Hatena::ブログ(Diary)

遥香の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-11

精神病床、入院患者の8割超は半年で退院を- 厚労省、社保審部会に基本指針案提示

05:26 | 精神病床、入院患者の8割超は半年で退院を- 厚労省、社保審部会に基本指針案提示 を含むブックマーク 精神病床、入院患者の8割超は半年で退院を- 厚労省、社保審部会に基本指針案提示 のブックマークコメント



 厚生労働省は、障害福祉計画の基本指針で示されている精神病床退院率の数値目標を見直す。6日に開かれた社会保障審議会障害者部会で基本指針案を示した。入院後3カ月時点と1年時点の退院率を見直すとともに、6カ月時点の退院率を新設し、8割超の患者退院させる目標を設定する予定。【新井哉】


 厚労省は同部会に対し、都道府県市町村が次期障害福祉計画(2018−20年度)を作成する際に参考とする基本指針案を提示した。精神病床入院患者については、地域医療や保健、福祉連携支援体制を強化することで「早期退院可能になる」と説明20年度末までに入院後3カ月時点の退院率を現計画の基本指針と比べて5ポイント増の69%以上としたほか、新たに設ける6カ月時点の退院率を84%以上とした。

 この退院率はレセプト情報などを活用して算出したもので、それぞれの時点の退院率の高い都道府県の推計値を参考に目標を定めた。1年後の退院率については、この推計値に合わせて現計画の基本指針よりも1ポイント減の90%以上に修正した。

 また、精神病床に1年以上入院している患者についても、地域精神医療などの基盤を整えることで「一定数は地域生活への移行が可能になる」と指摘。20年度末の1年以上の長期入院患者数は14年(約18万5000人)と比べて最大3万9000人減らせるとの見通しを示した。今後、基本指針案のパブリックコメント募集した上で、今年度内に基本指針を公表する予定。


(CBnews 2017年1月10日


 精神科病院の早期退院を図るのはもっともなことですが、長期入院患者関しては退院を早急に進めていくことによりホームレスの数を増やす恐れがあるので慎重な実施が望まれます地域精神医療の基盤を整えても生活拠点となる居宅と介護体制の確保が不可欠です。結局、家族精神病患者を引き受けられるか否かが退院促進の成否を決定しそうです。

 退院促進が精神病患者とその家族利益になる観点から計画を進めることが不可欠です。医療費抑制目的退院促進を進めるなら、精神疾患を持ったホームレス路上死を増やす結果となるのではないでしょうか。