のみで楽しめば良く、「市民」という括りは要らない。前者に振り切れば、それは役所や企業にどう近づくかが問題になるのであって、構成員とニーズを持つ人の関わりよりも団体と社会の仕組みの関わり、即ち「どう稼ぐか」が前面に出てくる。それにブレーキをかけているのがNPOという仕組みだ。

■この話は公害に対して社会がどう対応するかと似ている。公害病で苦しんでいる人に「工場を全部新しいものにするから、もう患者は発生しません」と言ったところで当人は救われない。逆に「これから後の医療費は全部国が持ちます。生活が困難ならヘルパーも付けます」と患者個人に告げても、公害発生のメカニズム工場にある以上、そこを変革しなければ公害は続く。社会的ニーズを解決するには、必ず両側面が必要なのだ

漂流教室をこの視点で見直すと、後者が強く前者は弱い。逆に、スチューデント・サポート・フェイスやezorockは、前者が強く後者が弱いのではないか。誤解の無いように言っておくが、うちの方が個別の困りに向き合っていて偉い、うちの方が社会変革に繋がるように活動していて偉いという話ではない。市民活動はその両方のバランスを上手くとる必要があるので、自分たちの持つ指向性を理解して、逆ベクトルに繋がる側面を意識的に活動したらいいよね、という話だ。或いはその方向性を団体同士で補完しあえばいいのかもしれないが。

■ということで、うちはこれまでの活動をもっと整理して、掘り起こしてきたニーズを捉えた上で、仕組みを考えてるかと反省しなさい、ということですな。(4日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121003

2012-10-02(火) 晴れ

[][]先行き不安 先行き不安を含むブックマーク

10月はいきなり会議を忘れるという体たらくから始まった。これから加速度的に忙しくなる時期。こんなことでは先が危ぶまれる。

漂流教室の補修について事務作業をしながら山田と話す。目についたところから少しずつ手を加えていこう。(10/3朝)

[][]若者社会的孤立・排除を生まない支援体制を考える 若者の社会的孤立・排除を生まない支援体制を考えるを含むブックマーク

■9/29(土)、小樽市北星余市高校主催講演会が開かれた。元は北星余市内の教員研修だったものを、有意義からと一般にも開放したらしい。講師は、佐賀NPO法人スチューデント・サポート・フェイス(SSF)の谷口仁史さん。演題は「不登校ひきこもりニート若者社会的孤立・排除を生まない支援体制を考える」。広報の遅れが響いたか、聴衆は30人程度。

谷口さんとは初めて会うが、ezorockの草野くんに似た印象を受けた。NPOミッションを明確に定め、課題の解決を以って社会寄与する。事例が豊富で、課題の洗い出し、提示と分析が丁寧でうまい課題手法と解決が一直線に繋がっている。恐らく年齢も同じくらいだろう。ちょっと下の世代の特徴なのかな。

■眉がきれいに整えられている。スーツネクタイ。話は淀みがない。他人に見られる、見せるということに真面目に取り組んでいる様子が分かる。

■SSFは訪問を中心に据えた活動をしている。立ち上げは2003年漂流教室とそう変わらない。しかし、訪問一本の漂流教室に比べ、SSFはジョブトレにサポステ、児童相談所への学習支援、学校への相談員配置と幅広く活動している。それは第一に主宰者のやる気の違いなのだろうけど、上に書いたNPOへの姿勢も大きいのじゃないかと思った。

■わかりやすく言えば、本人の自発性に基づいて個人へ働きかける漂流教室に対し、SSFは相談に基づいて環境へ働きかける。ミッションとして社会課題の解決を重視すれば、どうしてもそうなる。

漂流教室環境アプローチしないわけではない。訪問を続ければどうしてもそういうことはある。ただ、それは活動の根幹ではない。個人と個人の関係を築く中で、環境調整をしなければいけない事態があれば動く。だからSSFのように自前の環境調整部門を持たない。外部に協力をお願いする。自分たちはあくまで変化する環境の中での本人との関係を維持する。

■そのやり方は札幌のように大きな都市社会資源もそこそこ揃っているところだから出来るのかもしれない。SSFの活動を聞いて、巨大な相談室のようだと思った。札幌には十数ヶ所の相談室がある。あれを全て統合し、中核に訪問部門として漂流教室を置いた。そんなイメージ佐賀県人口がおよそ84万人。うち半数は佐賀市および周辺の都市に住む。面積は全国で42番目。地理と仕組には何か関連があるのじゃないか。(そういう研究はないのかな)

地理的要因のほかに、俺や山田個人主義な部分も大きく影響してるだろう。個人主義から、どうしても相談業務が弱い。そこは強化してもいい部分だ。もうひとつフリースクールネットのことになるけれど、「課題解決型シンポジウム」というのはやってみてもいいな。シンポジウム課題を定め、来年までの解決を図る。翌年、結果を報告、分析し次の課題解決を図る。これまでの取り組みの中だと塾議と似ている。

同意を取ることの重要性、スタッフは同性をあてるところ、関係を築くまでの細かな段階設定、個の限界組織限界を織り込んでの仕組など共通点は多い。訪問する上での勘どころも通ずるところが多かった。それなのに活動はこんなに違う。そういうことが分かるから、ほかの団体の話を聞くのは面白いもっとマニアック発見もあったのだが、それは内部研修で使おう。

■講演後は、北星余市高校の校長を交えての鼎談、というか、校長先生および会場から質問谷口さんと俺が答えるという図式。谷口さんが資料を基に総論を話してくれるので、俺は感覚的な言葉で隙間を埋めるだけでよかった。楽チン。

NPO法人スチューデント・サポート・フェイスhttp://www1.odn.ne.jp/faith1019/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121002

2012-10-01(月) 曇り時々雨

[][]秋近づく。 秋近づく。を含むブックマーク

■通信作って、法務局へ。NPO絡みの届け出をギリで出した。出していないと罰金20万円とは。その後、漂着教室にて作業。

■旧アウ・クル事務局職員で現あけぼのアートアンドコミュニティセンター宇野さんと電話子供がやってくる場所あけぼので考えるブレインストーミングな話。台所があるスペースなら、色々とアイデアも涌くし、地域の子供と付き合う拠点というのはやってみたいね

札幌市生保世帯中学生への学習支援事業をしている人にメール。そろそろ、どんな感じになっているか情報交換したい。

■夜に雨。ちょいちょい秋っぽくなっている。トンボも良く見かけるし。が、まだ暑い。今月末には雪だってあるのが北海道なんだが。

[][]第14回不登校登校拒否を考える全道のつどい 第14回不登校・登校拒否を考える全道のつどいを含むブックマーク

■長年やっている不登校を考える集いは、夏の全国合宿だけじゃない。全道規模で行われるこんな集いもあります。漂流教室も昔から顔を出しています。アイスブレイクテーマ交流会の司会を山田担当します。ちなみに、来年帯広で全国の集いが開かれる予定。サイトこちら

日 程…10月13(土)14(日)日

会 場…札幌エルプラザ 4階大研修室他

    (札幌市北区北8条西3丁目)

参加費…1000円 ※学生青年無料。事前申込不要

プログラム

【13日】

 14時 〜14時半…受付

 14時半〜15時 …アイスブレイク

 15時 〜17時 …おしゃべり交流

 18時 〜20時半…夕食交流

 ※夕食交流会は参加費大人3500円、青年学生1500円。

  どなたでも参加できます。夕食交流からの参加もできます。

  夕食交流会の申込みはzendo-tsudoi@north-net.jpまで。

【14日】

  9時半〜10時 …受付

 10時 〜12時 …体験発表「今振り返る、あの頃の思い」

 13時 〜16時 …テーマ交流

 ※各テーマに別れて、交流を深めます。当事者の集まりもあります。

 16時 〜16時半…終わりの会

 16時半〜18時 …なごりを惜しむひととき

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20121001
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |