漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■山田:週二回■■■
■■■相馬:週二回■■■
■■■茂木:週一、二回■■■
■■■スタッフ:週一、二回■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2013-10-31(木) 晴れ

[][]かぼちゃの日と七夕の日 かぼちゃの日と七夕の日を含むブックマーク

こんにちはスタッフ小松です。

今日ハロウィンなので、友人宅でかぼちゃを食べる会をしていました。でもかぼちゃを食べるのは冬至では…?

f:id:hyouryu:20131101100528j:image

f:id:hyouryu:20131101100527j:image

■友人が彫りました。器用な人もいるものです。このあとガレットになりました。

お菓子をねだる行事といえば、「ろうそく出せ」なんてのがありますが、けっこう知らない人もいるので驚いています。地域によっても違うのかな?

■私が小さい頃は、七夕の日に「ろうそく出せ出せよ、出さないと引っ掻くぞ、おまけにかっちゃくぞ!」というなんともサディスティックな掛け声で町内の家をくまなく回っていました。しかもろうそくではなくお菓子をもらって。時々ほんとにろうそくをくれるとガッカリするんですよね。他の国にもそういうお菓子をねだりに行く行事があったりするのかな?

■まあ、ハロウィンは私の周りではただのお菓子パーティーの口実なのですが…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131031

2013-10-30(水) 曇り

[][]同じ話を何度もすると 同じ話を何度もするとを含むブックマーク

■昨日、北星余市高校の三年生を相手に例の失敗談を話してきた。面白おかし自分過去を話せばいいのかと思ってたら、進路決定のための講演だった。大学やめたとか仕事やめたとか、そんな内容でよかったのかな。まあ、人生どうにかなると感じてもらえばいいという点では目的に適ってるのか。

■以前、ダボハゼの会で同じ話をしたときは「軽はずみになる」という部分に食いついた人が多かった。今回は「短所を勝負札に変える」に反応した人が多かった。全部を同一に扱うのじゃなく、相手に合わせて項目に軽重をつけていいのかもしれない。もうちょっと丁寧に説明しないと分かりづらかったんじゃないだろうか。「短所で勝負する」ではなく「勝負札に変える」。そのためにはしばらく場を眺め、確かめる時間が要る。その時間稼ぎに長所を使う。「長所は入口用」とはそういうこと。

せっかくだから、結論部分をメインに、もうちょっとブラッシュアップしてみようかと思った。同じ話を何度もすることで分かることもあるね。

札幌に戻ってエルムライオンズクラブと打ち合わせ。二年振りにフリースクール交流会やります。女子プロサッカーチーム「ノルディーア北海道」によるサッカー教室。三年前にも開催して、とても好評でした。11月24日開催。日曜だけどがんばって参加してくれ。サッカーのあとはジンギスカンだし!

■そんで今日余市へ行くんだぜ。訪問だ。帰ってきたら夜遅いから日誌も早めに書いちゃうぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131030

2013-10-29(火) 晴れ

[][]「おっくう」について 「おっくう」についてを含むブックマーク

ボランティアスタッフの坂岡です。今日最近考えてることについて書こうと思います

最近考えてるのは、「おっくう」という感覚についてです。僕は頻繁に「何をするのもおっくうだ」という感覚になりますが、一番こういう感覚が強まるのは大抵「何かをやる前」です。いったん始めてみると、「おっくう」な感じはかなり低減している。でも、やる前は腰が重い。

■もう一つ、「おっくう」状態になる時の共通点は、たいてい「家にいる時」に発動するということです。なぜなのか。たぶん、外にいる時は何かしら活動している時だからでしょう。「やってる」時はあんまりそうならないのです。

人間の脳にはやる気を司る「側坐核」なる部分があるそうで、調べてみるとこれが「なるほど」と思うような仕組みになっています側坐核は何らかの「作業」をすることによって働きます。(これを「作業興奮」という。)逆に、何も作業をしなければ側坐核は動かない。だから、一歩でも足を踏み出すと、側坐核が働き始めるので、「やる気」も発動し始める。そういう仕組みなのだそうです。どおりで、やる前が一番やる気にならないはずです。(だからといって最初の一歩目が「おっくう」なのは変わらないのですが。)

■ちなみに、「おっくう」は漢字で書くと「億劫」ですが、この語源面白い。「劫」は時間単位であり、100年に一度、岩山に舞い降りてくる天女が羽衣で岩山の表面をなで、その摩擦で岩山が消滅するまでの時間が「一劫」で、それを一億回繰り返すと「億劫」となります。「それほど途方もなく長い時間がかかると思えるくらいめんどくさく感じる」という意味だそうです。この言葉を考え付いた人は、どれだけめんどくさかったんだろうって感じですね。でも、0から最初の一歩目までの距離はそれくらいに感じるといっても過言ではありません。一歩目と二歩目の距離はほとんど感じられないのに、不思議ものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131029

2013-10-28(月) 晴れ

ジャコラン2013

[][]パン・プー・キン パン・プー・キンを含むブックマーク

ジャケット情報をお寄せくださったみなさん、ありがとうございます。夕方の予定がなくなったのを幸いとあちこち見て回ったんだけど、秋冬ものばっかりなんだよな。うーむ。でも何着も見ているうち、自分の好みや良し悪しが少しずつ分かってきた。ちょっと楽しくなってきたぞ。うっかり、あつらえちゃったりしたらどうしよう。

