Hatena::ブログ(Diary)

CGのワード・クェスト

2009-02-19

TMJ

17:14

顎関節症

遅くなりました!TMJの続きです。これは「新しい見解」の章の続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TMJ problems were originally thought to stem from dental malocclusion ーupper and lower teeth misalignment ー and improper jaw position. That prompted a focus /on replacing missing teeth and/ fitting patients with braces /to realign their teeth/ and change how the jaws come together.


TMJの問題は今までは不正咬合からおこると考えられていた

ー上下の歯並びの問題ー

あるいは適切でない顎の位置と考えられてきた。

その結果として欠損している歯の補綴や矯正器具を付けことに焦点が向けられ、噛みあわせを変えることになる。


But/ later studies revealed that /malocclusion itself was an infrequent cause of facial pain /and other temporomandibular symptoms. Rather, as the Boston specialists wrote recently in The New England Journal of Medicine “the cause is now considered multifactorial, with biologic, behavioral, environmental, social, emotional and cognitive factors, alone or in combination, contributing to the development of signs and symptoms of temporomandibular disorders.”


だが不正咬合それ自体は顔面の痛みや他の顎関節症の原因になるのは稀だと、その後の研究で明らかにされた。むしろ、ボストン大の専門家ニューイングランド医学ジャーナルに寄稿したように、痛みや顎関節症の原因は、様々な要因つまり、先天的なもの、行動に起因するもの、環境要因、社会的要因、感情や認知要因等がある場合と複数の要因が重なって、結果として顎関節症の徴候や症状になるとが考えられる。


According to the American Academy of Orofacial Pain, the disorder “usually involves more than one symptom and rarely has a single cause.”

(オーロフェーシャル(Orofacial口腔と顔面)口腔顔面痛米国学会によると、「通常は症状が一つだけということもないし、原因も一つだけなんてことはまずない。」


Among the “mechanical” causes that are now recognized as distorting the function of the TMJ /are congenital or developmental abnormalities of the jaw; displacement of the disc between the jaw bones; inflammation or arthritis that causes the joint to degenerate; traumatic injury to the joint (sometimes just from opening the mouth too wide); tumors; infection; and excessive laxity or tightness of the joint.


現在のところ顎関節の動きがいびつになる「メカニカル」な要因に、顎の生まれながらの先天的要因や,成長過程での不全つまり後天的な関節円盤のズレ、関節変性の原因の炎症や関節炎、顎の関節への外傷性の損傷(口を大きく開けすぎた時に往々にして起こる)、腫瘍感染症、顎の関節の過度の緩みや、過度の緊張等がある。


mechanicalー物理的な、力学的な、摩擦による

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー