i-miyaの日記

カウンター i-miyaさんの読書メーター i-miyaさんの読書メーター
 

2016-09-25(Sun)

[]★宮台真司他『ニッポン問題2:2』(朝日文庫2006.09)2015.07.11- 06:36

2016.09.23(2015.10.11)(つづき4)宮台真司他著。 

08/23

(P023) 

あえて日本にとどまるとしたら、今や、「サブカルしかないと思う。 

東浩紀「今の子供は、若い子は、物語意味じゃなく、単なる官能的な刺激に従って行動してしまう、みたいな動物化理論を展開しているが、・・・文明方向性としては、避けがたい。 

上田紀行批判。 


日本の政治家にスキャンダル、多いのはなぜか。 

日本の政治家が、「口利きはしない」などといおうものなら、直ちに無能烙印を押されてしまう。 

マスコミがロンリリンリ、と鈴虫のように鳴いても、だれもがやってて、やらなければ生きていけない以上、どうにもならない。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★週刊朝日編集部司馬遼太郎戦国?』(朝日文庫、2012.02)2013.08.20- 06:36

2016.09.22-2(2012.06.30)(つづき3)週刊朝日編集部著。 

08/23

(P042) 

梲(うだつ)は、商家屋根の上にある小屋根付きの袖壁。 

装飾と防火意味がある。 

梲のある商家を建てる−江戸商人の憧れ。 


明智光秀。 

心優しきインテリとして司馬は光秀を描く。 

大津市坂本。 

光秀が最初に城を築いた地。 

唐崎には松があったはず、と光秀は思いつく、と軍談書『常山紀談』にはあるが、真偽は不明。 

芭蕉は「唐崎の松は花よりおぼろにて」と詠んでいる。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★常見藤代『女ひとりイスラム旅』(朝日文庫、2015.01)2016.08.23- 06:36

2016.09.22(2016.08.23)(初読1)常見藤代著。 

08/23 

(常見藤代) 

1967、群馬まれ上智大学卒。 

チュニジア) 

もともとベルベル人土地。 

先史時代から北西アフリカに住む先住民人口の1-2%。 

12.3Cにアラブイスラムベドウィン侵入により、山中集落。 

平和になり平原で居穴生活、そこでベルベル人アラブ人の混血が起こる。 

カリマさん、ベニ・アイッサに住む、7-8月、50℃、家の中は25℃、快適。 

南北に長いチュニジア。 

2010、ジャスミン革命起こった。 

中部、シーディ・ブージード、失業率、30%。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 37』(朝日文庫、1994.06)2016.03.18- 06:36

2016.09.22(2016.06.18)(つづき4)司馬遼太郎著。 

08/22 

(P014) 

ウィリス、エジンバラ大学医学部卒業ロンドンで論証経験を積んだ。 

明治日本医学教育の中心に座るつもり→日本政府ドイツ医学に転換。 

西郷隆盛は気の毒がり鹿児島招聘し、医学校を起こさせた。 

M02の段階、大学教育行政上の最高の役所という風に使われていた。 

湯島聖堂に置かれた。 

石黒和泉橋通−湯島を行き来した。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★田辺聖子光源氏ものがたり(中)』(角川文庫、2003.06)2016.08.22- 06:36

2016.09.22(2016.08.22)(初読)田辺聖子著。 

08/22 

藤壺の死。 

明石の君との間の子、ちい姫、三才の袴の式、世間披露。 

その翌年、新春、光源氏32歳、二条邸は年賀で多くの客。 

一番の幸せは東の院の花散里かもしれない。 

話し相手となり、「そうですね」という烏合だけでなく、「こうかもしれない」という意見も持つ。 

心休まる存在である。 

気になるのは、大堰においてある明石の君。 

年明け早々大堰へ訪れる光源氏。 

さくら重ねの直衣(のうし)を着てゆく。 

ちい姫、「おとうちゃん!」 

抱き上げる。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★高村薫『神の火 上』(新潮文庫、H07.04)2014.06.26- 06:36

2016.09.22(2015.02.28)(つづき11)高村薫著。 

08/21 

(P042) 

2.大阪暑い阿倍野筋阪堺電車阪神高速松原線。 

木村、新しい社員面接科学関係専門図書輸入販売、(有)木村商会。 

輸入事務。 

営業と納品、店番、経理雑用倉庫管理、37歳、島田。 

営業以外なんでもよかった。 

外国語に堪能な理系大学出身、求む> 

給料は原研時代の半分。 

社長木村、六年間、男やもめ。 

堀田はシルバー人材センターから採用。 

天王寺駅ビル中華料理店。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★阿川弘之山本五十六 (上巻)』(新潮文庫、1973.03)2016.08.21- 06:36

2016.09.22(2016.08.21)(初読1)阿川弘之著。 

08/21 

(P006) 

もっとも、山本の指は八本しかなかった。 

日進」にロシヤの砲弾。 

山本海軍次官とき軍務局長だった井上成実提督。 

歴史のifの小さなifから話を始めよう。 

長岡中学時代のこと。 

坂牧善辰がいた。 

夏目漱石とは東大英文科で同級だった。 坂牧は当時中学校長だった。 

反町栄一は長岡中学出身山本の五つ下の古い友人。 

坂牧はある石油会社重役の子を落第させた。 

坂牧に圧力がかかり、山から坑夫を連れてきて脅しが加わった。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★週刊朝日編集部司馬遼太郎戦国?』(朝日文庫、2012.02)2013.08.20- 06:36

2016.09.22(2012.05.30)(つづき2)週刊朝日編集部著。 

08/18

(P030) 

2005暮れ、湖北から湖東を歩いた。 

滋賀県長浜市国友。 

姉川の古戦場近く。 

鉄砲生産国友は堺と並ぶ。 

天文十三年創業鉄砲火薬国友源重郎商店」 

安土城は短命、6年、謎は天守五層で七階建てとされ、復元図も多く作成されているが、議論は尽きない。 

斎藤道三、ほれぼれとするような悪人像を作り上げました。 

つの時代も、情報は女で、道三は情報通でした。 

努力はしたのでしょうね。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[] ★司馬遼太郎城塞(上巻)』(新潮文庫、2002.04)2015.06.22- 06:36

2016.09.22(読んだわけではありません。 H28.09.22日経新聞社会面記事から

題名大坂の陣オランダに記録) 

(見出1=「1615.06、秀頼、皇帝徳川家康)側に寝返った大名城壁から落とす」(日本側の記録にはない) 

(見出2=「東インド会社駐在員の書簡」) 

写真大坂の陣に関する記述確認された、平戸商館長宛書簡の一部『ハーグ国立文書館所蔵』)

1614-1615、大坂の陣。 

日本文化研究センター日文研京都、21日発表。 

オランダライデン大学と共同調査。 

1609-1633、書簡524通。 





2016-09-22(Thu)

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 37』(朝日文庫、1994.06)2016.03.18- 07:52

2016.09.21(2016.05.18)(つづき3)司馬遼太郎著。 

08/18 

(P011) 

石黒忠○、『旧懐九十年』速記記録、あとがき、原もと子氏、孫。 

構造計算が即座にできるような人。 

幕府が瓦解し、石黒江戸を逃れ、米沢越後転々としM02、東京へ戻る。 

和泉橋通りの医学所、官軍接収され、近所の藤堂藩邸がそっくり官軍の大病院になる、という具合に様変わりしていた。 

ウィリアム・ウィリス、英人。 

ウィリスの講義を紀聞(聞いたことを書き記す)せよ。 

通訳天才司馬凌海長崎でポンペ講義通訳した男。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★関川夏央昭和が明るかった頃』(文春文庫、2004.11)2013.12.12- 07:52

2016.09.21(2015.01.14)(つづき12関川夏央著。

08/17 

(P066) 

ひばり児童合唱団。 

『朝を呼ぶ口笛』‐労働者映画松竹撮影所と日活『明るい不良少年たちの大学』と比較するとまるで違う、大人びたどこか文学青年面影残す松竹。 

1954、松竹入社山田洋次、その前年、東大卒四年生の時、日活松竹助監督試験を受けた。 

松竹はこの年、今村昌平鈴木清順ら優秀な助監督たちが、巨匠が上に閊(つか)えていない日活に大挙して移籍することになった。 

山田日活に入るつもりが、一人空の出た松竹に入ることができた。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★鬼界彰夫ウィトゲンシュタインはこう考えた』(講談社現代新書、2003.07)2014.08.14- 07:52

2016.09.21(2015.03.16)(つづき8)鬼界明夫著。 

08/15 

(P039) 

「論考」期、1912-1918.08の6年半(ケンブリッジ論理学哲学的研究を始め、「論考」最終原稿完成まで)。 

その時々の中心問題を巡り展開、ある種のブレークスルーにより、その問題解決のたびに新しい問題が次の中心的課題として登場する、新たな思考期に入る。 

さらに詳しく分けると、

(1)「論理ノート」期=1912.06-1913.10。 

(2)「ムーアノート」期=1913.10-1914.04。 

(3)「ゴブラナ」期=1914.08-1915。 

(4)「大スランプ」期=1915.04-1915.06。 

(5)「後スランプ」期=1915.06-1916.04。 

(6)「東部戦線」期=1916.04-1917.01。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★ベーカー?他『シャトル外交 激動の四年 上』(新潮文庫、H09.05)2015.11.13- 07:52

2016.09.21(2016.01.13)(つづき3)ベーカー?他著。 

08/15 

(P012) 

(謝辞) 

王子ジョージ・ブッシュ、リチャード・バウチャー、デョック・チェイニー、ジムコリンズラリーイーグルバーガー、スティーヴ・フラガナンコリン・パウエルブレント・スコウクロフト、航空乗務員行政官。 


(はじめに) 

1980冬、公私にわたり奉仕してくれた男女。 

十二年後政府要職に残っていたのはジョージ・ブッシュと私の二人だけだった。 

この最後の四年間のこと。 

第61代国務長官ジェームズ・A・ベーカー?。 

43ヶ月。 

政治の道へ足を踏み入れたブッシュとの出会い。 

妻、先妻メアリー・スチュアートとの死別。 



2016-09-20(Tue)

[読書中]★岩上安身『あらかじめ裏切られた革命』(講談社文庫、2000.10)2013.12.04- 05:11

2016.09.19(2014.11.24)(つづき9)岩上安身著。 

08/15 

(P021) 

特捜検事、ドリャンとイワノフ検事。 

ウズベキスタンにとどまらず全ソ連に拡がる汚染政治マフィアシンジケート告発。 

クレムリンリガチョフ元政治局員の名、上げる。 

取材は1990末。 

ゴルバチョフ右旋回とき。 

改革派シュワルナゼ、バカーチンが去り、今回のクーデターの首謀者、ヤナーエフ・パブロフプーゴ抬頭の頃。 

「この国は完全にマフィアに牛耳られている。最大のボスクレムリンにいる」 


普通人間だけが痛い目を見る国。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★福本勝清『中国革命を駆け抜けたアウトローたち』(中公新書、1998.03)2015.11.23- 05:11

2016.09.17(2016.01.23)(つづき3)福本勝清著。 

08/14 

(P004) 

軍閥、混戦。 

これがより大きな混乱を招く。 

主のいなくなった(1)北洋軍、(2)段祺瑞、(3)張作霖奉天にわかれ興亡を繰り返す。 

北京政府はその後第二次北伐時まで存続するが、次第に地方に対し統制力を失い、名目存在となる。 

苦しむだけでなく、押し流される民衆。 

民国時代、大兵のあと、凶年あり、放置される死骸−疫病の流行。 

国共戦争の中1931.09、日本軍満州事変の発動。 

軍閥混戦、日本侵略災害対策は全く等閑なおざり)。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★郄村薫『リヴィエラを撃て 下』(新潮文庫、1997.06)2016.03.26- 05:11

2016.09.16(2016.04.26)(つづき3)郄村薫著。 

08/14 

(P019)

レディ・アン。 

ダーラム公を抱えたシンクレア。 

この男を十七年かけ、コカイン漬けにしたレディ・アン。 

中国を百年かけ、アヘン漬けにしたイギリス。 

君には歴史の恨みをはらすために人ひとりを殺す権利はない。 

ならばアイリッシュも。 

これが今日、君がこの男にした仕打ち。 

胃を壊している男に大量のチオペンタールを投与するのは殺すのと同じことだ。 

チェコ製のvヘスカを構える女。 

正式の訓練を受けたスパイだという伝書鳩。 

レディ・アンの冷たさをたたえる憎悪の表情。 

スパイの話ではありながら、同時に愛情の話でもある。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★西加奈子『円卓』(文春文庫、2013.10)2016.04.03- 05:11

2016.09.16(2016.09.03)(つづき8)西加奈子著。 

08/14 

(P097) 

詩織「みなさまに報告がある歌」 

ジャポニカ、どこへいったやら。 

韓成海。

「どこまでも凡人め」朋美。

お母さん、赤ちゃん、できました! 

あんたらいつのまに」(ごそごそしてたの、である) 

五つ上の兄さん、ぽっさんである。 

「なに、「溜息」を軽んじてんねん」 

五つ上の兄さんとこんな話、したことない。 

新しい何かを発見した。 

女の子に、「あかんとこ」見せたりして・・・。 

石太がついてくる。 「死ぬのが怖いいうこと、生きることを大切にするいうことやろ」 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★小林秀雄本居宣長 上』(新潮文庫、H04.05)2012.08.05- 05:11

2016.09.15(2015.02.01)(つづき12小林秀雄著。 

08/13 

(P115) 

十一.歴史意識とは、「今○」である、と先に書いた。 

歴史意識。 

「今○」 

この意識今日では世界史というような着想まで載せて、空間的に、非常に拡大した。 

過去現在に蘇るという時間。 

不思議。 

これに関し、どれほどくふかまったかは疑わしい。 

古学運動関係したのは儒学歴史にすぎない。 

その意識の狭さを、現代に笑うことはできない。 

意識の質が違う。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★大澤真幸虚構の果て』(ちくま新書、1996.06)2014.12.30- 05:11

2016.09.15(2015.06.29)(つづき8)大澤真幸著。 

08/13 

(P044) 

1970年代後半の虚構時代とは? 

情報化され、記号化された擬似現実虚構)を構し、差異化し豊穣化し、さらに維持することへ、人々の行為が方向づけられているような段階である。 

情報社会」「脱産業社会」「消費社会」といりいり名前を変え、ニュアンスを変え分析されたのが虚構の元にある社会であった。 

その黄金期が1980年代で、「ディズニーランド」に象徴される。 

外部の現実を巧妙に排除している、虚構空間として・・・自律している。 

日本社会はこのとき虚構時代のただなかにあったことを示す。 



2016-09-15(Thu)

[読書中]★ルソーエミール 上』(岩波文庫、1962.05)2013.11.25- 05:16

2016.09.13(2014.12.25)(つづき12ルソー著。 

08/13 

(P059) 

動物病気の時、何も言わず我慢して静かにしている。 

人間ほど病弱な動物はいない。 

節制労働、この二つが人間にとっての本当の医者だ。 

労働は食欲を増し、節制は、それが過度になるのを防ぐ。 

一番頑丈で、一番長生きする民族がどんな養生法を守っているか知りさえすればいい、生命健康にとってどんな養生法がいいか、一番有益かを知るには、だ。 

1647年生まれパトリク・オニールという人、1760年までに7度結婚式を挙げた。 

ビール以外の酒を飲まず、植物性食物。 

肉はたまに食う。 

太陽とともに起き、寝る、ひと時もじっとしていない。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★松居竜五他編『南方熊楠を知る事典』(講談社現代新書、1993.04)2014.12.29- 05:16

2016.09.13(2015.09.28)(つづき11松居竜五他編著。 

08/13 

(P044) 

植物学。 

カーティス神学専攻の牧師。 

カールキンス=法律を学んだ弁護士。 

アーサー・リスター=16歳ですでに生業についている。 

牧野小学校中退。 

平瀬作五郎=同じく中学校までしか出ていない。 

1911.08.29、南方熊楠が専門に研究している植物学の分野が、淡水も菌類粘菌である、としている。 

ドイツ植物学者デニバリーの説では動物と看做している。(『川島メダカダンバイ)』) 

(月川和雄)


粘菌。 

光り輝く南方熊楠のその研究、アーサー・リスターとの交際交流。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★橋本治源氏供養(上巻)』(中公文庫、1996.11)2011.12.31- 05:16

2016.09.13(2015.01.05)(つづき)橋本治著。 

08/13 

(P224) 

コネさえあればどことでも繋がる、平気で、これが平安時代出世。 

家司というものは、この実力者の私用を請け負う権利。 

源氏に引き付けられて、六条の院の夏の町の女主になっているのですから、花散里という身寄りのない女性身分は安定しています。 

彼女は、必要用事はすべて彼女専用の家司に言えばよいから、「何と便利」だろうと思うかもしれません。 

ところがこの家司というものが、全然気が利かないらしいというのは、おわかりでしょう。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★アンリトロワイア『アレクサンドル一世』(中公文庫、1985.01)2014.08.13- 05:16

2016.09.13(2015.05.14)(つづき11アンリトロワイア著。 

08/13 

(P018) 

(ラアルプ) 

ラアルプから与えられる多くのもの社会階級を超えた隣人愛、明敏寛大な君主について、そのような君主を頂点とする共和制について。 

デモステネスプルタルコスタキトゥスルソー百科全書派。 

だが、根っから無神論者ラアルプは聖書話題にすることはなかった。 

理論においては情熱的なラアルプも、農奴制に異を唱えるようなことはしなかった。 

実践においては慎重だった。 

一国の民の上に、明敏な君主が君臨すること、彼の望んでいる一点。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★吉村昭『彦九郎山河』(文春文庫、1998.09)2012.06.04- 05:16

2016.09.13(2015.03.07)(つづき14)吉村昭著。 

08/13 

(P152) 

江戸、心水子という刀工。 

米沢藩から吉沢与七、そこで修業し米沢へ戻る、30歳。 

天明五年、米沢藩添川村へ。 

佐原朝廷について遅くまで話し合う。 

佐原、39歳、佐原との別れ。 

次の町赤湯町は温泉場。 

藩主治憲は毎年のように訪れるという。 

水子から兄を訪ねてほしいと言われていた。 

赤湯で生家を守っている。 

最上街道を北へ進む。 

島土峠を越えて小岩沢宿→中山宿。 

人足。 

背負う荷。 

上山町は藤井松平氏城下。 



2016-09-13(Tue)

[]★花村萬月イグナシオ』(角川文庫、1999.02)2013.11.26- 03:01

2016.09.12(2015.02.27)(つづき13)花村萬月著。 

08/13 

(P130) 

知恵の木の実をおれは他の誰よりも食べつくすという奇妙な天啓のような決意。 


2.新宿駅地下道。 

歌舞伎町は、ゴーストタウン、早朝。 

コマ劇場。 

ゲーセンダウンタウンブギウギバンド、昨年流行、“スモーキング・ブギ”がしつこく流れていた。 

悟った、檻の外にも自由はなかった。 

人は簡単死ぬんだということを。 

とりあえず腹が減った。 

どこか安井食堂、ないですか? 

おれはなにを言っているんだ。 

山代幸子(ゆきこ)。明治通り。 

伊勢丹。 

つるかめ食堂。 

デモの帰りにね、よくいってたの。  

内ゲバばかり、何人死ねば気がすむの。 

終わりにした。




2016-09-12(Mon)

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 21 』(朝日文庫、1988.09)2014.07.05- 21:29

2016.09.11(2015.06.07)(つづき15)司馬遼太郎著。 

09/08 

(P026) 

三業惑乱事件キリスト教教学論争に似ているところがある? 


◎川と里。 −可部からさらに北上する。 

山が迫ってくる。 

川が流れ、下流で根之谷川に合流する。 

太田川である。 

明治初年、日本、おかかえ外国人オランダ人治水をやってもらった、治水近代化に貢献のあったオランダ人ヨハネス・デレーケは、富山県常願寺川を、川ではなく、これは滝だ、とは、富山和子、『淀川は、激変する』にある。 

急峻な峰の中腹を道路が攀(よ)じて、巡り始めた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★松長有慶『理趣経』(中公文庫、1992.11)2014.06.28- 21:29

201609.11(2015.04.04)(つづき11松永友慶著。 

09/08 

(P039) 

私有財産なしの原始共産社会しかし、民衆の中に広がってゆく欲望の完全否定は難しい。 

そこから起こったのが大乗仏教。 

釈尊の教えを型どおり教えるより、その精神を守っていく。 

暖かいガンジス河の中流からヒマラヤを越えシルクロードに広がっていくと、薄衣だけでは生きていけない。 

そこで精神を取り、形は捨てることのなる。 

それを大乗仏教だと思ってください。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★隆慶一郎時代小説の愉しみ』(講談社文庫、1994.02)2013.11.17- 21:29

2016.09.11(2015.03.27)(つづき15)隆慶一郎著。 

09/08 

(P100) 

比叡山は、近江に顔を向け、京都には後ろ向きの山であった。 

これは林屋辰三郎さんの言葉だ。 

美しい言葉である。 

琵琶湖は比叡の山の池だ、とは、『梁塵秘抄』にいう。 

十九歳の最澄がこの山に入山したとき、京はまだ都になってはいなかった。 

長岡京時代である。 

現に近江は、琵琶湖の湖上権益のほとんどを独占する。 

その元締めとして湖東、芦浦に観音寺別当を置く。 

京都は叡山の「寺内」と考えてもいい、という史家さえいる。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎竜馬がゆく 1』(文春文庫、1998.09)2014.06.21- 21:29

2016.09.11(2014.08.23)(つづき3)司馬遼太郎著。 

09/08 

(P019) 

坂本家は城下で随一の金持ち郷士であるが、身分家老福岡家御預郷士となっている。 

竜馬を江戸へやるについては、宮内の許しがいる。 

藩庁から許可が出た。 

嘉永六年三月十七日、竜馬、江戸へ立つ日。 

父、八平。 

姉、乙女。 

あれは、ぶすけじゃ。 

人並みにあいさつができない。 

兄、権平。 

乙女姉さん、御開帳でした。 

からたちのまじない土佐の奇妙な風習、旅に出るにあたり行う。 

姉の縁談、予定があった。 

岡上新輔、医者。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★筒井康隆本の森狩人』(岩波新書、1993.04)2014.07.13- 21:29

2016.09.11(2015.06.16)(つづき12筒井康隆著。 

09/08 

(P080) 

◎ボイル『イースト・イズ・イースト』。 

私は小説戯曲、必ず人物一覧表を作る。 

ヒロ・タナカの背負う文化的背景。 


第21回、小林恭二『龍の中の旅愁』。 

公明党が下膨れの顔と手を切れないごとく」人類は「愛」という不毛概念から宿命的に逃れられない、「主婦ワイドショーの如く」。 

小説を従来の小説と同じようにしか読めない、読もうとしない読者をも教育する。 


内海隆一郎『波多町』。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★佐野眞一渋沢家三代』(文春新書、H10.11)2012.12.16- 21:29

2016.09.11(2015.01.18)(つづき13)佐野眞一著。 

09/08 

(P132) 

◎血洗島での謹慎生活、篤二。 

血洗島へ。 

口うるさい姉たちの管理から逃れられむしろ解放感を覚える篤二。 

「中ノ家」、栄一の妹、貞子の管理下に置かれる。 

飾らないざっくばらんな性格の貞子、ここちよい。 

私などは父の風邪を望みました。 

栄一、遭難。 

伊達宗城の死。 

「中ノ家」の焼失。 

都内、三回転勤。 

恵まれた境遇。 

馬への傾倒。 

28.04。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★山崎豊子運命の人(二)』(文春文庫、2010.12)2016.04.18- 21:29

2016.09.11(2016.05.18)(つづき)山崎豊子著。 

09/08 

(P015) 

弓成、思考停止したように立ちつくした。 

三木昭子も別の房に入れられているのか。 

妻、百合子。 

不安そうな顔をしていた、今朝のことだ。 

国家権力の持つ恐ろしさを知った。 

夫に不利なものを始末しなければ。 

政治部長。 

電信コピーが見当たらない。 

これではトイレ、詰まってしまう。 

灰皿にマッチ。 

ここでは燃えない。 

妹の嫁ぎ先に電話。 

あなたの家の焼却機でお願いできるかしら。 

成城の妹の嫁ぎ先。 

妹が来た。 

毎朝新聞。 

「捜索差押令状」来た。 

預金通帳とは! 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★山崎豊子運命の人(一)』(文春文庫、2010.12)2015.11.03- 21:29

2016.09.11(2016.01.03)(つづき3)山崎豊子著。 

09/08 

(P013) 

弓成は、池田内閣幹事長田中角栄官房長官を務めた大平正義と昵懇の間柄。 

佐藤内閣に移っても独自の力を蓄え、政局に影響を与えることを見込んでの招宴らしい。 

中国代表問題アメリカ台湾寄りの政策。 

台湾派。 

佐藤アメリカ共同提案国にならざるを得ない、と大使はほのめかした。 

次官、会見。 

本土並み基地削減などないのではないか。 

謀略放送−VOAもいりますね。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★吉村昭『破獄』(新潮文庫、S61.12)2014.01.30- 21:29

2016.09.11(2015.01.28)(つづき13)吉村昭著。 

09/08 

(P035) 

正木行刑所長、各刑務所長呼び決定事項を伝える。 

10/16、第三次近衛内閣総辞職。 

10/18、東条英機内閣成立。 

長期刑囚移送、早める決定。 

秋田刑務所に二百人の囚人送る。 

10回に分けて移送する。 

佐久間も含まれていた。 

客車一両貸し切り。 

頬杖つき座る佐久間に驚く浦田看守長。 

前手錠をかけられた佐久間にはできないはずの姿勢している。 

「足錠、しましょうか」 

「ご迷惑をかけることは、しません」 

一睡もせず、見つける看守と看守長。 

12/08、勃発。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 2 韓のくに紀行』(朝日文庫、2008.08)2016.09.06- 21:29

2016.09.11(2016.09.06)(再読2)司馬遼太郎著。 

09/06 

(P011) 

「つまり、合併(ごうへい)しようとおっしゃるのですか」と驚くべきことをミス・車(ちゃ)は言った。 

妙高日韓併合をもう一度やりたいのかという意味。 

「お前たちとおれたちとは先祖が同じだよ」といわれて誰が喜ぶか。 

われわれ倭奴(うえのむ)は、朝鮮人にとって押し込み強盗のように思われているのである。 

私なりの、無邪気な発言に対してである。 

あんなうるさい民族と二度とゴウヘイしたい日本人はいないでしょう」 

から東は沿海州から西はロシアの向こうまでユーラシア大陸北部東西に走り回っていた騎馬民族。 


2016-09-11(Sun)

[読書中]★デビッヴィッド・ハルバースタムメディア権力〈1〉 』(朝日文庫、1999.09)2013.12.03- 09:28

2016.09.10(2014.12.05)(つづき10)デイヴィッド・ハルバースタム著。 

08/12 

(P074) 

ビル・ペイリー−1931年CBS経営三年目。 

船旅をしているときの事だった。 

歌手レコードを聞いた。 

ビング・クロスビーだ。 

大物。それも大変な大物になる。 

部下に電報を打った。 

すぐにこの歌手契約を結ばせた。 

それから30年。 

ミュージカル「キャメット」(アーサー王) 

ペイリーの感覚は驚嘆すべきものがある。 

常に一呼吸早い。 

完璧に澄んだ耳。 

からの贈り物。 

もの価値がわかる。 

価値限界も知っている。 

レンブラント」値上がり。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★ユン・チアンワイルド・スワン 下』(講談社文庫、1998.03)2015.11.12- 09:28

2016.09.10(2016.03.12)(つづき5)ユン・チアン著。 

08/12 

(P019) 

私にも虚栄心がないわけではなかった。 

私はズボンの膝とお尻に大きなろうけつ染めの布を縫い付けた。 

他の人と違う格好がしたかった。 

友達の両親が自殺した。 

有名な俳優だった、二人とも。 

鉄砲の玉ぐらい私は怖くなかった。 

古典詩を作るようになった。 

1968.03.25、16歳、誕生日。 

その夜、私に人生の転機が訪れた。 

造反派の拡声器、血も凍る文句をがなりたてていた。 

これを天国というなら、何を地獄というか。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★吉川英治親鸞(3)』(講談社文庫、1990.09)2015.12.01- 09:28

2016.09.10(2016.03.01)(つづき4)吉川英治著。 

08/12 

(P013) 

今日の別時念仏には、住蓮さま、安楽房さまもなにかお話しするのでしょうか」 

などと喜び語る。 

若い女の群れを見てうらやましいとこころから思う。 

御所へ帰る時間ばかり気にしている自分らと比べて・・・。 

いってみましょうか。 

うかうかとあるく。 


◎空蝉。 

鹿ケ谷。 

この峰の中腹、住蓮山安楽寺といい、以前は法勝寺と言った。 

俊寛僧都がそこを山荘として住んでいた。 

俊寛、多感なる人、平家の横暴なる振る舞い、見ていられない人だった。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎司馬遼太郎が考えたこと 12』(新潮文庫、2005.10)2013.02.09  09:28

2016.09.10(2015.05.12)(つづき15)司馬遼太郎著。 

08/12 

(P220) 

この日本社会は、内側だけでいえば相当高い成熟度をもっていながら、そこに永住する姿勢を持つ他民族に対し、法的、慣習的、社会感情的に、十分開かれてはいない。 

あの国、この民族はつまらない」という国や民族存在しない。 

四捨五入していえば、日本語韓国語構造紀元前の遠い昔、シベリアにいたツングース言語を源流としていると思ってる。 

私どもの民族は、16世紀末、名分もなく強盗として朝鮮に押し入っている。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★名越康文自分を支える心の技法』(ちくま文庫、2015.08)2016.08.- 09:28

2016.09.10(2016.09.10)(つづき2)名越康文著2012.06。 

08/12 

 (副題:怒りをコントロールする9つのレッスン)

(P068) 

ぼくらは文脈なく解離的に怒る人に弱い。 

僕らの多くが心の中に解離的な怒りをかかえ同じようなタイプの怒りに同調してしまうからでしょう。 

広い意味での人格障害的な傾向を抱えている人って、今の日本では例外的ではないからです。 



2016-09-10(Sat)

[]★中谷美紀インド旅行記 1』(幻冬舎文庫 2006.08)2016.08.09- 04:42

2016.09.09(2016.09.09)(つづき2)中谷美紀2006.08。 

08/09 

(P011) 

貴重品仕舞えるデイバッグ。 

気づくとデリー、グプタさん。 

身体だけではなく脳にもいいベジタリアン。 

寄生虫も肉よりまし。 

イスラムヒンドゥー対立の中、携帯買うにも身分証明いるが、

グプタさん名義で買ってくれた。 

自分意見をはっきり言える韓国人のふりをする。 

酵母チャパティー。 

8/3、根掘り葉掘りのインド人と格闘。 

ヴァラナスィへ移動。 

就学率50%、ジェットアウェイズ。 

サールナートへ行く。 

ブッダ、初説教の地。 

鹿野苑。 

インド大仏跡の一つ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★梅原猛海人天皇 中』(朝日文庫、2011.08)2016.08.09- 04:42

2016.09.09(2016.09.09)(つづき2)梅原猛著。 

08/12 

カバー) 

聖武天皇の母、宮子は「海人の娘」という伝説は、伝承は今も紀州に残る。 

しかもその養父藤原不比等だという。 


(P018) 

尊卑分脈」には宮子藤原不比等賀茂朝臣比売との間に生まれたとある。 

続日本紀」の「聖武測位前紀」(神亀元年二月)には、「母を藤原夫人という。贈太政大臣藤原不比等の女」とある。 

この史料の他に、紀州日高郡道成寺に語り継がれている話に、宮子不比等の実の娘ではないとする伝承がある。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★J.J.ルソー人間平等起源論』(岩波文庫、1972.01)2016.08.12- 04:42

2016.09.09(2016.08.12)(初読)J.J.ルソー著。 

08/12 

(P061) 

人間知性は、情念に多くを負っている。 

情念人間知性に多くを負う。 

私たちがなにかを知ろうとするのは楽しみたいと思うからである。 

情念にしてもその起源私たち欲求にある。 

全ての事情が、野生人が野生人をやめようとする気持ちになることも・・・。 

カライブ人が予見の能力もこの程度にとどまっている。 

天に輝く火の玉太陽)のほかに人間が火を見ることができるようになるまで数世紀の時が流れたことだろう。 

(1)火の玉を起こす技法。 

(2)農業はどうだろう。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★池田晶子ソクラテスよ、哲学は悪妻に訊け』(新潮文庫、H14.09)2014.02.16- 04:42

2016.09.09(2015.03.17)(つづき13)池田晶子著。 

08/12 

(P070) 

知らないことを知らないというのは、知らないことを知っているというより全然違う。 

先駆的決意ができる。 

冷めきった不安ではあるが身構えのできた喜びである。 

死への自由なのだ。 

どうして僕(ソクラテス)なんかに他人行為を後から裁く資格などあるものかね。 

戦争平和も、大虐殺も巨きな潮の満ち引きなのだよ。 

僕は自分だけは別だなんて思わんのだよ。 


わたし岩波物語。 

岩波茂雄は真面目な人、正義の人として定評がある。 

山本夏彦。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★名越康文自分を支える心の技法』(ちくま文庫、2015.08)2016.08.- 04:42

2016.09.08(2016.08.10)(初読)名越康文著2012.06。 

08/10 

 (副題:怒りをコントロールする9つのレッスン)

(P046) 

コミュニケーション最初の間違い。 

「オギャー!」とは? 

これは、「怒り」の感情ではないか。 

三才まで徹底して繰り返す。 

人生最初の怒り、泣きわめくことによって自分不快を除去することを学ぶ。 

子供時代からそうやってくる。 

これを人間コミュニケーションが持つ根本的な誤謬だと考える。 

愛情をかけてくれる一番大切な相手に怒りをぶっつけるのです。 


◎不幸な生い立ち認める宇宙人、夢見た。 

マイナスからしか出発できないことを認める。 


2016-09-08(Thu)

[読書中]★ドストエフスキー悪霊(上巻)』(新潮文庫、S46.11)2014.08.12- 05:09

2016.09.08(2015.06.14)(つづき10ドストエフスキー著。 

08/10 

(P031) 

ワルワーラ夫人上流階級社交界とのおつきあい、失敗。 

いっそ、<新思想>のただなかへ身を投じようと自宅で夜の集まりを催し始めていた。 

ところが、一人ひとりが別の人を連れてくる。 

見栄っ張りで、悪びれもしない。 

ステパン氏は、それら批評小説劇作風刺暴露記者、中でも最上層グループにまでわたりをつけることができた。 

ワルワーラ夫人スキャンダルめいた醜業告発者になることを強いられ、迫られ、これに着目もしようとしていた。 

聞き役が多い。 

検閲や硬音符の廃止ロシア文字ローマ字追放事件。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★中村健之介『永遠ドストエフスキー』(中公新書、2004.07)2014.04.03- 05:09

2016.09.08(2015.04.04)(つづき13)中村健之介著。 

08/09 

(P064) 

表現カタルシス効果。 

阪上正巳『精神の病いと音楽』(2003)。 

シェーンベルク弟子オーストリア作曲家アントン・ウェーンベルン(1883-1945)−統合失調症。 

国内の人物。 

表現する」ということのもつ癒し効果。 

平衡の獲得。 


お金のことに細かいドストエフスキー。 

アンナは夫を安心させてやるのだ。 

ドストは万一のために、お金ちょっとだけ残しておく癖があった。 

カラマーゾフの兄弟』のドミートリ―、「3000リーブルを1500、二つに分け一つを残しておく」のとそっくりだ。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★ドリス・カーンズ・グッドウィン『リンカーン(中)』(中公文庫、2013.02)2016.08.09- 05:09

2016.09.08(2016.08.09)(初読1)ドリス・カーンズ・グッドウィン著。 

08/09 

(P009) 

リンカーンがシワ0ドを破ったという速報は大きな衝撃をもって伝わっていった。 

キャピトルヒル。 

今回の勝利をここまで巧妙に導いたリンカーンの才覚についてほとんど知識のない人々。 

チャールストンマーキュリー紙。 

ドレッド・スコット訴訟。 

共和党リンカーン指名を決定した後、ボルティモアでの再招集を余儀なくされた。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★中谷美紀インド旅行記 1』(幻冬舎文庫 2006.08)2016.08.09- 05:09

2016.09.08(2016.08.09)(初読1)中谷美紀2006.08。 

08/09 

(副題:北インド篇) 

写真) 

アグラー。 

マンダワ−フレスコ画修復。 

オートリキシャ、たびたび騙された。 

ラジャスターン踏切通過に20分、待たされた。 

ダイプール、湖に望むシティ=パレス、最大の宮殿、内部は美術館。 

レイクピチョラー。 

ヴァナラスィ。 

生活排水も、屍も、位牌も、し尿も、すべてみな飲み込むガンジス河、人々はもく浴し、口を漱ぎ、食器を洗う。 

(1)2005.08-09、 (2)2005.09-10、 (3)2005.12、 (4)2008.12-01。 

「きらわれ子、松子の一生」精魂、尽き果てていた。 



2016-09-07(Wed)

[]★梅原猛海人天皇 中』(朝日文庫、2011.08)2016.08.09- 05:13

2016.09.05(2016.08.09)(初読1)梅原猛著。 

08/09 

(P017) 

考える以上に強い個性を持つ我が国女帝。 

推古天皇皇極天皇斉明天皇持統天皇。 

それに続く元明天皇元正天王個性の乏しい。 

その後の孝謙天皇はいささか常軌を踏み外す。 

一人は藤原不比等の娘、文武天皇夫人、藤原宮子。 

もう一人も同じく不比等の娘で聖武天皇皇后安宿媛、すなわち光明子光明皇后である。 

この二人の国母。 

写真文武天皇の勅願所の碑が建つ道成寺桜門(和歌山県日高郡)。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★吉川英治親鸞(3)』(講談社文庫、1990.09)2015.12.01- 05:13

2016.09.05(2016.02.01)(つづき3)吉川英治著。 

08/08 

(P008) 

松虫鈴虫) 

変化に乏しい夏。 

東山のあちこちをそぞろ歩く二人の若い女性。 

清水へも行った。 

祇園へも詣でた。 

今、黒谷へ降りてきた。 

松虫というものは19、鈴虫は17。 

あら、牛車が見えません。 

牛飼はいったいどこへ? 

普段は外へ出ることも少なかった二人らしい。 

御所裡に仕える女官であろう。 

今日は一日、おいとまをいただいた。 

目一杯、歩けるだけあるきましょう。 

あら、ぞろぞろと人が行く。 

鹿ケ谷の方へ・・・。 

問いましょう。 

如意が岳の麓へ近づく。 

人数が増える。 

吉水お上人様が冬ごろから病気。 

来て、お話を聞かせてくださる。 

法然さま。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田勝頼(三)空の巻』(講談社文庫、S58.03)2016.08.08- 05:13

2016.09.05(2016.08.08)(初読1)新田次郎著。 

08/08 

(P007) 

岡崎三郎信康。 

天正七年三月、上杉景虎自刃のころ。 

徳川武田勝頼の対陣、家康嫡男岡崎三郎信康(三郎と号するのは松平家代々のしきたりで、長男であるが三郎と号す)は、自ら希望して馬伏塚(まむしづか)−徳川の前備えのあるところで武田軍の動きが見える場所に行き、この目で武田の陣立てをしかと見たいという。 

しばらくは信康の言い分を聞こうと家康は思った。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田勝頼(二)水の巻』(講談社文庫、S58.02)2016.08.08- 05:13

2016.09.05(2016.08.08)(初読1)新田次郎著。 

08/08 

カバー) 

鉄砲千丁に木棚の織田信長徳川家康連合軍武田は1/3の兵力で挑む。 

なぜ、いかに戦われたか。 


(P007) 

佐久間信盛変心。 

鳥居強右衛門処刑されたころから武田長篠城攻撃は緩やかになった。 

保存館長丸山彰氏(『歴史読本』S50.06、「特集長篠の戦い及び設楽の戦い」)は、その研究に生涯をかけている郷土史家。 

もうひと押しで落城したであろう、それができなかった本当の理由は? 

16.1718日の動き。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★佐々木閑科学するブッダ』(角川ソフィア文庫、H25.10)2016.08.05- 05:13

2016.09.05(2016.09.05)(初読2)佐々木閑2006。 

08/06 

(副題=犀の角たち) 

(P301) 

スケールはいろいろあっても自分で真理を見つけるという作業は、行為は、再考にエキサイティングなことであり、生まれてきてよかったと感じることのできる人生のいきがいである。 

究極の真理へと到達するために、精霊努力し、心ひるむことなく足取り堅固に、体力知力を身に付け、犀の角のごとくただ一人進め、歩め。 


(序章) 

アルキメデス、地面に図面を描き、その解法を考え込んでいたところを殺された。 

ニュートン自分腕時計を茹でてしまった(たまごと間違えて)。 

釈迦もまた。・・・。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★杉本鉞子武士の娘』(ちくま文庫、1996.10)2016.08.04- 05:13

2016.09.05(2016.10.04)(つづき3)杉本鉞子(えつこ)著・大岩美代子訳1994。 

08/06 

(P021) 

中でも越後国はその昔、親鸞上人様が佐渡島から放免になられ、一番に布教したところさけに、ここは喜捨こころ燃え、ことの長岡はその中心でした。 

集まってくるほうの納品の数々、増えていく。 

この人たちの切った髪の毛は、再建される本願寺御堂の棟木にする材木を引く大きな毛綱を編むとも聞かされました。 

やもめのように髪を斬りおとした女を家内にするにはためらわ3年延ばされた。 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★新田次郎武田勝頼(一)陽の巻』(講談社文庫、S58.01)2016.08.06- 05:13

2016.09.05(2016.08.06)(初読1)新田次郎著。 

08/06 

カバー) 

本当に猪突猛進で思慮分別がなかったのか。 


(P007) ◎生い立ち。 

勝頼、天文十五年(1546)、甲斐国府中甲府市躑躅ヶ崎の館で出生。 

母は諏訪諏訪数重の女、湖衣姫で信玄側室。 

父、信玄、二十六歳。 

正室三条氏との間に、義信、龍宝、三男信之があった。 

勝頼の頼は、祖父諏訪頼重の頼。 

この家を勝頼に継がせる腹積もりが信玄にあったと言われている。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★寺田隆信『永楽帝』(中公文庫、1997.02)2016.08.06- 05:13

2016.09.05(2016.08.06)(初読1)寺田隆信著。 

08/06 

カバー) 

明帝国の初期、自ら兵を率いモンゴリ遠征南海鄭和派遣日本との勘合貿易、成祖、永楽帝。 

明朝創始者朱元璋の四男としての生い立ちから丹念にたどる。 


あとがき) 

小人こころをもって君子の〇(〇)を探る。

(はじめに) 

明帝国創業、太祖、洪武帝の第四子、帝は傍系の皇子。 

正統の皇帝、甥の建文帝から帝位を奪い即位したことはなんといっても大きな汚点であった。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★司馬遼太郎街道をゆく 本所深川散歩神田界隈 36』(朝日文庫、1995.08)2016.08.06- 05:13

2016.09.05(2016.08.06)(初読1)司馬遼太郎著。 

08/06 

(P009) 

深川木場(きば)、江戸火事。 

材木問屋。 

深川という土地存在、知る、大きかった。 

色町の発達。 

きっぷが重んじられる。 

女たちも侠気を誇る。 

辰巳芸者。 

吉原(よしわら)が北里で、深川は南東、辰巳と呼ばれたらしい。 

深川芸者は、女ながらも羽織を着た。 

羽織芸者よも呼ばれた。 

一種の男装である。 

気風は勇み肌で、「きゃん」と呼ばれた。 

「侠」のことである。 

男女、そう呼ぶ。 

江戸中期、安永年間(1772-1781)ごろから男については「いなせ」。 

むろん、「おきゃん」は下町に限られた。

一葉、漱石は使えるが、鴎外、露伴は無理といった。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[]★司馬遼太郎この国のかたち 一』(文春文庫、1993.09)2016.08.06- 05:13

2016.09.04(2016.08.06)(初読1)司馬遼太郎著。 

08/06 

カバー) 

日本人は、いつも思想は外からくるものだと思っている。 

仏教儒教香取沈む、カトリシズム、回教、新しくはマルクス主義実存主義だ。 

グループ群がひしめきあいときに殺しあうと、歴史は熟し、グループ群を超えた普遍的思想が出てくる。 

落ち着けば一つの普遍的思想の下に服し、秩序が安定する。 

中国でいえば春秋戦国諸子百家が、やがて儒の勝利となり国教となるようなものだ。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[読書中]★井上章一日本人キリスト教』(角川ソフィア文庫、H25.10)2014.05.19- 05:13

2016.09.04(2016.09.02)(つづき3)井上章一著。 

(P020) 

大秦景教流行中国碑の碑文を書いたのはアダムという大秦寺の宣教師。 

中国名景浄である。 

西域の諸語に通じていたせいであろう。 

景浄はそれらの言語仏教書の漢語訳作業に参加した。 

ソグド語の「六波羅密教」を訳出する際にも力を貸している。 

景浄の訳はキリスト教くさく訳してしまう。 

この景浄に教えを乞うた学僧に空海がいた。 

司馬遼太郎は書いている、景浄が長寿であれば出会っていたであろう。 

陳舜臣も「マンダラの人空海求法伝」(1984)、飛躍の度合いは『空海風景』よりも著しい。 



 
0001 | 01 |
1000 | 01 |
1050 | 01 |
1100 | 01 |
2000 | 01 |
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
<< 2016/09 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
i-miyaの最近読んだ本 i-miyaの今読んでる本