訪問先ではジャック・オ・ランタンをつくる。もう何回目だろう。手慣れたもんだ。次はカービングに挑戦してみようかな。カービングナイフってどこに売ってるんだ。文房具屋? 彫刻刀でもいいのかな。そして高校数学を一緒にこつこつ解く。教科書ってこんなに不案内だったかな。参考書買っちゃったよ。

訪問先がちょっとずつ増えている。それで送迎もちょっとずつ増えている。スタッフ送迎って楽しいんだよな。これだけやってたいくらい、は言い過ぎだけど、漂流教室の活動の核のひとつなのは間違いない。いつかまとめてみよう。(10/30午後)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131028

2013-10-27(日)

[][]ジャケツ ジャケツを含むブックマーク

相談支援パートナーに入っている中学校で30周年記念式典がある。スーツを着るほどでもないが、それなりにきちんとした格好が要る。それでジャケットを購入しようと思ったんですが、実はこれまで一度も買ったことがないんですねジャケット。どんなのを選べばいいのか。バンド練習の帰りに何軒かのぞいてみたのだが、よく分からない。まあスカジャンギター背負ったヤツがジャケット見てても店員もどうしていいか分からなかったろうからあいこだ。ようやく、これならまあいいかな、と思うものを見つけたが、高いんだよなー。このあとどれくらい着るかわかんないのに、そんな高価なものを買っても。うー。

■式典は4日後。それまでに俺はジャケットを手に入れられるのか。「ジャケツ、ジャケツ」とつぶやきながらさまよい歩くことになるのか。どんなものを買えばいいの。教えてお洒落な人。

A渡辺A渡辺 2013/10/28 12:38 「ジャケット背広スーツ」 という都筑道夫の短編を思い出してしまいました。
経験的に私が買うレベルではジャケットはスーツより高いです。スーツは量産が効くので安価にも作れるけど、ジャケットはそうはできないからだと思います。あと着こなしも難しいですよね。今回もスーツの群れに一人ジャケットとなると目立つのでみんなの視線が集まりますしね。
その代わり着こなせればかっけーです。お洒落じゃないので服の選び方はアドバイスできません。残念ですが。

相馬相馬 2013/10/28 16:52 そうか。11月2日の札幌自由が丘の20周年記念式典にも着ていけばいいんだ。それなら多少高くても…

ジャケットより都筑道夫の小説が気になります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131027

2013-10-26(土) 曇り時々雨

[][]めし食ーぞ めし食ーぞを含むブックマーク

9月11月イベントが被るねー。先日は祭りめぐりをしたけども、この日は生活介護事業びーとのギャラリー展へ行き、札幌自由が丘学園の学園祭へ行き、オーロラタウンで開催していた青少年自然の家のパネル展へ行き、Theピーズライブに行ってきた。いや、最後のは完全にプライベートだけど。ピーズかっこいいんだよな。ぜひ聴いてくれ。CD買ってくれ。

札幌自由が丘学園祭では和寒町産の新米を買う。ごはん部に進呈しよう。ゲーム部でも、遊ぶ前にみんなでご飯をつくって食べているらしいし。食べることは大事です。食事が当たり前のように組み込まれている場所にしたいな。次はなんだ。やっぱり朝食かな。早寝早起き朝ごはん運動みたいでイヤだけど。(10/30午後)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131026

2013-10-25(金)

[][]失敗譚 失敗譚を含むブックマーク

■来週の火曜に北星余市高校の三年生相手に話をする。20代の、要はフラフラしてたころの話だ。昨年、このテーマで講演をして(その後ダボハゼの会でも話した)、それを聞いた北星余市先生が、同じ話を生徒にもしてほしいと打診してきたのがきっかけ。

■どうも北星余市では最近、生徒向けに失敗談を集めているらしい。知り合いも先日、講演してきたと言っていた。前にも書いたかもしれないが、失敗はデータベースだ。それを下敷きに次の行動を決める。だからデータ収集のためになるべく失敗した方がいいのだけど、もれなくダメージも負うので積極的に失敗しようとする人は少ない。特に、一度の失敗が致命傷になるような世の中では。

他人の失敗を聞きたがる利用者結構いる。なんだろうなーと思いながら話してたのだが、あれってほかの人の経験を基に失敗データベースをつくってるんじゃないかな。この世界はどこまでが大丈夫で、どこからが許されないのか。自分確認するのはまだコワい。だから他人の話を聞くことで推しはかろうとしてるのでは。よく考えたら童話や昔話も同じ役割を担っている。

北星余市が生徒向けに失敗談を集めてるのも、そういった魂胆があるのかもしれない。思えば俺もたくさんのダメストーリーに支えられてここまで来た。内田百間色川武大東海林さだお鴻上尚史原田宗徳、穂村弘大槻ケンヂetc…。あんな人でも生きていけるんだと安心し、おそるおそる一歩を踏み出す。諸先輩には及ばないけれど、それで誰かが歩きやすくなるのなら、俺は俺のまわりでちょっとずつでも失敗談を敷き詰めていこうかな。

■そしてみなさん、自分の失敗談はまとめておくといいですよ。後からお金になるかもよ。フフフ。

事務作業が一段落したので息抜きに早めの日誌更新今日は19時から漂着宴会です。

あんみつあんみつ 2013/10/25 18:10 以前子どもから「おかあさんみたいでも生きていけるんだから、子どもの自分たちもなんとかなるね」みたいなことを言われたことがあります。思えば数々の失敗。母の権威ゼロのわが家ならではのお話ですが

相馬相馬 2013/10/25 18:48 壁になる人もいれば敷居を下げる人もいていいと思うんですよね。または同じ人でも、ある部分では壁になり、ある部分では敷居を下げというような

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131025

2013-10-24(木) 曇り

[][]紅葉 紅葉を含むブックマーク

こんにちはスタッフ高木です。

紅葉がとってもきれいな季節ですね。昨日、桧山の方にいく用事があったのですが、とくに峠付近がとてもきれいでした!!

f:id:hyouryu:20131024173840j:image

f:id:hyouryu:20131024173839j:image

秋っていいなあ。

■秋は美味しいものもたくさんですよね。私は夏に6キロほど体重が減ったのですが、色々と食べ過ぎてしまい、リバウンドしそうです。つねに、何かをもぐもぐ……笑

■みなさんはいかがお過ごしでしょうか? これからますます寒くなるので、体調には気をつけてくださいね!!

山田山田 2013/10/24 20:19 昨日、回転寿司を12皿食べたら、2キロ近く体重が戻ったよ…

相馬相馬 2013/10/25 12:44 お? また広告が入ってきたぞ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131024

2013-10-23(水) 晴れ

[][]ごはんごはん話を含むブックマーク

今日研修に来たスタッフとは、長話になる。多分、同じ年齢だったころの自分とタイプが似ているから。思いついたことを、何とか早く相手に伝えなければならないような気がして。そんなこともないと、今だとわかるんだけどね。

■ご飯部の活動は、部長小林君が最近全然起きられないようなので停滞している。水曜日で無くてもいいので、漂着教室でご飯を作って食べたい人は連絡を。

■ご飯といえば、今週の金曜日宴会の日だ。今回は、最近はまっている「ピエンロー鍋」を作ってみようと思っている。美味いので、来てみるよろし。

■ローカーボダイエットをし続けていたが、今日はなんだか米を食べたくなったので、回転寿司に行った。さて、これはどれくらい反映されるかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131023

2013-10-22(火) 晴れ

[][]秋の昼からビール 秋の昼から山ビールを含むブックマーク

スタッフ小林です。最近1000円カットにハマってます

■先週の月曜日のこと。「サッポロクラフトアフォレスト」に行きました。北海道を中心とした日本各地のクラフトビール(地ビール)が飲めちゃうイベント。夏のビアガーデンが味わい深くなって秋に一日だけ復活(^o^)/というような気分で楽しみました。

■会場はばんけいスキー場ロッジで炭火焼ラムチョップを食べていたら、山のふもとに羊が歩いてるのが見える。ごちそうさまです。

f:id:hyouryu:20131023123037j:image

■そうそう。漂流PV完成しました。いい感じ〜♪

山田山田 2013/10/23 12:37 漂流PVは11月30日のフリースクールフェスティバルで公開予定です。その後、Youtubeにもアップしますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131022

2013-10-21(月) 晴れ

[][]slow down slow downを含むブックマーク

■陽が照ってるのに肌寒い。もう本当に冬が近いんだな。

市民活動促進センターで通信をつくってから訪問2件。数学II数学Bと格闘。ついでに仔猫とも格闘。久しぶりに手に引っかき傷をつくる。

最近、返事が早くなっている。喋るスピードも上がってる。もっとゆっくりにせねば。返事も「そうだねえ」から始めなければ。マシュウのようにならねば。

■何ヶ月か前も同じこと思ったんだけど、全然変わんなかったので、今度は公言してみた。目指せマシュウ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131021

2013-10-20(日) 晴れ

[][]何もしない 何もしないを含むブックマーク

■朝から早めに起きてはいたが、久しぶりに何も無い日曜日だったので、家でひきこもり生活。鬱鬱としておる。(23日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131020

2013-10-19(土) 晴れ

[][]研鑽 研鑽を含むブックマーク

■昨日今日教員と話す、飲む機会が続いた。で、毎度思う。

■教師に比べるとフリースクールスタッフは相互研鑽が足りない。スタッフ研修をしても、経営、運営の話に流れがちで、子供との接し方、子供の捉え方、授業の手法と狙いなんかを詰めて話すことがない。単純な比較はできないと分かった上で、やっぱりそれは物足りない。もっとワーク的な研修があってもいいよね。

フリースクール授業公開とかやったっていいんだよな。そして、そのとき一番問題になるのはどこか。漂流教室訪問カメラを持っていくわけには…いや、でも教材にするから協力してって言えばどうにかなるかなー。もんもん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131019

2013-10-18(金) 晴れ

柏ドングリ

[][]月とともに 月とともにを含むブックマーク

■久しぶりに晴れ。陽だまりにいると暖かくて、ひと仕事終えたあと事務所でつい昼寝。スタッフの送迎を寝過ごすところだった。

■今週はクマの出そうなところへは行かず、街なかの恵庭公園ドングリ拾い。カシワドングリばっかりだ。

■その後、岩見沢へ。東の空にのぼる月を恵庭で見て、岩見沢では真上に、そしてかなり西へ傾くころ札幌へ戻ってきた。(10/20昼)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131018

2013-10-17(木) 曇りときどき雨

[][]からもの からいものを含むブックマーク

こんにちはスタッフ小松です。

■ここ数日で一気に冬に近づきましたね。ニット雪虫が絡む季節です。あれを潰さないように吹き飛ばすスキルは誰にも負けません。

■寒くなったこともあって、辛いもの摂取したくなるようになりました。しかし自分ではなかなか辛いもの平気なつもりでいたのですが、山田さんに連れて行っていただいたタイ料理のお店では半泣きで食べていました…。味はおいしいのに!辛くて食べ進められない!! でもおいしい! からい! わあああ!

■たくさん食べれば慣れると山田さんはおっしゃっていたので、あれ以来積極的に辛いもの摂取しています

■暖かくて、適度に(重要)辛いものおすすめがあれば教えてください!真っ赤な中華料理とかを平気で食べられるようになりたいものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131017

2013-10-16(水) 氷雨

[][]撮影快調 撮影快調を含むブックマーク

寒いです。朝、家を出たら車にうっすらみぞれが積もっていた。中山峠は雪。日勝峠や石北峠は真冬の様相でした。帯広でも積雪クラムボン山口さんが嘆いていた。夏タイヤで無事に帰れたのだろうか。

漂流教室PV作成もいよいよ佳境。総監督小林くんがデモテープを撮っていた。明日はそれをもとに本番の撮影らしいよ。

■並行して漂流教室写真も集めているのだが、飯を食ってるかゲームをしてるか、そうじゃなきゃ昼寝をしている写真しかない。いや、まあ、確かにそういうことが多いですが。といって訪問の様子は写せないしなー。

スタッフ茂木さんが突然双子で現れた! ただでさえ人の顔がわからないのに、そんなことされたらもうさっぱりだ。(10/17午後)

やまぐち@クラムボンやまぐち@クラムボン 2013/10/18 17:27 憧れの漂流日誌に名前が載っててはしゃいでおります。
車に積もった雪を震えながら素手で下ろしてなんとか帰れました!
次の日にはすぐに溶けて今はすっかり秋の風景に戻っています。

相馬相馬 2013/10/19 02:06 憧れって。名前くらいすぐ載せますよ。なんなら「山口」しか書いてない日誌でもいいくらいですよ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131016

2013-10-15(火) 曇り。夜から寒くなった。

[][]台風と猫 台風と猫を含むブックマーク

本日より研修の人が一名。いつにも増して、話が長くなっているぞ。気をつけねば。

愛知大学生から学校の授業の一環として二月にボランティア活動をしたいと連絡あり。そりゃたずいぶん遠いところから、と思いつつ了承。フリースクールスタッフ研修で五月に来た東北福祉大の人はどうしてるかな、と思い出した。見ていたら、久しぶりに連絡ちょうだいよ。

月曜日ボードゲーム部であった訪問先の人と、また訪問で会うとはこれいかに。訪問ではモンハンをやっていたんだけどね。終了後、漂着教室に戻り、留守番寺沢くんとひさしぶりにマジックスパイスカレーを食べた。一番辛いのを頼んだけど、あまり辛くなかった。味が変わったかな。

台風が近づき寒くなった。布団に猫が二匹ともやってきたよ。(16日)

[]写真ちょうだい 写真ちょうだいを含むブックマーク

■来月にあるフリースクールフェスティバルで各フリースクール写真を展示するのですが、漂流教室写真がありません! パソコンが壊れたときにコツコツためてた写真データが吹っ飛んでしまったようです。

■ということで、あなたPCカメラ眠る漂流教室写真をください。メールで送ってくれたらうれしいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131015

2013-10-14(月) 晴れ 夜小雨

[][]音楽の好み 音楽の好みを含むブックマーク

三連休最終日。三連休ってなんだ。食えるのか。三連刻なら知ってるけどな。

■通信をつくるべくしみセンへ行くと、なんだか隣の部屋が騒がしい。子供向けのお金講座にスペシャルゲストガチャピンムックが来ていたらしい。

ム:ねえねえガチャピンちょっとお金を貸してよ

ガ:いいけど利息はトイチだよ

ム:(トイチって何だろう。まあいいか)わかった。それでいいよ

…というような遣り取りがあったかどうかは知らない。警備が固く、覗くことは叶わなかった。

あらためて振り返ると、俺にとってポンキッキ音楽番組だったんじゃないかな。覚えてるのは音楽ばかりだ。「パップラドンカルメ」「ホネホネロック」「まる・さんかく・しかく」「きょうりゅうがまちにやってきた」etc…。唐突にかかるビートルズ。そしてエンディングのこの曲。歌っているのは加橋かつみ

子供向け番組アニメでつくられる音楽の好みってあると思う。だからけいおん!」もボーカロイドもバカにできないんだよね。

■夜、行きつけの店の4周年記念ライブロカビリーもかっこいいな。

A渡辺A渡辺 2013/10/17 18:13 低年齢の子どもでは、長い時間をお話だけでは集中できないから音楽が必要なのだと思っています。劇場版のアンパンマン(1時間程度)は劇中歌ばかりでミュージカル仕立てですから。

相馬相馬 2013/10/17 21:41 なるほど、そういうこともあるでしょうね。それで音楽への興味が育てば一石二鳥だし。ビートルズとの出会いは間違いなくポンキッキでしたからね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131014

2013-10-13(日) 雨 寒い

[][]長い一日 長い一日を含むブックマーク

■午前中、訪問の顔合わせに行き、室内犬にじゃれつかれながら、来週から訪問が決定。今度訪問するのは、中学生時代漂流教室を使っていたスタッフなのだ。彼が中学生の時の様子を少し語った。漂着教室ゆっくりと過ごしていた様子を聞いて、本人はちょっと楽な感じの表情になっていた気がする。

■その後、北大に寄って、スタッフ小松さんが日誌にも書いていた「にゃんものカフェ」に顔を出した。今度は猫を抱っこしたりなでたりして、犬猫バランスをとった。

カフェちょっと寄るつもりが、にわか雨結構な強さで降ってきたので、しばらく雨宿りをした。多分、小松さんが吹いていた笛で雨雲が呼ばれたのだと思う。

■雨が止んでから、顔合わせしたスタッフも連れて余市へ。サンデースクールにて、やってきた子供3DS太鼓の達人モンスターハンターなどしていた。太鼓の達人は、曲を全然知らないので苦戦したよ。

■夕方からは、岩内にて子供健全育成支援事業の顔合わせ。今後の学習についてなど話した。なかなか長い一日だったよ。(14日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131013

2013-10-12(土) 雨のち晴れのち雨

ハロウィン提灯

[][]まつりめぐり まつりめぐりを含むブックマーク

スタッフ茂木さんがハロウィンの飾りを持ってきてくれた。漂着教室の入口にかけてみたが、赤提灯みたいだな。居酒屋漂着教室。天穏あります。

■星槎もみじ台キャンパス学校祭、きたえーるでの手作りフェスティバル、星園まつりとお祭りめぐりをした土曜日。疲れた。うっかりいろいろ食っちゃったし。

■星園まつりで漂流教室は近くの児童館と組んでゲーム部屋を開設。かるたどうぶつしょうぎボードゲームをして遊んだボランティアスタッフや利用者がちびっ子たちと遊んでいる姿を見るのはなかなか楽しいものでしたよ。ギターを弾きながら見物してたら、女の子からラムネをもらった。おひねり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131012

2013-10-11(金) 一日雨

[][]大学入試改革ねぇ 大学入試改革ねぇを含むブックマーク

寒い上に一日雨。紅葉がきれいになっていってそうだな。

政府教育再生実行会議提言している大学入試改革案で、二次試験に人物評価を入れるとの報道があった。まず、こういうことを考える人たちが好きそうなことわざを借りて言えば、「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」です。旧世代の人たちが新しい世代の人たちの志を自分の基準で測るなんて、なんて小さな範囲でしかこの国の行く末を考えてないのかと暗澹たる思いがする。

■次に、学問の発展について。大学最先端研究をしている人たちの中には、対人関係に難のあるだろう人が少なからずいる。というか、学問を突き詰めようとすればするほど、他人との付き合いにかまけている時間などない。「教育再生」というのが、学問の発展のためであるなら、人間関係が上手く作れるかは二の次にして、学問の優劣のみで入試の合否を決めるのが良い。大学教授自分研究範囲のプロだが、人間関係プロではないよ。

■そして、「教育再生会議」に教育研究者が入ってないのはどういうことだ。最先端研究、これまでの教育学は役に立ちません、私たち提言が最良ですというのか。でも、改革するのは入試ばかりで、中でやることは変えないんでしょ。じゃあ、いつまで立ってもあなたたちの望むようにはならないですな。

■いろいろ考えればたくさん書けるので、こんなとこでおしまい。いやはや。

ホームページから漂流通信を読める先にリンクを貼りました。また、お絵かき掲示板も週明けには復活する予定です。お楽しみに。(12日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131011

2013-10-10(木) 晴れ

[][]行ってきた 行ってきたを含むブックマーク

■ども、吉田言です。はじめまして漂流スタッフ6年生です。よろしくお願いします

10月6日札幌エルプラザで行われた、不登校新聞社Fonte主催不登校ひきこもり、親はどう支えたら?」に行ってきたので、この場で感想を綴らせてもらいます

■前半はNPO法人東京シューレ理事長奥地圭子さんの講演と不登校の元当事者の体験発表、後半は奥地さん、不登校体験の発表者、不登校の親の会や支援者の3グループに分かれ、それぞれでディスカッションする交流会をしました。前半の司会進行は相馬が行いました。

■以下、ざっと感想(会の内容とは少しばかりずれています、たぶん)

不登校ひきこもりをどのように親は支えたらよいのでしょう? 親がわが子の生き方に対して受容しようと尊重しようとする態度や考えをとっていると、こどもはきっと家に居易くなるでしょう。そして、それがこどもの自己肯定感安心感の獲得につながると思います。では、親が受容的な親に変わるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。親の変化やそのきっかけについては、夏に帯広で行われた不登校全国大会や個人的に関わっているひきこもり当事者自助グループ、親の自助グループに参加する中でここ最近ずっと考えていました。受容的な親に変わるためには、親自身が現在自分ありのままに誰かに受容される経験必要だと思います。受容してくれる人は、配偶者かもしれないし、親の会の人かもしれないし、もしかしたら支援してくれる人かもしれない。

■その背景には、こどもが不登校ひきこもりになったことについて親が親戚、近所の人、もしかしたら配偶者から「お前の育て方が悪い」と責められ否定される経験存在すると思います。もしかしたら、親自身が自分自分を「お前の育て方が悪い」と責めているのかもしれません

■また講演を聞いている中で自己肯定感のことを考えました。日本人自己肯定感先進国の中でもダントツで低いようです。その要因の1つして幼い時から短所を指摘され改善することばかりを求められ、長所を褒められるという経験が非常に少ないことがあるそうです。

■そもそも自己肯定感とは何でしょう? 「ダメでもよい」、「失敗してもよい」と自分自身の負の部分を認められるニュアンスというのが自分の中で最も腑に落ちますしかし実はよくわかりません。

■後半の交流会は親の会や支援者のグループに加わりました。話を聞いていて「学校に行きたいけど行けない」「友達と仲良くしていきたいけどできない」「こどもの生きかたを認めたいけど認められない」という二律背反する感情はなかなか受容や理解をされないものだなと痛感しました。このことは本当に難しいよなあ。

マルハカルビ丼を食って帰る。タレの味変わった?

■何かに行ったときや参加したときにまた日誌を書くかもしれません(自分、大変不精なタチなので定期的にリレーで書くのはムリっす)。ではまたそのうち。

相馬相馬 2013/10/10 21:53 もう6年も経つのか。早いなー。講演の報告ありがとう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131010

2013-10-09(水) 曇り時々雨

[][]漂着お試し 漂着お試しを含むブックマーク

岡村ちゃん新譜を買った。それから一週間、車の中でずっと聴いてる。うっかりすると踊りそうになるので危ない。♪ミニ履く子いつも気になるよ だから電話もかけずに会いに行こう。いや、電話くらいしよう岡村ちゃん。そして「ヘルシーメルシー」の歌詞が聞き取れない。

しかし、買った日はまだ車の窓を開けて走ってたのに、あっという間に寒くなったな。(本州暑いらしいが)

ビバナミダ

ビバナミダ

10月1日の日誌にある平野さんの講演報告面白い。漂着教室にもプログラムはない。利用者が何かしたいと言えば、それを手伝う。形は同じで、でもこっちは特に裏付けなくやってきたので、ああやって背景を説明してもらううと助かる。

■じゃあなんで裏付けなくそういう形をとったのかと問うならば、プログラムを考えるのが面倒だったから、ではなく、自分がそうやって育ってきたからだろうな。ほっとけば人は勝手に動き出すと俺も思うので。正確には無視という形でのほっとくではなく、安定した空間関係を用意した上でのほっとく。

■で、これが案外難しいのです。いきなり知らない空間に来てひとりで探索できる人はそういない。漂着教室にはいろんなものが置いてあるけど、あれこれいじりだすのはかなり慣れてきてからで、最初は手も触れない。というより目に入ってすらいないんじゃないかな。好きに遊ぶというのは、実は結構エネルギーや安定を必要とするものなんじゃないかと思っている。

■だから、漂着教室利用にお試し期間をつくることにした。見学に来て気になったら、それから4回無料で利用できる。いわば利用前の観察期間だ。観察して、いて大丈夫か、何をするかしないか考える。大丈夫そうなら正式に使えばいい。見学後「体験利用したいのですが」と連絡くださればスタートです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131009

2013-10-08(火) 曇り

[][]プロモーション プロモーションを含むブックマーク

スタッフ小林です。日誌4回目。

■いま漂流教室PV(プロモーションビデオ)つくってます。今年のフリースクールフェスティバルで上映するんだとか。相馬さんからは「面白ければいい」というざっくりな注文をいただき、関係各位の力をかりて製作中ー。できあがりが楽しみです(^o^)

■9日の水曜ごはん部は小林の都合により活動一回休み。次週16日はベトナム風ブタの角煮をつくろうと話してます。そういえばごはん部「夜ごはん」やるかも。

■「ペンアート展」今週木曜(10日)からはじまりますよ〜(^o^)

ペングアート展 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131008

2013-10-07(月) 晴れ。夜、小雨。

[][]ワールドワイド通信 ワールドワイド通信を含むブックマーク

■月曜恒例、漂流通信作成。通信ですが、今後はネット上でも読むことができるようにしますpdfファイルGoogleドライブに上げておくので、ここから見てください。スマホタブレットからでも、そして日本中、世界中漂流通信が読めます!すごいな。サイトトップからも飛べるようにします

■夜、ミーティングには参加者一人。二人でいろいろと話していて、「ゆっくり休む」といっても一人で過ごしていて休まる部分と他人と過ごしていて休まる部分があるのではないかという話になった。訪問にしてもフリースペースにしても、その間を行き来する感覚ができることが必要なのかもしれない。一人だけで過ごして退屈しないのは、自分がどこかで誰かとつながっていて孤独ではないという感覚があってのことだろうし、他人といて緊張せず自由に過ごせるのは、その感覚を互いに持っているという信頼のようなものが出来ているからではないか。多分、どちらかだけではバランスが悪くなり、もう片方を求めるようになる。

漂流教室にかかってくる相談電話で、一人だけで過ごしていて家族以外の人とのコミュニケーションが無いのを危惧する内容が多いのは、第三者である家族がこれを直感的に分かっているのだと思う。本人が一人でいる時に退屈している自分に気づいているかどうかが、訪問を説明するときのカギになるかな。

吾妻ひでおアル中病棟」購入。前作「失踪日記から8年、病棟出会う人々との生活と一人で散歩する時間の描写が、上に書いたこととつながっている。苦しい状態からの回復には、一人と場のバランスが必要だというのは、自分の中で確定だ。

ダイエット、とうとう81キロ台に突入。70台まであと少し。(8日)

[]男性への訪問について 男性への訪問についてを含むブックマーク

現在男性スタッフ訪問可能な人が、ほぼいない状態です(訪問男性20名に対し、登録している男性スタッフ19名)。お問い合わせ後、説明訪問にお伺いすることはできますが、訪問はお待ちください。今後、スタッフの増員をかけ、状況の改善を図ります

■なお、女性は、訪問5名に対しスタッフ16名と余裕がありますので、これまで通り受け付けております

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131007

2013-10-06(日) 秋晴れ

[][]ぐうたら枠 ぐうたら枠を含むブックマーク

■昨日、自転車ですっ転んで左半身が痛い。口の中を切ったので、酒を飲むとしみる。でも消毒だから

■Fonte主催、道内各親の会協力の講演会無事終了。みなさん割りとカチカチッとしてたので、グータラ枠を独占。

■Fonte編集の茂手木さんは意外にアナーキーな人で面白かった。飲みに連れまわして午前2時解散。明日帰る前にうまいラーメン食いたいってよ山田くん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131006

2013-10-05(土) 晴れ

[][]夕焼け 夕焼けを含むブックマーク

■午前中、歯医者に行って奥歯に詰め物をしてもらった。今回はやや痛みがあったな。あの歯医者にしては珍しいことよ。

■その後の訪問兄弟の参観日で休みになっていたのを忘れていた。漂着教室を経由してから、次の訪問先へ。親御さんから、今度パソコンの設定をしてほしいと頼まれたので了承。ヤマダ電機です。

■坂岡君を迎えに行く途中、やたらと夕焼けがきれいだったのでびっくりした。

f:id:hyouryu:20131006231237j:image:medium

日曜日サンデースクールに来た人に尋ねたら、岩内の方でもめちゃくちゃきれいに見えたとのこと。すごかったな。(6日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131005

2013-10-04(金) 晴れ

[][]メタモルフォセス幻燈 メタモルフォセス幻燈を含むブックマーク

■毎週金曜はスタッフを送って恵庭まで行く。訪問あいだ暇なので、えにわ湖まで足をのばした。野鳥を観察しながらブラブラしていたら、人のものでも犬のものでもない大きなフンが。あわてて退散した。帰路の途中、クマ目撃の看板発見。見落としてたよ。命あってのモノダネ。

■夜、変態アニメーションナイトなる催しへ行く。変態は、いまあなたが思い浮かべている変態ではなく、メタモルフォーゼ意味だった。なんだ。国内外いかれたアニメが集結。最短18秒から最長45分。傑作、怪作もあればどうにも退屈なものもあった。でも、なんだかいろいろ考えちゃったな。それこそ国の教育のあり方とかまで。

■要は面白かったということですよ。とりあえずピーターミラードという名前だけは覚えておくんだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131004

2013-10-03(木) 晴れ

[][]幽霊カフェ 幽霊&カフェを含むブックマーク

■こんばんは。ボランティアスタッフ小松です。大学では長い夏休みが終わり、今月から授業が始まりました。

■私は、漂流教室の他に学校サークルに二つ入っています。ひとつは前回も書きましたが北大カフェプロジェクト、もうひとつ美術部です。今日美術部で油絵を描いていました。

■しかし美術部はほんとに幽霊部員なのです。どれくらい幽霊かというと、半年に一度くらいの展覧会直前にのみふらりと現れ、主に部員のいない時間帯に呻き声を上げながら制作、誰も気づかないうちに少しずつ人物画が完成してゆくのですから。だれよりも幽霊らしい幽霊部員である自信があります。

■でも学生でいられるのもあと一年半、制作活動ももうすこし頻繁にできたらなあと思います。絵はずっと大好きなので。

■さて、前回告知した、北大カフェプロジェクトの「にゃんものかふぇ」、詳細が決まりました。10月10日〜13日です。いらなくなったものをお持ちになって、ぜひお気軽にお越しください! 読んで下さってありがとうございました^ ^

にゃんものカフェhttp://amba.to/16vk7Wt

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131003

2013-10-02(水) 晴れ

[][]スタッフ焼肉 スタッフと焼肉を含むブックマーク

■おお、おれの番だった。

■九月から相談や問い合わせが増えてきている。この日も説明訪問一件。それに対して、スタッフは増えない。また募集のかけ時だ。特に男性スタッフを集めないとならぬ。

■振替で二時間訪問になった終了が八時になった鈴木くんと、二人で焼肉屋に行った。理系の彼は、コンピュータ研究しようと思っていたが、最近人工知能研究数学に興味があるそうだ。知能とはどんなものか、発達心理学とか精神医学的な解説の本はちょこちょこ読んでみたけど、理系的にはどんなものであるのか。もっと教えてもらおう。

■そういえば、鈴木くんと何かを食べる時って、五月にうちでやったバーベキュー以来、焼肉しか食べてないのでは。肉友。

帰宅して、漫画を読みながら晩酌したら、座椅子で寝てしまったよ。寒い寒い。もう夏じゃないんだから、気を付けないと体を痛めるな。(3日)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131002

2013-10-01(火) 曇りのち雨

[][]子どもの関心世界を一緒に面白がることには意味がある(平野直己先生の講演を聞いて) 子どもの関心世界を一緒に面白がることには意味がある(平野直己先生の講演を聞いて)を含むブックマーク

ボランティアスタッフの坂岡です。9月20日札幌市民ホールで、北海道教育大の平野直己先生の講演を聞いてきました。タイトルは、「フリースクールで元気を取り戻していく子どもたち」です。僕が平野先生講義を聞くのは、教育大の合宿に混ぜてもらった時が初めてで、今回が二回目でした。今回も楽しみにしていきましたが、期待通りの「平野節」が聞けて、とても満足でした。

■というわけで、今回は平野先生がおっしゃっていたことで印象に残ったものを書こうと思います。あくまでも、僕が聞いて「おもしろいなあ」と思った部分を再構成したものなので、ちがってる部分があったらごめんください。

平野先生は、岩見沢時代ユリーカ」というフリースペースを開いており、そこでの活動経験を中心にお話しされていました。「子どもが元気を取り戻していくとはどういうことか?」というテーマ自由が丘学園から与えられて、平野先生が強調しておられたのは、「子どもの主体的な活動を応援する」という一貫した姿勢でした。

■「主体性大事、なんてどこでも言ってることじゃないか」と思われるかもしれませんが、平野先生が言っていることは、「大人がやらせたいことを、子どもが主体的?に(オートマチックに?)できるようにさせる」ということではありません。(大人たちはしばしば、「大人にとって都合のいいことを、子ども自分からやるようになる」ことを、「自立」とか「主体性」と言いかえているのではないでしょうか?)

平野先生曰く、子どもたちは、ある一定雰囲気を持つ環境に置かれると、自分からやりたいことを見つけ出して、それに取り組んでいく。そして、それを一緒に面白がったり、応援してくれたりする人がいることで、その子は「元気を取り戻していく」のです。あらかじめ大人の側が「やってほしいこと」を処方するわけではなく。

■では、その「一定雰囲気を持つ環境」とは、どのような環境なのでしょうか。平野先生は、ご自身の「子どもサイコセラピー」の経験と、発達心理学の知識を前提として、次のように言います。「安心して何でも言える場所、何をやろうとしても文句を言われず、一緒に楽しんでくれたり、応援してもらえたりする場所」。たとえば、サイコセラピーにくる子の中には、「ギターをひきたい」という子もいれば、「ダンスがしたい」という子もいたそうです。そして、平野先生もいっしょにやって、ギターがひけるようになったりしたようです。(笑)

■「お母さんが安定してリラックスした情緒状態でそばにいると、赤ちゃんの探索行動が促進される」というのは、発達心理学セオリーです。(愛着理論のことなどを言っていると思われます。)逆に、お母さんが常に不安で緊張したような状態でいると、子ども不安感が強くなり、自分から探索行動に出ることができなくなります。大人が楽しそうにして子どものそばにいること、リラックスして、子どものやりたいことを応援したり、躊躇しているところをそっと背中を押してやること(ジェントルプッシュ)。それが、子ども主体性の発達を支える上で大事だというのです。

■驚いたのは、「プログラムなきキャンプ」という実践。ここまで徹底しているとは……。大人があらかじめ決めたことをやるのでなく、すべて「その場で」子どもがやりたいことをやる。スタッフはそれを全力で手伝う、というのです。(さぞ、「てんやわんや」だろうなあ)そこからドラマが生まれるというのです。他にも実践的でおもしろいことをたくさん聞けました。後は、「これはいい言葉だ」と思ったことを以下に並べて、終わりたいと思います。(僕のノートからなので正確ではありませんが。)

  • 発達障害」と呼ばれているのは、「学校でパッとしない子どもたち」。なら、「パッとする場所」に連れて行けばいい
  • 子どもが主体的な思いを形にする時、それをいっしょに面白がって、応援してくれる人が、地域の人たちだったら……
  • 大人が与えてくれなかったフラストレーションから子どもは夢を見る
  • おろおろするテクニック。「やりたい」と声を出す。それを誰かが助けてくれる。その人が味方になる、という体験が大事
  • 不完全であることが、人を結びつける。「おたがいさま」が社会をつくる。なんでもできたら、仲間ができない。困ったとき、声をあげたら、誰かが現れる。その人が仲間になる
  • 症状や問題行動は、その場にいるための努力である自閉症の常同行動だって24時間そうしているわけじゃない。それは、なんとかその場にとどまって、僕と交流するためにそうしてくれているのだ。リストカットだって、常同行動だって、生きるための努力なんだ
  • 今は、「傷つけた人」を抹消し、「傷つけられた人」が大声を出す、という社会。でも、人間はもともと、傷つけ合って生きることを避けられない生き物だ。だから、「起きて当然」の傷つけ合いを修復すること(『雨降って地固まる』こと)を考えたほうがいい
  • 自立とは、皆で一緒に立つこと
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20131001
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |