漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■山田:週二回■■■
■■■相馬:週二回■■■
■■■茂木:週一、二回■■■
■■■スタッフ:週一、二回■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2015-01-31(土)

[][]飯食い金土 飯食い金土を含むブックマーク

■漂着宴会後に寺沢くんとおでんを食い、猫を愛で就寝。起床後、24条に行きおれは漂着経由で訪問寺沢くんはコミュニティレストラン訪問。その後、麻生北山龍でラーメン料理が好きな彼には、一度食べてもらいたいラーメンだったのでよかったよかった。

■午後にも訪問一件。マインクラフトは楽し。終わってから夕飯材料買って帰ったが、昨日から人と飯を食っていたので、なんだか一人で食べるのがさみしくなったよ。明日余市でみんなでご飯を食べるから、楽しみにしておこう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150131

2015-01-30(金) 晴れ

[][]終末時計 終末時計を含むブックマーク

終末時計が一分進められ世界の終りまで残り三分となった、との報をネットで知る。終末時計といえば、俺が子供のころは進んだ戻ったとそれなりに大きな新聞記事になっていたはずが、最近全然見ないので、もうなくなったかと思っていたらちゃんとあったのだなって、調べたら福島原発事故で一分進んだのが直近だった。そ、そうか。知らなくて済まぬ。

時計報道はなくったって終末感はちゃんと広まっているらしく、ねえ戦争起こるの? マジで戦争イヤなんだけど、と中学生に問い詰められる。いやいや君たちSEKAI NO OWARI大好きじゃん。は? なに言ってんの、まじめに訊いてるんだけど。人質報道集団的自衛権をめぐる動きに彼らなりになにかを感じナーバスになっている。子供をこんなに不安にさせる政治はよくないと俺は思うけど、「安心」のために集団的自衛権ですとか面倒な罠にはまるのでうっかり口にできないのが本当に不便で仕方ない。うざったい。

■そのくせ彼らは平気で、家の近所のカレー屋は外国人経営していて怖いから絶対行かない、というかなくなってほしい、とか言い出して、まてまてあそこはインドカレーで働いてるのもインド人じゃないか、インド人ISILと一緒にするのはあまりに乱暴というか無茶であろう。そうなの? イスラム人じゃないの? そんな人種はおらぬ、イスラム教教徒はいるが彼らがテロリストなわけではない。イスラム教はナニ人なの? ではキリスト教徒はナニ人であるか。そんな話をするうち、中国嫌い韓国嫌いアメリカ嫌いと国際社会脱退の道を歩みだして、そりゃ終末時計も進むわもう。

戦争イヤなんでしょ。じゃあまずそういうことを言うのやめないとね、とこつこつ話を積み上げる。不安のうすれる道はきっとそこにしかないと思うし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150130

2015-01-29(木) 晴れ

[][]ギャップイヤー ギャップイヤーを含むブックマーク

ボランティアスタッフの関井です。

■前回日誌に書くことがなくてお休みさせていただいたのですが、今週になっても問題がすんなり解決するわけではなく、やはり書くことがありません。毎日記録するような何かがあるわけでもなく、最近新しく始めたことといえば究極の節制だけです。これも記録するような風変わりなことではなく、水筒に水を家から入れて持っていくとかもう文字数使うのも申し訳なくなるようなありがちな話で(以下略

■そんなこんなで、大学二年生が幕を閉じかけています。来週からは約2ヶ月に及ぶ春休みです。(大学生それでいいのか。)この一年学問成果としては、世代再生産による逃れられない子ども貧困と、都市地方教育地域格差についてよく学ぶことができました。(むしろそれしかやってない)

■そして、最近フリースクールから転じてなぜかギャップイヤーというものについて興味を持ち始めました。ここでコピーアンドペーストです。ギャップイヤーとは、高等学校卒業から大学への入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと。英語圏大学の中には入試から入学までの期間をあえて長く設定して、その間に大学では得られない経験をすることが推奨されている。以上、Wikipediaでした。最近では、大学在学中に目的を持って休学する場合なども指します。そこでふと、どうして大学義務教育でもないのになんとしてでも4年で卒業しなければいけないみたいな意識があるのだろう? と疑問に思いました。浪人が珍しくもない時代に、1年や2年の差は人生にとって大きなリスクとして及ぼしていくことはあるのだろうか? と。ここで空白の一年をとっても、問題はないんじゃないだろうか? と。(ちなみに留年学費がその分生じているので望ましいものではないと考えます。)もし空白の1年間を手に入れたら、何をするんだろう…。ローリスクで、なにかに挑戦することができる時代になり始めているということなのではないでしょうか。大学に在学しながら、無償で手に入る空白の時間があるとするならば、使ったほうが有効な気がするこの頃でした。というのも多浪とか経験してない身分から言えることでもあるのですが。なので来年からはもう少し、ギャップイヤーに関して勉強していきたいなぁと思っているのでした。次回は書くことあるといいなぁ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150129

2015-01-28(水) 晴れ

[][]得意分野発見 得意分野発見を含むブックマーク

■昨日、訪問が終わった後札幌自由が丘にいって勉強会に参加。札幌鑑別所の話を聞いてきました。

■その後、フリースクール、親の会の方々とお酒を飲みに行きました。最近は家で一人で飲むことの方が多かったけど、やっぱり大勢の人と飲むのは楽しい。今年はもっともっとこういう場に参加していこう。自分の顔と名前を覚えてもらうチャンスだしね!相馬さんが描いてくれた似顔絵とともに自分アピール

■そうそう、「たまに日誌を読むんですが、茂木さんって男の方だと思ってました。」と言われました。これって前にも誰かに言われた気がする。少しうれしかったです。

今日は漂着教室に来た子たちとボードゲームお化けキャッチスピードカップ、スピードトランプゲーム)、最後におまけでババ抜きで遊びました。あれれ、私ってもしかしてまり頭を使わないスピード重視のゲームって得意だったりして。最終的に挑んでくる利用者たちをめっためたに負かせ、「打倒茂木さん!」と言わせてやりました。次までに腕を磨くんだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150128

2015-01-27(火) 曇り

[][]いまどこにいる いまどこにいるを含むブックマーク

公立高校の出願倍率が発表になって受験生が大騒ぎしている。大丈夫か受かるのか倍率が高いきっとダメだもうダメだどうしてこんなにねえ大丈夫。そんなこと言ってもなあ。ふだんの君らのこと何もしらないし、どれくらいの成績でこれまでのテストが何点で、そもそもどこを受けるのかからからないんですけど、本人がわからないもの他人がわかるものか。知らぬわ。わわわ。

心配なのはわかる。目指す場所名前だけはわかっていて、でも方角も距離もわからない。そんなときあなたたちのうち何十人はたどり着けませんなんてアナウンスが入ったら、それは焦るでしょう。でも、そこですべきはアナウンスの審議ではない。自分のいる場所を知ることじゃないのかな。具体的にはランクと当日点。ランクはもうわかっている。あとは過去問を解いて、今の自分が何点取れて、それは合格ラインからどれだけ離れてて、そこを埋めるために何でどれだけ上増しするか。そういう作戦なら考えましょう。

■という気持ちと、いやあなんとかなりますよ、別に死ぬわけじゃないっすよ、それにどれだけ準備万端に整えて合格間違いなしだったとしたって、転んで骨折って入院したら受験できないわけですよ。そんな雑なシステムなんだから、それで自分人生全部決まるみたいに思わなくったっていいじゃない。そんな気持ちもある。

他人選抜されるという経験は積んどいてもいいんじゃないと思う反面、あんな死にそうなくらい思いつめさせなくてもいいじゃんと思う。いや、これは同じことを言ってるだけか。

■それでも俺の中では僅差で「自分の位置を知る」が勝つかな。それがないと、この先もどこへどう進んでいいかわからない。合格するかどうかじゃなく、今の自分はどの程度なのかを知るよすがとして試験を受けるのはありだと思う。資格試験なんかじゃむしろ当たり前の考えじゃなかろうか。

■いかに自分の位置をつかむか。試験だけじゃない。いろんな方法があって、たとえば俺には座標軸にしている友人が何人かいる。たまにそいつと会って自分の今いる場所を推測する。自分さがしはどうでもいいけど、自分の位置さがしはしておくといいと思うよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150127

2015-01-26(月) 曇り

[][]面接の日 面接の日を含むブックマーク

市民活動プラザ星園の入居更新のため、面接を受けた。四人の審査委員の前で査問される様は、さながら入試のよう。今後は星園がより社会参加型の活動をしていくので協力できるかということも聞かれたが、入居させるかどうかの決定権を持った人にそう聞かれればどんな団体だってはい」と答えるしかあるまい。この時ばかりは、大家店子関係であることを再認識。アウ・クルが懐かしい。

■とはいえ、星園に入居して以来、訪問は減ったものフリースペース利用者は増えているし、「市民活動プラザ星園」という名前も浸透してきて、認知度も高まっている。管理しているコミュニティワーク研究実践センターがやろうとしていることは、漂流教室方向性とも一致しているところが多々あるから運営イベントに協力することは自分たちのためでもある。入居団体から協力するのではないということをわかってもらいたい。

■午後、苫小牧フリースクールを作りたいという人がやってきて、話をしていった。適応指導教室って、全然人数がいないのに不登校対応しているその自治体代表機関みたいに語られるのはなぜだろうと、漂流教室を始めたころに思ったことをまた思った。そこはそこで頑張ってもらって、こちらはこちらで人数増やしてやっていけばいい。使ってもらったもの勝ちです。(水曜日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150126

2015-01-25(日) 晴れ

[][]うれしぱ うれしぱを含むブックマーク

■知り合いが倶知安放課後コミュニティカフェ「うれしぱ」という活動を始めた。駅からすぐの石蔵で、金曜の16時〜18時にやっている。頼まれて土曜日に手伝いに行ってきた。小学生を中心に10人くらいの子供が来ていた。

■こういう取り組みが増えるのはとてもいい。助成金での事業なので来年度は未定だけど、なんとか続けてほしい。放課後の居場所が定着すると、日中も開けてほしいというリクエストがきっと出る。別にフリースクールじゃなくたって、そうやって不登校の子の行く先ができることもある。

■あとは子供たちの相手を専門にする人(今回の俺のようなポジション)がいるときっといい。こういう場所では、子供だけじゃなく、保護者同士の輪もできる。主催者はそっちを担当して、子供の相手は誰かに任せる。特に難しいことをするわけじゃない。一緒に遊んでいればいいので、大学生がいればいいけど、高校生でもできるかも。

■「うれしぱ」で面白かったもの。薄く切った桜の枝を紙やすりで磨き、クルミオイルで艶だしをする。単純な作業だがこれがいい。無心で、またはみんなで雑談しながら手を動かす。ひたすら削っていると、もやもやした気持ちがどこかに消えていく。つるつるになった木肌を触ってると達成感あるし。独自プログラムとして宣伝していいと思う。漂流教室訪問でも使いたい。ふたりで黙々と木を磨く。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150125

2015-01-24(土) 晴れ

[][]事業の変わり目 事業の変わり目を含むブックマーク

後志地区子供健全育成支援事業岩内へ。一家庭で三人、中学2年、1年、小学6年をボランティアスタッフで日誌も書いてくれている小松さんと共に10か月見てきた。それも卒業に合わせて、次回でおしまいの予定だ。勉強最後子供らに伝えると、みんなしんみりした表情になり。お別れしていくのは、さみしいね

■次年度のこの事業は、国の方針生活困窮者も含めて対象者が拡大する一方、任意事業として行われるのでやるかどうかは地方自治体次第になる。そして、予算は国と自治体折半になる。果たして、どうなるかわからない中、二月から三月までのスタッフを決めてはいる。願わくば北海道がまず任意事業として学習支援を行いますように。こればかりは、祈るしかない。(日曜日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150124

2015-01-23(金)

[][]穴を埋める 穴を埋めるを含むブックマーク

三学期ともなれば中学三年生は受験一色。校内一ぼんやりしている俺のところにも、面接の練習したいから相手してと生徒が昼休みにやってくる。寝たいのに。

■えー、あなた中学生活でがんばったと思うことはなんですか。部活です。部活はなにをしていましたか。バドミントン部です。がんばった中身を具体的に。中体連で全道大会に出ました。それはいつ。三年生のときです。

中学校で一番の思い出は。修学旅行です。あの、修学旅行のどんなところが。JRの中です。もしかして鉄道マニア。いえ。では、JRの中のなにが思い出に残ったんでしょう。みんなでトランプをしたことが。

■次の質問高校に入ったらなにをしたいですか。勉強をがんばりたいです。勉強というと、具体的に。どの教科ですか。英語。どうして英語を。中学時代まりやらなかったから。やらなかったから? これから必要かと思って。これから卒業してから卒業後はどうする予定でしょう。進学します。進学というのは。大学に。

■ってお前らなんだ。なんで俺が微に入り細に入り話題を掘り下げなくちゃならんのだ。「三年間バドミントン部でがんばって、今年度ついに全道大会に進みました」ってまとめて言わんか。「中学校ではあまり英語をまじめにやってこなかったのですが、大学進学を考えているので、高校に入ったら英語をがんばりたい」と言え。それとも一言で答えましょうってルールでもあるのか。

■まあ、わからないわけじゃない。できるだけしゃべりたくないんでしょう。ぼろが出そうで。一生懸命模範的な回答」を考えている彼らを見るとそう思う。面接とは求められている解を間違いなく答えること、と思ってるんだろう。そうじゃないのにね。ちょっと堅苦しいおしゃべりくらいなんだけどな。

■今からあれこれ要求してもきっとパンクちゃうから、あんまり相手に質問させるな、どんどん訊かれる方が大変だろ、こことここはまとめておけと添削する。よく考えたら、漂流教室でもそうだった。映画観てきた。なんの。相棒。どうだった。面白かった。どこが。最後のシーン。どんなシーンだったのって、なんで俺がいちいち質問してやらなならんのじゃ。セレブかお前は。記者会見か。

■おそらく、そうやってやりとりを覚えていくんだろう。それまではセレブでもいいよ。でも、いちいちすきまを埋めてくのは疲れるぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150123

2015-01-22(木) 曇り

[][]イリイチ会お知らせと、議論のこと イリイチ会お知らせと、議論のことを含むブックマーク

こんにちはスタッフ小松です。今日は、イリイチ会の告知をいたします。それと、テーマにする本についての迷いを。

■取り扱う本は、福澤一吉『議論のレッスン』を予定しています。が、少し迷っています

議論のレッスン (生活人新書)

議論のレッスン (生活人新書)

■この本を扱おうと思ったのは、私が主催できるおそらく最後イリイチ会で、議論はそもそもどうあるべきかをみんなで考えたかったからなのです。でも、すこし読み進めるうちに、いままでやってきたイリイチ会は、そもそも「議論」が目的ではなかったのだなあと思い始めました。

■この本で想定されているのは、一つの意思決定物事に対する合意形成を、複数人意見を(反対意見存在を前提として)すり合わせて行うプロセスとしての議論。そのために、論点を明確にして、主張の裏付けを述べ、質問には正確に答える…などのルールが書いてあります

■でも、いままでのイリイチ会を振り返ると、それとは随分違うのですよね。ひとつ話題きっかけにして、それぞれが感じたことや経験を喋って盛り上がる会になることが多くて、私はそれをとてもいいなと思っていました。もちろん、話題提供者はある程度の主張や論点を持っていますし、それについてその場での合意形成するための議論のようなものが発生することはありますが。

イメージするなら、こんな感じでしょうか。

f:id:hyouryu:20150122203731j:image

■うーん、うまく書けませんが、議論テーマからのズレを嫌いますよね。当然ですが。しかしむしろイリイチ会は論点のズレこそを歓迎していたのですよね。思わぬところで思わぬ話題が繋がり、同じ場にいてもそれぞれが持ち帰る思いが全員違う。

■ということで何が言いたいかといえば、イリイチ会でこの本を取り扱うのは無意味ではないですが、ちょっとナンセンスかなあと。何人かにはこの本をやります! と宣言してしまっていたのですが…(笑)

■なので、いつも通り教育周辺のトピックを取り上げた本を探そうかな、とも思っていますおすすめがあったら教えてください! 決定したらFacebookでも告知いたしますね。

■先にも書いたように、私が主催できるイリイチ会も今回で最後になりそうです。だから、なんて言うとおこがましいですが(笑)、みなさん奮ってご参加ください。本をきっかけにおしゃべりするのは本当に面白いです。初めての方も、ほんとに、ぜひ! おまちしております

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150122

2015-01-21(水) 晴れ

[][]夢を見た 夢を見たを含むブックマーク

■夢を見ました。季節は夏の午後です。私は漂着教室にいて、利用者が14人くらい。見たことな利用者たちが沢山いて、途中から来た山田さんが「あの子はあの子のお兄ちゃんであの子は○○ちゃんだよ。」と教えてくれます。たまに漂着教室に来るスタッフが、風邪をひいたのか凄い声をしていました。そしてなぜか漂着教室にある食器棚フィギアが沢山飾ってあり、そのフィギア達は音を流すと踊り出します。それを見ていた利用者が真似して踊って転んで泣いていました。

あっちこっちでみんなバラバラなことをしていました。私はこの人数に圧倒され茫然と入口の前で立ち尽くしています。すると、見たことな利用者(誰かのお兄ちゃんらしい。小学生)が名前を聞きに来てくれました。私はしゃがんで「茂木だよ。」と言うのですが、上手く「茂木」の発音が出来ず、「のぎ?ふーん」と言われ、その子はどこかに行ってしまいます。それが少しさみしくて、「そうだ、麻雀をしよう。きっと誰かが集まってくる。」と思い、なんとかスペースを確保して雀卓を広げようとしたところで目が覚めました。

漂流教室の夢を見たのはこれで二回目です。一回目は訪問の夢。訪問の子とご両親がごっちゃごちゃになっていて(親と子がトレードしている)私対4人で訪問してる夢。そして今日は漂着教室の夢。

■なんとなく、今こうして漂着でのんびり過ごしている利用者たちを見て、「漂着はやっぱこうだよなあ。」と安心しています。そうだ、今日の夢の感じは、去年の夏に札幌自由が丘の子たちが漂着に遊びに来た時の感覚に似てるんだ。子供たちが帰った後は、まるで夏の午後の体育の授業を終えた後みたいだった気がします

■夏の夢を見たのは寝ていて暑かったせいなのかな。それとも夏が恋しかったのか。そして次はどんな漂流の夢を見るんだろう。

相馬相馬 2015/01/21 19:05 いい文章だ

茂木茂木 2015/01/21 22:22 わあ、嬉しい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150121

2015-01-20(火) 吹雪

[][]クイズ クイズを含むブックマーク

火曜日訪問先で、いつもクイズを出してくれます。それも、オリジナルクイズです。今日は、10体近くいるぬいぐるみについていたその子お手製のビーズアクセサリーを見せてくれたあと、いったん外して、しばらくしてから「どれが誰のでしょう?」というクイズでした。出されると思っていなかったので、記憶を巡らせます楽しい。でも、あまりに正解率が悪いと宿題にされます今日大丈夫でした。

■少し難しいクイズの時は、これまたオリジナルのヒントをくれます。そのヒントの出し方も面白くて、「花の種類」という問題だとしたら、「貰ったら嬉しい!」と教えてくれます。そうなんだ。

■ただ書いてある文を読み上げるだけのクイズ遊びとは違って、毎回自分即興で考えて問題を考えて出してくれるので、その子の考えていることやその子が何を大事だと思っているのかがわかる気がして面白いです。これで私は妖怪ウォッチ属性妖怪名前・好きな食べ物なんかを覚えました。特にジバニャン系の妖怪。もう完璧。でも、家で予習・復習ができるクイズだと良いけど、今日みたいなクイズだと出来ないなぁ。

■「○○から生まれた妖怪。この妖怪に憑りつかれた人は○○になってしまう。口癖は○○。」という文章問題として出されて、この○○の部分を答えさせられるのかと思っていたら、この妖怪進化するときに必要アイテムを答えろと言われたこともありました。「えぇ!そこ?」と思うようなクイズです。文章を読んで、妖怪を思い浮かべて、属性を考えて、ある程度妖怪の姿かたちを思い浮かべながら答えなきゃいけません。あまりに的外れな回答をすると宿題になる。結構真剣です。でも、こうやって毎週クイズに挑戦していくと、知識としてなかったことも不思議とすんなり覚えて忘れません。そうか、勉強ってこうやればよかったのか。

■毎回このクイズが楽しみです。来週はなんのクイズだろ〜

茂木茂木 2015/01/21 00:49 ちなみに、花の種類の問題の答えは薔薇でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150120

2015-01-19(月) 曇り

[][]四十肩? 四十肩?を含むブックマーク

市民活動促進センターで通信作成茂木さんの書いた日誌を読んだら、漂着教室で昼寝して麻雀してそのあと飲みに行ったと書いてあった。仕事は。しかし、その姿勢や良し。

■ということで、余市へ行く予定もなくなったし、俺も負けじとボランティアスタッフと飲みに行く。カメラの話やら特別支援の話やら将来の話やらあちらこちらへ飛んで楽しかった。

■肩を回すとばきばき音がする。首まで痛くなって、これはまずいと意識して肩甲骨を動かしていたら、どうやら痛みはなくなった。これもなにかのきっかけだろうと、健康診断を受けることにする。初バリウムだー。これで生まれて初めてが今年すでに三回目。(1/21夜)

茂木茂木 2015/01/21 23:50 少し正直に書きすぎました!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150119

2015-01-18(日) 晴れ

[][]校内へ移動 校内へ移動を含むブックマーク

■前日の大雪で道がひどい。余市までどうなるかと思ったが、小樽から向こうは晴れていた。幹線道路もしっかり除雪されていた。

余市サンデースクール参加者3人とこじんまり受験を控えてまじめに勉強している。最後トランプで少しだけ息抜き利用者同士の関係ができてきているので、あまりかまう必要がない。それぞれにうまくやっている。

■こういう場所がいつもあるといいのだが。委託事業ということは、役所次第でなくなってしまうかもしれないということだ。そのとき自主事業で続けられるか。うーん。厳しいな。

■たとえば高校の中にサンデースクールを移すことはできないか。前も書いたかなそんなこと。中学校から高校への橋渡しになるし、高校生にも効果ありそうな気がする。土曜のフォーラムでも、「外の人が校内をウロウロしていることが、学校を落ち着かせる」という発言があった。どうだろうね。(1/19午後)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150118

2015-01-17(土) 曇りちらちら雪

[][]誕生日イベント 誕生日イベントを含むブックマーク

訪問二件の後、スタッフ研修「どーなってるの? 不登校の子の進路−定時制通信制高校の学び」。大通高校、有朋高校先生を招いて、話を聞く。

■その後、夜中から誕生日イベントとして、ホームレスの人数を数える調査に参加。札幌駅から桑園まで往復歩きながら調査。(1/21)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150117

2015-01-16(金) 晴れ

[]教育フォーラム・どーなってるの? 不登校の子の進路 教育フォーラム・どーなってるの? 不登校の子の進路を含むブックマーク

■いよいよ明日です。カモン!

「どーなってるの? 不登校の子の進路−定時制通信制高校の学び−」


不登校の子は一体どんな進路に進むの? きちんと高校でやっていけるの?

現在不登校の子積極的に受け入れる高校がたくさんあります。今回のフォーラムでは札幌市内の通信制高校定時制高校先生にお越しいただいて、高校での学びや様子についてお話ししていただきます

18:10 講演(平野氏)

18:40 講演(村端氏)

19:10 休憩

19:20 対談、質疑応答

20:30 終了

大通高校、元札幌高校定時制教職員による講演、対談

共育フォーラム漂流教室 共催

f:id:hyouryu:20141226153648j:image

画像クリックオリジナルサイズを表示で大きな画像になります)

[][]消費者か被支援者かではなく 消費者か被支援者かではなくを含むブックマーク

1月13日(火)、さっぽろ子ども若者支援地域協議会主催安心して学ぶことが難しい環境にある10代への学習支援」へ行ってきた。

■さまざまな支援機関が登壇。世の中たくさんの団体がある。そんな中でフリースクールの強みはなんだろうと考えていた。平日日中を受け持てること。そして、利用の枠がないこと。ほかの機関母子家庭だったり中学生だったり、なにがしかの枠がある。しかフリースクールにはない。なぜなら有料だから

■サポステの松田さんは、現状が「雇用医療か」という区分になっている、それを埋めるのがネットワークだと説明したが、俺の中ではそれは、「消費者か被支援者か」という区分になる。金が払えるなら好きなサービスを選べる。払えなければ行政区分による支援対象となる。

■つまり雇用は消費の手立てで、ネットワークが埋めるのは実は被支援者から消費者への道筋だ。それが悪いとは思わない。就職もっとポピュラーセーフティネットから。でも、それしかない世界はつまらないと思う。

■後半はずっと計算をしていた。札幌市からの補助があって、委託事業も同じ規模で入ったとして(それが難しいんだけど)、賛助会員を200人にすれば、利用料を値下げきる。多分。ミッション理解してもらい賛助会費で運営する。それがNPO王道だろう。

■昨年北大講義で、困っている人はいない、という話をした。困っている人はいない。ただ、誰でも困るときがある。困ったときに頼るのが支援だ。

■困った人がいるという発想は、その人用の支援の枠をつくる。困るときがあるならば、誰でもが当事者になる。奨学金問題を扱う「ここわらねっと」の三宅さんは、団体の説明で「生きることを支援する」と言った。「だから誰もが支援される当事者だ」と。フリースクールの進む道はそこだろうと思う。そのために利用料を下げるのだー。それが正解。多分な。(1/19午後)

谷口谷口 2015/01/16 19:43 懇親会はやらないのかしらね?

相馬相馬 2015/01/16 19:55 やらないわけがあろうか

谷口谷口 2015/01/16 23:25 参加させていただきます。

岩城岩城 2015/01/17 20:07 札幌まで行ったのですが、吹雪で駅から外に出ることができず、断念しました。
とても残念です。

相馬相馬 2015/01/19 13:27 ひどい天気でしたからね。また企画しますので、そのときはぜひ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150116

2015-01-15(木) 曇り

[][]見学報告 見学報告を含むブックマーク

■JDEC一日目は参加せず、埼玉のふたつの団体見学してきた。

■一件目は越谷らるごフリースクールりんごの木。越谷市でもう25年も続けている老舗のフリースクールだ。ほかに自立援助ホームと「ほっとりんご」という成人向けの居場所運営している。

f:id:hyouryu:20150116103722j:image

せんげん台駅を降りて徒歩一分のビルのワンフロアりんごの木はある。在籍40名ほど。音楽室や談話室キッチンなど七部屋にわかれている。ここに移る前は一軒家の二階を借りていたという。一部屋しかなかったので、目は届いたが、どうしても今いる利用者カラーが出てしまう。それに合う子はすぐ馴染むし、合わない子は二度と来ない。部屋が増えたとことで、それぞれの「居場所」ができて利用者が増えたとスタッフが話してくれた。それはとてもよくわかる。漂着教室がまさに一部屋の状態だからだ。せめてもう一部屋あればな。いや、札幌市補助金場所を借りることは可能なのだが、一年しか家賃負担してくれない。一年後、二部屋分を稼ぐほど利用者を増やせるだろうか。思案のしどころ。

常勤スタッフは5名。火曜と日曜が休みというスタイル面白い火曜日休みにしたら、一日自由に過ごせそう。土日ってなんだかんだと結局用事が入るからね。

■二件目はさいたまユースサポートネット事業「たまり場」。公共施設を借りて毎週土曜日、13時から16時まで開催している。二部屋を借りてひとつ勉強部屋、もうひとつのんびり過ごす部屋と使い分けている。10から30代までなら誰でも無料で利用できる。外国人でもOK。さいたまユースサポートネットはサポステなどいくつかの委託事業を受けているが、この「たまり場」だけは自主事業だ。なので、委託事業にある利用者の枠組みがない。

f:id:hyouryu:20150116103721j:image

■この日は20名くらいの利用者が来ていた。中学生が多いようだが成人もいる。スタッフ学生から年配の方まで幅広い。人数もほぼマンツーマン対応できるくらい揃っている。

フリースクールを始めるのに、お金がないので最初公民館などの部屋を借りてスタートするということがある。「たまり場」を見ていて、これはフリースクールだなと思った。利用の枠がない。居場所学習。サポートに徹するスタッフ。それで無料だもんね。考えてしまう。とはいえ、委託事業で回っているからこその無料事業なわけだけど。

りんごの木は部屋数、たまり場はスタッフ数が利用者の増加を支えている。多様さが物理的に保障されている。なので、茂木さんが来てくれてよかったと思うわけです。ほかのボランティアスタッフもちょくちょく顔を出してほしい。

■たまり場は学生スタッフがかなり運営に関わっていた。そもそもその秘密を知りたくて行ってきたのだけど、こちらもそれなりに感触あり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150115

2015-01-14(水) 晴れ

[][]JDEC JDECを含むブックマーク

余市訪問先へ行くため、漂流教室を出て高速道路に乗ったところで今日訪問はお休みとの連絡が。仕方なく高速を手稲で降りて、ぶらぶらドライブしながら戻ってきました。年末も悪天候のため休みが続き、新年が明けてからもお休みが続いています。なかなか会えない。近いようで遠い余市

■先週の三連休は全国フリースクール大会に参加すべく、東京へ行ってきました。去年の三月に参加した時は、ただ漠然と「フリースクールについて学ぼう。」「知らないことだらけなんだから、とにかく知ろう。」という気持ちで参加しました。今年も去年と同様、より多くのことを学び、身に着けようという姿勢で臨みました。

■二日目の分科会に参加した時のこと。とある参加者質問に、私含め、その他参加者全員が首をかしげました。その人はフリースクールスタッフになってまだ日が浅いとのこと。質問内容は、要約すると「子ども達の学校復帰に向け、スタッフはどのレベルまでの助言が許されるのか?」というもの

フリースクールスタッフは、その子生き方や道を示すことはできないし、スタッフ子ども達のなんらかの発信に気づく、あるいは、それらの発信を待つことが必要なはずです。その子にあった道を、『一緒になって』『寄り添う形で』全力でサポートする。進学等の情報提供はもちろんするけど、自分価値観押し付けるような形で伝える必要はない。たとえば、「学校は行ったほうが良いよ。」という考えはその人の考えであって、その価値観をそのまま子ども達に押し付けてはいけないし、逆に「学校なんて行かなくていい、戻る必要もない。」という考えを持っているスタッフがいたとしても、それもあくまでその人の考えなのだから子どもたちに押し付けてはいけないと思うわけです。

■というわけで、上記の質問に対して私は首をかしげました。「頭っから学校復帰を子どもの最終目的にしていないか?」等様々なことが疑問に思ったわけです。でも実は、去年の3月にJDCEに参加した時の私、上記の質問と似たようなことを考えていたのです。まだ正式スタッフになる前、訪問も始まる前、まだあまり子ども達と関わる前、漠然と「スタッフってどの程度まで子ども達のこと応援すればいいのかなー?」と、考えていました。

■それが今となっては皆と一緒に首をかしがる立場に。あれ、私っていつから考えが変わったんだろう?いつからこの質問に対して首をかしげるようになったんだろう?と、自分に少し驚きました。他にも、シンポジウムフォーラムを聞いている時、無意識のうちに「漂流教室は〜」とか、「うちだったらきっと…」と、『漂流教室存在』を常に考えていて、これは気が付いた時正直すごく驚きました。

■いつからこういう考えになったのか全く見当もつきませんが、今年のJDECはこういった意味自分自身の成長を大きく感じることが出来た二日間でした。なんにも去年と変わっていないと思っていても、なんだかんだ人って成長しているものですね。山田さん曰く「漂流に染まった」そうです。そうなのかな、そうだといいな。さて来年のJDECはどんな風になるでしょうか。JDEC自体の変化も楽しみだし、私自身の変化もとても楽しみです。

相馬相馬 2015/01/14 23:32 俺としてはあまり染まらないでほしいんだけど…。でも、自分の変化を楽しんでくれているのは嬉しいです

茂木茂木 2015/01/15 00:51 そう言われて見ればその通りです。
でも今は色々なへんかを楽しんでみます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150114

2015-01-13(火) 曇り

[][]そんな予定じゃなかった そんな予定じゃなかったを含むブックマーク

■みなさんこんにちはボランティアスタッフ高橋です。1月11日ボードゲーム部の報告をします。

■その日は麻雀と前回やったモダンアートというゲームしかしていません。なんかそんなんです。

f:id:hyouryu:20150113104236j:image

自分麻雀の成績は2位と3位でトータル−10くらい。赤無しでやりましたが、なんも考えずに副露しちゃだめね。アガりがタンヤオと役牌くらいしかなかった。もっと考えないとね。

チャンタ手も赤入りだと不遇の役だけど、今回は赤無しなの純チャンとかもチャレンジ。でもね、あんなの完成しねーよ! 9萬をポンされたときの悲しみは計り知れなかった。

■あと、ボクはやらなかったんですが、3人麻雀もしていました。M君がリーチドラ11で上がっていました。へー楽しそう(他人事

■と麻雀が終わってモダンアートをしている最中ですかね、何やら体がだるくなってきまして、関節も痛いし、頭も重いしなんかもう具合が悪いんです。30分くらい横になりましたが(その間に3人麻雀)良くならず、具合が悪いまま列車に乗りましたがこれまた列車の揺れが体に響くこと響くこと。おえおえしながらやっとこさ家についてすぐ寝ました。翌朝熱を測ったら37度8分でした。3連休の最終日の予定は達成されず終わりました。そんな予定じゃなかった。みなさんも体調には十分注意してください。

風邪ひいたときって何食べたらいいかわかんないよね。作る元気がないから買い食いになるんだけど、何買っていいかよくわかんない。とりあえずポカリ漬けになりそうです。

■では次回の予定です。

それではまた次回!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150113

2015-01-12(月) 曇り

[][]ニュースでも報じられたよ ニュースでも報じられたよを含むブックマーク

■JDECから帰ってきたら、案の定車は雪に埋もれていたので深夜に雪かきしたよ。

■さて、JDECについてはNHKの全国ニュースでも取り上げられていた。消えるかもしれないが、URLこちら記事本文を念のため貼っておく。

不登校になってフリースクールなどに通う子どもたちへの公的な支援について話し合う催しが10日、東京で開かれ、参加者からは「経済的理由フリースクールに通えない子どもへの支援を充実させてほしい」などの意見が出されました。

フリースクールは、いじめ引きこもりなどで不登校になった子どもたちに学習指導などを行う民間施設です。

10日、東京渋谷区の会場で開かれたフリースクールなどに通う子どもたちへの公的な支援について話し合う催しには、フリースクール運営している人などおよそ100人が集まり、はじめに文部科学省担当者が、国としても近く有識者会議を開いて支援策検討来年度中にまとめる方針を説明しました。

これに対し、フリースクール運営している人たちからは「経済的理由からフリースクールに通えない子どもが増えていて、こうした子どもへの支援を充実させてほしい」とか、「フリースクールではなく家庭での学習をみずから選ぶ子もいて、あらゆる状況の子どもたちの支援制度を考えてほしい」といった意見が出されました。

催しを企画したNPO法人フリースクール全国ネットワーク奥地圭子代表理事は「子どもたちにとってよりよい支援策がまとまるよう現場の声を伝えていきたい」と話していました。

■「フリースクールは、いじめ引きこもりなどで不登校になった子どもたちに学習指導などを行う民間施設です。」という報じられ方も突っ込みたいところだけど、今回の大会の中でも多くの声が上がったのが、経済的理由からフリースクールに通えない子供がいるという点。子供・家庭に対する直接支援の形を取ってはどうかという話は、支援のために考えている法律案「多様な学び保障法」でも出てきている。ただ、これは不登校になれば自動的支給されるのではなく、フリースクール等を利用したいと届け出があった場合にの支給される計画だ。これだと、フリースクールが無い地域では学習権の保障格差ができる。ホームスクーリング一定支援できる機関必要であり、全国で可能になるためには機関支援必要なはず。つづく(火曜日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150112

2015-01-11(日) 晴れ(東京)

[][]democratic educationdemocratic educationへを含むブックマーク

■JDEC二日目。この日は持ち込み企画分科会に出た。

■いつも与えられる講座ばかりでつまらない。もっといろんな人が発表できた方がいい。そんな話をしたのが三年前だったか。ようやく実現した。フリースクールの実情。JDECをこう変えたい。内容は平凡なものだったけど、それが参加者から出たということが大事なのです。最終的には学会のように、全体会以外は参加者レポート構成されたらいい。

当事者によるパネルディスカッションは相変わらずフリースクール不登校がごちゃまぜになって話されていた。JDEC初日の様子がNHK放送されたが、フリースクールについては「いじめ引きこもりなどで不登校になった子どもたちに学習指導などを行う民間施設です」という説明だった。パネルディスカッションを見るとむべなるかなと思う。でも、それでいいの?

■そんな思いもあり、そのあとのミーティングで「日本フリースクール大会」という言葉を外し、名前の通りdemocratic education団体の会にしてはと提案した。さて、どうなるか。(1/12午前)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150111

2015-01-10(土) 曇り

[][]JDECで東京JDECで東京行を含むブックマーク

■朝五時半に起床して、東京日本フリースクール大会に行くためバス空港に向かう。マンション駐車場に止めた車が雪に埋もれているのを見て、帰宅してから雪かきを予想。げんなりする。

■「日本フリースクール大会」を英語で書くとJapane Democratic Education Conference。「日本民主的教育会議」とでもなる。だからフリースクール以外の教育機関も参加して行けばいいのだけど、なかなかそうはならない。そんな中で、今年度はフリースクール支援について政府が本腰を入れて動き出したので、最初のパネルディスカッションも「今、チャンスを活かす」というタイトルで、文部科学省担当官も登壇していた。

■さて、この動きは誰にとってのチャンスか。奇しくもこの日の朝のテレビ番組で菅官房長官憲法改正について、見直せる箇所から見直すと語り、その一つとしてフリースクールへの公的助成への妨げになっている89条を挙げていたそうだ。大会会場にはフリースクール議連所属する国会議員からメッセージがたくさん届いていたが、実際に顔を出した人はいなかった。彼らの目には、果たして若者の成長を支援するチャンスと映っているのか。やっぱり、簡単にこの動きに諸手を挙げて賛成とはならないんだよな。後半へ続く。(火曜日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150110

2015-01-09(金) 晴れときどき雪

[][]針を振る 針を振るを含むブックマーク

■もう毎日毎日雪かきで疲れるよー。朝1時間半、夜1時間半。さすがに今日で終わってくれるかな、というか明日明後日東京から、終わってくれないと困るんだ。帰ってきたら家が埋まってたとかイヤだもの

■昨日は養護教諭大会で話をし、今日北海道生活教育研究会に出ています明日からのJDECで学校方向へ振れた針をフリースクール方向へ振る。

■とはいえ、そんなに変わらないのかもという気もしている。どこに行っても飲み会はあるし。戻ってきたらまとめを書こう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150109

2015-01-08(木) 吹雪

[][]気持ち悪い文章 気持ち悪い文章を含むブックマーク

あけましておめでとうございます、というには少し遅いでしょうか。スタッフ小松です。

■昨年末卒論を提出し、年末年始腑抜けたように過ごしておりました。しかし、口頭試問に向けてもう一度準備をせねばなりません。自分の書いた文章しか駄文を読み返すのは死ぬほど気が重いものですね…。

自分の書いた文章と言えば、1年前くらいに書いた履歴書エントリーシートをこの間久しぶりに引っ張り出して読んでみたりしました。

■いやはや、非常に気持ち悪いものですね。自分で書いたはずなのに、まるで違う人が書いたような自信満々の文章。そういえば、書いた文章はよく友達添削してもらって、「これじゃ謙遜しすぎ」なんて言われるたびに直していたのでした。そうするうちにまるで無敵大学生のような文面に…。そういえば面接のときも我が強そう、なんてしょっちゅう言われていました。その印象で内定を貰ったのだとすれば、入社後がやや不安です。ほんとは自信なんて欠片もありませんてば。流されてばかりですって。はあ。

特にオチはありません。本年は活動に参加できる期間も短いですが、あとすこし、どうぞよろしくお願いします。

(写真は今年久しぶりに書いた年賀状。羊女。)

f:id:hyouryu:20150108180126j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150108

2015-01-07(水) 晴れ

[][]去年は、今年は、 去年は、今年は、を含むブックマーク

■お正月も終わり漂流教室は今週から新年がスタートしましたが、まだまだ気分はお正月です。なので、世間もまだまだお正月気分でいてほしいと思う今日この頃です。

漂流通信と漂流日誌を書き初めて、今月で一年になりました。もうそんなに経ったのかと驚いています。そして自分文章を読み返すのって凄く恥ずかしい。

■でもその時思ったことを自分言葉で残しておくということは、当たり前にとても大事なことだと思います。今週末に、日本フリースクール大会JDECに参加するため東京へ行ってきますが、去年参加した時の感想を読み返してみて、私がJDECに行く目的自分の中の考えがより明確になった気がしました。

■去年、JDECに参加してから一年が経ちました。私の中で変わったことといえば、少しだけ気持ちに余裕が出来たことくらいです。去年よりもより多くのことを学び、持ち帰った課題自分の中でじっくり煮詰めてほぐして時に固めてみたいと思っています。

■それにしても、午後から後志訪問だというのに天気が荒れるという情報を聞いてハラハラ。無事行って帰ってこれるんだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150107

2015-01-06(火)

[][]新年一発目 新年一発目を含むブックマーク

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

新年一発目の漂着教室は久しぶりの利用者がやってきました。約半年ぶり。キーボードで曲を弾いたりノートパソコン動画を見たりしていましいた。昔から使っていたかのように扱うものだから最初は気づかなかったけど、そういえばキーボードノートパソコンも新アイテムでした。半年前はなかったよね。

訪問先では利用者のMちゃんが丁寧に三つ指ついて新年のご挨拶をしてくれました。その後はぬいぐるみを使ったバランスゲーム。頭の上にぬいぐるみを置き、歩いたり走ったりして先に落としたほうの負け。熱い戦いでした。

訪問から帰ってくると、漂着教室麻雀面子が揃っていました。今年一発目の麻雀はなんと私がトップ。幸先がよろしいようで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150106

2015-01-05(月) 曇り

[][]スタート スタートを含むブックマーク

仕事はじめです。通信作って訪問行って休みの連絡肩透かし。漂着教室に来て、年末宴会の片づけを半分くらいしてからスカイプ使った話し合いと研修。夜はご飯を作ってから電話相談

年賀状を下さった方々には、とりあえずこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。(火曜日

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150105

2015-01-04(日) 晴れ

[][]初もの尽くし 初もの尽くしを含むブックマーク

■昨日は生まれて初めて初詣なるものに行きました。初初詣。そしてこれまた初めておみくじを引いた。見方がわからない。中吉でした。商売は「扱こうて損をせず」。よし。でも得もないのね。

今日余市サンデースクール年始め会でカラオケへ。バスで向かってみたんだけど、普段自分で運転して走る道を、他人の運転で行くのは不思議な気持ちです。

明日からいつもの日常が始まります。通信つくって訪問して、だ。がんばろ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150104

2015-01-03(土) 曇り。寒い。

[][]初訪問 初訪問を含むブックマーク

新年訪問相談ごとについて、あれやこれやと話した。その後気分転換マインクラフトを一緒にしてみた。二人で一緒に何かするのは楽しいね。

夕方から帰省してきた友人らと食事。去年出たニコ生絡みのブラックバイトについてや、子供の話、健康チェックの話など。歳だねえ。

自分らがバイトしていた時と比べて、若者が踊りづらくなってるんじゃないか、と言われ、いい表現だなと思った。そう、若者が何かの活動するのって、生き生きと踊ってる感覚あるよな。それが出来ないのは何故だ。踊れる場所が無いのか、曲が流れて無いのか。

林太郎林太郎 2015/01/06 09:07 エラーがこわい 正解がわからない 正解を見つけられない 曖昧がこわい 下手と思われたくない 恥は踊りを邪魔する。よさこいみたいな安心できるような枠組みの中でのみ踊れる

山田山田 2015/01/06 10:11 エラーを恐れ 正解を求め 正確を期し 上手でありたいと願うことを良しとする枠組みが、若者の周りにあるということか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150103

2015-01-02(金) 晴れ

[][]迷い道くねくね 迷い道くねくねを含むブックマーク

f:id:hyouryu:20150102115959g:image

あけましておめでとうございます。今年もよろしく。日誌をはてなに移動してから11回目のお正月ですよ。マジか。

初夢でも訪問してました。恵庭市内で迷子になり、家に入ってから迷子になって子供に笑われた。その前にどこか宮殿みたいなところで迷子になってた気もするけどよく覚えていない。そもそも初夢って1日から2日のあいだに見る夢でいいんだっけ。今年最初の夢は昼寝中に見た、急な坂道をたくさんの猫が駆け下りてくる夢です。その中でもひときわ大きな猫がまっすぐ俺に突っ込んできて体当たりされた。人懐っこいやつだったけど、ちょっとケガをしていたね。

■今年は思うところあり、少し真面目に働こうかなと思います。漂流教室の本事業収入を増やそう。おー。その始まりに道に迷う夢ばかり見てていいのかと思うけれど、新しいことに挑戦するんだから迷って当然さ。結果的に到着してるし、いい夢だったということにしよう。猫は…わからん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150102

2015-01-01(木) うららか

[][]あけましておめでとう あけましておめでとうを含むブックマーク

■天気が悪くなると言われていたが、札幌はうららかなものです。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

実家で過ごして帰宅洗濯物回しながら酒を飲んでいるうちにうたたねです。

Twitterで見かけた「どの学習指導要領で育ったか」の表が面白い自分は72年の早生まれなので、ゆとりを強調された世代だったのだな。みなさんはいかがですか。

■そして、この表のような「ジェネレーショングラム」という手法面白いちょっと他のことでもやってみたくなる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20150101
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |