i-miyaの日記

カウンター i-miyaさんの読書メーター i-miyaさんの読書メーター
 

2018-06-21(Thu)

読書中]★立花隆武満徹音楽創造への旅』(文芸春秋、2016.02)2016.03.27- 07:55

2018.06.20水(2018.06.17日)(つづき13、2016.03.27-)立花隆著1992.06-1998.05。

(P045下) 

下北沢キャンプ、彼らはいちように教養も低く、下卑ていたが、ミッチェルはどこか違っていた。 

『風と去りぬ』つながりで、ジョージアか、と聞いたら、そうだ、と。 

横浜PXに移る。そこならピアノが弾ける、という。 

即興自分の好きなように弾いていくことはできるようになった。1年で相当金がたまりピアノが借りられた。 

大塚ピアノ運送店になぜか一台余っていた。 

背面に毛布を被せて、ピアニッシモで弾いた。 

それで特異のピアニッシモニになったのか?それはあるかも。 

3年で返す時はつらかった。 

京華中学の仲の良かった子の音楽仲間に浜田徳昭の弟がいた。 

鈴木博義、福島和夫と知り合う。 

鈴木は井口愛子の教えを受けていた。 

玉川学園。 

ドイツ音楽でもユダヤ人作曲のものダメ。 

オーケストラの音の出し方を知った。 


2018-06-20(Wed)

[]★ドナルド・キーン『果てしなく美しい日本』(講談社学術文庫、2002.09)2017.03.23-

2018.06.20水(2018.06.16土)(つづき2、2017.03.23-)ドナルド・キーン著1973-1999。 

(P033) 

第一部、生きている日本/第1章、島国とその人々。 

茶碗に茶を満たしておくことを唯一の機能としているらしい娘、少女たちもいる。 

裕福な人都市を逃れ、山中暮らしたとしても必ずしも孤独を見出せるとは限らない。 

しかし、幸いにして大抵の日本人は、数の圧力そのもの、つまり群衆の中にとらえられているという感覚を楽しんでいるようn見える。 

元旦明治神宮自身の、願わくば、大群衆の一部となりたいと考えている。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★松浦玲『勝海舟』(中公新書、S43.04)2014.04.14-

2018.06.20水(2018.06.15-2金)(つづき14、2014.04.14-)松浦玲著S43.04。 

(P034) 

武士が生まれながらにして支配階級であるという社会通念は強固なものである。 

天保十二年、異国船内原慰霊、打払令を緩和、薪水食料の給与を許した。 

高島秋帆一般砲術を教えることを許した。 

しかし、9月に投獄された。 

嘉永五年、海舟の妹、順子佐久間象山のところに嫁した。 


ペリー来航と幕府対応。 

嘉永六年、(1853)六月、海舟31歳のときペリーがやってきた。 

まず、国書受領だけはようやく決めた。 

6/6-6/12去る。 

割れかえるような日本中の騒ぎである。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎『ある運命について』(中公文庫、1995.10)2013.11.18-

2018.06.19-2火(2018.06.15-2金)(つづき16、2018.06.15金)司馬遼太郎著1995.10

(P088) 

横井さんー生物学的頼もしさがあった。 

兵は指揮系統あっての兵、なければただの人。 

小野田氏を動かしていたものは、どうやら志ってことであるらしい。 

命令に対し、絶対命令という外形を取った志。 

直属上官谷口少佐から、「残地諜報者」としてルバング島活躍するよう命ぜられた。 

作戦要務令」にはない。 

参謀本部と言っても、そのころはもう、出勤して立案命令書というものを作文していたにすぎない。

スパイゲリラは不得手とした日本人。 

島々の守備軍に対する玉砕強制。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★松浦玲『勝海舟』(中公新書、S43.04)2014.04.14-

2018.06.19火(2018.06.15金)(つづき13、2014.04.14-)松浦玲著S43.04。 

(P031) 

勝の通っている貧乏塾へ江戸潜伏中の高野長英が来る、嘉永三年のこと。 

1845、江戸火事で、避難のため仮釈放されたが、帰獄しなかった長英。 

宇和島伊達宗城島津斉彬、の庇護下、兵書翻訳などをしていた。 

しかし、どうしても江戸に帰りたかったのか、酸で顔を焼き、変名で潜入していた。 

十月捕縛され自殺。 

このとき長英、47歳、海舟はこれを断った。 


.ペリー来航を受け、政府は海舟を登用するまでの期間、待機中。 

海舟に、大筒、小筒設計製作委託してくる藩、続出。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎『ある運命について』(中公文庫、1995.10)2013.11.18-

2018.06.19火(2018.06.15金)(つづき16、2018.06.15金)司馬遼太郎著1995.10

(P080) 

時代松原さんは、ここ満州藤田さんに会う。藤田東洋史に関心があった。藤田松原を石頭に地に連れた。司馬はそのこと戦車学校を出たばかりの見習士官。 

藤田を遠くから見た。 


小野田寛郎氏。 

人が人を理解する方法。 

世間や、個人的見解類型に当てはめて理解する−学問にしたら心理学精神医学。それを不可能ものとしてその状況を芸術化して報告するのが文学。 

どれにも当てはまらない小野田氏。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟 上』(新潮文庫、S53.07)2014.08.11

2018.06.18月(2018.06.15金)(つづき11、2014.08.11-)ドストエフスキー著S53.07。 

(P026) 

フョードル夫人アデライーダを目の敵にしていたグリゴーリイ(意固地な理屈屋)が、今度は新夫人の味方についた。 

夫人をかばい、許されないほどフョードルに盾ついた。 

一度は恒例の乱痴気パーティを終わらせてしまったことさえある。 

この後、新夫人下層階級農村婦人によくみられる癲狂病み(てんきょうやみ)にかかってしまった。 

それでも新夫人フョードルにために、イワンアレクセイという二人の息子を設けた。 

イワン結婚して翌年に、アレクセイは翌々年に生まれた。 

夫人が死んだときにアクレセイは数えで四歳だった。 

アレクセイ母親のことをよく覚えていたことをわたしはよく知っている。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎アメリカ素描』(新潮文庫、S61.04)2013.02.04-

2018.06.18日(2018.06.15金)(つづき4、2013.02.04-)司馬遼太郎著S61.04。 

(P123) 

スタインベック排日運動扇動したのは、ハースト系新聞だと書いている。 

ハースト系新聞サンフランシスコ・イグザミナーは、書くことがなくなると、日露戦争が終わったら数十万の日本兵が職を求めてアメリカ殺到し、白人の職がなくなるぞ、と書いていた。 

平穏無事に流れているドル還流を乱す日本人の悪。 

アメリカ人日系人へのいじめは、実は、からりとしている。 

であるドルである。 

アメリカ大衆の父祖は、豊かになる以外に何のためにこんなアメリカみたいな地へ来る必要があったろうか。 

こういう子供っぽいアメリカ人に対し、20Cはじめまでの日本人はかるかに大人であった。 



2018-06-17(Sun)

[読書中]★ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟 下』(新潮文庫、S53.07)2014.08.15 18:40

2018.06.14木(2018.06.14木)(つづき13、2014.08.15-)ドストエフスキー著S53.07。 

(P053) 

コーリャ、突然いう、「ぼくたちどうせエゴイストでしょ、教えて」 

本名ですか、ニコライです。ニコライ・イワノフ・クラソートキンです。役所風で嫌いなんです、ニコライという名は。 

弱点を先に言います、それは年齢を聞かれることは嫌いなんです。もうすぐ14歳(満で)。あの追剥ごっこ、自分のためではなくて、子供たちのためにやったんです。アリョーシャはにっこりした。 

追剥ごっこは芸術欲ですよ。大人もやってる、役者を見るためだけど。 

コーリャはアリョーシャに極めて満足をした。 

手品をお見せします。 

ペレズヴォン、伏せて、死んだマネをしろ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎竜馬がゆく 2』(文春文庫、1998.09)2016.08.24- 18:40

2018.06.14木(2018.06.13水)(つづき4、2016.08.24-)司馬遼太郎著1998.09。 

(P025) 

剣を学ぶ一方、国事を語り合い、書物を交換しあい、意見を練り合い、1年もたてばひとかどの志士になってしまう。 

千葉道場斎藤弥九郎道場、桃井春蔵道場。 

それぞれの塾頭が、坂本竜馬桂小五郎武市半平太。 

場所は、神田お玉が池、麹町、京橋アサリ河岸である。 

各道場に千数百人の若い剣術諸生を収容。 

頭が悪いと思い込んでいる坂本竜馬「教育」するのは武市半平太という。 

「井伊殿が大老になられた」無識にして強暴と言われた井伊直弼。 

父の妾腹の子で十四男。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎この国のかたち 一』(文春文庫、1993.09)2016.08.06- 18:40

2018.06.14-2木(2018.06.13水)(つづき5、2016.08.06-)司馬遼太郎著1993.09。 

(P024) 

宋。 

漢人でありながら、侵略者、異民族王朝の官僚になるものさえも多く、このため夷(えびす)は攘(うちはら)うべく、王は尊ぶべし、という思想が生まれた。 

宋学思想家の古株孫泰山(992-1057)。 

司馬光、朱子(1130-1200)。 

江戸の太田錦城(1765-1825)、「漢学は訓詁に長じ、宋学は義理に長じ、清学は考証に長ぜり」 

鎌倉幕府という素朴なリアリズムをよりどころとする“百姓”幕府による支配権が誕生した。 

これを誇りとしたい。 

土着の倫理、「名こそ惜しけれ」、恥ずかしいことをするな。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎この国のかたち 一』(文春文庫、1993.09)2016.08.06- 18:40

2018.06.14木(2018.06.12火)(つづき4、2016.08.06-)司馬遼太郎著1993.09。 

(P022) 

幕末、皆、攘夷、攘夷、といってる間に政府は開国してしまった。 

古い知り合いが大官になった井上馨に、「いつ取りやめたのか」と聞いたら、井上は、「あのときはああでなきゃいかんかった」といったという。 

人間は自分の村、生国(あるいは今なら母校、贔屓球団)に、自己愛の拡大されたものとしての愛を持つものである。 

ナショナリズムは本来静かに眠らせておくべきものなのである。 

この尊王攘夷というものも、13.4C輸入思想である。 

宋である。 

異民族問題で悪戦苦闘した宋である。 

東北ツングース、金、に奪われ南に逃れ、蒙古に滅ぼされた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★中沢新一責任編集『南方熊楠コレクション〈第2巻〉南方民俗学』((河出文庫、1991.08)2012.06.08- 18:40

2018.06.14木(2018.06.11日)(つづき16、2012.06.08-)南方熊楠著1991.08。 

(P040) 

単発発生説、日本でも適用できるか。 

このごろ西洋には、何か向こうからくると、みな、源より出し如く、という説が流行っている。 

十分、本邦のことを調べ、また、外国のことも準備したうえでなければ、推測だけでわあわあいっても始まらない。 

人のこころから畜生のこころを測ること。 

荘子と恵子が魚を見て聞く、問答をした・・・。

1902に出版されたクロポトキン「互助論」。 

脚を失い歩かれなくなったカニを、ほかのカニが助けて連れ去った、とあるのを私は熊野の山奥の山中で読んだ。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★松本清張『眩人』(中公文庫、S58.03)2014.05.05- 18:40

2018.06.14木(2018.06.11月)(つづき11、2014.05.05-)松本清張著S58.03。 

(P040) 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★平野威馬雄『くまぐす外伝』(ちくま文庫、1991.06)2014.08.10- 18:40

2018.06.13水(2018.06.10日)(つづき11、2014.08.10-)平野威馬雄著1991.06。 

(P048) 

フロリダジャクソンヴィル、黒人の子たち。 

「ズロ・ズロ・ハウス・オン・ゼ・ファイア」 

列車の外、プレリードブという小動物、無数、蠢(うごめ)く。 

その様、和歌浦のテンボガニにそっくり。 

シカゴに着く、名にし負う大都会。 

「チカコロ感心の他なしだ」洒落。 

一間半くらいの一層の大廈高楼、並ぶ。 

ミシガン湖。 

ランシン府に着く、日本人を尊敬してくれた。 

アメリカ各地の大学、専門学校を転々とまわり歩く。 

言葉、短期間に二十数国語、そのこつは、居酒屋で顔のいい、勢力のありそうなのをみつけ、振る舞い酒を飲ます。 

「これは何といいますか」攻め。 

最上級の言葉で尋ねる、といい。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎『大盗禅師』(文春文庫、2003.02)2013.12.21- 18:40

2018.06.13水(2018.06.09土)(つづき13、2013.12.21-)司馬遼太郎著2003.02。 

(P073) 

金箱を盗り始める。 

最後の金箱を背中に括り付け向こう岸へ這い上がる。 

体力も限界。 

これを運ぶ。 

往復一里、夜明けまでに終えなければならない。 

仙八と金井半兵衛。 

箱は合計6個。 

あと京都までどう運ぶか。 

今夜の前進予定地。 

中間集積場をどうするか? 

目がさえてしまう。 

人間というものは、目的はどうであれ仕事さえさせておけば上機嫌のものらしい。 

三日目の朝、運搬すべて終わった。 

部屋になだれ込み、眠り続けた。 

給仕、若い命婦、ここ栂ノ尾の奥です。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★船戸与一『蝦夷地別件(上)』(新朝文庫、2012.01)2013.01.30- 18:40

2018.06.13水(2018.06.09土)(つづき13、2013.01.30-)船戸与一著2012.01。 

(P102) 

ハルナフリ15歳。六造。吉兵衛。モシランケは80歳を超えている。

タバコを与えるハルナフリ。 

ハルナフリ、キララの事を考えるといつも心がむずついてくる。 

栗の実が取れるときは、シャケもニシンも豊漁だ。 

アイヌは必要なだけしか獲らない。 

和人たちは今年から大きな網でごっそり持っていくと聞いている。 

長老(エカシ)にタバコを届けにきた、とキララにいうハルナフリ。 

いつの日かお前は立派な長人(オトナ)になろう。 

弓矢(ク)の腕は上がったか? 

まだです。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★丸山真男『日本の思想』(岩波新書、1961.11)2014.09.14- 18:40

2018.06.12火(2018.06.08金)(つづき10、2014.09.14-)丸山真男著1961.11。 

(P017) 

イデオロギー暴露の早熟的登場。 

◎日本における思想的座標軸の欠如。 

◎伝統の変革なくして「思想の伝統化」はない。 

◎伝統思想と外来思想。 

日本ではすでにキリスト教をはじめとする西欧思想を幕末攘夷論者が批判する仕方を見ると、恐ろしく敏感にできている。 

中身を見る前、にである。 

暴露ではありえても批判ではない。 

和辻哲郎日本神話においては、祭られる神は、祭る神である、という性格をどこまで遡っても備えている。時空の彼方に見失う」 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎『峠 (上巻)』(新潮文庫、S50.05)2014.04.13- 18:40

2018.06.12火(2018.06.08金)(つづき16、2014.04.13-)司馬遼太郎著S50.05。 

(P048) 

風呂の三助に流してもらう。 

侠客の「侠」は、人偏に夾とある。 

左右の子分に夾(はさ)まれ、それを従えている風をいう。 

始まる喧嘩、風呂の中。 

ことわざに「無事是好日」という。 

長岡藩士訓十七条の第二条に「頭をはられても、はっても恥辱のこと」という。 

わしが仲裁する、双方引き下がれ。 

仲裁を受けぬとは、脇差を持ってこい。 

気が肝心だ。 

その気合に、双方閉口した。 

仲裁には金が要る。 

酌する女。 

少年塾生、鈴木佐吉。 

堀切の花菖蒲、見頃の頃。 

遊女の武鑑には、◎〇▲×が入っている。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★A.リプリースカーレット 3』(新潮文庫、H06.12)2015.11.12- 18:40

2018.06.12火(2018.06.07木)(つづき7、2015.11.12-)A.リプリー著H06.12。 

(P040) 

馬車で移動中の事。 

罵声を浴びるスカーレット。 

農家が壊されている。 

我慢がならないスカーレット。 

火が放たれた。 

小作料が払えないから、立ち退きを命ぜられた。 

母と、小さい娘。 

小作料が払えないくらいで追い出すなんて。戦争でもないのに。 

これは戦争よりひどい。 

地方は所有地の統合を図っている。 

引っ越す先に姉さんのところだって、時間の問題。 

これがアイルランドの現実。 

レプラコーンの妖精の話。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★波多野裕造『物語アイルランドの歴史』(中公新書、1994.06)2014.12.30- 18:40

2018.06.12火(2018.06.07木)(つづき7、2014.12.30-)波多野裕造著1994.06。 

(P012) 

(序章、つづき) 

小王国にわかれる、150小王国。 

その中で、オニール王家。 

オニール王家の領主たち。 

各地に割拠する小王国。 

それらの群雄の上に君臨する−「タラ王」を自称。 

ミースにある「タラの丘」 

航空写真。 

「タラの丘」・・・「風と共に去りぬ」の最後の場面。 

スカーレット・オハラが、「タラへ帰ろう!」と叫ぶ。 

南北戦争に敗れ、三人目の夫、レッド・バカラーにも去られる。 

アイルランドのタラへ帰る、といったのではなく、大農場主曾祖父タラの故郷をしのんでそういったのである。 

それだけ強い思い入れ。 

土着のドルイド教。 

チャールズボイコット大尉。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎播磨灘物語(四)』(講談社文庫、1978.05)2015.12.01- 18:40

2018.06.12火(2018.06.06火)(つづき5、2015.12.01-)司馬遼太郎著1976。 

(P194) 

備中高松陣。 

堀久太郎、来る、信長ゆかり。 

もう一人、羽柴秀勝、秀吉の養子。 

秀勝は信長の四男。 

雑多な衆の寄り集まりである秀吉部隊にあって、この2人は宝石のようなもの。 

しきりに討ち死にを口にする秀吉。 

これを全軍に浸透させていた。 

摂津は花隈城から始まる。 

荒木村重没落後、信長は、池田信輝の属城にさせていた。 

暗がりで官兵衛の板輿が見えない時、「官っ、官っ!」とあらっぽく呼ぶ。 

動きが軽々しく、人の尊敬を受けるような資質、生まれつき乏しそうであった。 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★高橋和夫アラブイスラエル』(講談社現代新書、1992.01)2013.08.30- 18:40

2018.06.11月(2018.06.05火)(つづき15、2013.08.30)高橋和夫著1992.01。 

(P056) 

スエズ問題、1956。 

大国の衰退と興隆。 

アイゼンハワー台頭、アメリカ。 

19C以来、中東に君臨していたイギリスフランスの最後の軍事的冒険。 

それがエジプトへの干渉。 

スエズ危機、スエズ動乱スエズ戦争第二次中東戦争などと呼ばれる。 

トルーマンアイゼンハワー。 


◎ナセリズム=ナセルの力の上昇。 

イギリスフランスの横暴に長く苦しんできたアラブが覚えた興奮が想像に余りある。 

遂に帝国主義を撃退したアラブの英雄。 

そして、1958、シリアとの間にエジプトアラブ連合、成立した! 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★隆慶一郎死ぬことと見つけたり 上』(新潮文庫、1994.08)2015.11.13- 18:41

2018.06.07木(2018.06.05火)(つづき7、2015.11.13-)隆慶一郎著1994.08。 

(P026) 

武士の階級に手明槍というのができた。 

元和元年のことである。 

佐賀藩には浪人しても国を出てはいけない、という奇妙な掟があった。 

「葉隠」には生まれたばかりの赤ん坊の耳元に、武勇の話を吹き込め、とある。 

この斎藤家の総領は今、馬方の家に居候をしている。 

杢之助。 

外聞が悪すぎる、と弟はいうが、杢之助、歯牙にもかけぬ。 

すべて一朝あるときのためのもの。 

そのために生きているのであって、仕事などしない、それが仕事である。 

好きな釣りはタダだから毎日行くが、狩猟は金がかかるから十日に一度。 

彼の仕事は戦い、死ぬことだ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★阿川弘之志賀直哉 上』(新潮文庫、H09.07)2015.09.04- 18:41

2018.06.07木(2018.06.05火)(つづき6、2015.09.04-)阿川弘之著H09.07。 

(P034) 

生母、銀。 

M18.02、石巻を去る。 

父、第一国立銀行を退職。 

東京へ。 

麹町、内幸町、相馬家旧藩邸内。 

志賀直哉祖父の役宅へ。 

東隣が旧島津邸。 

2年前落成した鹿鳴館も近くにある。 

現在の飯野ビルあたり。 

雉や狐の来る家。 

生母、銀は早世。 

完全なじじばばっ子、として育つ志賀直哉。 

母より、祖母。 

「兄は、疫痢(えきり)のような病気で死んだ」 

嫁、銀の不注意と責める。 

祖母、留女は不思議なことに文盲であった。 

大好きだった直哉は、作品の中でそのことに一切触れなかった。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★山内昌之『歴史の作法―人間・社会・国家』(文春新書、H15.10)2017.01.21- 18:41

2018.06.07木(2018.06.04月)(つづき4、2017.01.21-)山内昌之著H15.10。

(P017) 

(P027) 

歴史比較。(1)タタールの革命家、スルタンガリエフ、(2)トルコの軍人政治家、エンヴィル・パシャを研究してきた

歴史家文学者と似た想像力はいる。 

山内昌之、1947生まれ、札幌生まれ、北海道大学卒、カイロ大学客員助教授トルコ歴史協会研究員、ハーバード大学客員研究員を経て、東京大学教授。 

日本の高校世界史教育。 

(1)ヘロドトス=(BC484-425)−「歴史」という物語性〜ペルシャ戦争を描いた。 

(2)トュキディディス=(BC460-400頃)ペロポネソス戦争を描いた〜分析性。 

(2)は(1)に勝る、と教えている。 

歴史は凡人の分野か? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★立花隆『がん 生と死の謎に挑む』(文春文庫、2013.08)2013.09.14- 18:41

2018.06.07木(2018.06.03日)(つづき13、2013.09.14-)立花隆著2013.08。 

(P094) 

近藤誠の話。 

立花隆の前妻の話「近藤先生の話を信用しているから」。 

戸塚さんの話、できることはなんでも試す。 

筑紫哲也さんの話、同様。 

◎筑紫さんも頑張る人でした。 

モルヒネを使うような緩和ケアに走ることは、自分の敗北だと信じて疑わない。 

僕は自信がない。痛みがきたらすぐ「モルヒネ、打って」と言おうと思ってます。

鎮痛用モルヒネが「悪」と思う人これだけ多いのは日本くらいでしょう。 

日本のがん医療は、世界の常識とかけはなれた誤解が蔓延している、その一つがモルヒネです。 

キュアからケアへ。 

パイロットスタディ。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★浅田次郎『珍妃の井戸』(講談社文庫、2005.04)2016.04.09- 18:41

2018.06.06水(2018.06.03日)(つづき5、2016.04.09-)浅田次郎著2005.04。 

(P398) 

(解説=張競、つづき) 

清代を書いてベストセラーになったのは『蒼穹の昴』が初めてと記憶する。 

戊戌の政変の原因、中国国内での通説は、「袁世凱は維新派とつながりを持ちつつ肝心なところで光緒帝を裏切り維新派の計画を栄禄に密告。栄禄がその夜北京に行き西太后に急変を告げた」これが戊戌の政変の原因としている。 

袁世凱の日記。 

どのような歴史上の人物であれ、その歴史的な評価よりもまず、一個の人間として描こうとした浅田次郎。 

たとえ悪人でも、その人間らしさの一面を見落とさない。 

ユアンシーカイ=袁世凱。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★小杉泰『イスラームとは何か』(講談社現代新書、1994.07)2014.08.13- 18:41

2018.06.06水(2018.06.03日)(つづき13、2014.08.13-)小杉泰著1994.07。 

(P031) 

イスラームは啓示宗教。 

イスラームセム的一神教の系譜に属する。 

セム的一神教は、セム諸語の人々の宗教。 

セム諸語とは、モーセのヘブライ語、イエスのアラム語、などをいう。 

基本的に肥沃な三日月地帯である。 

そして、イスラームによって、月の部分、アラビア半島が加わった。 

ユダヤ教キリスト教イスラームのことである。 

この世界では、唯一神が実在すること、宗教が啓示で始まること、啓示は天使が行うこと、それらはここらでは常識となっているので知らなければならない。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎『義経(上)』(文春文庫、2004.02)2015.02.12- 18:41

2018.06.05火(2018.06.03日)(つづき10、2015.02.12-)司馬遼太郎S45著。 

(P025) 

平清盛と常盤の間の子、三条殿。 

琴の名手として一世を風靡、大納言有房妻、貴族女として幸福。 

清盛、常盤に飽きた、さて、そうか、そうならば藤原長成にやれ。 

提案したのは、指ノ法師。 

喜ぶ長成。 

「われわれ藤原氏は、大職冠鎌足公以来五百年の間、源治平氏の武家のように兵馬も持たず武功も持たずただ制度を運営するだけでここまで来ている」 

人は平凡がいい、ということを言うため源平論から話を始める長成。 

なんだ、ただの女ではないか。常盤「われには、義朝も清盛もない」 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★帝国データバンク監修『最新2012年版 帝国データバンクのパッとわかる業界地図』、(宝島SUGOI文庫、2011.06)2017.04.30- 18:41

2018.06.05火(2018.06.02土)(つづき2、2017.04.30-)帝国データバンク監修2011.06。 

(P138) 

◎中食業界2011年の話。 

大戸屋ジョナサンが宅配事業参入、競争激化。 

ロック・フィールド神戸コロッケ、RF1) 

〇柿安本店。 

井筒まい泉サントリーHD)。 

ちよだ鮨。 

フォーシーズピザーラ)。 

ストロベリーコーンズ。 

〇ピーシーエス(ピザ・CA) 

〇わらべや白洋(1532億円、2011.02)。 

本家かまどや。 

オリジン東秀(456億円、2010.01-イオン子会社)。 

〇京樽(257億円、2010.01)吉野家HD。 

〇日本ケンタッキーフライドチキン(ピザハット、880億円、三菱商事子会社)。 

〇サンデリカ(山崎製パン子会社)。 

フジフーズ(603億円、2010.02-納入先:セブンイレブン) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★広瀬隆アメリカの巨大軍需産業』(集英社新書、2001.04)2015.08.17- 18:41

2018.06.05火(2018.06.02土)(つづき7、2015.08.17-)広瀬隆著2001.04。 

(P022) 

J.P.モルガンデュポンをしのぐ歴代8位富豪だが、あまり知られていないスティーヴン・ジラードという男。 

ジラードがフランスからアメリカへ上がった1775.04.19、アメリカ独立戦争、火蓋を切る。 

1775.06.15、ジョージ・ワシントン植民地総司令官、任命、戦闘へ。 

そのころの話、新国家の建国を唱える民衆の指導者、ベンジャミン・フランクリン、その影響を受けたイギリス人、トマス・ペインが渡米。 

「常識(コモンズ)」というパンフレットを出版。 

これをきっかけに独立の機運、一気に高まるアメリカ全米へ。 

フランス、ルイ16Cも植民地軍への軍事援助し、対英戦争戦意高まる。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★梶山季之『どないしたろか 上巻』(徳間文庫、1984.02)2014.01.30- 18:41

2018.06.05火(2018.06.02土)(つづき、2014.01.30-)梶山季之著1984.02。

(P123) 

輸入物の薬。 

詳しい男、いる。 

伊東哲二。 

物は? 

トリポリ燐酸ソーダ、というやつ。 

工業製品か。 

2百トンですから、結構な量。 

百五十トン、決まってます。 

雨に打たれたやつ、いけるかどうか? 

だめ。 

M物産経由。 

K石鹸とS石鹸にキロ120円で売りつないでいる。 

明日、1800万円、入る。 

「そりゃ、よかった」と夏治。 

「しかし、金というものは、入ってなんぼやから、庄司はん」 

日露戦争で1.60円のサッカリンが7.00円に、1.80円のサントニンが、18.00円になった記録、ある。 

他にも商売。 

ところがK石鹸からクレーム。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★宮部みゆき『とり残されて』(文春文庫、1995.12)2013.12.21- 18:41

2018.06.05火(2018.06.02土)(つづき13、2013.12.21-)宮部みゆき著。 

(P153) 

◎私の死んだ後に(つづき)。 

ボールボーイたちが可愛かったら、それが私よ。 


居合わせた男。 

中央本線あずさ二十号。

グリーン車、空いていた。

煙草のにおいもしない。

上諏訪駅近く、短い停車時間。

共同経営、野田副社長。 

鳥羽、男やもめ。

二人連れの若い女。 

美保っていうんです。 

ルイ・ヴィトンのハンドバッグ、網棚に。 

刑事さんにも言ってたじゃない、つまらない男って。 

高井良子。 

ビルの窓から飛び降り自殺、ノイローゼ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★宮部みゆき『東京下町殺人暮色』(光文社文庫、1994.10)2014.03.04- 18:41

2018.06.04月(2018.06.02土)(つづき16、2014.03.04-)宮部みゆき著1994.10。 

(P120) 

東吾の語る空襲の話。 

<火炎>才能なんかじゃなかった。その余韻でずるずると生きてきた。 

<達磨>の話だ。 

これは私たちだよ。殺されてもころされても黙って我慢している私たちだ。 

手も足も出なくじっと見ている。 

本当は手も足もあるのに出さんのかもしれないよ。 

伊原、浮浪者の恰好している。 

さすが八木さんの子だよなあ。 

「好奇心は猫をも殺す」ということもある。 

才賀英雄、マネージング。 

才賀英雄は公認会計士。 

スタントマンの経験まである。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★石渡嶺司, 山内太地『アホ大学のバカ学生 グローバル人材と就活迷子のあいだ』、(光文社新書、2012.01)2017.04.30- 18:41

2018.06.04月(2018.06.02土)(つづき3、2017.04.30-)石渡嶺司ら著2012.01。 

(P038) 

〇常盤大学ヒューマンサービス学科=社会福祉士養成。 

〇校長上がりを大学が起用すること。 

〇県立高校の天下りの利権化。 

日本ウェルネススポーツ大学。2012開学予定。スポーツプロモーション学部。通信制。 

メモ帳ボールペントートバッグ、プレスツアー(特上寿司付)。 

〇群馬県立健康科学大学。医療系大学。 

創造学園大学肉体表現コース。酒井法子。芸術学科。 

〇その大学に入学したら、何ができるのか。 

〇学部名、1985、82学部、2010、481学部。 

〇愛国学園大学−教育の特徴は?長年定員割れ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★マーク・トウェイン『人間とは何か』(岩波文庫、1973.06)2014.03.25- 18:41

2018.06.04月(2018.06.02土)(つづき14、2014.03.25-)マーク・トウェイン中野好夫訳1973.06。 

(P084) 

◎カッとなること。 

それが君に満足を与える、ということだよ。 

まず君の理想をより高く、さらにより高くするように努めることだな。 

そうすることで自らを満足させる、と同時に隣人や広く社会にも善をなす行為、そうした行為の中に君自身、まず最大の喜びを見出すという境地を志すことさ。 

新しい教えですか。とんでもない。もう一万年にもわたって説かれている。すべての偉大な宗教、その福音がそう教えてきた。君が第一だ。隣人だの社会ってのは二の次だ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤『かばん屋の相続』(文春文庫、2011.04)2017.05.05- 18:41

>>2018.06.03日(2018.06.02土)(つづき、2)池井戸潤著2011.04。 

(P009) 

◎10年目のクリスマス。 

たのむ3千万円でいいから貸してくれ。 

神室彦一、高島屋新宿店で見た。 

5千万円貸したばかり、6ヶ月はもつ、と言っていたのに。 

設備5億円は、BKが貸してむりやり使わせたもの、過剰設備となっていた。 

支店長は手のひらを返したように、「それって回収の話じゃない?」本部も融資見送り。 

倒産、ジャガーに乗ってる神室彦一。 

陸運局、京浜エレクトロン主要株主、神室彦一が? 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤『果つる底なき』(講談社文庫、2001.06)2017.05.05- 18:41

2018.06.02土(2018.06.02土)(つづき2、2017.05.05-)池井戸潤著2001.06。 

(P021) 

私、貸す方、坂本は回収担当です。 

不良債権、多いですから。 

世にいうリストラ?融資残高2500億円、坂本の担当、70億円。 

行員50人、融資は15人、他にパートが15人。 

アレルギー性で死亡、知りませんでした。 

健康そのものでした。 

警察も公務員、BK関係公務員、金融当局の他に国税局員、に税務署員。 

アメフト、やってました、私。 

喫茶店、リタ・マリー、イタリア料理です。 

「これは俺のお前への貸しだからな」気になりました。 

渋谷区西原のマンション。 

20畳リビング、母の形見、グランドピアノ。 

私=伊木。 

曜子。 

すすり泣く声。 

朝刊の記事に坂本はなかった。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★筒井康隆柳瀬尚紀突然変異幻語対談』(河出文庫、1993.09)2014.02.06- 18:41

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき12、2014.02.06-)筒井康隆・柳瀬尚樹著1993.09。 

(P200) 

ジョイスベケット。 

筒井「じゃあ、ジョイスの真価をベケットはまだわかってなかった?」 

柳瀬「いえ、わかっていたんだと思う、ずっと前からです」 

ベケットが編者として書いた「フィネガンス・ウェイク」の解説書、論文を書いた『ダンテ/ブルーノ/ヴィーコ/ジョイス』という論文。 

ジョイスはほとんど目が見えずベケットに口述筆記をさせていた。 

口述筆記をしているときに誰かがノックして入ってきた。ベケットはそのまま「ジョイス「カムインといった」と書いた。いったことをそのまま書いたあとでジョイスは読み返して、「カムイン」とは何?と聞いた。いや、先生がそう言った、とベケット。よし、そのまま使おう、そのままにしておけ、というんです。 

別役実。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田勝頼(三)空の巻』(講談社文庫、S58.03)2016.08.08- 18:41

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき3、2016.08.08-)新田次郎著S58.03。 

(P025) 

◎徳姫様。 

信康、無言のまま。はしゃぐとずっと。だまるとずっと。

酒井忠次は徳川の家臣か、織田の家臣か」これには返事ができない酒井忠次。 

徳川家康はそのことを心配そうな目で見送る。 

信康のこころは、こころのその中は、反省で一杯。なぜあんなことを言ったのか、俺は徳川の跡取り、そのために多くの家臣を殺した、二度とすまい、と自分に言い聞かす、家臣、だまってそれを聞く。余は跡取りとしてわがままに育った、遠慮はせず、正してくれ、。 

平岩親吉。「そんなことをすれば、酒井忠次がつけあがるだけ」 

ここから始まる徳川信康の悲劇。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤『最終退行』(小学館文庫、2007.05)2017.05.05- 18:41

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき、2)池井戸潤著2007.05。 

(P006) 

朝日新聞記事、1946.04.20(土)、芝浦沖、金塊、103個、米軍引揚、80ポンド、61800ドル。東京湾2億ドルは誇張である。 

山友電機事件、S53.03.25、報告書。 

S52.10.25、M資金。 

(P034) 

大田区の状況が分かっていない。 

東京海洋開発、新川清、聞いたことない、資本金10百万円、設立H05.04、新しい。 

保証協会保証付融資10百万円のみなら知らなくても・・・。 

担当:塔山、手書の稟議書、あの塔山か。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤『架空通貨』(講談社文庫、2003.03)2017.05.05- 18:41

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき2、2017.05.05-)池井戸潤著2003.03。 

(P025) 

第1章、霧。 

辛島は黒沢麻紀の自宅を訪問する。 

別の女も訪問しようとしている。 

債権者の一人か。 

何をどうしたくって来たわけではない。 

メルセベス。 

担任の平田と相談。 

黒沢の個人ファイルを調べる。 

1982生まれ、理系はまあまあだが、文系は強い。 

選択は世界史クラブは馬術。 

名簿を見て電話をするがだれも詳しいことは知らない。 

父:黒沢金属、大田区羽田。 

父、金策中、いえ、相談は別のこと。 

父、娘を後継者にしようとしていた。

母:黒沢恭子の久が原の自宅。 


2018-06-03(Sun)

[読書中]★池井戸潤『果つる底なき』(講談社文庫、2001.06)2017.05.05- 08:17

2018.06.02土(2018.06.02土)(つづき2、2017.05.05-)池井戸潤著2001.06。 

(P021) 

私、貸す方、坂本は回収担当です。 

不良債権、多いですから。 

世にいうリストラ融資残高2500億円、坂本担当、70億円。 

行員50人、融資は15人、他にパートが15人。 

アレルギー性で死亡、知りませんでした。 

健康そのものでした。 

警察公務員、BK関係公務員金融当局の他に国税局員、に税務署員。 

アメフト、やってました、私。 

喫茶店、リタ・マリー、イタリア料理です。 

「これは俺のお前への貸しだからな」気になりました。 

渋谷区西原マンション。 

20リビング、母の形見グランドピアノ。 

私=伊木。 

曜子。 

すすり泣く声。 

朝刊の記事坂本はなかった。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★筒井康隆柳瀬尚紀突然変異幻語対談』(河出文庫、1993.09)2014.02.06- 08:17

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき12、2014.02.06-)筒井康隆・柳瀬尚樹著1993.09。 

(P200) 

ジョイスベケット。 

筒井「じゃあ、ジョイスの真価をベケットはまだわかってなかった?」 

柳瀬「いえ、わかっていたんだと思う、ずっと前からです」 

ベケットが編者として書いた「フィネガンス・ウェイク」の解説書、論文を書いた『ダンテ/ブルーノ/ヴィーコ/ジョイス』という論文。 

ジョイスはほとんど目が見えずベケット口述筆記をさせていた。 

口述筆記をしているときに誰かがノックして入ってきた。ベケットはそのまま「ジョイスカムインといった」と書いた。いったことをそのまま書いたあとでジョイスは読み返して、「カムイン」とは何?と聞いた。いや、先生がそう言った、とベケット。よし、そのまま使おう、そのままにしておけ、というんです。 

別役実。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田勝頼(三)空の巻』(講談社文庫、S58.03)2016.08.08- 08:17

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき3、2016.08.08-)新田次郎著S58.03。 

(P025) 

◎徳姫様。 

信康、無言のまま。はしゃぐとずっと。だまるとずっと。

酒井忠次徳川の家臣か、織田の家臣か」これには返事ができない酒井忠次。 

徳川家康はそのことを心配そうな目で見送る。 

信康のこころは、こころのその中は、反省で一杯。なぜあんなことを言ったのか、俺は徳川の跡取り、そのために多くの家臣を殺した、二度とすまい、と自分に言い聞かす、家臣、だまってそれを聞く。余は跡取りとしてわがままに育った、遠慮はせず、正してくれ、。 

平岩親吉。「そんなことをすれば、酒井忠次がつけあがるだけ」 

ここから始まる徳川信康悲劇。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤『最終退行』(小学館文庫、2007.05)2017.05.05- 08:17

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき、2)池井戸潤著2007.05。 

(P006) 

朝日新聞記事、1946.04.20(土)、芝浦沖、金塊、103個、米軍引揚、80ポンド、61800ドル東京湾2億ドルは誇張である。 

山友電機事件、S53.03.25、報告書。 

S52.10.25、M資金。 

(P034) 

大田区の状況が分かっていない。 

東京海洋開発、新川清、聞いたことない、資本金10百万円、設立H05.04、新しい。 

保証協会保証融資10百万円のみなら知らなくても・・・。 

担当:塔山、手書の稟議書、あの塔山か。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池井戸潤架空通貨』(講談社文庫、2003.03)2017.05.05- 08:17

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき2、2017.05.05-)池井戸潤著2003.03。 

(P025) 

第1章、霧。 

辛島黒沢麻紀の自宅を訪問する。 

別の女も訪問しようとしている。 

債権者の一人か。 

何をどうしたくって来たわけではない。 

メルセベス。 

担任平田相談。 

黒沢個人ファイルを調べる。 

1982生まれ理系はまあまあだが、文系は強い。 

選択世界史クラブ馬術。 

名簿を見て電話をするがだれも詳しいことは知らない。 

父:黒沢金属大田区羽田。 

父、金策中、いえ、相談は別のこと。 

父、娘を後継者にしようとしていた。

母:黒沢恭子久が原の自宅。 


2018-06-02(Sat)

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 15 北海道の諸道』(朝日文庫、1985.07)2014.07.05- 16:05

2018.06.02土(2018.06.01金)(つづき16、2014.07.05)司馬遼太郎著1985.07。 

(P037) 

高田屋嘉兵衛。 

その銅像宝来町にある。 

似合わない日本銅像、なぜかそこまで悪くない。 

忘れられがちな人物への労(いたわ)りか。 

高田屋嘉兵衛という人物、何よりもまして好漢。 

上に媚び、下には威張る多くの日本類型から高田屋嘉兵衛は楽々、抜け出している。 

18Cロシア南下政策千島を圧迫、その気配、江戸幕府は深刻になる。 

19Cに入りロシア人右翼的はねっ返り現象が見え、樺太千島利尻で、日本人への暴行ロシア使節レザノフの息のかかったフォストフ(海軍大尉)がさの最右翼。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★小野信二門脇禎二『新日本史―新制 (チャート式シリーズ)』 16:05

数研出版、S44.02)2016.07.07-

2018.06.01金(2016.10.15)(つづき11、2016.07.07-)小野信二門脇禎二共著S44.02。 

1.大陸問題日本外交。 

中国革命の進展と幣原外交。 

(1)第一国共合作(1924)。 

(2)五・三〇運動(1925)。 

(3)北伐戦争(1926-1928)。 

(4)幣原協調外交。 

(5)国共分裂(1927)。 

(1)第一国共合作1919国民党孫文を中心に結成。袁世凱(1859-1916)政府弾圧孫文ら広東に国民政府樹立した。五・四運動学生労働者を中心に抗日民族独立運動の発展の中で成立した中国共産党との提携。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★五味文彦他『詳説日本史研究』(山川出版社、1998.09)2016.12.05- 16:05

2018.06.01金(2016.12.06)(つづき2、2016.12.05-)五味文彦著1998.09。 

2016/12/05 

(P376) 

11章、大正デモクラシー。 

1919、三・一事件ヴェルサイユ条約。 

1920、国際連盟加盟。戦後恐慌。第1回メーデー。 

12/07) 

第一次護憲運動日露戦争後の財政軍備拡張財政整理のせめぎ合い。 

1912、第二次西園寺内閣、緊縮財政方針陸軍省朝鮮に二個師団増設要求陸相上原勇作が帷幄上奏し辞任、しか陸軍省は後任陸相を推薦しなかった。軍部政治干渉の始まりまり


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★岸見一郎アドラーをじっくり読む』(中公新書ラクレ、2017.07)2017.07.16- 16:05

2018.06.01(2018.06.01)(つづき3、2017.07.16-)岸見一郎著2017.07。 

(P004) 

仏陀の説法、「誤用を恐れ沈黙する、そのまま涅槃に入る」といった仏陀。 

しかし、今日までその説法で多くの人が救済されている。 

アドラーは「我々の科学でさえ絶対的真理に恵まれていない」と言っている。 

科学とは、「個人心理学」を指す。 

これは絶対的真理がない、と言っているわけではない。 

教育育児で注目を浴びているアドラー心理学。 

90年代以降、あまり知られていないアドラーを紹介してきた。 

隔世の感、あり。 

嫌われる勇気』 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★木下康彦他『詳説 世界史研究』(山川出版社、2008.03)2017.02.14- 16:05

2018.06.01(2018.01.22)(つづき5、2017.02.14-)木下康彦他著2008.03。 

(P037) 

アテネオリエント地中海世界。 

キュロン−僭主政治のさきがけ。 

キュロン−貴族(BC7C)、BC632−アクロポリスを占拠し独裁化を図るも失敗。 

貴族平民の対決。 

ドラコンの出現(BC7C)。 

ドラコン立法者→裁判制度運営成文法として制定し、公正化明確化が図られる。 

〇多くのポリス立法者が現れる、例=スパルタのリュクルゴス、南イタリアのロクリスのザレウコス。 



2018-06-01(Fri)

[]★新田次郎密航船水安丸』(講談社文庫、S57.05)2014.01.05- 08:28

2018.05.31木(2018.05.31木)(つづき14、2014.01.05-)新田次郎著S57.05。 

(P077) 

製糸業の流れ。 

集荷所と生糸検査所が必要と考えた甚三郎は、鱒渕製紙工場を兄の徳三郎らにまかせた。 

M26、この年はまれにみる豊作だった。 

M27は、日清戦争が起こり米川村から軍馬36頭が応召した。 

M28.04、日清戦争が終わった。生糸の値段は上がる一方でM26、100円だったのは、450円になった、農家の繭、奪い合い。 

甚三郎は、蛹のにおいに飽きていた。 

「新しいこと、やっても結構ですけど、私たち子供家族のことも忘れないでくださいね

登米郡米川村。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★山田風太郎『戦中派不戦日記』(講談社文庫、2002.12)2013.12.25- 08:28

2018.05.30水(2018.05.30水)(つづき14、2013.12.25-)山田風太郎著2002.12。 

(P059) 

(S20.02、つづき) 

2/12(月)幸田露伴運命』を読む。見事なり、傑作なり。 

2/14(水)『屍体貯存法』読む。夢、海中に壺状の島が浮いている。そこには、無数の男女が戯れている、立ち、座り、腹ばいになり、喜びなければ哀しみもない、希望なく、苦痛もなく、死とも、生とも分明ならず、この意味からず、フロイドに聞けばとんでもないことを言うやもしれず。 

2/16(金)グラマンか、カーチスか。 

2/17(土)敵グラマンの一機や二機のごとき、屁とも思わず、慣れとは面白ものなり。 

2/18(日)午後六時、宿直当番で登校すれば、皆、女を語り暴れ騒ぐ、まるで色情狂のやつばかりなり。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★モンゴメリ著・松本侑子訳『赤毛のアン』(集英社文庫、2000.05)2013.12.27- 08:28

2018.05.30水(2018.05.29火)(つづき15、2013.12.27-)モンゴメリ著・松本侑子訳2000.05。 

(P035) 

「その子の名は、ヘプジバ・ジェンキンズだったけど、私は、ロザリオ・ド・ヴィアと呼んだわ」 

※ヘプジバ=旧約聖書「列王記下」に出てくるエルサレムユダの母の名に由来する。別の書で、ヘンリーという子が、自分の名がヘンリーという平凡な名前だと嘆くのを、ヘプジバよりましだ、と言って慰めるのは『赤毛のアン』に触発され書いた(1913)のであろうか。 


◎「並木道」=他の人は単に並木道、というかもしれないが、私、『歓びの白い路』と呼ぶわ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★高村薫『李歐』(講談社文庫、1999.02)2013.02.13- 08:28

2018.05.30水(2018.05.28月)(つづき15、2013.02.13-)高村薫著1999.02。 

(P170) 

暑い!30℃になる。 

鈴木の後。 

一彰、「殺し屋風情には見えない」 

いきなり殺し屋に顎をつかまれ口紅を引かれた唇。 

男は一彰に、「笹倉文治から伝言だ」「金は受け取った」「それだけだ」 

惚れた、と言えよ。 

美しい北京語。 

その口紅で、食卓に、「李毆」と書いた。 

取引、しないか」「笹倉のブツ、失敬だ」 

守山に言うな、4-5000万円になる」 

今度こそ真実の悪の入り口になる。 

何かが充満してくる。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★エッカーマンゲーテとの対話 上』(岩波文庫、1968.11)2014.09.03- 08:28

2018.05.30水(2018.05.27日)(つづき13、2014.03.09-)エッカーマン著1968.11。 

(P033) 

学問を求めてやまない私エッカーマンの渇望。 

時間を切って、役所学校を二度往復する毎日生活、体力が続かない。 

二兎を追うものは一兎を得ずの通り。 

結局学校はやめたが、後悔はしていない。 

ラテン語も上達していた。 

オヴィディウスの変身鍛、キケロ演説カエサルの戦記、ある程度楽々に読みこなせた。 

大学に入るには十分とはとても思えないが、1年間の間にはもっと上達、進歩するだろう。 小説を書きたい意欲がわいてきた。 

1820冬に書き上げた。 

満足はいかなかったし、周りの評価いまいちだった。 

教養を高めねばならない、と思う。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎覇王の家』(新潮文庫、1979.11)2015.05.28- 08:28

2018.05.29火(2018.05.26土)(つづき6、2015.05.28-)司馬遼太郎著1979.11。 

(P134) 

三河気質、つづき)

酒井忠次徳川信康に接触しすぎていた。 

信康付の侍女於不宇(おふう)に恋慕し、徳姫にたのんでそれをもらい受け自分の女奉公人にしてしまった。 

忠次は江戸期の武士ではない。 

中世気分の残る三河人の武士である。 

中世人は、利害や感情相手と相反するとき、その行動が極端で、殺すか謀略にかけるが、その憎しみは奥歯を噛むほどであり、その行動には忠義哲学化された江戸期の武士のようにあいまいさがない。 

忠次は信康の行状を、於不宇を通じてよく知っていた。 

徳姫は忠次のことを信長手紙で知らせていた。 

信康と築山殿の行状がやや大げさに書かれていた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★向田邦子『父の詫び状』(文春文庫、2005.08)2013.08.29- 08:28

2018.05.28月(2018.05.26土)(つづき16、2013.08.29-)向田邦子著2005.08。 

(P147) 

◎チーコとグランデ。 

(小さいと大きい)=面白かった。エリザベス女王などどのようにお受け取りか、機会があったら聞いてみたい。 


海苔巻きの端っこ。 

海苔巻きの端っこはご飯のわりに干ぴょうと海苔の量が多くておいしい。 

ところがこれを父も好むので大変だ。 

父は、普通はいつも、蒲鉾でも、羊羹でも、端っこは母や祖母が食べるのが当たり前で、自分はなんでも真ん中が好きなのである。 

ひところドラキュラ貯金箱が流行った。 

同級の資産家のNという子の家に行った時のことである。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★ドストエフスキー悪霊(下)』(新潮文庫、S46.11)2015.05.15- 08:29

2018.05.28月(2018.05.26土)(つづき7、2015.05.15-)ドストエフスキー著S46.11。 

(P010) 

彼、自分の部屋に三つの台を並べる。 

(1)フォフト(1817-1895、ドイツ動物学者唯物論者) 

(2)モレスコット(1822-1893、オランダ生理学者唯物論者) 

(3)ビュヒナー(1824-1899、ドイツ生理学者無神論者) 

レンプケ、ゲルツェン、ピヨートル。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★呉座勇一『応仁の乱』(中公新書、2016.11)2017.03.17- 08:29

2018.05.28月(2018.05.24)(つづき4、2017.03.17-)呉座勇一著2016.11。 

(P046) 

経覚の人生に思わぬ形で転機が来た。 

40代半ばにして一挙人生は暗転したあと起こった嘉吉の変である。 

大和永享の乱にかかわった畠山持国が失脚してしまう。 

嘉吉元年(1441)正月足利義教関東結城氏朝らの反乱の討伐をすすめていた(結城合戦)が、糸口がなかなかつかめないでいた。 

畠山持国関東出陣を働きかけるが行こうとせず、業を煮やす義教。 

畠山一族は持国の罷免を義教に申し出た。 

義教は、持国に代わり持永を新家督とした。 

持国は河内へ逃げた。 

これは経覚逃亡とそっくりである。 

4/16になって、持国、ようやく陥落。 



2018-05-27(Sun)

[]★新田次郎武田勝頼(一)陽の巻』(講談社文庫、S58.01)2016.08.06- 06:44

2018.05.26土(2018.05.24木)(つづき2、2016.08.06-)新田次郎著S58.01。 

(P026) 

内藤昌豊は工藤虎豊の次男である。 

工藤虎豊は、武田信虎の家老であった。 

信虎のやり方があまりにも非道であったので、諫めた。 

すると信虎はいきなり太刀を取り、虎豊を刺した。 

昌豊は兄の春豊とともにその夜のうちに古府中を抜け出た。 

狂剣を避けてのこと。 

兄弟は関東へ渡り歩き、甲斐の国へ帰る日を待っていた。 

昌豊は武田晴信自立と聞き、いち早く古府中へと戻っていった。 

そして晴信に仕えた。 

関東武士を武田側へ引き込む調略を行い、名を挙げた。 

山県昌景、馬場美濃守、小山田信茂秋山信友らに続く重きをなしていた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★船戸与一『諸士乱想』(徳間文庫、1998.04)2013.12.21- 06:44

2018.05.26土(2018.05.24木)(つづき14、2013.12.21-)船戸与一著1998.04。 

(P174) 

(関野吉晴、探検家) 

ジョボというマメ科の植物、LSDと同じだね。 

シャーマンはそれを吸うことで霊と対話をする。 

アマゾン?ヤノマミ? 

井上ひさし『四千万歩の男』伊能忠敬、56-72歳回る、日本各地。 

タンザニアに300万年前の親子の足跡の化石が出た。 

現場は密閉されているという。 

恵谷治さんにたのんで開けてもらおうか。 


北方謙三。 

黒岩重吾クルーザー乗る男。 

黒岩に勧められたクルーザー乗り。 

北方は佐賀県唐津の出身で家は漁師、くじらを獲っていた。 

山頭火の墓には「酔死」と書いている。 

これだ、と船戸与一。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎日本歴史を点検する』(講談社文庫、2007.12)2015.09.13- 06:44

2018.05.26土(2018.05.22火)(つづき7、2015.09.13-)司馬遼太郎海音寺潮五郎著2007.12。 

(P189) 

幕末は日本人の血を滾(たぎ)らせる時代だった。 

熊本の細川家次男長岡護美(もりよし)という人、20歳で養子、足利家へ。 

足利姓になり、関連の喜連川(きつれがわ)にいた。 

お嫁さんも足利のお嫁さんをもらった。 

とこかくも大名の当主だったが、一年もせぬうちに世の中の騒乱を見て、絶縁状を置いて一人で脱藩、江戸へ出た。 

上野で宿を探す。 

いい家の奥までだまって入り込み、家の人は変な人が来た、と思ったが、堂々としており、名前を聞いたら、喜連川の殿様というので平伏して飯を与えた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★中沢新一責任編集『南方熊楠コレクション〈第1巻〉南方マンダラ』((河出文庫、1991.08)2012.06.08- 06:44

2018.05.26土(2018.05.21月)(つづき17、2012.06.08)南方熊楠著1991.08。 

(P0255) 

◎米虫への手紙(M36.07.18)。 

この手紙は船中で見るため、長文となる。 

讃岐へ行くのですね。 

よく味わって読んで下さい。 

今日は快晴、那智村の滝の祭りであるので「舵取りの心は、神の心である」と詠んだ紀貫之が言っているように村人はみな欲の心を忘れ一生懸命に炬火をふり歩いている。 

第一に予の姪である楠枝の歌、さすが米虫さんのごとき心のない者でも感心した、とは感心である。 

今一人のお倉という予の姉の子、年は14になる。 

これも予が字配りをしてやりジキンズの賀の句を詠ませたところ、「ちはやふる、神の代もみし那智の滝、尽くせぬ年の底や倉なる」と。 

よく詠んでいる。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★広瀬隆『赤い楯 3』(集英社文庫、1996.11)2012.06.03- 06:44

2018.05.26土(2018.05.18金)(つづき12、2012.06.03-)広瀬隆著1996.11。 

(P930) 

(二百家族、つづき) 

映画界の大家族。 

(1)ジャックシャリエ、(2)ブリジッド・バルドー、(3)ロジェ・バディム監督、(4)カトリーヌ・ドヌーヴ、(5)メルチェロマストロヤンニ、(6)ジェーン・フォンダ、(7)ヘンリー・フォンダ、(8)ルイ・マル監督、(8)のルイ・マル監督の伯父は、RC家「北部鉄道」重役、(8)ルイ・マル監督の兄は“赤い楯”マーチャント・バンカー重役。 

(1)ジャックシャリエも妻はルイ=ドレフュスBKの一族。 

(2)ブリジッド・バルドーは父親が航空会社の役員で、母親が保険会社の重役。 

(3)ロジェ・ヴァディム監督は父親がロシア人プレミアニコフといい、フランス副領事時代にフランス女と結婚。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★井伏鱒二黒い雨』(新潮文庫、S45.06)2015.01.13- 06:45

2018.05.24水(2018.05.18金)(つづき10、2015.01.13-)井伏鱒二著S45.06。 

(P021) 

お化けのような大きな火の玉が高空で閃く瞬間、光の高熱がスリガラスの模様だけ残して廊下板を黒焦げにした。 

板の切れ端で幅三寸くらい、長さ六寸くらい。 

船はついた。 

下田町は焼けないで残っていたので上陸したが、憲兵がいて、「非常線だ。引き返せ」と厳しくいう。 

重松は姪の八須子の日記をそこまで清書した。 

鯉の稚魚の放流を始めていた。 

池の見回りに行った。 

「おい、茂子、ここから書いとってくれ。例の水茎(みずくき)のあと麗しいという書体ではない、普通の字でいい」 

実用でいい。 

結婚世話人が読めなくてはいかん。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎燃えよ剣 上』(新潮文庫、1972.05)2013.11.17- 06:45

2018.05.24木(2018.05.18金)(つづき17、2013.11.17)司馬遼太郎著1972.05。 

(P125) 

八王子、討ち入り。 

七里研之助の申し出。 

八王子でやろう。 

若のは内緒の若とは近藤勇。 

甲州街道、十三里。 

八王子の浅川橋を渡る。 

近くで「石田散薬」の薬売りに化ける土方歳三。 

ここから千人町の比留間道場へ2km。 

婿殿。 

比留間半造も七里には手を焼いているらしい。 

おせん、がいた。 

喧嘩に強いことだけが重要である。 

遂に江戸屋が囲まれている。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田信玄(二)林の巻』(文春文庫、2005.04)2014.08.13- 06:45

2018.05.24木(2018.05.18金)(つづき13、2014.08.13-)新田次郎著2005.04。 

(P029) 

古府中の市街。 

鉄砲足軽という職業軍人が現れている。 

長屋さえできる。 

槍組の住居もできている。 

武田の軍の構成分子は、地下(じげ)であった。 

一旦戦がおこるとなると、走り馬によって地方の国人に通達が回り、配下の地下に布令を回す。 

一軒の屋敷、水を所望する信玄。 

恵理という女。 

働くことの好きな武士の娘。 

油川源左衛門。 

信友が娘に聞く、「その方は、武田晴信様です」 

晴信とは従兄弟の関係になる。 

婚儀は秋。 

駒井高白斎は告げる。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★新田次郎槍ヶ岳開山』(文春文庫、1977.07)2014.04.14- 06:45

2018.05.24木(2018.05.18金)(つづき16、2014.04.14-)新田次郎著1977.07。 

(P069) 

岩松と徳助。 

大坂への道。 

遠くに天王寺の塔が見える。 

宝泉寺はすぐにわかった。 

「辛夷(こぶし)じゃーーー」 

寺男はいない。 

念仏が聞こえてくる。 

大豆の入った枡が二つ。 

南無阿弥陀仏」の名号を唱える。 

一つ唱えるごとに、左の枡から豆を一つつまんで、右の枡へ移している、機械的に。 

その人が見上上人、間違いない。 

2人は縁側に座って知らずしらずに念仏を唱える。 

上人と和号する。 

「足を洗って上がるがよい」 

ほっとした。 

戒名をもらい、「岩松」と「徳念」だ。 

見上上人が、あまりにも僧らしい僧であるがゆえに、寺はさびれている。 

朝一食で過ごす奇麗好きの見上上人。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★高野和明ジェノサイド(上)』(角川文庫、2013.12)2014.06.22- 06:45

2018.05.24木(2018.05.18金)(つづき11、2014.06.22-)高野和明著2013.12。 

(P043) 

研人の本業−有機合成。 

炭素(C)を主成分とする化合物を作り出すことをも目的としている。 

炭素(C)という原子は他のAと結びつくための手を4本持っている。 

それに対し酸素(O)は2本。 

両者が出会うと一つの(C)に二つの(O)が結びつき、CO2。 

つまりCO2の分子になる。 

多数の(C)や(O)それに窒素(?)が連なってできた「母核」と呼ばれる基礎構造に「側鎖(そくさ)」という別の原子団をつけることだ。 

薬学部は圧倒的に女子が多い。 

大学によっては90%が女子。 

父の死後のことだった。 

メールをチェックしていると、父からのメールが届いていた。 

死後5日後のものだ。 

アイスで汚した本を開け」とある思い当たる。間違いなく父からだ。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★海音寺潮五郎『戦国風流武士 前田慶次郎』(新潮文庫、2003.08)2013.04.02- 06:45

2018.05.23水(2018.05.18金)(つづき13、2013.04.02-)海音寺潮五郎著2003.08。 

(P250) 

本阿弥光悦前田慶次郎。 

四条河原へ出た。 

出雲のお国が興行していた。 

諸説あり、出雲大社巫女として大社の建造費を集めに京都に念仏踊りの興行を起こしたというのが一般的。 

足利年間→慶長年間、お国は数人いて、このお国は最後のお国であった。 

お国の踊りはこのごろずいぶん変わりました。 

見て行って損はない、と本阿弥光悦。 

名古屋山三郎が登場し、お国に新たな振り付けを仕込んでいる。 

名古屋蒲生氏郷が死んでから暇をとり、山左衛門と名前を変え、お国と共同してこれを始めた。 

今25歳。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★水上勉『弥陀の舞』(角川文庫、S47.03)2013.05.07-  06:45

2018.05.23水(2018.05.17)(つづき13、2013.05.07-)水上勉S47.03著。  

(P020) 

この騒動、維新の廃仏毀釈に根をもっていた。 

僧、ことに尼僧となればこの騒動の影響は大きかったであろう。 

母の尼が、なぜ僧身でありながら子を産むにいたったか。 

くみは生涯、その事情はわからなかった。 

冬のさなか、冷たいふとんの中に寝ていて、外から聞こえる声、鎌や鍬をもって、なむあみだぶつを唱えながら赤々と火を燃やしながら歩く声。 

くみはどう思ったか。 

祭りと思って寝ていたか。 

くみは、太鼓の声を聞きながら眠っていたと笑いながらりつに語りかけた。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★ジャスティン・ソネンバーグ『腸科学』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫、2018.05)- 06:45

2018.05.23水(2018.05.23)(初読、2018.05.23-)ジャスティン・ソネンバーグ他著2018.05。 

(P)◎マイクロバイオータ。 

人間の管には、管に栄養を与えて保護するために進化した付属物がついている。 

脳は、すべて管のためにある。 

管を危害から守るためにある。 

増殖して、もっと管を生み出すための付属物。 

管が増えれば細菌が暮らせる新たな生息地になる。 

食べ物は消化管の大半を素通りしていく。 

胃の中で食べ物は消化吸収を助ける酸と酵素の溶液につかる、3時間。 

この厳しい酸性の環境で機械的にかき混ぜられる、そしてゆっくり小腸へ進む。 

小腸の長さは6-7mある。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎『城塞(上)』(新潮文庫、2002.04)2015.06.22- 06:45

2018.05.22火(2018.05.16水)(つづき2、2015.06.22-)司馬遼太郎著2002.04。 

(P005) 

生駒山。 

生駒山を登る坂、孔舎衙(くさか)坂である。 

一番古い。 

阪奈有料道路。 

摂河泉(せっかせん)(摂津、河内、和泉)の大眺望が眼下に開ける。 

大和へゆく度に、大阪を振り返る。 

大阪湾神戸が見えることもある。 

西欧の城塞をはるかにしのぐと宣教師が言った大阪城。 

信長記』−大坂は、凡そ日本一の境地なり。 

信長は石山本願寺攻めにてこずり、死亡。 

秀吉が継いだ。 

家康だけが生きており、秀頼もいる。 

金地院崇伝がいた。 

大坂城討伐を最初から主張している。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★郄村薫『マークスの山(下)』、2003.01)2014.01.05- 06:45

2018.05.22火(2018.05.15火)(つづき15、2014.01.05-)郄村薫著2003.01。 

(P088) 

碑文谷署。 

アメ横で購入のヤッケ、2500円、値札のついたまま。 

S42.07.20、ルート=涸沢→ザイテングラート穂高岳山荘→奥穂高→紀美子平→前穂高岳沢。 

雪之丞「まさかとは思いますが、四件目の事件が起こる前に、水沢を探しませんか?」

組織を生き残ろうとする刑事たちのぎりぎりの選択である。 

看護婦の調書、と書き、二重線で消し、豆印で訂正印を押した。 

水沢・・・横浜で育ち、10歳で豆腐屋の養子になり、学校は養護学級で精神病院に入退院。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★大澤武男『ユダヤ人ドイツ』(講談社現代新書、1991.12)2014.01.10- 06:45

2018.05.22火(2018.05.13日)(つづき12、2014.01.10-)大澤武男著1991.12。 

(P027) 

ユダヤ人ドイツ語=イーディッシュ。 

9-11C末、十字軍下、迫害を受けるまでの時代はドイツにおけるユダヤ人にとって最も平和に恵まれた時代であった。 

皇帝他から商人として保護され、大活躍をした時代であった。 


2.ユダヤ人の財と賤性。 

<上>ユダヤ人ゲットーにおける略奪。 

<中>中世ライン川ユダヤ人。 

<下>中世ユダヤ迫害の図。 


◎強いられる生きる道−金貸し業。 

シェークスピアヴェニスの商人』−シャイロック高利貸し。 

非難され始めるのは十字軍起こる11C末ころ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★米原万里『打ちのめされるようなすごい本』(文春文庫、2009.05)2014.06.28 06:45

2018.05.21月(2018.05.20日)(つづき16、2014.06.28)米原万里著2009.05。 

(P298) 

トルストイ「その国の真を知るには、刑務所を見ろ」ということばを思い出した。 

『東欧怪談集』(河出文庫、1995、沼野允義編)−どれも後味は悪いが、常日頃潜在意識下に追いやって気が付かないふりをしている強迫観念や幻覚という人間の持つもう一つの奥深い豊かな世界に引きずり込まれる。 

ゲットーに咲いた希望の花。 

ユーレク・ベッカー『ほら吹きヤーコプ』(同学社)。 


(P234) 

農と食・ホラーみちる(2004.06)。 

狂牛病アメリカの牛肉が禁輸、牛丼チェーンが軒並み販売を中止した。 

合成ホルモン剤抗生物質の牛への投与。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★高島俊男『天下之記者』(文春新書、2008.02)2016.12.22- 06:45

2018.05.21月(2018.05.20日)(つづき3、2016.12.22-)高島俊男著2008.02。 

(P025) 

M18、英吉利イギリス)法律学校(現:中央大学)ができた。 

政府は早稲田の法科をぶっつぶすために英利吉法律学校に肩入れした。 


二.安藝府中の英学少年。 

桜田門外の変直後に山田一郎は生まれた(1860)。 

府中町にはマツダの本社とキリンの工場がある(キリンは1998撤退)。 

広島には別に府中市がある。 

広島市に囲まれた府中は「安芸府中」という。 

川が二本、温品川(ぬくしながわ)と榎川(えのきがわ)。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池見酉次郎『続・心療内科』(中公新書、S48.12)2014.08.13- 06:45

2018.05.22火(2018.05.13日)(つづき13、2014.08.13-)池見酉次郎S48.12著。 

(P040) 

◎心身医学−その出発点。 

心身医学が本格的に研究されるきっかけとなったのは、「戦争」という圧倒的なストレス場面と限界において心身の深い結びつきを見せられたこと。 

アメリカ南北戦争下、ダ・コスタという軍医、兵士に動悸、息切れ、不安症を訴えるにつき「過敏性心臓」と名付く、1871のこと。 

心臓、呼吸器に激しい病状あるも、他に病変が証明できない。 

今でいう、心臓神経症。 

さらに、ダ・コスタは「過敏性心臓」に罹患する患者に下痢をする者多く、下痢が原因と考えた。 

今でいう、「過敏性大腸炎」である。 

両方に出ているわけである。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 40 台湾』(朝日文庫、2009.05)2014.06.08- 06:45

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき14、2014.06.08-)司馬遼太郎著1993-1994。

(P044) 

◎孫文。 

故郷は広東省香山県。 

兄がハワイで成功、それを頼って渡米、ホノルル英国系教会付属学校に入学。 

3年で英語読書、世界知ることに。 

帰国し、広州やHK医学校西洋医学を習得、革命家としては百敗の人。 

中国人はバラバラの砂である、という。 

“一片の散砂”握っても固まらない。 

中国人にあるのは家族主義と宗族主義があるのみ。 

宗族とは祖先、あるいは姓を同じくする血族集団。 

国族主義がない、と孫文はいう。 

その揮毫は「天下公為」。 

ついでに言うと、儒教にもまれながら公の思想はある。 

礼記にいうには、「儒家よりも法家」『韓非子』 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★永井路子北条政子』(文春文庫、1990.03)2013.11.20- 06:45

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき16、2013.11.20-)永井路子著1990.03。 

(P086) 

◎頼朝、受け入れる。 

カラス天狗。 

伊豆山権現伊豆半島の根元。 

海際に迫った山の中で過ごし、近くの土肥実平の館へ移る。 

年の暮れ、女の子が生まれ父時政との和解。 

孫の顔を見るという口実で土肥実平は父時政を招いた。 

大姫と呼ばれる女児。 

上機嫌時政父。 

時政はそれをきっかけに土肥の頼朝夫婦を訪ねるようになる。 

半年、もういい、北条へ戻ろう。 

初めから政子、と子を引き取るつもりで出てきたらしい。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★林屋辰三郎『日本の歴史 12 天下一統』(中公文庫、S49.03)2014.05.05- 06:45

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき12、2014.05.05)林屋辰三郎著s49.03。 

(P034) 

ポルトガル人来航の意味。 

マルコポーロ東方見聞録』。

黄金で屋根を葺いた宮殿に王の住む国、ジパンゴ。 

「世界図屏風」(信長が愛用したと伝えられる)(福井県浄得寺蔵) 

ヨーロッパ人が長い間憧憬の的であった黄金の国が現実に発見された。 

しかも安土桃山時代日本はその期待を裏切らなかった。 

誠の黄金の世界であった。 

日本人の三国的世界観、「本朝・天竺・震旦」は打ち破られ世界的視野が開かれた。 


キリシタン来日。 

世界の思想とも出会う日6年後、1549(天文18)、キリスト教イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエル鹿児島に迎える。 

薩摩武士アンジロー、殺人罪犯しマラッカに逃げていたがザビエル出会い道案内をしてきた。

(P039) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎播磨灘物語(三)』(講談社文庫、1978.04)2015.12.01- 06:45

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき6、2015.12.01-)司馬遼太郎著1976。 

(P007) 

◎村重、豹変。→その影響。 

(1)小寺が荒木村重に、靡く? 

(2)三木城、別所を包囲している羽柴軍、逆に包囲される? 

(3)人質松寿丸の運命は? 

小寺の嫡子は本当に白痴だった。 

→御着、寝返りす。

→官兵衛「諫めに行く」

→家来「殺されに行く馬鹿がありますか?」

竹中半兵衛浅野長政に相談。

竹中半兵衛「一人で行くがよろしい」

→官兵衛「才智才覚」など何の役にも立ちません。

→父、宗円「いいだろう」

※?宗円には弟もいる?官兵衛にも弟、三人いる1.小一郎利高2甚高利則3.惣吉直之。 

2018-05-23(Wed)

[]★中沢新一責任編集南方熊楠コレクション〈第1巻〉南方マンダラ』((河出文庫、1991.08)2012.06.08- 05:13

2018.05.23水(2018.05.17木)(つづき16、2012.06.08)南方熊楠著1991.08。 

(P089) 

私は又、言行一致を望んでいる。 

また、せめては、一郷一村なりとも人、善に化し、智の進むことを望んでいる。 

しかし、これは、今のような支吾(しご)混雑する教育ではとうてい難しい。 

自らが大事になる。 

自らが徳行を篤くし、世を薬にして、それぞれの人を見て薬を投ずるよりほかはない。 

ゆえに自立し、自主的徳化することを望む。 

舟人に難しいことをいってもわからない。 

ただ、悪が、ほしいままにされりことは、防がなければならない。 

そうすれば、手近な知識が増すうちに、自ら自重の風、も出てくる。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎『城塞(上)』(新潮文庫、2002.04)2015.06.22- 05:13

2018.05.23水(2018.05.16水)(つづき2、2015.06.22-)司馬遼太郎著2002.04。 

(P005) 

生駒山。 

生駒山を登る坂、孔舎衙(くさか)坂である。 

一番古い。 

阪奈有料道路。 

摂河泉(せっかせん)(摂津河内和泉)の大眺望が眼下に開ける。 

大和へゆく度に、大阪を振り返る。 

大阪湾神戸が見えることもある。 

西欧の城塞をはるかにしのぐと宣教師が言った大阪城。 

信長記』−大坂は、凡そ日本一の境地なり。 

信長石山本願寺攻めにてこずり、死亡。 

秀吉が継いだ。 

家康だけが生きており、秀頼もいる。 

金地院崇伝がいた。 

大坂城討伐を最初から主張している。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★郄村薫『マークスの山(下)』、2003.01)2014.01.05- 05:13

2018.05.23水(2018.05.15火)(つづき15、2014.01.05-)郄村薫著2003.01。 

(P088) 

碑文谷署。 

アメ横で購入のヤッケ、2500円、値札のついたまま。 

S42.07.20、ルート涸沢→ザイテングラート穂高岳山荘→奥穂高→紀美子平→前穂高岳沢。 

雪之丞「まさかとは思いますが、四件目の事件が起こる前に、水沢を探しませんか?」

組織を生き残ろうとする刑事たちのぎりぎりの選択である。 

看護婦の調書、と書き、二重線で消し、豆印で訂正印を押した。 

水沢・・・横浜で育ち、10歳で豆腐屋養子になり、学校は養護学級で精神病院に入退院。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★大澤武男『ユダヤ人ドイツ』(講談社現代新書、1991.12)2014.01.10- 05:13

2018.05.22火(2018.05.13日)(つづき12、2014.01.10-)大澤武男著1991.12。 

(P027) 

ユダヤ人ドイツ語=イーディッシュ。 

9-11C末、十字軍下、迫害を受けるまでの時代ドイツにおけるユダヤ人にとって最も平和に恵まれた時代であった。 

皇帝から商人として保護され、大活躍をした時代であった。 


2.ユダヤ人の財と賤性。 

<上>ユダヤ人ゲットーにおける略奪。 

<中>中世ライン川ユダヤ人。 

<下>中世ユダヤ迫害の図。 


◎強いられる生きる道−金貸し業。 

シェークスピアヴェニスの商人』−シャイロック高利貸し。 

非難され始めるのは十字軍起こる11C末ころ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★米原万里『打ちのめされるようなすごい本』(文春文庫、2009.05)2014.06.28 05:13

2018.05.21月(2018.05.20日)(つづき16、2014.06.28)米原万里著2009.05。 

(P298) 

トルストイ「その国の真を知るには、刑務所を見ろ」ということばを思い出した。 

東欧怪談集』(河出文庫、1995、沼野允義編)−どれも後味は悪いが、常日頃潜在意識下に追いやって気が付かないふりをしている強迫観念や幻覚という人間の持つもう一つの奥深い豊かな世界に引きずり込まれる。 

ゲットーに咲いた希望の花。 

ユーレク・ベッカー『ほら吹きヤーコプ』(同学社)。 


(P234) 

農と食・ホラーみちる(2004.06)。 

狂牛病アメリカ牛肉が禁輸、牛丼チェーンが軒並み販売を中止した。 

合成ホルモン剤抗生物質の牛への投与。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★高島俊男『天下之記者』(文春新書、2008.02)2016.12.22- 05:13

2018.05.21月(2018.05.20日)(つづき3、2016.12.22-)高島俊男著2008.02。 

(P025) 

M18、英吉利イギリス)法律学校(現:中央大学)ができた。 

政府早稲田の法科をぶっつぶすために英利吉法律学校に肩入れした。 


二.安藝府中の英学少年。 

桜田門外の変直後に山田一郎は生まれた(1860)。 

府中町にはマツダ本社キリン工場がある(キリンは1998撤退)。 

広島には別に府中市がある。 

広島市に囲まれた府中は「安芸府中」という。 

川が二本、温品川(ぬくしながわ)と榎川えのきがわ)。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池見酉次郎『続・心療内科』(中公新書、S48.12)2014.08.13- 05:13

2018.05.22火(2018.05.13日)(つづき13、2014.08.13-)池見酉次郎S48.12著。 

(P040) 

◎心身医学−その出発点。 

心身医学が本格的に研究されるきっかけとなったのは、「戦争」という圧倒的なストレス場面と限界において心身の深い結びつきを見せられたこと。 

アメリカ南北戦争下、ダ・コスタという軍医兵士に動悸、息切れ不安症を訴えるにつき「過敏性心臓」と名付く、1871のこと。 

心臓、呼吸器に激しい病状あるも、他に病変が証明できない。 

今でいう、心臓神経症。 

さらに、ダ・コスタは「過敏性心臓」に罹患する患者下痢をする者多く、下痢が原因と考えた。 

今でいう、「過敏性大腸炎」である。 

両方に出ているわけである。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 40 台湾』(朝日文庫、2009.05)2014.06.08- 05:13

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき14、2014.06.08-)司馬遼太郎著1993-1994。

(P044) 

孫文。 

故郷広東省香山県。 

兄がハワイ成功、それを頼って渡米、ホノルル英国教会付属学校入学。 

3年で英語読書世界知ることに。 

帰国し、広州やHK医学校西洋医学を習得、革命家としては百敗の人。 

中国人はバラバラの砂である、という。 

“一片の散砂”握っても固まらない。 

中国人にあるのは家族主義と宗族主義があるのみ。 

宗族とは祖先、あるいは姓を同じくする血族集団。 

国族主義がない、と孫文はいう。 

その揮毫は「天下公為」。 

ついでに言うと、儒教にもまれながら公の思想はある。 

礼記にいうには、「儒家よりも法家」『韓非子』 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★永井路子北条政子』(文春文庫、1990.03)2013.11.20- 05:13

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき16、2013.11.20-)永井路子著1990.03。 

(P086) 

頼朝、受け入れる。 

カラス天狗。 

伊豆山権現伊豆半島の根元。 

海際に迫った山の中で過ごし、近くの土肥実平の館へ移る。 

年の暮れ、女の子が生まれ父時政との和解。 

孫の顔を見るという口実で土肥実平は父時政を招いた。 

大姫と呼ばれる女児。 

上機嫌時政父。 

時政はそれをきっかけに土肥頼朝夫婦を訪ねるようになる。 

半年、もういい、北条へ戻ろう。 

初めから政子、と子を引き取るつもりで出てきたらしい。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★林屋辰三郎『日本の歴史 12 天下一統』(中公文庫、S49.03)2014.05.05- 05:13

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき12、2014.05.05)林屋辰三郎著s49.03。 

(P034) 

ポルトガル人来航の意味。 

マルコポーロ東方見聞録』。

黄金で屋根を葺いた宮殿に王の住む国、ジパンゴ。 

世界図屏風」(信長が愛用したと伝えられる)(福井県浄得寺蔵) 

ヨーロッパ人が長い間憧憬の的であった黄金の国が現実発見された。 

しか安土桃山時代日本はその期待を裏切らなかった。 

誠の黄金の世界であった。 

日本人三国世界観、「本朝・天竺・震旦」は打ち破られ世界視野が開かれた。 


キリシタン来日。 

世界の思想とも出会う日6年後、1549(天文18)、キリスト教イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエル鹿児島に迎える。 

薩摩武士アンジロー、殺人罪犯しマラッカに逃げていたがザビエル出会い道案内をしてきた。

(P039) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎播磨灘物語(三)』(講談社文庫、1978.04)2015.12.01- 05:13

2018.05.21月(2018.05.13日)(つづき6、2015.12.01-)司馬遼太郎著1976。 

(P007) 

◎村重、豹変。→その影響。 

(1)小寺が荒木村重に、靡く? 

(2)三木城別所を包囲している羽柴軍、逆に包囲される? 

(3)人質松寿丸の運命は? 

小寺の嫡子は本当に白痴だった。 

御着寝返りす。

→官兵衛「諫めに行く」

→家来「殺されに行く馬鹿がありますか?」

竹中半兵衛浅野長政相談

竹中半兵衛「一人で行くがよろしい」

→官兵衛「才智才覚」など何の役にも立ちません。

→父、宗円「いいだろう」

※?宗円には弟もいる?官兵衛にも弟、三人いる1.小一郎利高2甚高利則3.惣吉直之。 

2018-05-20(Sun)

[]★司馬遼太郎街道をゆく 5』(朝日文芸文庫、1978.12)2016.07.26- 08:08

2018.05.18金(2018.05.13日)(つづき5、2016.07.26-)司馬遼太郎1974。 

(P023) 

ハバロフスク。 

ある人、ハバロフスクホテル出会う。 

ソ連に行っての帰途。 

ちゃん飛行機、飛ぶでしょうか?」 

20年前、奥地で山林の伐採作業捕虜としてやらされていた人。 

そのとき収容所の所長さんに大変よくしてもらった。 

日本人健康に気を使ってくれ感謝している、と。 

それでその人々が会を作って毎年集まっている。 

所長を日本に招き感謝の宴を設ける計画東京ソ連大使館で毎年交渉した。 

突如許可の通知が来た。 

ただし、日本に来させることはできない、ソ連でしなさいと。 

ハバロフスクであれば呼べる、と。 

当時のこと黒竜江を挟んで関東軍ソ連軍対峙していた。 

すべての「歴史」が終われば馬鹿のようなもの。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★河合隼雄日本文化のゆくえ』(岩波現代文庫、2013.01)2013.1105.- 08:08

2018.05.18金(2018.05.13日)(つづき14、2013.01)河合隼雄2003.01著。 

(P122) 

ショッピング・アディクトの人。 

その人に、節約や、買い物はほどほどに、といったところで仕方ない。 

対話で、そこまで突き動かす欲望の在り方を二人で調べること。 

1959、アメリカ留学しているとき貧乏だったが、栄養はあり。 

一度ぐらいレストランでたらふく食っても、と言ってみたが、もちろん不味いこともあるが、決して満足感には達することはなかった。 

そう、醤油出汁、じゃこウドンで満足し、友と語ることも満足の一因。 

(答)自分の欲しいものがわかっていない。 

ショー・アデンの人。 

清貧に行きつく。 

次に仏教と結びつく、欲を捨て去ることだ、と。 

ここで満足な消費とはなにか、ということに行きつく。 

人の欲望根本を突き詰めた人、ジークフリートフロイト、という人、性欲にある、と。 

一方、アルフレッド・アドラー、という人、性より力に注目する。  

対立


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟 中』(新潮文庫、S53.07)2014.08.15 08:08

2018.05.18金(2018.05.12土)(つづき13、2014.08.15)ドストエフスキー1880著。 

(P039) 

イワンミートリイルに「頼む、伝言してくれ、親父に、『チェルマーシニャにはいかなかった』と」 

19:00、イワンモスクワへ。 

汽車の中でイワンは考える。 

「おれは、卑劣人間だ」と考えるイワン。 

一方父親幸福の2時間の後、なんとスメルジャコフが階段から転げ落ちる。 

マルファが物音を聞いていた。 

近所の人の助けを借りて運び出した。 

だが意識回復しないスメルジャコフ。 

そこへグリゴーリイ、寝たきりになる。 

不安になる父親。 

グルーシェニカが確実に来る晩だ。 

ドミートリイはいつ現れるかわからない。 

「第5編、プロコントラ」はここで終わり、「第6編、ロシア修行僧」の話になる。 

「一.ゾシマ長老と客人たち」だ。 

(P042) 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★横山三四郎ロスチャイルド家』(講談社新書、1995.05)2015.10.26- 08:08

2018.05.18金(2018.05.12土)(つづき5、2015.10.26-)横山三四郎著1995.05。 

(P023) 

スペンサーハウス。 

ジェイコブ・RCは、1985、これを入手。 

ロンドンで最も古く、歴史的建造物の一つ。 

初代スペンサー伯爵が1756から10年がかりで建てたパラディア様式のもの。 

ジェイコブ・RCの投資会社一族から96年間の賃借契約し借り受けたもの。 

美術史研究家、装飾画家を雇い、18Cの昔のまま改装。 

その費用32億円。 

ダイアナ妃はスペンサー一族出身。 


世界一ワイン。 

ボルドーワイン世界一。 

その中でも第一級の各付けのワイン。 

?ラフィット、?ラトゥール、?オー・ブリオン、?マルゴー。 

?のラフィットがRC家のもの。 

そのうちに、?として1973、ムートンが加わる。 

ムートンもRC家のもの。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★A・サマーズ他『ロマノフ家の最期』(中公文庫、S62.08)2012.05.26- 08:08

2018.05.18金(2018.05.12土) (つづき12、2012.05.26-)A・サマーズ、T・マンゴールド著S62.08。 

(P151) 

事件=1918.07.16) 

1919.03.25、メドヴェージェフの死。 

ソロコフはメドヴェージェフ存在を知り会おうとしたがすでに死んでいた。 


4.別の警護兵たちの別の話。 

1918末、白系ロシア政府司法大臣スタルインケヴィチ、「捕虜たちは、家族は射殺されずエカチェリンブルグから移送されたと証言している」「射殺されたのはニコライ二世で、身代わりの者ではない、と断言できるのか」 

イワン・スタルコフとコンスタンチンドブルイマン上級警備兵2名)。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★中野利子『外交官 E.H.ノーマン』(新潮文庫、2001.10)2013.11.17- 08:08

2018.05.18金(2018.05.12土)(つづき12、2013.11.17-)中野利子著2001.10。 

(P052) 

1927、兄への手紙白人の悲しむべき軍国主義侵略政策に対する日本日露戦争における勝利を喜ぶ非白人の狂喜。 

このとき17歳、白人ノーマン現実認識は注目に値する。 

この世界危機アジアを含む世界中キリスト教化によってのみ救済できるが、何年もかかる。 

1933、異常にロシア擁護するノーマン家族対立。 

ウッズワースらのキリスト教急進主義の影響。 

トロツキー解釈によるマルキシズム擁護に対する家族驚愕。 

家族思想的絶縁状。 エピキュロス好き。 

エピキュリズム−日本でいう単なる快楽主義者とは違う・・・・。 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★田辺聖子『窓を開けますか?』(新潮文庫、1972)2014.09.06- 08:08

2018.05.18金(2018.05.12土)(つづき12、2014.09.06-)田辺聖子著1972。 

(P052) 

中江しほ子はたいてい両親の家、仁川の総檜造りの大邸宅。 

その蔵には家財道具、着物、置物一式、ぎっしり。 

オリエンタルホテルの上のレストラン別府航路客船が見えた。 

自分が今、どういう風に見られているかどうか、というようなことには、一切、関心のないしほ子。 

そういう客観的発想はない、できない幼稚な人間、しほ子。 

女と男のつり合い。 

男は石ころ。女は高級生肉、笑う生肉、すぐ腐るし、傷みは早い。 

早くに売らなくちゃならない、ウケウカしていると売り物にならなくなっちゃう。 

そのかわり一旦結婚→女は石ころになり、風雨にも時間にもびくともしない。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★梶山季之『どないしたろか 下巻』(徳間文庫1984.02)2014.01.30- 08:08

2018.05.18金(2018.05.11金)(つづき15、2014.01.30-)梶山季之1984.02。 

(P213) 

大口債権者春日正見五十嵐薬品管財人となり、大阪地裁もこれを認める。 

数年前、山陽特殊倒産以来世間で知られるようになったが、庄司のこのとき法律家すら知識はなかった。 

首切り承知しない労働組合に対し<どないしたろか>と思った。 

敵に回すと恐ろしいが、味方にすると頼もしい春日。 

平安神宮、2年がたった。 

東京へ、特2の電車。 

そこに現れた橘敬太。羽振りがよい。 



2018-05-18(Fri)

[]★E.H.ノーマン日本における近代国家の成立』(岩波文庫、1993.01)2012.10.12-  07:55

2018.05.17木(2018.05.11金)(つづき14、2012.10.12-)E.H.ノーマン著1993.01。 

(P051) 

郭沫若。 

郭沫若の考え方。 

中国で最も独創的な社会史家である氏。 

日中のたどった道。 

満州政府がとった中国近代化の失敗とその理由。 

(1)中国は広大で古い生産様式で十分維持されており、西洋学術必要としなかった。 

(2)周辺国も貧しく、周辺国から需要もなかった。中国生産力に対し刺激はなかった。 

(3)自国文明の優位さに、相変わらず陶酔している。 

(4)進士試験260年間維持されてきた。 

これに対する日本の状況。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎孤高の人(上)』(新潮文庫、1973.03)2012.06.11- 07:55

2018.05.17木(2018.05.11金)(つづき14、2012.06.11-)新田次郎著1973.03。

(P242) 

北鎌倉尾根、5人のパーティを追い越す。 

関西らしいな、あいつ」 

上高地まで下り、常さんのところで一泊。 

雪の道、安曇節歌いながら下った−常さんに教わった歌。 


5.梅雨の中、合羽通勤。 

傘、差さない。 

雨降り、風吹き。 

歩くことをやめたくない−雨合羽。 

田口みや−紫の袴姿。 

新しいものディーゼルエンジン構造−新しい考え、打ち出したい。 

みや、有給残りあと2日しかない。 

現れる影村。 

「なんとかしてやろう、それだけの勤務実績はある」 

戦争さ。 

始まらないとどうにもならないだろ。この空気、吹き飛ばすもの。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★トルストイ木村浩訳『アンナ・カレーニナ(上)』(新潮文庫、S47.02)2013.08.18- 07:55

2018.05.17木(2018.05.11金)(つづき15、2013.08.18-)トルストイ著、木村浩訳S47.02。 

(P084) 

キチイの母の見るヴロンスキー像。 

金持ち、頭は切れ、家柄良い、侍従武官としてかがやかしい出世道歩んでいる、魅力的人間。 

キチイの母、上の二人の娘、ドリイとナタリイの二人、嫁がせたときの苦労。 

最近世間風習が変わってきている。 

若い娘が何かの会を作る、講習へ通う、自由男性と付き合う、自分たちだけで町を歩き回る。 

娘たちが小腰を屈(かが)めての挨拶をしなくなった。 

そしてなにより娘たちが夫を選ぶのは自分たち仕事で、母親の知ったことではないと固く信じていることー年配の者までそう考えていること。 

フランス式の習慣。 


 
0001 | 01 |
1000 | 01 |
1050 | 01 |
1100 | 01 |
2000 | 01 |
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
<< 2018/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
i-miyaの最近読んだ本 i-miyaの今読んでる本